とつげき東北

 自分が気に食わない他人の行為を「認めない」場合に、当該行為が当該行為者以外に対する価値を持たないことを指摘すると同時に、当該行為を実施する様子を批判することによって、相手を貶めるための罵倒用語。
 完全に意味の一致する別の表現として「自己満足」「オナニー」がある。

 この語を用いる前に、以下に注意すること。
・行為の目的の是非と、その行為の結果から生み出される価値との区別をつけること
 (たとえば美人のする「オナニー」には大変な需要がある)
・自分の評価と世間一般の評価とは必ずしも一致しないことに留意し、相手が本当に「ひとりよがり」でしかないのか、それとも単に自分がそうみなしたいだけなのかを峻別すること
・2ch等のコミュニティにおいて、一般に人気のある人物を評して「彼の〜〜は自己満足」などと低劣な同意を示しあうことは、由々しき「集団的オナニー(あるいはオナニーズ)」にしかあたらないという事実に敏感になること
・他人の行為を「ひとりよがり」と評することが、自己満足以外のどんな崇高な思想的理念に基づいて行われているかを、明晰な言語によって整理しておくこと
・そもそもこの種の罵倒語に頼ることそのものが、知性的欠陥を暗示してしまうことに自覚的になること

 そうでなければ、「お前の行為は自己満足」と言っただけで「勝った」気になるという、猛々しいひとりよがりぶりをさらしてしまうことになる。

  • >(たとえば美人のする「オナニー」には大変な需要がある)←これ至言ですね。 -- 蟻 2006-06-15 (木) 01:05:43
  • 他人の意見なんて聞くっかよ 独り善がりフォーーーウ -- あ 2006-06-15 (木) 04:32:40
  • えー 2007-04-22 (日) 15:23:47
    私はそれは絶対に間違えてると思います。
    人それぞれ価値観があるのだから、私が何を思っても良いはずです。
    今後、私はこの話で議論する気はありません。
     
  • 散切り頭 2007-04-22 (日) 19:34:48
    >>えー
    わざと名言にリンクさせてるんですよね?
     
  • '''' 2007-04-22 (日) 19:50:50
    んじゃ勝手に馬鹿にさせてもらおうw
    別に君が何を思おうと「自由」だし、思うことそれ自体は誰も批判していない。しかし、その結果創りだされた代物は、ある特定の水準の人々にとっては非常に杜撰で醜くて正視に耐えない、或いは思わず失笑をこらえなければならない滑稽なものに見えてしまうのだ。そういうものをつくり出すことに余念がない残念な彼らは、まさに今君が「これで如何なる敵の攻撃をも跳ね返せるであろう!」と自信満々に掲げて見せた「鉄壁のガード」を敷いて必死にそれを守ろうとする。それがまたどうしようもなくかわいそうであり、また笑いを誘うのであり、だからこそ、同情と極めてあたたかく、気持ちのこもった叩きを呼ぶのである。尚、そういう人はどういうわけか相手にも「創造権」と「鉄壁のガード」があるということに頭が回らないことが多いようだ。

    まーばかのばかな行為は何でも面白がられるとw
    もっと君も舞台を不恰好にドタバタと駆けずり回ってみると案外あ?みたいに人気者になれるかもねwここでふさぎ込んでても・・・ねぇ?ほのぼの系の可愛いキャラくらいには見られるかもしれないがw
     

  • えー 2007-04-22 (日) 20:30:26
    >…
    言いたい事のコアな部分がよく分からん。

    >「これで如何なる敵の攻撃をも跳ね返せるであろう!」と自信満々に掲げて見せた「鉄壁のガード」を敷いて必死にそれを守ろうとする。

    これが愚かと言いたいための説明ならば出直しを要求したいね。
    必死に守る事が可哀想…ね。その後に鉄壁のガードである事が君の文で示されてるので、ならば守れてるのであろう。
    ダラダラといわれても、君は"可哀想"としか言えてないぞ。
    残念ながらその説明では崩せない言い訳にしか見えない。

    あ、あったあった。まぁ「尚」だから別件だろうが
    >相手にも「創造権」と「鉄壁のガード」があるということに頭が回らないことが多いようだ。

    意味が分からん。
    別に相手にあっても良いが…

    > 後半。
    俺の楽しみ方をしているだけ。実にどうでもよろしい。

    > それ以外の思ったこと
    創りだされた代物って何やねん。否定してるだけやん。
    ある特定の水準…どうやって特定するんだろうね。

 

  • マネ 2007-04-22 (日) 21:25:20
    >私はそれは絶対に間違えてると思います。

    「それ」ってなに?
     

  • M 2007-04-23 (月) 00:11:06
    公理:人の価値観自由、から、結論:人の思想は自由、が導出できんだろう。

    社会的承認によって、思想の権力的地位が確保されたにしても、その思想の正否とは直接の関係が無く、知的な人々が笑うのは、正にそういった拙い思想が人々によって承認されている事だろう。

    解り易く言うとこうだが、手ごわい中ボスを演じたい時は、常識に自分なりのアレンジを加えんとすぐに破綻するぞ?
     

  • 2007-04-23 (月) 00:14:28
    >今後、私はこの話で議論する気はありません。

    あれ?
     

  • M 2007-04-23 (月) 00:28:55
    まぁ、まだまだケツの青いボーイって事だw
     
  • M 2007-04-23 (月) 00:41:48
    もうちょい言うと、(人の価値観自由)とする考え方は、(人の思想は自由)から導出されたものだ。そして、人の思想は自由は、人の記号的制約(クオリアと言い換えても良い)によって生み出されたものだ。

    従って、人は人の信念に於いて自由になれないとも言える。
     

  • とつげき東北 2007-04-23 (月) 00:43:14
    >私はそれは絶対に間違えてると思います。 
    「それ」ってなに?

    これに尽きる。どれに反対しているのか未だにわからん(笑)
     

  • M 2007-04-23 (月) 00:48:33
    多分、自分の意見が言えるのならば、どの項目のどれでも良かったのだと思われw
     
  • えー 2007-04-24 (火) 14:19:25
    釣りをするつもりは無かったんだが・・・。
    掲示板の国家の品格のとこで思ったが「馬鹿には話が通じない」をやると、こういう独りよがりって事だろうと(だから独りよがりを否定してるここに書いたんだが)思った。

    予想に反して面白いレスがあったので、それで思ったことがひとつ。
    馬鹿を見て馬鹿にしたくなるのは解るが、知的な人が大衆を馬鹿にするのと、大衆が阿呆を馬鹿にするのを混同して自分を"ある特定の水準"にしてるのが実に醜い。これが本が売れるコツですか?どう自分を"特定"するん。

    「それ」は議論にならない公理にしようとしたが
    どれにしても"作り出して"しまうことに気が付いた…
    阿呆やな俺。負けです…。

    Mのは…「人の思想は自由」の説明、
    「個人の価値観自由ではない」の説明どうも・・・
    俺なら「テロの価値観自由ではないぞ」で説明するかな。

    >瓦
    議論になってないでしょ。俺は「…」にやり直しを要求してる。

    うーん。
    俺の魅せる能力のなさを実感。orz
     

  • '''' 2007-04-25 (水) 10:03:30
    見切り発車で突撃してしまうと、もっといいポイントがあったのにそれに目がいかず、ピエロを馬鹿にするピエロと成り下がってしまう可能性があるので気をつけましょうという、無様な教訓めいた自虐をここに垂れ流せざるを得ない状況に追い込まれてしまったこの哀れな俺に誰か救いの手を差し伸べ給え…。
    そして、「まーでもどうせ一「…」の分際だしんなことどうでもいいかー」という心持ちで、このウィキの「神聖性」を一層穢すことになりはしないかと憂慮しながらも発言するというこの愚を許し給える神を何処にか捜し求めながらもレスしときます…。


    >えー

    >これが愚かと言いたいための説明ならば出直しを要求したいね
    必死に守る事が可哀想…ね
    >その後に鉄壁のガードである事が君の文で示されてるので、ならば守れてるのであろう
    >ダラダラといわれても、君は"可哀想"としか言えてないぞ

    ごめんなさい君には俺の文章は理解できなかったようだ。きっと俺の「文章力が足りなかった」のだろう。
    よくわかる解説。

    その結果創りだされた代物=そういうもの=ばかのばかな行為(具体例:「とつげき東北のやってることなんて所詮ひとりよがりだ!」とか、君の「思った」こと)
    「鉄壁」=ばかのばかな行為(具体例:「人それぞれ価値観があるのだから、私が何を思っても良いはずです」)
    (尚、「ばか」をひらがな表記にしたのはその方が温かみが感じられるであろうという俺の配慮によるところである)

    「それ」を自分の解釈に任せ突っ込んでしまったことは確かに罵倒されるに値する。「君の思ったこと」に関しては、現時点で俺が馬鹿にできる権利を消失しているため、「俺の自爆」ということで処理してくれて構わない。
    しかし、それ以外の部分についてはどうやら反論ができそうだ。まず、

    >鉄壁のガードである事が君の文で示されてるので、ならば守れてるのであろう

    これはひどいw
    わざわざ「」までつけて差し上げたのに、それが指し示す文やその名言的性格を理解できなかったと見える。念のために指摘して差し上げるなら、「価値観人それぞれなのだから、私の意見は正しい!」と直結した君の正当化のやり方に反駁している、ということになる。意見の正しさと価値観の多様性は必ずしも一致しないだろう(笑)。こんな当然の理屈を理解せずに、君は(或いは君たち、か)それを「自信満々に」掲げてみせる。ああその通りだ。別にリンゴを指差して「あれはブタだ!だって価値観は多様なんだから!リンゴでなければならないとは限らないじゃないか!俺にとってはブタなの!」と強弁しても何も問題はない。確かに君にとってはそうなのだろうし、「君にはそう見えている」という事実を覆すことは容易ではあるまい。しかし、「明らかにそれは誤っている」という「事実」もまた存在するのだ。そういう意味で、君(たち)の言う「価値観の多様性」を「鉄壁」と呼ばせてもらった。何やらえらく薄汚い布きれをまとって「人間界最硬の鎧を手に入れたぞ!」と喚く人間の方が、親切にも「いえ、それは布きれですよ」と微笑みとともに教えてあげることのできる人間より遥かに「醜い」と思うのは俺だけであろうか(笑)。
    そして、それは

    >>相手にも「創造権」と「鉄壁のガード」があるということに頭が回らないことが多いようだ

    につながる。君は

    >意味が分からん
    >別に相手にあっても良いが…

    と素通りしてしまったようだが、相手にも論を述べる権利とそれを「自分の価値観である」と強弁する権利を認めたならば、少なくとも君の「それは絶対に間違えてる」は瓦解すると思うのだが、どうだろう。

    さて、あとはちまちまといこう。

    必死に守る事が可哀想…ね
    >ダラダラといわれても、君は"可哀想"としか言えてないぞ

    必死に守っている側」は十分に権力的な劣等性が示されているではないか(笑)。それに対し、儚さや愛惜を感じ、「かわいそうに…」と感傷に浸ることは特に非難されるいわれのない「自然な」感情であると思うが。しかも、先に示したようにその方法でさえ「醜い」。そこらのドラマよりよほど感情を揺さぶるシーンではあるまいか。
    それしか言えていないわけではないことは既に示したので割愛。

    >俺の楽しみ方をしているだけ
    >実にどうでもよろしい

    君はどうでもよくても(どう少なく見積もっても)俺はどうでもよろしくない(笑)。これも先の論法と同じだ。「私はこう思うからいいじゃん」で全てが解決すると本気で考えているのか?ならば、君のその「楽しみ方」を馬鹿にすることもまた「俺の楽しみ方をしているだけ」であると言うこともできるわけだが?そもそも「どうでもいい」なら何でそれをわざわざ表明する?(笑)それこそ君(たち)お得意の「人それぞれ」ではないのか?(笑)

    >ある特定の水準…どうやって特定するんだろうね

    これに関しては自己解決していらっしゃるようなので割愛とする。
    (参考:
    >馬鹿を見て馬鹿にしたくなるのは解るが、知的な人が大衆を馬鹿にするのと、大衆が阿呆を馬鹿にするのを混同して自分を"ある特定の水準"にしてるのが実に醜い)


    こんなところか。
    俺の「文章力のなさ」故に勘違い等起こしてしまったようであれば、重ねて深く陳謝申し上げます(笑)。お好きなところからまた御反論なり御意見なりどうぞ。
    あ、でもこれ以上やると「議論」になっちゃうか(笑)
     

  • えー 2007-04-25 (水) 15:52:16
    >…
    事後処理なので簡単に。

    よくわかる解説に

    創りだされた代物=そういうもの=ばかのばかな行為=鉄壁
    とも取れる表記をする。

    > 意見の正しさと価値観の多様性は必ずしも一致しないだろう

    →一致してたら笑われるのは君だわな。ちなみに多様性が重視される基準においては意見の正しさもありうる。

    > 「必死に守っている側」は十分に権力的な劣等性が示されているではないか

    →権力的な劣等性と、真理的な優劣は別。
    どうぞ疑似科学にはまっててください。

    > 相手にも論を述べる権利とそれを「自分の価値観である」と強弁する権利を認めたならば

    → 価値観人それぞれですね。

    > 君はどうでもよくても俺はどうでもよろしくない。

    → だから何。君が俺がどうでも良いのが嫌か、俺が君がどうでも良くないのが嫌かじゃないと話が続かないぞ。


     

  • えー 2007-04-25 (水) 16:01:18
    スマン…権力と真理が別なのはいいが、
    そのたとえに疑似科学はないわ・・・
     
  • 散切り頭 2007-04-25 (水) 16:17:08
    >>えー
    ログを読んでて思ったんですが、名言のリンク先の記事は読まれてるんですか?
    価値観人それぞれ」と言ってしまうのは恥ずかしすぎますよ(特に"人それぞれ"は読むべき)。
    あと、「権力的な劣等性」と「真理的な優劣」の意味や差異を是非教えて下さい。
     
  • M 2007-04-25 (水) 21:19:01
    何だかなぁ・・・今正に価値観以外の指標を示し、それ以外の説明によってでしか為されない議論の存在を示したのに、未だに屁のこきあいが続いているのはどういう事だw

    えーの意見がえーの価値観によって為されていたとしても、その論理的な間違いを価値観人それぞれという次元で処理してはいかんだろうが。
    論理価値観以外の何かによって成り立ち、その間違いは論理によってしか示せないのでは無かったのか?

    であるのならば、自分の意見の正当性を価値観に依拠させる例のやり口が如何に無意味であるか解るだろうに。

    まぁ解らなければしょうがない。そこにいなさいw
     

  • M 2007-04-25 (水) 21:23:43
    それと、やはりこの議論はひとりよがりと無関係だったな。
     
  • えー 2007-04-26 (木) 11:20:33
    人それぞれにも価値観も意味が無い事は知ってるよ。価値観が多様な中で価値観を戦わせるのが議論なのに「色々ですね」が結論なら何も語らずに死ねばよいよ。

    ただ、俺は負けを認めさせたいわけだわ。遊びだわな。
    「…」の反論では、その人の基準が人それぞれなんだから

    >相手にも論を述べる権利とそれを「自分の価値観である」と強弁する権利を認めたならば

    といわれたら →やはり価値観人それぞれですね。
    って間抜けを言うじゃん。やっぱり「鉄壁」だから周りで笑うしかできんのかね。本人は厚顔無恥だが。

    >M
    えー(馬鹿)←「…(攻撃失敗)」が続いてるから
    俺が「…」の攻撃失敗を示すのに、俺が馬鹿なのは必要じゃないのかな。
    残念ながら他の人のレスを読んでも無視しなきゃいけないのがキツイが…ちなみに最初のレスで「何、このひとりよがり」と言われたかった。屁のこき合いは同意だ…中途半端なのがいかんな俺…。すまん。

    >散切り頭
    ここにおいては「リンク先を読め」ってのは良い"説明"だな…

    恥ずかしながら、権力って言葉が嫌いなんだよな。俺が正確に理解できてな所為だろうが、コアな部分だけを抽出してアレもこれも権力にしてる感があって。
    ま、民主主義の中で「多数」が持つものを権力とするのなら疑似科学の手法は権力は持ちえるけど真理に近づく手段ではないな。
     

  • えー 2007-04-26 (木) 12:02:30
    うーん。色々付け加えたくなるな。
    「それ」って何やねん で少なくとも俺は負けたので、色々と説明させるってのが負けさせる一歩なんだと解ったからもう事後処理なのよ。
    外側(それ以外の基準から)どう笑えるのか?の説明は、まぁありがとう。 
     
  • マネ 2007-04-26 (木) 19:59:15
    revinの気持ちがわかった。

    名言パロディって露骨にやっても案外わかりにくいんだなw
     

  • M 2007-04-26 (木) 21:28:46
    >えー

    「それ」は「価値観」のことを指している。辺鄙な回答というのは答えを知っている者からすれば十分に笑える。

    最初の発言で議論する気は無いと言ったのは失敗だったな。釣りにせよ釣り以外の目的にせよ(未だに目的がよぉ解らんが)。

    しかしこの議論、最初から事後処理のような気がするんだがw

    >マネ

    あそこだけパッと見ればマネが壊れたと思うからなぁw逆狼少年w
     

  • えー 2007-04-26 (木) 21:57:01
    >M
    その最初の2行で本当に目的が解られてないんだなと思った…。

    >「それ」は価値観の事を示してる
    どの文章からそう思った?

    もう一度言うと最初はジョーク。「…」の返信以降は、笑うしかできないことへの不満の解消。そいつは「それって何?」で俺は解消。

    議論をする気は無い
    これを言わなきゃ「ひとりよがり」にならんやん…。
    俺は「絶対間違えてると思う」の"絶対"がミスだと思った。

    >最初から事後処理
    …確かに。まぁ得たものは
    「馬鹿を落としただけで自分の水準を上げるのは恥ずかしい」
    「阿呆には色々と説明させろ」
     

  • '''' 2007-04-27 (金) 00:26:06
    んんん?
    何だか俺が「価値観人それぞれ」→「故に正しい」を主張しているように扱われているのはどういうことだ?俺はこう述べている。

    >相手にも論を述べる権利とそれを「自分の価値観である」と強弁する権利を認めたなら
    >ば、少なくとも君の「それは絶対に間違えてる」は瓦解すると思うのだが、どうだろう

    俺は少なくとも二つ目の書き込みにおいては意見の正当化のやり方について批判していた(まあ「釣り」乃至「ジョーク」だったらしいが…。まあそう理解して素直に釣られた自身とえーの巧妙さを笑いつつも、「厚顔無恥」である俺だからもうしばしスケルツォに付き合おう(笑))。その時点ではちゃんと「価値観人それぞれ」→「故に正しい」は成立しないと明言しているのに、

    >その人の基準が人それぞれなんだから
    >>相手にも論を述べる権利とそれを「自分の価値観である」と強弁する権利を認めたならば
    >といわれたら →やはり価値観人それぞれですね
    >って間抜けを言うじゃん
    >やっぱり「鉄壁」だから周りで笑うしかできんのかね

    なんてやるわけないだろう。その論法がいつでもどこでも成立するとしてしまうと、君の最初の書き込みの論旨は破綻するんじゃないのか?という話だったんだが…。
    「鉄壁」という形容を用いたのは、その論法を用いる人々にとっては、「価値観人それぞれ」→「故に私の意見は正しい」という正当化の方法が「絶対に正しい」ことであり、「崩され得ない理屈」であると考えられているからだ。別にその論法が客観的に「鉄壁」であるなどとは最初から一言も述べていない。もし仮にこれが正しいとすると相手にも同じ論法を用いられた場合に主張が瓦解するし(そもそも議論にならない)、また真理性においては個人の価値観などいささかも関係ない、といった理屈はもはや「誰の目」にも明らかだ。ただ君が、「…はそれを十分に理解していないのではないか?」と勝手に勘違いしていただけに過ぎない。俺は、「鉄壁」だから崩せないことをごまかして不気味ににやついているわけではなく、全然「鉄壁」でも何でもないものをさも「最高の盾」であるかのように振舞っている(いた)様が「醜い」「無様だ」と笑っていたのだが。

    >一致してたら笑われるのは君だわな

    当然だ(笑)。俺は「そうではない」と一貫して主張していたのだから。

    >権力的な劣等性と、真理的な優劣は別

    「本当に」正しいのはどちらか、などといった問題はどうでもよろしい。
    必死に守っている」のは、例のクズ論法を使う者どもである。「必死に守られている」のは、彼らの創り出した何がしかの意見である。そして、その守るために使う方法が、例のクズ論法である。それだけの話だ。
    何か反論を受けたときに、彼らは「いや、人それぞれだから…」などと言うだろう。そんな論法を使わざるを得ない時点で十分「必死」であるし、またその意見を「価値観」なるもので反論から「守らなければならない」ということは相当脆いものであろう(そうでないなら根拠を提出するなり何なりいくらでもよりよい対応ができる筈である)。即ち権力的に劣等であり、また必死に守っている。
    また勝手に話を進められているな。権力的に優位であることと真理性が関係しているなど一言も述べていない。自分で適当につくった「…の意図」を自分で叩いているに過ぎないのに、俺に対して「馬鹿」だの「負けを認めさせる」だのと哀れな思い違いをしないで欲しい。

    民主主義の中で「多数」が持つものを権力とするのなら疑似科学の手法は権力は持ちえるけど真理に近づく手段ではないな

    同意。


    >>君はどうでもよくても俺はどうでもよろしくない
    >だから何
    >君が俺がどうでも良いのが嫌か、俺が君がどうでも良くないのが嫌かじゃないと話が続かないぞ

    いや、別に嫌だとかそういうことじゃなく、ただ俺は俺が気になったところを叩くからそれに構って欲しいな、と(笑)。まー延々無視とかされたらそりゃ「嫌」だけれども(笑)。


    >「それ」って何やねん

    あー…相手の「論を述べる権利」の行使に従って提出された意見、即ち「「価値観」によって「守られている」意見」ですはい。
    その意見自体がその人の「価値観」によって提出されたものであると解釈すれば、Mの言うように「価値観」そのものとも言えるけど、それだと「価値観価値観であるが故に不可侵である(と大衆は思い込んでいる)」という意見になっちゃうんで、「意見を「価値観」なる不可解なもので覆って守った気になっている」という俺のイメージと微妙にずれる。ま実際はどっちでもいいんだろうけど。


    んー…えーが「実は最初から分かっていた」以上、えーのおかしさを晒そうとしてきた俺がさらに続けても予定調和的馴れ合いにしかならん気がしてきたな…。反論はしてみたもののこれからどうしよ(笑)。「お互いを理解しあう」というおぞましい儀式を行わねばならんのだろうか(笑)。
     

  • えー 2007-04-27 (金) 01:23:20
    >何だか俺が「価値観人それぞれ」→「故に正しい」を主張しているように扱われているのはどういうことだ

    そんな事は言ってない…。

    「それ」については、マネととつげき東北のツッコミ
    2007−04−22 (日) 21:25:20 、2007−04−23 (月) 00:43:14 

    と俺の返事である 2007−04−24 (火) 14:19:25 を読んでくれ…君らは何で勝手に「それ」を定義してるんだ…。俺の発言だが、俺は定義した覚えは無い。俺が定義したように読める場所があったら指示してくれ

    仮に「それ」がそうだな・・・まぁ今考えて適当だが、議論においての最初の立ち位置の話だったらどうだ。否定してるのは「全ての意見を一致させてから議論するべき」だったら。さぁ代入して読んでみてくれ。おかしいか?
    これが、価値観が多様である事が大事とされてる基準だ。2007−04−25 (水) 15:52:16 に書いた。

    「それ」が解らないのに、何だかんだと言ってるからオカシイって言ってる。ちなみに流し読みしかしてない。

    >瓦解するし(そもそも議論にならない)
    だから最初に「議論をする気は無い」って言ってるじゃないか…。

    滑ったジョークを何度も何度も説明するのは苦痛なのですよ。
     

  • えー 2007-04-27 (金) 01:54:16
    最後にピエロ。

    前提過ぎて何も生み出さないから名言だが「価値観人それぞれ」は"議論をしないかぎり"(センスは全く無いが)正しい。んで、私は議論をする気は無い。

    …なにこの独りよがり。
     

  • 2007-04-27 (金) 03:07:02
    お互い失敗しすぎだろ・・・。
     
  • M 2007-04-27 (金) 17:31:26
    うん?俺の指している「それ」は、

    >M 2007−04−25 (水) 21:19:01
     何だかなぁ・・・今正に価値観以外の指標を示し、「それ」以外の説明によってでしか為されない議論の存在を示したのに(省略)

    これだぞ?えーの最初の文中の

    >えー 2007−04−22 (日) 15:23:47
    私は『それ』は絶対に間違えてると思います。

    これの事ではないんだが?(そもそも、この文中の指示代名詞『それ』が価値観なら、文意が伝わらんだろう)

    そもそも、俺は最初から最後まで一貫してえーの『それ』には触れていないんだが?何勝手に自爆してんだw

    俺は『それ』の内容に関係なく、個人の価値観人それぞれであるから許されるだろう発言など無いと言っているのだがw

    本当に流し読みしかしていなんだなw恥ずかしい奴w
     

  • M 2007-04-27 (金) 17:47:12
    しかしまぁ下手糞な釣りだったね…お疲れ……
     
  • M 2007-04-27 (金) 18:25:17
    ああ、そうそう。議論しなければ個人の価値観人それぞれであるが正しいとか、間違っているから。議論は推測の延長でしかなく、そうである以上、推論によって促される結論が議論によって促されてしまうのは、その個人のレベルの低さを表しているに過ぎない。

    まぁ、だから俺も、議論の有無に関係無く突っ込んだんだが、未だに出てくる結論がそれとかなぁ…
     

  • えー 2007-04-28 (土) 12:01:53
    >M
    「それ」については了解。

    個人のレベルの低さを示すのは良いよ。ただ本人が厚顔無恥である場合どうやったら本人に負けを認めさせれるのかねぇ…も俺の主流の1つだったから…。

    …てかもぅほんとにスマン。
    魅せる能力のなさは最初の方で実感してるから許してorz
     

  • えー 2007-04-28 (土) 12:05:21
    ↑これが弱さをアピールして同情(笑い)を誘う名言のひとつだな。
    書いておかないとまた長くなりそうだった。

 

  • M 2007-04-28 (土) 17:40:53
    ・・・まぁ良いわ。
     
  • 原田 2007-07-03 (火) 13:37:56
    オナニーの語源はギリシャ神話に出てくるオナンという男の名であるという。ところで全て人間は性犯罪者予備軍であり、オナニーはその育成プログラムの一環、しかもシュミレーション段階にまで達しているという意味で大罪である。そこで俺はオナニーした後は毎回反省文を書く事にしている。時折それを眺める事でのみ善悪の平衡感覚を保ち得ると考えたのである。そのようにして真実は一つとばかりに真善美を探求し続ける自分を、名探偵オナンとでも呼んでいる内は、俺にもまだ健全な了見が宿っているという事なのだろう。
     
  • 2007-07-06 (金) 05:03:56
    >>原田
    これほどオチが分かり易い語りは無かったぞ・・・。
    とりあえず、この失態について反省文を書くべき。
     
  • 2007-07-29 (日) 12:40:10
    一日一回オナニーするとして60年続けたとしたら約2万回シコれる事になるな(笑)。
    2万回反省文書けよ原田(笑)

 


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:17 (2555d)