• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 99.9% へ行く。

 *とつげき東北 [#w5e54cb9]
 
 「絶対ではない」「言い切れない」などの、粗末な論理にさらに拙い味付けをした表現として、「―までは行けても、確実ということはない」等に使われる。
 
  だが、100%というものは存在する。例えば昨日雨であれば、昨日雨だった確率は100%である。先の言葉を放つような者が、この事実(「99.9%」という表現の名言性)に気づいていない確率は100%である。
 
  数学が苦手な人々も、「比例」「同類項」「99.9%」など、数学的な装飾が施された名言は比較的好む傾向がある。
 
 →100%
 →比例
 →同類項
 
 #htmlinsert(google.txt)
 - こういう人たちは100%超えちゃう表現も好きですよね、120%とか200%とか -- [[ここ一]] &new{2006-05-19 (金) 15:12:47};
 - 120%は定型句ではあるが、ベタギャグという以上の名言性はあまりないなぁ。 --  &new{2006-05-20 (土) 00:45:53};
 - 120%とぐろ -- [[あ]] &new{2006-05-25 (木) 23:44:45};
 - スイマセン、たとえば、昨日雨だったのに、「昨日は雨じゃない、俺の中では!晴れてたやん!晴れてたやん!」と言う奴がいたら、雨であった事実を見せればよいわけですか? --  &new{2006-06-16 (金) 11:23:46};
 - 「そうか、君の中では晴れていたのか。私の中では昨日は無数のキャンディーが降り注いでおり、その内99.9%は納豆味、残り0.1%は挽き割り納豆味で、私のサービスでその総量を20%増加しておいた」と、私は頭の中で必死に妄想しながらも口には出さず、空を見上げ幾度となく頷くのであった。 -- [[ジャケ]] &new{2006-06-16 (金) 12:04:33};
 - お前の外は雨だった。 --  &new{2006-06-16 (金) 12:08:56};
 - この場合、彼は「彼の外」には既に興味を示しておらず、「彼の中」について私に同意を求めている。しかし私は「彼の昨日の中」を覗き見て検証する術を知らず、同意をする事が不可能であり、せめて「私の昨日の中」を彼が覗き見る事が出来る様全力を注ぎ、彼の鏡となって差し上げようとした次第。(無言で頷くのは、彼の「私の昨日の中覗き見作業」に支障をきたす可能性を減らす為の私の精一杯の努力である。) -- [[ジャケ]] &new{2006-06-16 (金) 13:22:04};
 - 100%はあるよって話ですよね。なら相手が「昨日は雨じゃない、俺の中では!晴れてたやん!晴れてたやん!」って言い出したら。「昨日は(お前にとって)晴れだった確率が100%だろうが!!氏ね!!」と言えばいいのではないでしょうか。  -- [[虚]] &new{2006-06-16 (金) 13:49:02};
 - 実は彼は極度の酸性雨恐怖症で、「晴れてたやん!」と叫ぶ事で、昨日「彼の中」に降った酸性雨の恐怖と戦っていた恐れがある。その場合「彼の中」で雨だった確率は100%で、晴れだと言ってやるのも優しさかも知れないが、何にせよ彼には「彼の中」と冷静に向き合って欲しい。 -- [[ジャケ]] &new{2006-06-16 (金) 14:24:29};
 - ジャケは優しいなぁ・・・。 --  &new{2006-06-16 (金) 17:43:11};
 - 99.9%という言葉を使う奴はただ単に絶対という言葉使うことを恐れてるだけの腰抜け。保身を考えて逃げ道を作っておきたいのだろうがお前の頭はコンマ単位で確率計算出来るほど精密には出来ていない。100%と言えないなら九分九厘とか十中八九という言葉を知るといい。 -- [[原田]] &new{2006-12-11 (月) 08:23:15};
 - ''[[ごー]]'' &new{2008-02-06 (水) 11:23:05};
 九分九厘じゃ残りの九割一厘はどうなりますか。
  
 - '''' &new{2008-02-06 (水) 21:17:44};
 君の愚かさは100%だな
 書く前に、「分」で辞書を引くか、「九分九厘」で検索していれば、その恥ずかしい書き込みを晒さずに済んだのに
  
 - '''' &new{2008-02-06 (水) 22:50:24};
 ただの書き間違いだろうに・・・
  
 - ''[[■]]'' &new{2008-02-07 (木) 00:32:00};
 >22:50:24
 十割 − 九分九厘 が正しく計算できている ごー に対して、書き間違いというのでは、彼をおとしめすぎではないか。彼は失敗しただけで(無知ゆえかセンスのなさゆえかはおくとして)書き間違ってはいない。
  
 - ''[[あ]]'' &new{2008-02-07 (木) 01:58:31};
 カスの発言はカスの発言を招く良い例だな。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-20 (火) 05:40:30};
 →一寸の虫にも五分の魂
 5分しか生きられない小さな虫の生き様を描いた大作
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS