■とつげき東北
 
 
  思いつきの垂れ流しに対して、こうした賛辞が贈られるのを目にするのは愉快な体験である。
  ネット上のコミュニティ等において、人々が互いの「意見」を、こうした漠然とした評価で褒めちぎりあいながら、自分の意見が磨耗しない程度に相手の意見も「[[尊重]]」しようと、擦り合わせていく姿は滑稽である。それはいささかも「他人の意見の[[尊重]]」などではない。→[[意見、価値観の押しつけ>押しつけ]]、[[哲学的]]
 
 →[[自分で考える]]
 #htmlinsert(google.txt)
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 01:36:09};
 >>相手の意見も「尊重」しようと、擦り合わせていく姿
 端からすり合わせるつもりの無い場合のほうが圧倒的に多い
 つまり、これを言われた人は、意見を言う相手を端から間違えているのである
 相手がちゃんと見えていない場合にその相手からこの言葉は出る
 言われたほうも恥ずべき状況にある
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 01:37:28};
 例文:
 色々考えているんですね、凸さん
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS