■とつげき東北
 
 
  あるものが存在することが当然であったために、それを失ったことによって初めて気づかされる存在の大切さ、というものがないということはなかろう。私たちは塩やマヨネーズを失って初めて気づくのである。
  だが、全ての大切なものに対して、「失った状態」を常に想定し続けその大事さをかみ締め続けるのは容易ではない。紙、ペン、右手、健康な胃、靴、電車、電気……人間にとって必要なものは多岐に渡り、その全てに対して「失った場合のつらさ」を考慮しながら生きようとすると、そのために費やした莫大な時間を「失って初めて気づく」結果になりかねない。
  とはいっても、恋人との関係だとか、貯金の残額、職、大陸からの侵略を受けない日本といった、「失う確率が多分にあり、または失うことが現実的に想定でき、失った場合の生活の変化が重大なもの」については、失ったときどう感じ、どう対処できるかをある程度想定した上で、そうならないように計画しておくことが合理的であろう。
  あれだけドラマや歌で詠われているにもかかわらず、いまどき恋人の大切さを「失って初めて気づいて」いるとすれば、ただただ無念としかいいようがない。彼(彼女)はおそらく、今後も失い続け、失って初めて気づき続けるだろう。
 #htmlinsert(google.txt)
 - ''[[六7]]'' &new{2008-03-20 (木) 21:41:12};
 大衆って「初めて」や「一番」って言葉が大好きなんだよね。
 こういう言葉を付け加えるだけで感動の文脈になるからとても便利で、濫用される。
 ~ところでおれは、この項目が一番好きだな。
  
 - '''' &new{2008-03-21 (金) 01:42:06};
 吊り橋理論というものがある。
 人を愛しているなんてのは、実は脳内物質によって作られているだけで
 私たちは、自分の気持ちすらよくわかっていないのである。
 ~魔女娘ViVianという漫画で、主人公は花見の際に魔法の酒で酔ってしまう。
 そして自分の周りの男の連中を見て、ドキドキしてしまう。
 自分は男にまで恋心を抱く最低の人間になったなどと喚くシーンがある。
 これはギャグ漫画(最後はジャンプでよくある戦闘漫画になってしまった・・・)であるが、我々も似たようなものである。
 先日まで元気だった人が突然死んだりして失って始めて気がついたり
 子供ができて初めて親の気持ちがわかったり
 そんなものはまやかしにすぎない。
  
 - ''[[hidehitox]]'' &new{2008-03-21 (金) 11:40:54};
 「ボンボン坂高校演劇部」は連載中は「あまりおもしろくないなあ」と思って流し読みしていましたが、連載が終わった後、ジャンプから消えて初めて「無くなったらなんか寂しいなあ」と感じ、失って初めてその面白さに気づきましたが、「魔女娘VIVIAN」は失っても何も感じませんでした。「剣客剣客 渋井柿之介」も同様です。
  
 - ''[[www]]'' &new{2008-03-21 (金) 11:43:07};
 >私たちは、自分の気持ちすらよくわかっていないのである。
 「気持ちが分かる」とはどういう状態のことですか?
  
 - ''[[はいはい]]'' &new{2008-07-26 (土) 03:41:00};
 このサイトそのものが失われた時の連中の顔こそ、この項目を現している。
  
 - ''[[はいはい]]'' &new{2008-09-18 (木) 04:07:20};
 俺にしてはすごい事言ってるとおもう
  
 - ''[[あ]]'' &new{2008-09-25 (木) 22:56:48};
 失って初めて気づく絶望それは金。
 カジノだけはやめとけよ。
  
 - ''[[はいはい]]'' &new{2008-09-27 (土) 02:50:57};
 「あ」のブラッシュアップこそがそれだぜ?ピース。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-18 (日) 07:39:32};
 >>このサイトそのものが失われた時の連中の顔こそ、この項目を現している。
 そうだな
 凸御大が死亡するような災難があったら、失ったものの大きさに気づいて後追いで死ぬやつが何人か居そうで怖い
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS