• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 思いやり へ行く。

 *とつげき東北 [#l714699e]
 
 
  自分にとって都合のよい人物に対して、廉価な「精神的報酬」を与える際に、及び、自分にとって都合の悪い人物に対して、重大な欠点を示す(ことができると信ずる)際に、道徳主義者たちが好んで用いる、途方もなく安直な評価指標。
 
 #ref(http://www.interq.or.jp/snake/totugeki/nobi1.jpg)
 
  さて、ある人物が、ある相手を喜ばせるよう取り計らうためには、
 (1)相手がどのような嗜好を持つかを把握する
 (2)その嗜好に合致した行為を実施する能力・資本・環境等を有する
 (3)その嗜好に合致した行為を実施するインセンティブがある
 という3つの事項が必要である。
 
  これらについて、恋愛関係にある異性間の関係を例にして説明しよう。
 
 (1)が欠落した場合、「思いやりの空回り」が起きる。
  ある女性は「自分が嫌だと思う事柄を伝えて相手に改善を求めたりせず、自分が我慢することが『思いやり』だ」と思っている。そしてその相手は「嫌だと思ったら会話等を通じてお互いに理解しあい、お互いの譲歩すべき点を明確にすることが『思いやり』だ」と思っている。このカップルは、お互いの思い込みに基づき行為し、双方がストレスを溜め続けるという結末を迎える。「どうしてこの人は私の欠点を指摘してばかりで、私の気持ちをわかってくれないのかしら」「どうしてこの女は、いつも突然不機嫌になり、その理由を話しもしないのか」といった具合である。
  原因は明らかに、お互いが自らの「思いやり」の形式を自分勝手に相手にも一般化して当てはめようとしたこと(道徳主義者の陥りがちな誤謬)、すなわち上述した理想的な意味での「思いやり」が足りなかったことにある。
 
 (2)は当然で、恋人同士の関係においては、相手がかまってほしいことは理解できるが、自分の職務等が煩忙を極めているために余裕がない、といった場合である。
 
 (3)は悲しい事態である。既に「愛」が失われており、相手が喜ぶことが何であるかが把握されていて、なおかつそれを実施可能であるにもかかわらず、もはや実施することによる利益がない場合(あるいはむしろ、相手が喜ばないことを敢えてする状況もあろう)等である。
 
  以上、「思いやり」のために必須の要項について見てきたが、往々にして「道徳的な人々」は、「結果的に自分たちが満足できない」という部分のみに着目して「思いやり」を語りがちである。
 
  例えば、多くの人にとって目障りで、読みたくもない(聞きたくもない)内容の発言を、書籍やテレビで見かけることがあろう。それは「思いやりに欠ける」表現であると評される。にもかかわらず、表現者が人を食った内容の表現をしたのは、何も読者・視聴者等がそのように感じるだろうことを推察しきれていないかったから(1の理由)とは限らないし、読者等に迎合する表現ができないから(2の理由)とも限らない。
  読者等をちやほやすることによって表現者が得るものなど何もなく(3の理由)、平凡な嗜好を持つ大部分の読者等とは異なる一部の読者等の需要を満たすための「思いやり」ゆえんである場合もあるのだ。
  全ての表現者が、読者等である「自分」の嗜好にあわせて表現するのは当然であり、そうでなければ当該表現者には「思いやり」が欠如している、と考える短絡思考は、あまりにも「思いやり」が足りないものであると言わざるを得ないが、この種の発想は、広く一般的に見受けられる。
 
 「思いやり」ある行動をするためには、何の訓練も教育も必要としない安上がりな迎合精神さえあればよいというわけではなく、様々な背景・思想等をもった各種人物の嗜好を把握し、当該人物の感情の遷移を明確かつ適切に予測・理解しておく「能力(1)」も必要であるという否定しがたい事実は、「能力」とは縁遠い多くの道徳主義者にとって、いささか不都合な事態ではなかろうか。
 
 #ref(http://www.interq.or.jp/snake/totugeki/nobi2.jpg)
 
  彼らが「人間関係」を過大に難解なものであると感じたり、それを喧伝してみせたりするのは、まさに彼らに「思いやり」ある行為を実施するためのいくつかの事柄が不足しているからである。一例を挙げると、「他人がどう楽しめるか」ではなくて「自分が話していて面白いかどうか」といった一方的な観点からしか物事を把握できないから、彼らの冗談は常につまらなく、センスが低く、結果的に人間関係においても失敗するのである。ギャグセンスの欠如とは、思いやりの欠如の一形式に他ならない。
 
 →人の気持ちを考える
 →人間関係
 
 #htmlinsert(google.txt)
 - ''[[散切り頭]]'' &new{2007-05-14 (月) 17:26:53};
 「のび太君」は掲題語の内容に何か関係しているんでしょうか?
  
 - ''[[あ]]'' &new{2008-02-10 (日) 17:34:29};
 小学館に通報シマスタ
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 00:17:18};
 確かに著作権法違反は良くないな
 ~まぁ、そんなことは俺には関わり無いからどうでもいいのだが
 >>様々な背景・思想等をもった各種人物の嗜好を把握し当該人物の感情の遷移を明確かつ適切に予測・理解しておく
 うんうん、そうだね
 だから、その予想通りになるようにこっちがレスをするのはもっと大変なんだよ
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS