• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 官僚 へ行く。

 ■ヒトシンカ
 
 不祥事の際やたらと強調される職業のひとつ。以下は、あるアメリカのジョークである。
 
 ある官僚が小学校の前を通りがかったところ、女の子が犬に襲われていたので官僚はその犬をやっつけた。次の日、「善意の通行人が少女を救う!」という見出しが新聞に載っており、新聞社はこの英雄についての情報を募っていた。彼はそれが自分だと新聞社に電話をした。翌日の記事には次のように書かれていた。――「続発する不祥事またも。エリート官僚が子犬を撲殺」
 
 →[[エリート]]
 #htmlinsert(google.txt)
 - ''[[あ]]'' &new{2008-09-27 (土) 20:46:41};
 さっさと自殺!さっさと自殺!
 相手は創価のキチガイだったらしいな。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-26 (月) 14:04:12};
 冒頭余談
 日本ではこういう場合の「官僚」は擬錣鮗かった所謂出世コースの事を指すことが多いらしいね
 もともとは、国家公務員全体を指す言葉だったと記憶してるが・・・・違っていたら指摘してくだされ
 ~〜〜
 自らの名を挙げたいばかりに電話をしたその「官僚」が、「官僚の頭脳(官僚としての資質)」を持ち合わせていたかどうかのほうが気になるな
 新聞社の情報蒐集に乗ってしまった「英雄」のお話
 ジョークだから実際にあったかどうかは俺もわからないが
 ~掲題は、同様に「警官(警察官)」・「弁護士」・「市区町村長」・「議員」等もあてはまる
 いずれも、国家三権にかかわる職であるのが興味深い
 「エリート」かどうかは、あまり関係が無いのではないだろうか
 いやまぁ、目立つのはより「エリート」であればあるほどではあるが・・・・
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-26 (月) 20:23:19};
 冒頭のみ。
 ~けっこう曖昧だね。
 基本的には「位の高い公務員」なのだが、キャリア組のみを指したり、さらに法律系に絞ることもあり、逆に霞が関勤務の公務員全般を官僚と呼ぶ場合もある。あるいは、キャリア組を「高級官僚」と分けるやり方もある。
 いずれにせよ日本法において公的に定義された概念ではない。
 ~雑誌などがわざと公務員を叩く場合などは、当然あえて「官僚」と書く。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-26 (月) 23:39:34};
 1段2段高い地位(と思われる)肩書きを書いておけば、大衆は所謂「特定の職業」というグループ分けをしやすくなるしね
 国家公務員の皆さん大衆扇動に巻き込まれて肩身が狭くなってご愁傷様というところか、平社員並の国家公務員ではそれほど影響が無いのか、これはさすがに該職をやってみないとわからんかもしれん
 ~テレビで霞ヶ関に登庁する公務員にマイクを向けるシーンで、映像に挙がる登庁職員のほとんどが一様に顔を下に向けるのは、なんていうかただ大衆の卑屈目線に負けているだけという気がするんだけどな
 インタビューを受ける権利は個人にあるのだから、そういうシーンを見るたびに、堂々と胸を張って無視すればいいのになぁと毎回思うのであった
 もちろん、堂々と無視する人は映像として採用されていないだろう
 だから故に、下を向くやつほど掲題的な「官僚」そのものなのだろうね
  
 - ''[[おなまえ]]'' &new{2009-10-27 (火) 00:03:46};
 官僚より、政治家なんとかしてくれよ。連中、頭悪すぎだろ…。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-27 (火) 02:45:35};
 俺はカオス方向好きだから、政治家や官僚が頭悪いのは歓迎だ
 夕張のような流れで「日本国倒産しました」なんてことになったら面白い
 ~某国は既に片足突っ込んでるようだしな
  
 - ''[[dsk]]'' &new{2009-10-27 (火) 03:53:09};
 政治家は官僚と違い選抜方法が大衆に選ばれるという方法なので大衆的というか、頭が悪いと感じるのは仕方ないかと。
 実際に頭悪いかどうかはしらないが
 頭の悪い奴の意見を代表する奴も必要って事なんだろうな。
 
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-27 (火) 04:34:18};
 個人がどれだけ頭が良かろうが、どうにもならないことは山ほど有る
 大衆の迎合力は時として人の頭の良さを超える
 ・民主主義国家に籍を置く以上、民主主義の迎合には逆らえない
 ・自由競争国家に籍を置く以上、自由競争の迎合には逆らえない
 それらが嫌なら、その国から籍をはずすか、無駄だと判っていても1票を投じるか、最初からあきらめるしかない
 ~>>頭の悪い奴の意見を代表する奴も必要
 ちょっと違う
 民主主義である以上、選ばれたやつが「必然」であり「自然」
 選ばれたそいつが頭が良いか悪いかは全く関係が無い
 外野(頭の良い国民)がなんと言って嘲ようが、選ばれたものにしかできない仕事を選ばれた能力で以って遂行する
 選ばれるのを阻止できなかった「選ぶ権利を持つ頭の良い国民」全員が悪い
 大衆の迎合力を侮るなかれ
  
 - ''[[チェリ]]'' &new{2009-10-27 (火) 21:16:39};
 >登庁する公務員にマイク
 大手ニュース番組がCMを出している、清涼飲料水をグビグビのみながら歩けば、少なくともその大手番組には乗らないし、他への露出も少なくなる気がする。
 
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-27 (火) 21:50:05};
 >>チェリ
 手とそれに色構成の識別できないくらいの大きなモザイクが掛かるだけのような気がするが
  
 - ''[[おなまえ]]'' &new{2009-10-27 (火) 22:12:09};
 >>ここまで
 いやぁ…カオスとは真逆で、パターン化されているからキツイ。
 何度同じ事するんだと…いい加減諦めろと…。
 ~>>dsk(半角で打つと何故か不思議な赤線が表示される)
 投票より買収の方が手っ取り早いし確実だわな。
 実際、そっちの方が優先されてたりするし(パブコメの無意味さは異常)。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-27 (火) 22:24:07};
 >>おなまえ
 そのパターン化そのものが俺にとってはカオス方向なんですよ
 って、カオスにおける俺とおなまえの定義の違い程度のことだろうけどね
 ~>>dsk半角
 deskやdiskの誤植をしてるとシステムに勘違いされてるだけじゃないかな
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-27 (火) 23:30:27};
 少なくとも日本の民主主義ってうまく作られたシステムだなーと思う。
 ~「北朝鮮にもっと金を出せ、日本という国家の枠をつぶすために政治家やってる」
 と言うような国家的犯罪者(執行猶予5年の国家に対する詐欺罪を働いた議員)が即座に閣僚になるってのはどういうことなんだろうね。
 ~それは本当に日本国民だの、少なくとも「世論」が望んだことだろうかね。
 おれはこのウィキで正義を謳うつもりはまったくないのだけども、無自覚に、あるいは悪意をもって「民主主義だから」で済ませるのは嫌だね。
  
 - ''[[おなまえ]]'' &new{2009-10-27 (火) 23:50:51};
 >>ここまで
 それ、多分今だけw馬鹿と長く接していると、本当に連中が一切合切全く
 学習する事無く同じ処でつまづいている事に気付くからw
 そういったパタナーリズムをある程度纏めたウィキがここのような気もしないではない(違うかもしれん)。
 ~システムが誤植を認識するのか…何か余計なお世話だなw好きで間違っとるというのに。
 ~>>凸
 そもそも立件されるのかね、あの件は…?マスコミも不気味なくらい沈黙してるし。もっとも、世界を動かしている「世論」とやらに、未だ出会った事が無いんだけど。
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-28 (水) 00:16:12};
 「立件」?して得する人らなどいない。
 せいぜい「沈黙する合理的個人たち=日本国民の多数」くらいだ。
 そんなものは、日本の民主主義では完全に無意味だ。
 
  
 - ''[[おなまえ]]'' &new{2009-10-28 (水) 00:24:24};
 >>凸
 >立件?
 ~確か、未だに秘書で止まってた記憶があったけど。小沢の時と同じで。
 秘書は口割らんだろうし、司法取引も日本には無いから、本丸まで行かんだろうとは思う。橋龍のように「記憶にございません」で生き延びるからなぁ。
 ~>得する人ら
 警察とマスコミ、内外の反対派は得するでしょう(内部の反対派は表に立たないだろうけど)。どっちにせよ、国民や民主主義とは関係無い力学だけど。
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-28 (水) 00:33:14};
 いや判決でてるよ。詐欺罪。執行猶予5年。
 たぶん君の思ってる人と違う人。
 ~警察は別に得しないと思うけど、どういう意味で得かな?
 しょせん警察庁。最悪、圧力かかって責任問題になるよ。
 マスコミは所属によるけど、読売、朝日、大手テレビ局は何ら得しないね。
 あるとすれば雑誌くらいだろうけど、敵が多すぎてリスク高すぎだよ。
  
 - ''[[おなまえ]]'' &new{2009-10-28 (水) 00:48:34};
 >>凸
 >立件
 あら、俺の勘違いでした。失礼。
 ~>警察
 新政権からは、マジで気が狂ったみたいに事件を探し回ってるよ。
 俺のアンテナはポルノ関係だけだけど、7月だけで通常では立件されないような件で三件ほど立て続けに捕まってる。
 何か、潰れる寸前の団体みたいな動きだわ。
 ~マスコミは…ん〜、それほど騒いでないのか。知らなかったし。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-28 (水) 01:29:54};
 >>それは本当に日本国民だの、少なくとも「世論」が望んだことだろうかね
 まぁ、ぽっぽがトップになることがわかっている状況でぽっぽ党に票があれば、その後ぽっぽに何をされようが国民に発言権は「無い」
 ~まぁ、国民は今の民主主義に(〜から)
 ・迎合する
 ・帰順する
 ・反逆する
 ・逃亡する
 の4つしか選ぶ方法が無いわけで、どれを選ぶかは大衆を含めてひとりひとりの判断でしかない
 ~よく、「自分はぽっぽ党に投じなかった」だの「そもそも票を投じなかった」だの言うのがいるが、どちらにせよぽっぽが勝ってしまったのだから、ぽっぽに対して今は先の4つからどれかを選ぶしかない
  
 - ''[[dsk]]'' &new{2009-10-28 (水) 05:57:56};
 他の突っ込み所をスルーしたとしても
 >ちょっと違う
 のちょっと違うを説明できていない。
 仮に全て違うのであれば”ちょっと”は必要ない
 ちょっと=一部違うというのであれば、何処かの説明がない。
 全体的に少しニュアンスが違うというのであれば、その説明もない。
 ~説明しているだろ!というだろうが
 それは私の一文に君の解釈を加えただけというか
 迎合力(笑)頭のいい国民(笑)って言いたかっただけちゃうんかと。
 ~>民主主義である以上、選ばれたやつが「必然」であり「自然」
 私の一文にこれ等を否定する語句も内容も含まれていないし
 だから何なの?俺の発言に関係あんの?って内容なんだが
 んで、私が頭の悪い奴らの代表云々言ってるのは
 頭悪いと感じてる↑の奴に対して
 自己の権利、利権に反する利権、権利を主張する奴ら、団体に対し
 頭が悪いと感じているのであろう、だが彼らにも代表を立てる権利が
 あるのだよーと言うのを短く書いたんだが誤読したというか、御幣があったなら申し訳ない
 次からギャグであれ御幣が無いように書くわ、君に対しては。
 ~>選ばれたそいつが頭が良いか悪いかは全く関係が無い
 その通りだ、そして私の一文にこれ等を否定する語句も内容も含まれていない。
 ~以下の行にも(ry
 ~まぁなんし、何処が違うの?って話。
 ~俺は代表の頭の良し悪し語っていないし
 少し違うと言うのであれば
 何処が少し違うのか説明して欲しいって話。
 ~必要語句「迎合力、頭の良い国民」を使用していなかったから減点なの?
 
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-28 (水) 07:55:14};
 >ぽっぽがトップになることがわかっている状況でぽっぽ党に票が
 >あれば、その後ぽっぽに何をされようが国民に発言権は「無い」
 ~実情の政治において、これはずいぶん違う。
 ~もしも違憲なことや、過去の違法行為が大量に見つかったりした場合、
 つまり民主主義の趣旨に沿わないと感じられることが出てきたような
 場合、野党や他の与党議員から「やめろ!」という声が出る。
 それこそ警察を動かすよう指示する人々が裏で動く可能性も充分ある。
 ~経済関係で滅茶苦茶ろうとしたら学者等が騒いで未然に防がれるし、
 「自分は何をしてもよい」なんて法案は絶対に国会で通らない。
 危ない法案が出ればそれに応じてマスコミなどを通じて盛り上がれる。
 そこいらには、いわゆる、そのときの「民意w」が多分に入る。
 内閣支持率の調査などでけん制も効く。
 ~ただしその「民意w」と自分の意向が異なっている場合、それこそ
 「文句をいえない=影響を与える行動力が相対的に小さい」わけだ
 が、そりゃ当然のことであると同時に、そうでもないこともある。
 民間研究所勤務の友達が、「子ども手当てってすげーバカなシステ
 ムじゃん」と報告書書いたら(個人レベルで)、朝日だの日経だの
 ヤフーだのが大々的に取り上げて、民主党はマニフェストを一部修
 正(補足)したんだよ。
 
  
 - ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-28 (水) 08:07:33};
 そういやその友達はむろん頭が良いわけだが、報告書自体は、
 恐らくおれにも(彼の3倍くらいの時間を費やせば)書ける
 レベルだっだろう。
 ~彼は民間研究所名義で発表したから影響がでかかった、という
 ことも可能だが、おれが書いた場合でも、彼を説得したり巻き
 込んだりして研究所名義で出すことは不可能でもなさそうだ。
 ~「頭が良い」なら、ある程度のことはできる場合もある実例。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-28 (水) 13:02:21};
 >>凸
 判断基準点(しきい)の相違だね
 それを読みきれず、結果的に「意見の強制」のような誤解を与えてすまない
 あと、丁寧な反例ありがとう
 ~(以下、記述において現政権に迎合することの是非・善悪等は問わない)
 ~俺の基準だと、凸の言うそれらは、凸の友達が起こしたアクションも含めて「迎合」に相当する
 同調するにおいても、細部において全く反論できないということは無いと考えるのが、迎合とするその理由
 マニフェストの変更を迫る凸の出した反例のようなその意見が、「迎合」に相当するか「反逆」に相当するかは個人の考え方ひとつ(≒美的センス)で、そのしきいの置き所でどっちにも傾くと考えている
 したがって、その判断の置き所を争うつもりは全く無い
 ~報告書だけに観点を置いて話をするなら、
 大衆がその報告書に相当するものを書くことは至難だが、仮に同じレベルのものを書き上げたとしてもおそらく誰も取り上げないだろう
 ひとりの発言力は限界があるし、現状において政治に対して何も肩書きを持たない大衆が民間研究所というような肩書きを得て発言力を強めるころには、既にその話題は忘却のかなただ
 研究所の彼は、発言力を元にミンスに意見を言うことでミンスに迎合しているというのが俺の考え
 ~〜〜
 現選挙制度を馬鹿にする俺でも、選挙においては必ず「迎合」か「反逆」のどちらかを票にするのが良いのではないかと思う
 選挙に行かない(票を投じない)というのは、常に「帰順」を選ぶのと同じだと考えるのが俺の考え方(例外は、投票率という数字を下げるという明確な意思がある場合)
 ただ、この考え方を人に強請するつもりは無い
 白票を投じるにあたっても「帰順」の意で投じるか「反逆」の意で投じるかは個人の判断基準によって違うだろう、結果的に現投票制度上での無意味な票(捨てられた票)になったとしても
  
 - ''[[  ]]'' &new{2009-10-28 (水) 20:09:59};
 迎合の凡庸性高すぎワロタ
 >判断基準点(しきい)の相違だね
 違うだろw
  >あれば、その後ぽっぽに何をされようが国民に発言権は「無い」 
 に対しそんなことは無い、ある。の話なのに美的感覚とか言い出したら
 俺の美的感覚では初潮前の美人のみが国民みたいな話になるよ?
 票は全権委任状じゃねーんだよって話なのに
 なんで、美的感覚や迎合がでてくんの?
 
  
 - ''[[チェリ]]'' &new{2009-10-28 (水) 20:30:22};
 > 
 主論を取り違えているから
 >なんで、美的感覚や迎合がでてくんの?
 って思うのかと。上の美的感覚は「国民の美的感覚」という意味では使われていない
  
 - ''[[  ]]'' &new{2009-10-28 (水) 21:10:10};
 俺も「国民の美的感覚」という意味で使ってねぇだろ。
 ~俺の感覚でわー みたいな話しにもってってんのが痛いつってんだろ。
  
 - ''[[  ]]'' &new{2009-10-28 (水) 21:18:25};
 美的感覚の相違では済まない
 というより、美的感覚の相違だ!といってしまえばそれまでである。
 美的感覚の押し付け合いゲームでその逃げはない。
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-28 (水) 21:33:22};
 >>チェリ
 多分、俺が「大衆の代表」ということなのだろう
 俺に対する事実確認が終わってしまえば、後はただの誰素だから放置しとけばいいと思うよ
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS