• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 一発は一発 へ行く。

 ■とつげき東北
 
 
  小〜中学時代に筆者の近辺で流行していた言葉。
 
  片方が片方をどつくと、
 「いてぇな」
 と、もう片方がどつき返す。
  このとき、最初に叩いた側が、
 「そんなに強くやってないだろ」
 と再びどつき返すと、
 「一発は一発」
 という名言が出て、強烈なパンチを見舞われることになる。
 
  社会の色々な場面を見れば、「一発は一発」が成立しない例をいくらでも挙げることが可能だろう(軽く肩を叩かれたからと、本気で殴り返せば暴行罪に問われるだろうし、詐欺にあったからと詐欺を仕返せば同じ「詐欺罪」で逮捕される)が、幼い少年たちはそこまで頭が回らないか、回ってもそうした「理屈」は通用しない。
 
  ところで、「理屈」と「名言」とがわかちがたく結びついている、素朴な子供の心象風景の中に、大人とやらの意見が何か解決を出してくれるということは稀な経験である。
  筆者は母親に、「一発は一発」という理屈の正誤を確認したく思い、「一発は一発っておかしいよね?」と問うたが、「叩いたりせんかったらええねん」「そんなこと考えてどうするの」などというずれた返答がなされ、失望した思い出がある。
  生まれてから今まで、理屈の正誤について母親にたずねたとき、ずれていない回答が来たことは一度もない。
  小学校低学年の筆者と母親の会話で、次のようなものがある。
 筆者「水も形がないわけじゃなく、小さい粒やよね?」
 母親「粒っていうか……水は水やん」
 筆者「だって、形がなくて粒じゃなかったら、手の細胞の間がすごく細くても、すりぬけてしまうはずやん」
 母親「それは……[[極端]]やろ」
  筆者がこのとき問題としていたのは、「有限の大きさのもの(細胞など)」をいくら敷き詰めても必ずスキマが生ずるから、無限に小さいものが存在すればその間を通り抜けるだろう、という推測についてだったのだ(もちろん今になって考えれば、「物質」間に働く「引力」が充分に大きければ、スキマが存在して無限に小さくてもこぼれ落ちないということはある。スキマだらけの強力磁石の中に細かい砂鉄を落としても、吸い付けられて下にこぼれないのと同様に――。子供がこのような疑問を出してきたとき、親は子供を褒めた上で、こうした解説をすべきである)。
 
  ことによると、理屈っぽい子供にとっては「大人の愚昧さ」という問題は、避けがたい、宿命のようなものなのだろうか。
 #htmlinsert(google.txt)
 - 東北の母がアホすぎたんだろwまぁ例え東北でも子供のなんで?なんで?の連発に言葉を濁すだろうな(笑) -- [[あ]] &new{2006-07-29 (土) 11:39:38};
 - 東北の母がアホすぎたんだろwまぁ例え東北でも子供のなんで?なんで?の連発に言葉を濁すだろうな(笑) -- [[あ]] &new{2006-07-29 (土) 11:39:39};
 - 俺がいつ連クリしたと言うんだ・・・・・・・・・・・・ -- [[あ]] &new{2006-07-29 (土) 11:40:35};
 - あ?の、ちょっと照れを含んだ裸踊りも最初の頃は少しは面白かったけど、こうのべつじゃね。たまりかねた数名の観客のブーイングに怒って、たまに見せる秘所(見たくもなかったけど)も粗末なものだったし。まあ、寝たふりして面白そうな時だけ目を開けりゃいいか。 -- [[YOROI]] &new{2006-07-29 (土) 18:20:50};
 - いつ俺が怒ったのか謎 秘所じゃなくて素 こんな所でオモシロネタない 切り!(ギター侍消えたな・・・) -- [[あ]] &new{2006-07-29 (土) 18:34:52};
 - ZZZZZZZ・・・・ -- [[観客]] &new{2006-07-29 (土) 21:57:07};
 - ゲシッ!( -_-)_θ☆)>_<)アイタッ! -- [[あ]] &new{2006-07-30 (日) 05:53:50};
 - 「なんで追っかけに振って満貫なんだよ」 -「立直してても一発は一発」 -- [[あーる]] &new{2006-07-31 (月) 16:03:08};
 - 昔母親に何で海が青いのかを聞いた事がある。『海が青いのは空の青さが水面に反射してるのだ』と教えられた。じゃあ何で空が青いのかと聞いたら『それは海の青さが空に反射しているのだ』と教えられた。その後図書室で真実を知った俺は母親に復讐を誓う。宇宙の起源を学校で学んだことにしてこう話してやった。宇宙は未来人がタイムマシンで過去に遡って作ったものらしいと。母親は今でもそれを信じているだろう。 -- [[原田]] &new{2006-12-12 (火) 00:38:43};
 - この名言は今もなお小学校に浸透してるのですかw -- [[それロン]] &new{2006-12-13 (水) 00:52:33};
 - 中学二年の友人が今でもその言葉を事ある毎に使用します。どう説明しても「それはそうやけど…一発は一発や」と言って止めません。 -- [[必死…]] &new{2006-12-15 (金) 20:16:25};
 - ''[[r@PCLabo]]'' &new{2007-01-28 (日) 22:51:23};
 「君がリーチかけてても、一発は一発なんだから5800じゃなくて11600だよ。」って方かと思った
  
 - '''' &new{2007-01-28 (日) 23:42:01};
 え?エロ的な話題じゃなかったんですか?
  
 - ''[[あ]]'' &new{2008-02-15 (金) 02:13:48};
 中学2年の友人って必死自体どうしようもないほどガキだったんだな
 道理で馬鹿みたいに突っかかってくる訳だ
 25歳以下の奴は煽られると我慢できずに反論してくる理論は当たりやすいな。
  
 - '''' &new{2008-02-15 (金) 08:03:57};
 AはA
 これはトートロジーである。
 しかしながら、真偽判定ができ、意味を持ち、なおかつ特別な感情、気持ちを与える。
 AはAの、最初のAと二番目のAの意味が違うなら、成立する。
 (くも(雲)はくも(蜘蛛)ではない)
 うちはうち、よそはよそ
 俺は俺、お前はお前
 などがどんな意味を持つのか、そして何故俺以外の人はこの文章に心打たれるのかが全くわからなかったのだ。
 この意味がわかったのは、大学で数学を学んでいる時であった。
  
 - ''[[あ]]'' &new{2008-02-17 (日) 12:31:24};
 http://www.myvideo.de/watch/688843
 一発は一発の大人版
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 19:18:24};
 なぜ大人はしないのか
 大人を相手にこれをすると、手枷というおまけがつくときがあるから
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS