• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 悪魔の証明 へ行く。

 *とつげき東北 [#w182cf9b]
 
 
  低俗な議論の場において、「○○が存在しないこと」を示すよう求めた際に返ってきがちな、陳腐な言葉。
 
  新約聖書において、サタンがイエスを試した逸話が元ネタだそうである。
  本来は、ある事柄が「100%正しい」ことを立証することは一般的に困難であるという事情による。仮に証明したとしても、その前提を疑うことはでき、その疑いを晴らしても、さらに別の疑義を提示することができる。
 「現代の日本には恐竜がいないこと」を、「絶対完全に」示せ、と迫るなら、それがいわゆる「悪魔の証明」を迫る行為に該当する。
 
  とは言っても、「○○が存在しないこと」を示すことが困難ではない場合もある。
  例えば、「2乗して負の整数になる整数が存在しないこと」を示すのは、以下のように単純に可能である。
 
  ある整数aを考える。
  任意の正の整数dについて、「d×d=dの2乗=正」は自明であるとする。
  1)aが正の数の場合
   d=aとおくと、a×a=d×d=dの2乗=正
  2)aが負の数の場合
   d=−aとおくと、a×a=(−a)×(−a)=d×d=dの2乗=正
  以上より、2乗して負の整数になる整数が存在しないことが示された。
 
 「○○が存在しないこと」を示すのが一般的に困難なのは、世の中のすべての一つ一つの事例を列挙して○○でないことを確認しなければならない場合に限られる。対象が限られている場合や、定義によって内包されている場合など、一定の共通認識のもとには、そのような証明は不可能ではない。
  また、「○○が存在する」という論及についても、その前提がすべて正しいことを証明しなければならないとすれば、同様に一般的に非常に困難であり、これもいわば「悪魔の証明」となる。
 
  しかし時折、あきらかに○○ではないように思われる場面で、「○○ではない」という判断について説明するよう求めただけで、待ってましたとばかりに「○○ではないことを示すのは、悪魔の証明だ。立証責任はそちらにある」などと言い出す輩がいるのは残念である。
 
 →根拠を示せ
 →(議論記録7)
 
 第一訂:2007-07-13 (金) 01:14:42
 
 #htmlinsert(google.txt)
 - 1÷0= -- [[あ]] &new{2006-07-19 (水) 04:46:47};
 - ∞ --  &new{2006-09-07 (木) 22:09:49};
 - 謎は全て解けた(金田一風に) -- [[あ]] &new{2006-09-07 (木) 22:28:57};
 - 人生の意味が存在しないこと --  &new{2006-10-02 (月) 21:40:19};
 - 近代哲学の祖デカルトは神の存在証明を以下のように行った。神は全知全能である(定義) 全知全能であるという事は存在する ∴神は存在する これをトートロジーだと真っ向から反論したのがカント。そのカントは神を科学の存在対象ではなく信仰の存在対象とした。それを利用したのがババア。月に一回うちに来て宗教の勧誘をしてくるババアがいる。今度は俺がこのババアをどうにかする番である。 -- [[原田]] &new{2006-12-11 (月) 10:28:52};
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS