*とつげき東北 [#v7b13618]
 
  ○○には、期待したこと、聞いたこと、話したことなどが入り、「事態がうまく進まなかったのは自分が馬鹿だったせいだ」という修辞を行いながら、真に意味するところは「あなた」側が期待に応えられなかったことや、聞く耳を持たなかったこと、理解できなかったこと等が諸悪の根源であったとアピールする定型句。
  ○○には、期待したこと、聞いたこと、話したことなどが入り、「事態がうまく進まなかったのは自分が馬鹿だったせいだ」という修辞を施しながらも、真に意味しようとすることは、「あなた」側が期待に応えられなかったことや、聞く耳を持たなかったこと、理解できなかったこと等が諸悪の根源であったのだ、とアピールすることであり、そのための定型句。
 
  この言葉は、「あなた」以外の「適切な誰か」でさえあれば、発話者の期待・質問・会話は円滑に成り立ったはずであるという暗黙の前提を置いた語りであり、それにより「あなた」の「適切でなさ=ダメさ」を際立たせるのに役立つ。
 「あなた」以外の「適切な誰か」でさえあれば、発話者の期待・質問・会話は円滑に成り立ったはずであるという暗黙の前提を置いた語りにより、「あなた」の「適切でなさ=ダメさ」を際立たせるのに役立つ。
  発話等の行為が結果的に適切になるか否かは、「発話等の適切さ」と「被発話等の適切さ」の両方が必要であるが、掲題語を先に述べることにより、前者は無前提的に担保されたものと印象づけられる。
  逆に受け手側の返しとしては「あなたに○○される筋合いはない」等の名言があり、愚図同士の言い争いに即座に発展可能である。
 
 投稿日時:2007-09-18 (火) 01:58:03
 #htmlinsert(google.txt)
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS