*とつげき東北 [#gd6407cc]


 各種の商品等が、いかに優れたものであるかをアピールする宣伝文句。

 とりわけうさんくさい健康器具や、パワーの入った宝石、大して性能に差がない化粧品などの怪しい商品に使われがちである。
 なぜならば、より化学的な研究で開発可能なものは、ある種の発見によって劇的に効果改善等が見られる場合が多く、何年も何年もかけたことが一瞬で無駄になり、その代わりに優れた手法を利用可能となるパラダイムシフトが繰り返されるからである。

 時間をかければかけるほどよい、というものは、技術的な進歩の可能性が低い分野ほど多くなる傾向がある。
 例えば、ある麻雀雑誌の広告にある、インポテンツを改善すると謳う商品は、なんと16年もかけて開発されたそうだ。アフリカの奥地でさまざまな薬草を採取している人の写真が載っている。何をやっているのか。
 したがってこの名言は、逆説的にその商品がそれほど高度ではないことを暗示してしまう。もちろん広告としての効果はあるだろうから、使用することが「愚か」であるという意味ではない。

#htmlinsert(google.txt)
- http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e50100773 -- [[あ]] &new{2006-08-23 (水) 03:57:07};
- ネタ元は卵ご飯専用醤油か・・・ -- [[あ]] &new{2006-08-23 (水) 19:28:37};

#comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS