• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • (解説)義憤 へ行く。

 *Revin [#f63b93aa]
  ある意見や考え方が多くの人や共同体の総意であると信じ、それに反するものを「悪」として糾弾する行為。
  その「ある意見や考え方」が自分の意見や考え方の誇張であることは少なくない。
 
 →[[よそでやれ]]
 →[[許されない]]
 →[[弱きを助け強きをくじく]]
 *とつげき東北 [#b42dfb67]
  人間の「怒り」は全て、人間の頭脳によって意味づけられており、意味に根源的な正当性を与えられない限りにおいて、「義憤」に他ならないのだが、誰に頼まれたわけでもないのに積極的に行われる他人の悲しみの代弁はぶざまだ。
 →[[(解説)肯定のセンス]]
 #htmlinsert(google.txt)
 - 悪ヾ(゜∀゜)ノ悪 -- [[あ]] &new{2006-08-14 (月) 02:47:58};
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 16:57:29};
 「怒り」は個々の美的センスの相違に対する個人・集団の蟠り
 ~意味にこの根源が常に付きまとう以上、凸の言う義憤はありえない
 誰かに頼まれたわけでも無いのに他人の悲しみを代弁するのは「義憤の行為」ではなく、「美的センスの共鳴・共感からうまれたもの」でしかない
 その援護行為を愚とするかどうかも、その援護行為に対する「美的センス」によるものでしかない
 また、誇張かどうかについても、もともとその(誇張されたと称する)範囲がその人の「美的センス」そのものである場合も少なく無く、外部がそれを判断することは、基本的にはできないといってよい(他人の美的センスを100%把握することなどは絶対に不可能である)
 ~人の「美的センスの相違」を否定し攻撃することは実に簡単であり、また、ほとんどの場合において成功はしない
 ほとんどの場合、アウト(大衆外・異端・至高)側がイン(大衆・集団・低俗)側に対して攻撃を開始し、必然的におきる攻撃失敗を隠すがごとく「結論」という形で(外堀を埋めるだけの行為で)締めくくる
  
 - ''[[ここまで読んだよ]]'' &new{2009-10-19 (月) 17:03:50};
 また書き賭けで挿入した・・・・
 ~そして、その「結論」を言い終えることによって「攻撃は成功した」と嘘たっぷりに高らかに宣言することによって、失敗中の攻撃を終了してしまう
 大阪の2陣を、冬のみで常に終わらせているようなものである
 家康が偉大かどうかはともかく、攻撃を成功させない限り高みは目指せない
 ~それが判っているからだろう、こういう場を造って群れて満足してしまう
 で、それがわかっている別の人間に、こうやって茶化されてしまう
  
 - ''[[syslogd]]'' &new{2011-05-06 (金) 10:48:36};
 義憤=大衆的カタルシスを美化する言葉。
  
 
 #comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS