• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
■とつげき東北
 
 
  低俗主義者の言い草。
 
  知識や知性には段階がある。
  誰も生まれたてで掛け算などできないのと同様、掛け算ができなければ高校の微分積分はできないだろうし、高校の微分積分ができなければ大学の解析学はできない。
  少しずつステップアップすることによって、高度なものを「難しい」と感じることなく理解することができるようになっていく。
 
  ところが、このステップに乗り遅れる者もいる。
  脱落してしまった彼らは口々にこう叫ぶ。
 「本当に頭の良い人は、誰にでもわかる言葉を使う」
 「頭の悪い人に限って、知識を見せびらかそうとして難しい言葉を使う」
 
  だが、そのすべてが誤りである。
 
 「xとyが比例するとは、どういう関係?」
 と聞かれて、もっとも簡潔に答えるなら、
 「y=ax(aは定数)が成立するようなxとyの関係。」
 と答えるのが一番「わかりやすく」、明示的である。
  ただ、この際、中学校の数学レベルについてきていない者は「もっと具体的に」などと言い出すわけである。そこでグラフを描いて見せたり、購入したりんごの数と値段との間に成立するある種の摩訶不思議な関係について解説してみせたりなどすると、「最初からそういえばいいのに」といった態度を取る。ひどい場合には「わざと難しく言った」といった被害者意識まで持つのだ。
 
  そのすべてが誤りである。
 
  この言葉の使用は、「本当に頭の良い人」という架空の概念を用いることで、「わからない」という避けがたい事態の原因を、「自分の能力の低さ」から「相手の能力の低さ」へと移行させるための、よく用いられる手続きに他ならない。
  高校教師や予備校教師が「あの先生の授業、わからない!」と言われる場合にもしばしば該当する。
 
  彼らが漠然とイメージする「本当に頭の良い人」とは、せいぜい彼らに日常的な算数(おつりの工夫のしかた)や、たかが知れた四字熟語(『同語反復』など)を、彼らにもわかりやすく教えられるような程度の人物にしか過ぎない。
  自分が理解できる範囲だけが真実なのではない。
 
 →認めない
 
 #htmlinsert(google.txt)
 - それはその通りです。でも、頭の良い人が、自分たちだけで難しい知識を高めあっているうちに、一般の人の世界からどんどんかけ離れて行くのはもったいないことだと思います。 -- [[月]] &new{2006-05-17 (水) 13:49:59};
 - 小川洋子さんの小説を読んで「数学って面白そうだ」という感想を抱いた人が数多くいます。頭の良い人も「営業努力」をするべきなのでは? -- [[月]] &new{2006-05-17 (水) 13:52:19};
 - 相手に理解させることが目的なら相手のレベルに合わせた説明をするべきであり、それに失敗しているなら頭が良くないと言われてもしょうがないのではないでしょうか。 -- [[ここ一]] &new{2006-05-17 (水) 18:40:45};
 - そもそも知的に劣る取るに足らない人間に物事を説明してあげる手間を -- [[ro]] &new{2006-05-17 (水) 23:39:36};
 - わざわざ頭のいい人間がかけてあげないといけないのか。というかそういう手間をかけるべきという信仰があるのかって話しですよ。 -- [[ro]] &new{2006-05-17 (水) 23:41:01};
 - >月 何に対してもったいないかわかりません。「一般の人の世界」からできるだけ遠ざかることが、知的たる前提になるからです。営業方面に進むかどうかは、頭の良い人の趣味の問題であり、大衆がとやかく言うべきことではないと思います。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:18:33};
 - >ここ一 「皆に理解される」レベルを目指して、大学教授が中学生向けの数学の参考書を書くことはできます。しかし、中学教師が大学レベルの数学の教科書を書くことはできません。およそ全ての書物は、決して特定の誰かに向けて書かれるわけがないのに、「自分に理解できない」からといって、「書き手の頭が良くない」と思うことが既に名言なのです。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:22:05};
 - もちろん私の書籍についても、「もっとわかりやすく書けばいいのに」「どうしてあんなに難しいんだろう」などと評価する人が後をたちません。しかし私は何も、その人にもっともわかりやすい書籍を書こうと考えたわけではない、むしろそういった人には理解できないことを充分に認識しつつ書いたわけです。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:24:01};
 - >ro おっしゃるとおりです。バカが努力すべきなのに、頭の良い人間がバカの水準にあわせたものをいちいち書くべきであって、それができなければ「頭がいいとはいえない」とは、どういう神経なのでしょうか。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:25:48};
 - >ここ一さん 『本当に頭の良い人はわかりやすく書く』は、相手の理解度が分からない、あるいは自分が何を言っているのかも分かっていない(似非)知識人を揶揄する目的でも使われるでしょう。ただ、このウィキでは、単に『本当に――』と発言する人間の理解力が足りないだけである場合、この言葉は名言たりえることを指摘しているのだと思います。 -- [[春日]] &new{2006-05-18 (木) 01:33:21};
 - まずもって、大衆のレベルの低さは、その相手によってさまざまであり、仮にまあ凡庸だがアインシュタインが相対性理論について語るときでも、相手が小学生レベルなのか、高校レベルなのか、といったことをあらかじめ全て把握しているかどうかなど、アインシュタインが彼の領域で成し遂げた「頭の良さ」とは無縁の話である。そんな下らない調査は、ジャーナリズムにでも任せておけばよいし、アインシュタインが気にすべき問題ではない。小学生レベルの人にいくら相対性理論をちょっと理解させても何の役にも立たないわけで、それを考慮した上で「社会のために最善となるような目的で」「難しい」説明をしたのかもしれない。
  わざとバカには理解できないように(頭の良い人がついてくることができるように)書くというのも一つの技術であり、言い換えれば「頭の良さ」でもある。
  ようは、ウンコレベルのバカは、ウンコを食べる以外の行為をすべきではない。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:43:50};
 - まあ私は、頭のいい人に「おいしそうなもの食べてますね。どんな味がするんですか?ちょっとおすそ分けしてくださいよ」って言いたいだけなので、それに応えてくれるかどうかは、確かにその人の趣味の問題ではあります。 -- [[月]] &new{2006-05-18 (木) 08:12:53};
 - ただ、どんな分野でも、裾野を広げておくことは、その分野の発展に繋がるのではないでしょうか。 -- [[月]] &new{2006-05-18 (木) 08:15:11};
 - ですから、広げてあげないと来ないようなのは必要とされてないってことでは?しかも、広げてもらって、尚「こんなんじゃ狭すぎる!」「もっと広くすべきだ!」と喚く輩がいるってことでは? -- [[j]] &new{2006-05-18 (木) 18:27:04};
 - 日本は数学は得意な国だったはずなのに、数学が嫌いな人が増えて、技術系が大幅に減っているという話を良く聞くので、その分野の人の「営業努力」が足りないのかなあと思ったのです。小学生レベルの私が言うのも何なんですが(笑) -- [[月]] &new{2006-05-18 (木) 19:42:02};
 - 営業は数学(技術)屋の仕事じゃないですってば。例えば文部科学省なんかの「文系の」人らが啓発すべき分野でしょ。あとは充分な対価や研究費を払うとか。全部文系の仕事ですよそれは(笑) -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 20:19:22};
 - それから、営業努力とか、人に受け容れられるということを考えるのは、あまりセンスの高いことではないです。全体的な傾向としては、多くの人に受け容れられるものほど、レベルが低いものだからです。例えば地方新聞等の記事なんか見てみなさい。圧倒的な考察レベルの低さに愕然としますよ。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 20:23:25};
 
 #comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS