• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
 *とつげき東北 [#t6f79fa1]
 
 
  大衆は予言好きである。とりわけ、相手が未来に窮地に立たされてるだろう、という予言が。
 「社会に出て通用しない」や「いつかひどい目にあう」「結局自分に跳ね返ってくる」などがそうだが、掲題用語も同様である。
 
  こうした言辞は当然、当該発話者の「気に食わない相手」に対して用いられる。誰も、自分が好きな相手に「お前はうまくいかない」などとは言うまい。
  では、彼らが「気に食わない相手」とは、どんな人物だろうか。もちろん、この種の名言を恥ずかしげもなく放つことができるような知的素養しか持たない人物が「気に食わない」相手と言ったら、「より高い水準の知性を持ち、なおかつそれを自慢したり得意げに話したりする人物」とか、「権力的に優れた立場にいる人物」に他ならない。
  だが冷静に考えればわかるとおり、より高い水準の知性を持っていたり、より高い地位にいる者は、どう考えても「普通の人」よりは成功しやすい。成功する人間は「相手にされやすい」。だからこの予言は外れることの方が多い。
 
  とはいえ、「悪い予言」は、将来のことだけを語り、その場で即座に正誤判定することができない性質を持つがゆえに、低俗で間違ったことしか言えない種類の人間が利用できる最善の発言の一つである。その瞬間は、「間違っている」と示されずに済むほとんど唯一のチャンスだからだ。
 
  この名言を吐かれた「知性ある学生」は、気にしなくて良い(気にするかわりに、発話者の行為や心理について、理屈だてて考察してみると良い)。
  筆者も「お前はちょっと〜〜ができるからといって調子に乗っている。そのうち誰からも相手にされなくなる」などと幾度となく言われたものだ。事態は、彼らの「予言」とは、真に逆の方向へと進んだ。
  大衆の悪意に満ちた「予言」など、たかが知れている。無能であることは、善行を適切に行うことに対して大きなハンディキャップとなるが、悪行を巧みに働くためにさえ、それは重い足かせとなるのだ。
 
 #htmlinsert(google.txt)
 #comment
 

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS