*とつげき東北 [#v13ba7e0]

 現代化に乗り遅れたまま大衆に喜ばれる、「芸術」と考えられている産物。

 建築も、絵画も、音楽も、哲学も、そして文学もとうの昔に相対化され、「芸術」はひとたび終焉を迎えた。はずであった。
 しかし大衆の思想は、いつでも時代の最先端から何世紀も遅れるものだ。
 それゆえ、「悲劇的な、または感動的な詩」が、21世紀を迎えたいまなお彼らにとっての唯一無二の「詩」であり、その「表現」に係る作業の安楽さから、各種蒙昧な連中によって引き継がれ受け継がれ再生産され続けるゴミとしてその残滓が残っている。
 何の技術も持たない大衆は、ゲームや楽曲や絵画や建築ではなく、こぞって「詩」を表現したがる。音楽雑誌でバンドメンバーを募集するコーナーでも、やたら「当方ヴォーカル・作詞担当希望」が目立つ。
 そういった者どもによって作成される「詩」は、そうと覚悟して読んでいても、ついつい噴飯を免れ得ない代物であることが多い。

→(解説)歌詞に見られる名言性

#htmlinsert(google.txt)
#comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS