■ヒトシンカ

――教:
 本来は科学への盲目的信頼を宗教に喩えて揶揄する言葉。相手が、十分な理由があって科学を重視している場合には当然、使用を控えるべきものだが、レッテル貼りに使われることが多い。科学絶対主義、科学万能主義なども同じように使われる。  

――がすべてではない:
 ある主張の根拠となる体系が十分に有力である場合、反対者はしばしばその無謬性や完全性を否定することで、心理的に信頼度を弱めようとする。「〜が[[全て]]ではない」「〜は完全ではない」「〜も間違えることがある」はこのような目的でよく使われるが、これはその特殊形である。もちろん科学は全てではないし、間違えることもある。ただし、この言葉が否定している命題は「科学が間違えることは無い」ことなのである。反科学・反知性的言説が浸透した現在、こんなことを信じている者は仮にいたとしても少数であろう。
#htmlinsert(google.txt)
#comment


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS