*とつげき東北 [#h8e04766]

 ジャーナリスト・批評家等のうち、
・批評対象に対する専門知識の不足・統計の恣意的な利用等により
・粗末な論理を展開したうえで
・一面的(マスコミ的)見解を誘導して世論を誤った方向に導く
行為をした者について、当該の記事を引用あるいは要約しながらダメさを明確にする。

 雑誌等において「捏造される」無茶な世論は、政治を誤った方向に導く危険を持つため、公共上の利益を提供し、読者に対して公平で客観的な判断を提供することを目的として、本稿を記述する。

 なお、対象は、あくまでも筆者が直接確認した公開された情報に限る。したがって、当該人物の他の批評等が全面的に信用できないことを意味しない点に充分留意されたい。また、本稿は「逆の立場」から記述されているため、双方を比較して判断されることをお勧めする。

**若林 亜紀 [#ne9e7ea2]

 わかばやし・あき。ジャーナリスト。1965年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
 「トヨタさえ上回る!? 名古屋市役所の高給」(プレジデント2009年5.4号)において、

・民間側のボーナス額はリーマンショック後(09年)、公務員側のボーナス額はリーマンショック前(07年)に設定して比較し、公務員のボーナスの高さを印象付けている。極めて不公平であろう。さらに、「トヨタも『100年に一度』の不況を受ける」と表現することで、一方の公務員は不況と無縁であるかのごとく記述してもいる(もちろん、リーマンショック後は公務員ボーナスもカットされている)。不況前のボーナス額が、不況の影響を受けていないのは当然である(なお、当該記事の数字によると、リーマンショック後のトヨタのボーナスは前年度比30%減の186万、リーマンショック前の公務員のボーナスは192万である。トヨタのボーナスは、公務員から見れば、100年に1度とは思えないほど高額だ)。
・地方公務員の「窓口で座っているだけ」の職員(の負担)と、トヨタの「生産現場」の肉体的負担とを比較している。「窓口で座っているだけ」の職員が実在すると仮定すればだが、トヨタの窓口で座ることと、公務員庁舎の窓口で座ることの間に、難易度の差はない。「トヨタの窓口に座っているだけ」の職員給与と比較すべきであろう。
・高卒時点で名古屋市役所に入った者と、高卒時点でトヨタに入った者との給与を比較し、常時前者が高いことを指摘している。一般に、いわゆる「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」の賃金とを比較すれば、このような結果が出るのは当然である。むろん、常識で考えて、前者の方が「狭き門」であろう。高卒段階で工場勤務する者と、公務員試験をパスする者のどちらが(勉強という点で)優秀だったかを比較すれば誰もが理解できる話だ。
・自ら「東京を除いて」という付帯条件のついた公務員の給与の「高さ」を示す論拠を提示しておきながら、冒頭で「公務員の給与は地域を問わず異常な水準にある」と述べている(平成21年現在、現行の給与法体系における公務員の給与は、「異常」でもなんでもない。法律等で過剰に優遇され、全社員の平均年収が1300万等に達する大手マスコミ等の方が、明らかに「異常」という形容に相応しい)。
・給与が一律5%以上カットされ、給与カーブが極端に緩やかにされる以前の、古いデータのみを利用し、全てそれに基づいて語ってている(なぜ今すぐ手に入る最新のデータを利用しないのかは、『謎』である)。
・公務員組織のほとんどは、一般に規模が相応に大きい(よほど特殊な小さな団体を除いて、100名以上であろう)が、給与の官民比較において、50人以下の規模の事業所・企業の給与水準を対象外としていることに関して、「(中小企業を)切り捨てる」と記述し、あたかも「不当な比較」を行っているかのように記事にしている。社員数4名の零細企業と、市役所とを同列に扱うべきだろうか。どちらに優秀な人材を送る方が公的利益につながるだろうか。

 以上のように低いレベルの分析を行い、世論を「予定調和の方向へ」誘導しようとしていることが伺える。
 この記事では、公務員の仕事の「楽さ」をひたすら強調しているが、仮にそうであるとしても、こんないい加減な記事を書いているだけで金がもらえる職業よりは、遥かに高度で高邁な仕事であろう。公務員の給与は、最低でもこのような記事を書く人より遥かに高く設定すべきだ。さもなければ、行政は完全崩壊するに違いない。


#htmlinsert(google.txt)
- ''[[とつげき東北]]'' &new{2009-10-11 (日) 16:38:22};
この記事を書いた直後、たまたまポストを見たら、拙著の第15刷増刷の手紙が届いていた。少し、何かを許す気になった。人間って、不・思・議。
 

#comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS