■とつげき東北


 筆者でない人が項目を投稿したい場合、ここにコメントとして投稿してください。
 筆者のうちの誰かがそれを掲載しようと判断した場合、その人の手によって掲載されます。
 ただし、このウィキは、筆者のグループが書くことを前提に作成されていますので、優れた投稿をしたからと言って掲載されるとは限りません。

 コメントは文字数制限があるので、複数回に分割してもかまいません。
 どの項目への新規投稿/追記等なのかわかるように書いていただければ、形式は問いませんが、なるべく掲載に手間がかからないようにしたほうが掲載率は上がると思います。
#htmlinsert(google.txt)
- ■反省 本当に求めているのは反省だろうか。万引き犯の「反省しています」という言葉を聞いて警察への通報をとりやめるだろうか。たとえ悪いことをした人間が反省していようと、次に「反省すれば許されるというわけではない」とくるのは目に見えている。ここで注目してほしいのは、この発言をする者はリスクを負わなくてすむという点である。相手が反省していなければ「反省の色が見られない」と批判できるし、反省していても「反省しても許されない」と批判できる。つまり反省の有無にかかわらず攻撃は成功するわけである。そもそも「悪事を働いた」という第一の批判箇所に加え、「反省していない」という第二の批判箇所があるわけだが、反省していようがいまいが「悪事を働いた」という結果は変えようがない。つまり大衆にとってはとりあえず第一の批判箇所をキープしておいて、相手が反省していれば第一の批判箇所をもういちど持ち出し、反省していなければ第一+第二で二倍叩けるわけである。いずれにせよ、「悪人を叩きたい」という大衆の欲求(たとえば犯罪者は大衆が後ろめたさを感じることなく大っぴらに叩ける数少ない対象である)は満たされるので、この言葉は「便利な武器」として重宝されることになる。 -- [[井中蛙]] &new{2006-05-16 (火) 22:07:52};
- 初めて投稿させていただきました。こんな長文書いたのは初めてでかなりへたくそかもしれませんが。今後もいいネタがあったら何か書いてみます。 -- [[井中蛙]] &new{2006-05-16 (火) 22:10:39};
- 「反省」自体が名言的用法をされることはごくまれだね。「反省しているのか」とか「今さら反省しても遅い」などの項目名にして、修文してみてほしいなぁ。内容は基本路線としてokだけど、おれみたいにむやみに「大衆」を叩く必要は、別にないよ(笑) -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-17 (水) 01:00:39};
- 上に挙げたような2項目を独立に「対義語」として作成し、名言がいかにキチャナイ形で使い分けられ、発話者に不当な利益をもたらすかを書くと面白い。各々の名言だけでなく、各名言に横たわる構造を見抜くのが、本来はこのウィキの目的だからね。面倒ならおれが項目にしますが(笑) -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-17 (水) 01:02:18};
- >「反省」自体が名言的用法をされることはごくまれだね。  実はもともと「反省の色が見られない」という項目名で投稿しようとしていたのですが、短いほうがいいかと思って「反省」にしてしまいました。ただ<項目テンプレート>に「一般性を高めるあまり「名言目録」としての面白さを損なうのもよくない」とありますし、単語よりはある程度固まった言葉のほうがいいですかね。 >おれみたいにむやみに「大衆」を叩く必要は、別にないよ(笑)  いやあ、オチをつけるのになかなか苦労したのですが(笑)。 >面倒ならおれが項目にしますが(笑)  できればお願いしたい(笑)俺にはこれ以上は難しそうだ。 -- [[井中蛙]] &new{2006-05-17 (水) 20:06:24};
- 了解です。基本路線は非常によいので、近日中にかいてみる予定です。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-05-18 (木) 01:26:55};
- 「やらないと後悔する」  一般的に困難と思われる行為を行う(または行わせる)際に、自分または周囲の人間に対して宣言される名言。この言葉が宣言されると、それまで本人や周囲が考えた失敗した場合のリスクや成功率の低さといったおおよそ現実的な予想をすべて打ち消し「行う」という選択肢のみが正解とされる。しかし、この名言がもし正しいのならば、例えば「買う」「我慢する」などの対立する行為に関しても当てはまるはずであり、「買わないと後悔する⇔我慢しないと後悔する」というような"矛盾"が発生する。つまり、この名言は「絶対は、絶対ない」となどような破綻した言葉であり、なんらかの決断をする際の判断基準として全く使えない。余談だが、この名言を宣言した人が「やって後悔する」様を見るのはそう珍しいことではない。 -- [[蟻]] &new{2006-05-29 (月) 04:50:36};
- 初投稿させていただきました。問題点があれば修正しますので、ご指摘のほうをよろしくお願いします。 -- [[蟻]] &new{2006-05-29 (月) 04:57:07};
- 【できることなら代わってやりたい】筆者がここで改めて言うまでもないことだが、ある人間と別の人間の意識なり感覚なりを交換することなど不可能である。にもかかわらず掲題の言葉は、何らかの劣悪な環境に居る「友人」「我が子」などに対し安易に使用され、発話者に陳腐な道徳的高揚を寄与することに貢献している。筆者が中学生の頃に深夜40℃近くの高熱に襲われたことがあったが、その際母親から掲題の言葉が発せられたときの情景は今でも印象的である。日頃から吹聴していた「大切」なはずの息子の高熱という事態に対して、深夜診察を受け入れてくれる病院を探したり、せめて氷枕を用意するなどの現実的な対処をするより何よりも先に、まず掲題の言葉を発した彼女の自分勝手な精神に驚いたものだ。その朦朧とした意識の中で筆者が思ったのは「神様!間違っても母さんの願いを聞き入れたりしないで下さい。たとえ一瞬であっても、この人の髪型、体型、知性、精神などを自分のそれと入れ代えられることなど、僕にはとうてい我慢できないことです」ということであった。           実際僕にはこんな経験はないので完全作り話なんですけど、凸家ではもしかしたらあったんじゃなかろうか、という感じで書いて見ました。なかったらごめんなさいね。 -- [[キューブ]] &new{2006-06-18 (日) 02:01:35};
- 新規投稿[■反対です。]  議論の最中に、意見を求められたが、何も考えていなかったときに、言う間投詞。バリエーションとして、「まあ、反対だな。」「ううん、それはどうかな。やはり、反対だな。」等がある。状況によって使い分けられる。下手を打つと、「その理由は?」などとつっこまれ、何も考えていないのが、ばれてしまう。その点、最後の「ううん、それはどうかな。やはり、反対だな。」は、あたかも、熟慮の結果、生み出された結論のように聞こえるため、一番無難である。それでも、なお、「どうして、反対ですか?」と聞かれた場合は、軽い哀れみの色を浮かべた視線で、相手を見返せばよい。そうした態度を取られて、なおかつ、素直に、聞き返す、勇気のある者は、少ない。類語としては、「賛成です。」「なかなか、難しいですな。」「それは、どうかな。」「おもしろい考えだね。」「それじゃあ、そろそろ、結論にしますか。」などがある。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:10:58};
- 新規投稿[■世界内存在] 一言で、言えば、「井の中の蛙」。さらに、付け加えれば、「井の中の蛙、大海を夢見る」ということ。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:11:59};
- 新規投稿[■コギト] 一言で言えば、「古池や蛙飛び込む水の音」。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:12:37};
- 新規投稿[■現象学的還元] 落ち着いてよく見回すこと。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:13:05};
- 新規投稿[■形相的的還元] うまく表現できること。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:13:33};
- 新規投稿[■真理に到達するための方法] かつて存在した聖なる哲学者達が常にその方法を使い真理を獲得した方法、そして、現在もまた使われ、将来、現れるであろう偉大な哲学者達もその方法を使わざるを得ない、真理に至るための方法とは、「落ち着いてよく考えること」である。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:14:00};
- 新規投稿[■真理] 誤謬程度には、価値のあるしろもの。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:14:29};
- 新規投稿[■道徳の目的] (某大学生がホームページで書いていた。)道徳の目的とは、すなわち、不都合の解消にある、と。例えば、君の友人が、他の友人に論難されていたとしよう。そのような事態は、両者が友人である君にとって、不都合であろう。その場合、両者を説得し、なお出来得れば、両者に共通の理解をもたらし、論難されている事態を相互理解の事態へと変質せしめることは、要するに、君にとっての不都合を解消することであり、道徳的であろう。道徳とは、このように、常に、不都合を解消し、事態を好都合に変質せしめることを目的とするものである。従って、道徳の究極的目的とは、世界の一切の不都合を解消し、いわば、満漢全席のごとく、すべからく、好都合の事態へと導くことであり、これをなし得るものが聖人と呼ばれることになるであろう。 -- [[ド・セルビィ]] &new{2006-06-21 (水) 13:14:59};
- ■中国・韓国が嫌い 嫌いなものをただ嫌いとしか言えない、幼稚園児並の知能しかないものが放つ名言。 領土問題、靖国問題、知的財産権の侵害など、中国や韓国を嫌いになる理由は、確かにいくらでもある。 しかしながら、(特に韓国は)仲良くすることで利益があるから、日本政府はそういった「鼻持ちならない」国との摩擦を減らす外交努力を重ねているのである。 日本は中国に輸入の大部分を依存しており、高価な日本製品を輸出するにあたって、韓国の購買力は無視できないほどに大きい。 資源の乏しい日本が現在の生活を維持するためには、輸出入に頼らざるを得ないのであり、中国や韓国はその重要なパートナーである。 彼らは、中国や韓国が嫌いと無分別に放言することで、何かが解決するとでも思っているのだろうか? 「嫌いなものを嫌いといって何が悪い」という者も、そういった国民感情が集まると、やがて経済に影響を与えはじめる事実を知っておいて悪くはないだろう。 -- [[N]] &new{2006-06-23 (金) 20:18:22};
- 他人の意見を非難してばっかりではよろしくないので、たまには自分から主張してみました。Mさんも蟻さんも、さあ反撃して下さいな(笑) -- [[N]] &new{2006-06-23 (金) 20:21:55};
- う〜ん。著者じゃないから、俺がこんな事言うのもどうかと思うけど、領域的に経済・社会に偏りすぎてないかな?例えば、「〜は嫌いだけど〜」みたいな風に全称 -- [[M]] &new{2006-06-23 (金) 21:43:31};
- 全称命題に変えつつ、「中国・韓国〜」は例示に使った方が良いかも。経済・社会は良く解らんから、内容批判はどっかに委託するw -- [[M]] &new{2006-06-23 (金) 21:45:07};
- 内容批判ではないが・・・その名言を発した者がどういう心境なのか(間接的にでも)考察がないと観察者よりは反論者という印象。有益ならば仲良くすることは正しい。嫌いは間違い。て話? -- [[りゅー]] &new{2006-06-23 (金) 22:21:26};
- そうか。有益であるから正しいが成り立たないのと同じ理屈で、有益であるから嫌いという感情の反証にはならない、か。あぶねぇ、思考停止してたw -- [[M]] &new{2006-06-23 (金) 22:40:46};
- 訂正しておこう。「Nは貿易の「正しさ」と国民感情の持つべき(道徳的な正しさ)を混同している」くらいにグレードアップしつつw -- [[M]] &new{2006-06-23 (金) 22:47:56};
- 別に反論はしてない(笑)。領土問題や靖国問題と言った、嫌いになるべき理由を列挙しては、まるで自分は他人の知らない何かを知っているかのように「中国・韓国が嫌い」と放言することの名言性を指摘したのみだよ。 -- [[N]] &new{2006-06-23 (金) 23:21:12};
- ちょっと待ってくれ。 Nは「経済的支出を考えるのなら、それを言う事で経済的なダメージを与えるような状況を考慮せず、只々掲題の語を放つ事は名言である」と主張しているのか?それとも、「嫌いになるべき理由を列挙しては、まるで自分は他人の知らない何かを知っているかのように「中国・韓国が嫌い」と放言することの名言性を指摘」しているのか?俺には前半から後半の主張は読み取れないんだが、この関係を解説してくれ…もしかして、俺の前半の解釈むちゃくちゃ?そしたらそれで良いから指摘してくれ。眠れなくなったじゃないかw -- [[M]] &new{2006-06-24 (土) 00:26:07};
- 「嫌いになるべき理由を列挙しては、まるで自分は他人の知らない何かを知っているかのように「中国・韓国が嫌い」と放言することの名言性を指摘」だけしたつもり。その辺のブログや掲示板でよく見かけませんか? 蕩々と中国や韓国を「嫌いになる理由」だけ列挙して「だから嫌いだ」と優越感すら覗かせながら、語っているような輩を(酷いのになると「中国とは縁を切ればいいよ。インドがあるから」などと言い出す)。そういう人は往々にして、実は何にも分かっちゃいないし、考えてもいないよねという話。 -- [[N]] &new{2006-06-24 (土) 00:37:35};
- ちなみに「中国 嫌」Google検索1,870,000件、「韓国 嫌」Google検索2,120,000件。繰り返し用いられるという名言性の要件は、十分に満たしていると考えた。 -- [[N]] &new{2006-06-24 (土) 00:43:12};
- 解説ありがとう。明らかに考えすぎてたわ、俺。 orz 暴発もしてるしな… ふっ…成長してねぇぜ… -- [[M]] &new{2006-06-24 (土) 00:46:11};
- リンクを張るンじゃな〜い!見るなぁ!見るなぁ〜っ!!  まぁ、冗談を置いといて、寝よw -- [[M]] &new{2006-06-24 (土) 00:49:37};
- まあ、俺韓国は行ったことあるんだけど、コンビニに「十七茶」なる商品が置いてあった時には流石に吹いた(笑)。これは閑話休題。 -- [[N]] &new{2006-06-24 (土) 00:51:42};
- >N氏 「閑話休題」の意味を取り違えておられるようです。よくある誤解のようで、自分も以前はそう考えていた。 -- [[いらぬ節介]] &new{2006-06-24 (土) 08:55:37};
- ホントだ。どうも -- [[N]] &new{2006-06-24 (土) 11:03:12};
- (議論・ケンカ)その2:「あ?の発言等についての分析」 での事をもとにして、書いてみました。あ?をはじめ、発言なさっていた全ての方々に感謝申し上げます。批評よろしくお願いします(o _ _)o[普遍妥当性がある事を言え][それは正しいとは限らない]:「お前は正しいだけの事しか言わない」とコンボを組む事で、主張に自信が無い相手を循環論法に陥れたり、黙らせる事が出来る便利な言葉。([それは正しいとは限らない]は相手の主張に対し、純粋に説明を求めている場合もある。)A:「ケツがプリプリした牛の肉は美味しそうじゃないか?」B:「もっと普遍妥当性がある事を言えよ」A:「う〜ん…霜降り肉は美味いという人が多いよな」B:「お前は正しいだけの事しか言わないな」A:「霜降り肉の牛はケツがプリプリしているのか?」B:「だからもっと普遍妥当性がある事を…」この様にして使う。「正しいだけの事」=「普遍妥当性」という二種類の同じ意味の言葉を用いて矛盾していない様に見せかけるのがミソ。或いは、主張側に対し、主張側の発言が「正しいだけの事」→「正しいとは限らない事」⇔「正しい[だけの]事?」→「正しいだけの事」となるよう仕向ける。([だけ]の所は上手く隠す。)何故大衆が説明されなくとも納得出来る様な事を言わなくてはならないのだ。大衆に説明し、考えさせ、納得させる妥当性を打ち立てるのが議論であろう。この様な言葉はスルーし、淡々と説明を続ければいい。 -- [[ジャケ]] &new{2006-06-25 (日) 13:56:09};
- 普遍妥当性という言葉はあまり使われて無いのね。。 -- [[ジャケ]] &new{2006-06-25 (日) 14:26:33};
- むしろその常用性の無さこそが幻影を作り出しているのか。。と独り言を言う私。 -- [[ジャケ]] &new{2006-06-25 (日) 17:17:13};
- 客観的って事なんだけどね -- [[あ]] &new{2006-06-26 (月) 07:06:06};
- あっ…ホントだ… -- [[ジャケ]] &new{2006-06-26 (月) 14:44:11};
- ■(解説)一貫性のない言動 ある場面と別の場面とで、矛盾する言動をとる(少なくともそう見える)ことがあるのは、知的な人間であっても避けられないだろう。「君子は豹変す」るものであるらしいし、人は常に新しい情報を手に入れ、意見を新たにする過程の中を生きているからだ。また、言動を行う者がより高度な次元で判断していた場合、低次元な思考しかできない者がそれに「矛盾」を感じることは良くあるものだ。 例「Aはいつも定時に帰り、俺は毎日残業しているのに同じ給料」 しかし、それが極めて短期に行われる場合は、大抵の場合苦し紛れであることが多い。つまり、相手がAと主張したときに初めは「Aでない」と反論し、旗色が悪くなると今度は「(確かにAかも知れないが)Aであっても問題はない」と言い出す場合のことである。通常()の中身は言われないことが多い。言えば矛盾が誰の目にも明らかになってしまうからだ。 -- [[N]] &new{2006-06-26 (月) 18:09:12};
- 追記:また、そのような苦し紛れを行っているものが、自分の発言の矛盾に気付いていない場合も存在するようだ。 -- [[N]] &new{2006-06-26 (月) 18:17:09};
- おいおい。少なくとも俺はその用法に当て嵌まって無いと説明した上で反論待ちなんだが?継続中の議論ほっといて、どうしてこんな所に書いているんだ?言いたい事があるのなら「議論・ケンカページ2」にそれを書けばいいだろうに… -- [[M]] &new{2006-06-26 (月) 18:39:11};
- ■(解説)自分が愚かでないことの証明 Aという理由がある、Bという理由がある、Cという理由がある。だから俺は愚かではない、と殊更に主張する者がいる。あるいは他人から愚かさを指摘された時に、必死に反論する者がいる。当然、自分が大衆であることに「コンプレックス」を抱いているから、そうするのである。自信のなさの露呈といえるが、そのような者に「自信は、根拠があって湧き出るものではない」と言っても、きっと信じては貰えないだろう。 -- [[N]] &new{2006-06-26 (月) 20:25:07};
- ■自信 自信に根拠を求める者が、あまりにも多い。そのような人間は、例えば東北大卒の人間に「俺は一橋大卒だぞ」と言うことで自信を粉砕したと思いこみ、「東大卒」の人間の存在に自信を粉砕される。このような自信は紛い物である。本当の自信とは、自分が自分であることを無根拠に信じられることをいう。 発言が他人への非難に極端に偏っている者、過去の自分を殊更に否定したがる者、「必要以上」に他人を称賛したり、「信者」となるもの。彼らは、みな紛い物の自信にすがって生きている。何故そうせざるを得ないかというと、もちろん、本当の自信を持っていないからである。 -- [[N]] &new{2006-06-26 (月) 20:33:12};
- やや名言ぽい発言をしたな。批判待ってます。 -- [[N]] &new{2006-06-26 (月) 20:35:43};
- 「本当の自信」ってのが名言なんじゃないの。「発言が他人への非難に極端に偏っている者」っていうけどそこから下は全部他人への非難やんな。批判待ってますってことはこんくらいの批判は予測済み? -- [[ここ一]] &new{2006-06-26 (月) 23:57:51};
- ■(解説)自分が愚かでないことの証明 でも、その根拠を「コンプレックス」してしまうようなら、それはNの愚考だろう。もうちょい、別の要因探してみた方が良いぞ。 -- [[M]] &new{2006-06-27 (火) 00:11:50};
- 「本当の」とか「コンプレックス」という言葉は使われた時点で即座に名言になるというわけでもない。名言として使われる文脈があるということで、「本当の」は通用している意味とは全く無関係に放たれる場合、「コンプレックス」は能力の低い者が高い者に対して、能力が高い理由を『コンプレックス』があるからと発言する場合が指摘されていますが、当然私はその文脈では使っていません(笑)。「自信」という言葉は「自分の才能・価値を信ずること、自分自身を信ずる心」の二つの定義がありますが、後者こそが本物だと私は主張したわけです(もちろんそこに価値判断が含まれているが)。 私の意見が正しくて、ここ一さんの指摘が正しいと仮定するなら、つまり私は「本当の自信」を持っていないということになりますね。確かに(笑)。 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 00:41:12};
- ■愚考 気に入らない考えだが、きちんと反論できないので、とりあえずマイナスイメージのレッテルを貼っておく。 →どうかと思う →まずい →妄想 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 00:51:34};
- 「全ての幸福や災難が「前世の行い」のせいであると「説明」されるのと同様、「彼の行為はコンプレックスによるものだ」という説明は、霊魂崇拝主義的である。すなわち、その検証不可能性に頼り、相手の「深層心理」等を「見抜く」かのように用いられる。そしてそれは、検証不可能であるとともに、解釈によっては結果論的に「真理」ともとれる(とりたいという欲望を満足させられる)がゆえに、偽りの「真理」として大衆の間に流通する」 項目、コンプレックスより引用。発言者の能力は関係ないんじゃないか?この名言。 -- [[M]] &new{2006-06-27 (火) 00:52:12};
- おいおい。お前、俺の発言をどうやっても名言にしたいらしいな。そんな文脈で使ってないぞ、俺は…根拠も示してるぞ。これに対する反論は? -- [[M]] &new{2006-06-27 (火) 00:55:03};
- 「本当の自信」の存在を疑ってる。自分が自分であることを無根拠に信じる心ってのがよくわからない。無根拠ってのは非論理的にってことじゃあないよな。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 01:28:16};
- 「本当の自信」とやらがないから他人を貶めるような行動をとるのではなく、他人を貶めるような行動を取る人に対して、あの人は自分に自信がないからあんなことをするってな名言につながるんじゃないかな。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 01:28:43};
- 私が考える「本当の自信」とは、自分の思考・感情を無条件に肯定することかな。頑迷という意味ではなく、例えば人の意見を聞いて意見が変わったとしても「自分が間違っていた」とは考えず「私は、私がいままで主張していた意見よりも、あなたの意見が信じられます」と考えられるような精神のありかた。根拠はあるが、そのひとつひとつが重要なのではなく、時々で変わる。つまり自信ありきで根拠が後から付いてくる(根拠が自信の存在の源ではない。その意味で無根拠に存在する「自信」)。一方「根拠のある自信」というのは「東北大卒だから」「英語ができるから」と根拠ありきで自信を求めるような精神のありかた。 ……と、私は考えます。 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 01:48:08};
- [ -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 01:48:42};
- 「他人を貶めるような行動を取る人に対して、あの人は自分に自信がないからあんなことをするってな名言につながる」はその通りだと思いますが、その事実は「本当の自信」がないから他人を貶めるような行動をとるという事実を否定しません。 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 01:50:20};
- 俺の読解力の低さ故だろうと思うけど、凸のコンプレックスに対する名言性は、それを根拠とするような全ての論理に当て嵌まると言ってるように読めるんだけど、これが誤読であるとするNの反論を、明日でも良いから聞きたいです。返事下さい… -- [[M]] &new{2006-06-27 (火) 02:02:42};
- 自分の思考・感情を無条件に肯定できるスキルってのがあって、それは持っている人と持っていない人に分けることが出来て、持っていない人は根拠ありきの自信を求めるってこと?なんかぴんとこないんだけど。ぴんとこないじゃあまずいか、明日暇があったらもうちょい考えます。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 02:05:50};
- ちなみに発言から「本当の自信」>「紛い物の自信」(尺度は知性)と考えていると考えてるけど問題なし? -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 02:08:48};
- 「コンプレックス」―検証不可能であるとともに、解釈によっては結果論的に「真理」ともとれる、という意味では、確かに私の使い方でも名言性を有していますね。 「本当の自信」>「紛い物の自信」はその通りです。尺度が知性かと問われると、例えば三島由紀夫が「本当の自信」を持っていたということになってしまうので、「本当の自信」を持つ者は持たない者よりも知的である、くらいにお考え下さい。 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 02:30:11};
- ちなみに「ポジティブ」とは違うんですよね。そういう度合い的なものじゃなくて、持っていると持っていないに二分することが出来るなにかなんですよね。んで「・・・彼らは、みな紛い物の自信にすがって生きている。」ってことは「本当の自信」を持っている人でそのような行動を取る人はいないってことですかね。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 16:35:17};
- ポジティブは囲む必要なかったな。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-27 (火) 16:37:24};
- ここ一さんが仰っているのは、私の主張の裏ですね。論理的な言い方をすれば、裏は必ずしも真ではありませんし、実際真ではないと思います。 -- [[N]] &new{2006-06-27 (火) 23:35:55};
- a「他人を殊更に・・・「信者」となる」b「紛い物の自信にすがって生きる」とすると、Nさんはaならばbと言ってる訳ですが、前回の俺の発言は「本当の自信」を持っている(=not b)ならばaのような行動は取らない(=not a)といっているわけですから対偶だと思うのですが。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-28 (水) 00:19:35};
- ここ一さんの仰る通りでした。2006-06-27 (火) 23:35:55の私の発言は完全に誤りですね。なんでこんな勘違いをしたんだろうか…… -- [[N]] &new{2006-06-28 (水) 18:35:04};
- 例えば、こういった場でも間違いを指摘された場合(それが妥当なものだとして)、それを認めて「そうですね」と言える人がいる一方で、「違う」と反発する人がいます。「そうですね」と言える人は、自分の発言の誤りを認めても自信が傷つかない。一方「違う」と反発する人間の中には、うすうす自分が間違っていることに気付いている(のを文面からも滲ませている)人がいます。彼は、相手の主張を認めれば何かの自信が傷つくから(自分の頭の良さ?)そのような行為に出るのだと推測されます。その滑稽さを「彼は本物の自信を持っていない」と指摘しました。 -- [[N]] &new{2006-06-28 (水) 18:40:53};
- それは単に将棋で言うと先読みが上手いか下手かってだけなんじゃないですかね。話を戻すと、「本当の自信」を持っている人は例外なく前述のbのような行動を取らないってのは無理ありますよね。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-28 (水) 20:09:38};
- 勝手にまとめますが、持っていると持っていないとか二分化できるような性質を想定するのは無理がある。頭のよろしくない人ほど1ビットで考えがちである(やる気があるかないかとか、大衆であるかないかとか)。しかし大体においてそれらは連続した値をとる、程度の問題である。それなのにやる気を例にとると、無意識的に自分のちょい下に勝手に閾値としてそれ以下をやる気のないやつらだと断罪したりするなどの愚行にでる。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-28 (水) 20:22:35};
- つまり二元論に問題があるといいたいのね。しかし私は「本当の自信」と「紛い物の自信」があると説明しただけで、それが全てとは言ってないよ(笑)。 「やる気を例にとると、無意識的に自分のちょい下に勝手に閾値としてそれ以下をやる気のないやつらだと断罪したりするなどの愚行」との指摘は面白いので、是非項目作って詳しい説明をお願いしたい。 -- [[N]] &new{2006-06-28 (水) 20:37:29};
- 今度は「全てではない」に突っ込みが来そうだから、あらかじめ言っておこうか。私は世の中に無数に存在する要素の一つを取り上げて、その性質を説明しただけである。ここ一さんは勝手に私が二元論に基づいていると誤解し、それを誤りだと述べたに過ぎない。 -- [[N]] &new{2006-06-28 (水) 20:40:39};
- ここ一さんの意見を適用すると、とつげき東北さんは「大衆性」と「知的」の二元論に陥っているから愚行ってことになるのか? そう考えると主張するなら、今度は私がここ一さんの考え方を崩さないといけないね。 -- [[N]] &new{2006-06-28 (水) 20:43:44};
- 口出ししないでおこうと思ったけど・・・・・・ 自信=「確信している」 -- [[M]] &new{2006-06-28 (水) 21:44:44};
- つまり2006-06-27 (火) 02:05:50 の時点から俺は誤読していたというわけですね。じゃあもういいです。 -- [[ここ一]] &new{2006-06-28 (水) 21:54:28};
- まぁ、「バス床の信仰」程度に自分の意見を信じて疑わない人間が知的であるかどうかとは、また別の問題。Nもここ一も議論の途中で迷走してる。 -- [[M]] &new{2006-06-28 (水) 22:18:07};
- ちょっと待った。ここ一氏にあまり硬直的な見方をして欲しくない。 例えば、ほ乳類という言葉について。「ほ乳類」は生まれた子が,母親の乳を飲んで育つ動物という定義で、その殆どが胎生で、陸上でいきる動物で、空気呼吸をし、体が体毛で覆われています。そういった点から我々は「ほ乳類」というものの大体のイメージを掴むことができますが、中にはそういった点に当てはまらないほ乳類も存在します(カモノハシ、クジラ、コウモリなど)。では、例外があるから我々が「ほ乳類」に対して抱くイメージが無価値かというと、必ずしもそうではないでしょう(少なくとも「ほ乳類」という生物のイメージは、我々に生物を眺める際の知見を与えてくれる)。数学では、反例が一つでも見つかったらその仮説は却下されますが、私は(またとつげき東北氏も)そのような主張を扱っていないことを分かって欲しい。 -- [[N]] &new{2006-06-29 (木) 00:14:06};
- だから、ここ一さんの「『本当の自信』を持っている人は例外なく前述のbのような行動を取らないってのは無理がある」という主張は確かにその通りです。そのような反例を挙げることはできます。しかしだからと言って、その存在意義が却下されるものではない主張を、私は扱っているつもりです(とつげき東北氏の「知的」「大衆的」の分類も恐らく同じはずです。それは反例が一つもないから意味があるのではなく、私たちに新しい知見を与えてくれるから価値があるのです)。 -- [[N]] &new{2006-06-29 (木) 00:19:33};
- それでもここ一さんが納得できない、というのであれば、それは私の力不足でもあり、縁がなかったとも言えるでしょうね。このブログの存在価値を「認めない」人の例をいくらでも挙げることができるように。 -- [[N]] &new{2006-06-29 (木) 00:21:23};
- ブログじゃなかった。ウィキ。 -- [[N]] &new{2006-06-29 (木) 00:22:28};
- ■(解説)隠された前提 命題には、文面に表れない隠された前提というものが存在する。政治家が「今年は減税したので、国民は幸せになるだろう」と発言した場合には「お金があることは幸せ」という前提が隠されていると推測できる。往々にして、議論における両者が意識的、無意識的に立脚している「隠された前提」は異なるが、双方あるいは片方が十分に知的でない場合は、その違いを明らかにし、歩み寄ろうという努力さえ為されない。それでも「議論」が進めば、大抵は片方あるいは双方の愚かさが傍目に分かるようになる。例えば、命題を提示した側が、実は明らかに誤った前提に立脚していた場合がそうである。あるいは、誰の目にも明らかな隠された前提を、命題の批判者がいつまで経っても理解できず、あるいは「認めない」場合である。先の例において、もし政治家に「お金があることは幸せなんてことを、貴方は言わなかったじゃないか」と言いだす者がいたとしたら、我々は彼を笑っても差し支えないであろう。 -- [[N]] &new{2006-06-30 (金) 16:17:59};
- 項目「〜してはいけないの?」とかぶってるのでは? -- [[ここ一]] &new{2006-06-30 (金) 17:26:57};
- あ、結構似たような状況について説明されてますね。合わせて理解を深めようってことでひとつ(笑)。 -- [[N]] &new{2006-06-30 (金) 17:59:30};
- ■低俗さの自己証明 自ら頭の悪さを証明し続け、かつそれに気付いていない「かわいそう」な人の姿は、ネットにおいて特に顕著に観られる。このウィキでの例を挙げるならば、議論・ケンカ用掲示板が設置されるや否や、そちらを主な発言の場とするようになった者がそれに該当するだろう。あの場は、このウィキの水準に至れない、低レベルな発言用のゴミ溜である。ゴミ溜で居心地良さそうにしているのも笑いを誘うが、その中でも更に、その場で「主張」を始める者などは滑稽さの極みである。その姿は、動物園の檻の中で「必死」にお山のボスを目指すサルそのものである。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 08:24:33};
- ■ゴミ溜 2chをこのように呼んだ話が物議を醸したが、概ね正しい指摘ではないだろうか。一々青筋をたてるのも滑稽な話である。但し、人々が不必要だと考えるものの中に、往々にして本当に有益なものが隠されている(「電車男」以上に売れる本を書くことは、著名な作家でも難しい)ことには留意して悪くないだろう。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 08:39:54};
- つまり、俺はMが好きなんだよ(笑)。あ?なんざションベンひっかけりゃそれで十分なんだから、早くこっちに戻ってきてくれ。またコテンパンにのしてやるから(笑)。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 08:58:47};
- ■低俗さの自己証明 自ら頭の悪さを証明し続け、かつそれに気付いていない「かわいそう」な人の姿は、ネットにおいて特に顕著に観られる。このウィキでの例を挙げるならば、【(項目投稿用)ページ】が設置されるや否や、そちらを主な発言の場とするようになった者がそれに該当するだろう。あの場は、このウィキの水準に至れない、低レベルな発言用のゴミ溜である。ゴミ溜で居心地良さそうにしているのも笑いを誘うが、その中でも更に、その場で「主張」を始める者などは滑稽さの極みである。その姿は、動物園の檻の中で「必死」にお山のボスを目指すサルそのものである。  こんな文章、考慮にも値しない。>N -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 14:28:21};
- 専ら当該項目の記述内容及びそれに対する反論等に対する再反論であるものを除き、原則としていわゆる「ケンカ」は、この掲示板で行ってください。 ――(読者へのお知らせ)より このようにとつげき東北氏が定義していることに留意せよ。設立目的からして、この場とあの場は異なる。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 16:05:14};
- ようは、ケンカに勝って自尊心を満足させたいのか、「知的」な対話によって自分の論理力などの能力を高めたいのか、Mはもっと自覚的になるべきである。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 16:16:40};
- ■感覚的にもわからぬ馬鹿 とつげき東北氏は『あ?はそのずれに薄々は気づきつつも、「ど〜でもいいや」と投げたまま過ごしてきたようなタイプ。』と述べている。確かにあ?はそうであるのかも知れないが、自覚的にその「感覚」に向かい合うか否か以前の問題として、知的水準が足りない為に感覚的にも違いが分からない者は存在する。Mは「ひとりひとり」でとつげき東北氏がどう誤っていたかが感覚的に分からず(今でも分かっているかは怪しいものである)恥をかいたし、例えば「同類項」でとつげき東北氏が書いた例『ラーメン屋における、メンマトッピングによる値段の増加ぶりと、メンマラーメンを頼む際におけるそれとの「非線形性」』は誤りではないが、非線形性の使い方としては、かなりセンスが悪い。非線形の意味を知らなければ、そのセンスの悪さについても遂に気付くことはできないであろう。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 16:35:06};
- うん?論理力などの能力を高める事、喧嘩で勝つ事は両方とも自己満足を得る為であるのに、一方を低俗とし、一方を低俗だとしないのは何故?  感覚的にもわからぬ馬鹿についてはもう名言を分析しているというより、単に俺に喧嘩ふっかけてるだけだしw喧嘩は低俗じゃないのか?w -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 17:17:44};
- ああ、自尊心ね。ごめん、誤読してた。 -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 17:18:45};
- まぁ、自尊心を満足させる事が、低俗だとは思わないけどねぃ。 -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 17:29:23};
- ならそれで良いんじゃないですか(笑)。 ただ、例えばMが何かを主張したときに「おまえうざい」「ばーかばーか」「Mは彼女いない」などと返しても、向こうなら問題はない。こっちは少なくとも、Mを馬鹿にするために、何らかの説明がなければならない。それでお互いが得るものはあるだろうし、一方あっちの「水掛け論」は質がどんどん低下していくだろうね。まあぶっちゃけ、あの場所はあ?みたいなのを隔離するために作られたんでしょう。同レベルに思われたいのか?(笑) -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 17:58:34};
- あ?を隔離する為に作られた?あまりにも喧嘩が長引き、ウィキの特性を失う事を懸念したから作ったんじゃないの?凸があ?をこっちでも向こうでも、あ?を隔離したいと考えているとは思わないけど。ここも向こうも、相手を批判・中傷する事を禁止していない事を考えればね。 -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 18:08:36};
- とりあえずNには、 1あっちの水掛け論の質がどんどん低下していく事  2 向こうの掲示板があ?のような馬鹿を隔離する為に作られた事 の2点を説明して欲しい。 これらか仕事なんで、レスは遅くなるけど。とりあえず、行って来ます… -- [[M]] &new{2006-07-15 (土) 19:20:50};
- まず、こちらはある程度「知的」な発言でないと駄目。向こうは殆ど何書いても良い。という事実がある(今後こちらで知的でないことを書いたら、「向こうでやってください」との指示があるでしょう)。 1.だから、ここである程度知的なことが書けない「低俗な」ものが向こうへ脱落していく。従って、知的水準の低い者が向こうに集まる。 2.とつげき東北氏が、そのような結果を予想せずに作ったとは考えづらい  あ?は向こうができてから、こっちで殆ど発言してないでしょ。思いついたようにこっちで一言コメントはするかも知れないけど、彼の知的水準では、もうこちらに定期的な書き込みはできなくなるよ。彼は色々理由をつけて「書かないんだ」と主張するかも知れないが、実際は「書けない」。予言しておく。 -- [[N]] &new{2006-07-15 (土) 20:33:48};
- 必死とか可哀相とかヒトシンカとか東北が低俗丸出しと言っている言葉をよく使う馬鹿だなぁ 書けない?あああああだけでも書いて居ればいいだけだろ( ´,_ゝ`) プッ 俺はMが好きなんだよ←キモッ(笑)どうせMしか議論する相手が居ないからだろw こっちでも結局お前は水かけ論しかやってねぇだろうがよ┐(´<_,`)┌ヤレヤレ 何度も言わせるな省略>>>>>>>>M、N>蟻、俺なんだよ馬鹿w 所詮ガキは言い返さないと気が済まないんだろうが認めろよ糞ガキw -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 05:22:11};
- 東北と議論しろよヘタレw 名言分析を分析する知的水準もない馬鹿が偉そうな事言っちゃってるぞ(爆笑) 知的水準云々なら最初からこんな所来てねぇよボケw ケンカページ2は表示が糞重いし あっちはジャケ&Mが居たからだ しかも議論ページがあっちに移っただけなのにゴミ溜とかお前の頭の中脳みそ入っているのかと疑う(笑) ジェケも居なくなるようだし 暇なキチガイ(N)がこっちに居るなら俺もこっちに戻るが?w 馬鹿が居るか居ないかの問題なんだよチンカス君w -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 05:28:44};
- でそこのヘタレ負け→逃げ→虚勢←俺に対してこれを使った理由を説明してくれないか?ここなら良いんだろ?(笑) 逃げるのはなしにしてくれよヘタレ糞ガキ君w -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 05:31:23};
- 一週間立って我慢できずに戻ってきた馬鹿=N 簡単にわかるよお前の行動w言いたい事が日に日に増えて行ったんだろう 最後には開き直るんだろw ギャハハハガキ臭さの露呈だな(爆笑) -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 05:35:43};
- こういうことを向こうでやれと言われているのですから、それくらいは理解してください。 -- [[SSS]] &new{2006-07-16 (日) 05:57:44};
- お前に言われる筋合いもない 消えろ(笑) -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 06:22:51};
- とつげき東北氏が、そのような結果を予想せずに作ったとは考えづらい←こいつは近年希に見る決め付けヲタだなw -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 06:31:56};
- ■トートロジー 誤解されがちであるが、トートロジーは論理的誤りではない。トートロジーが批判文句としてなりたつのは、文章が論理的でないからではなく、AはAであるといった文章が結局何も示唆しない場合が多いからである。例えば「貨幣は貨幣として使われるから貨幣である」という「トートロジー」は我々に深い示唆を与えてくれるが、知的水準の低い者には感覚的にもこの意味が分からないだろう。 -- [[N]] &new{2006-07-16 (日) 07:57:01};
- 片腹イテーーーーーーーー゚(゚^∀^゚)゚。アタマワルスギ!!  -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 08:16:18};
- 知的知的センスセンスと言葉は頻出しているのに、「知的」な者が誰もいない、「センス」はもはや名言化している・・・何だこれは。 -- [[L]] &new{2006-07-16 (日) 08:17:59};
- 知的な者は誰もが認める東北が居るだろ 現実ではエリート 言う事ももっともらしい事ばかり 東北に言葉で勝つにはスポーツか芸能界かカラオケなど大衆的な議題しか無理だな(笑) 他は短絡的な衝動に駆られて発言・行動する感情主義タイプが多いなw -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 08:26:07};
- 目糞鼻糞を笑うm9(  ゚,_ゝ`)プッ!! -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 08:26:50};
- ■大衆の末路 人が集まる中において、大衆は2通りの行動しか選べない。その場の権力者におもねるか(例えば「エリート」などという言葉を用いて)、単なる -- [[N]] &new{2006-07-16 (日) 09:31:00};
- 荒らしに成り下がるかである。ここを見ればよく分かろう。 -- [[N]] &new{2006-07-16 (日) 09:31:55};
- しょぼい煽りがまた面白い! -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 09:39:41};
- しょぼい煽りがまた面白い! -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 09:39:42};
- こいつ確実に20前後の糞ガキだな(笑)Mより必死こいてるw今度はいつ逃げ出すんだろうこのヘタレ(爆笑) -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 09:46:11};
- 筆者のグループ なるほど・・・ ルール見なさすぎだな俺(笑)まぁどうでもいいけどw -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 10:46:31};
- ならヘタレ(N)はその場の権力者におもねているタイプかw自分も大衆(一般庶民)の一員って事に気づいているのか疑わしいなこの自称知的な馬鹿達は(笑) 怨念混じりの名言使われるとでも思っているのかこの糞ガキは・・・ 命題がすでにしょぼいな(笑) 語彙が貧弱な同類は見ていて面白い -- [[あ]] &new{2006-07-16 (日) 10:57:55};
- え〜、本項目は「項目投稿」のために利用してください。議論やケンカは専用の掲示板で。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-07-17 (月) 13:41:19};
- ■邪推 何か憶測に基づいた悪口を言われたときに「お前こそがまさに、お前が俺に言ったような人間なんだろ」と言い返すのは、ある場合においては名言的用法になり得るが、大抵は正しい。その理由は大衆が名言を繰り返さざるを得ないのと「本質」を同じくする。つまり、大衆が一定の思考パターンから抜け出せないことの露呈である。彼らにおいては、金銭や権力に縁のない凡庸な自分はさておいて、有名人はみな金銭欲や権力欲のみを追い求めねばならず、自分の「必死」な煽り文句はさておいて、相手の方が「必死」でなければならない。 (え〜、今頃苦笑されてる方もおられるとは思いますが、「勘違い」してるド馬鹿って心底嫌いなんで(^_^)v)。 -- [[N]] &new{2006-07-17 (月) 19:00:53};
- 「私のせいだ・・・」     悲劇的であることが許された文脈において、その自虐の念がいかに悲劇に相応しいかアピールする目的で用いられるにはいささかマンネリズムと言わざるを得ないこの台詞も、現実下でのやりとりの中で、目前に迫った失態への追求を緩和しようと咄嗟に仕立て上げた、「私」をヒロインとする悲劇の開演を宣言するには十分な効果を発揮するようだ。 -- [[まほ公]] &new{2006-07-17 (月) 21:34:28};
- 参考に。つ http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1153166775/ -- [[ぴろ]] &new{2006-07-18 (火) 08:47:53};
- N←すぐ釣れるするド馬鹿だなこいつw -- [[あ]] &new{2006-07-19 (水) 04:45:12};
- アダルトチルドレンじゃねぇの(爆笑) -- [[あ]] &new{2006-07-19 (水) 04:48:57};
- 邪推←名言でもなんでもないただの言葉の意味説明してるだけのしょうもないN 実は名言の意味すらわかってなさそう(笑) -- [[あ]] &new{2006-07-19 (水) 04:53:11};
- ■(大衆論法)場や形式の悪用 知的ではないが、ある種のカンでもってその場の「空気を読む」ことはできるものは、その一点のみで他の知的でないものを「論破」することができる。例えば、言いがかりに近い悪口を、如何にも正統な論拠に基づいて放っているような形式を取ることがそうである。大衆はもっともそうな文章に騙される一方、言われた側は言いがかりを感じつつも、もっともらしく反論する形式を取れないが為に、彼の敗北を大衆に印象づけてしまうのである。また、(項目投稿用)であるこの場の形式を「悪用」して、項目を投稿するという体裁を取りつつ特定の馬鹿の滑稽さを説明しているのもその一例である。その相手は場のルールが守れず、結局ただの荒らしに成り下がってしまった。……このようなやり方は全く知的ではないが、ウジ虫には相応しい潰し方ではないかとわたしは思う(笑)。 -- [[N]] &new{2006-07-22 (土) 19:19:36};
- しょぼ所詮ただ言い返したいだけのアホじゃねぇかこいつだせぇなぁ(笑) 項目云々言うと思ったよお前みたいなチンカスの考えてる事ならわかりやすいw -- [[あ]] &new{2006-07-25 (火) 18:17:28};
- 場のルールなど最初から守ってねぇだろハゲ 大体お前ごときに潰せるワケねぇだろ うはっwこのヘタレすぐムキになるし自分を知的と思い込んでるアホだから俺にこんな長文書いちゃってるw クスクス まぁ俺以外の奴に相手にされない寂しい暇人か(笑) Mに無視されちゃって悲しいんだろうなヘタレキモヲタNは・・・ とこんな低脳な煽り文でもあのアホは反応すると断言するぜ!w -- [[あ]] &new{2006-07-25 (火) 18:23:27};
- 知的ではないが、ある種のカンでもってその場の「空気を読む」ことはできるものは、その一点のみで他の知的でないものを「論破」することができる←近年希に見るアホ(爆笑) -- [[あ]] &new{2006-07-25 (火) 18:24:52};
- ■俺は思うんだけど―― 業界で主流ではなかったり、学歴が低かったり、反社会性を売り物にする「大衆的な」有名人がよく使う言い回し。大衆は 1.そのような「素朴」な意見こそ真実を言い得ていると感じる 2.下らない主観だと見下す いずれかの行動を恣意的に選ぶことができる。 当然それを選ぶ彼らの恣意的な態度に、彼ら自身は気付かない。また、大衆が1、2いずれの行動を選んでもこの主張は検証されることがなく、以上の理由からこのような形式でなされた主張は否定されない。 以前はある程度有名な人しか使うことのできない手法であったが、近年ネットの発達によって、誰しもがこの形式で主張できるようになった。 -- [[N]] &new{2006-07-30 (日) 06:06:52};
- ( ´_ゝ`)フーン -- [[あ]] &new{2006-07-30 (日) 10:15:06};
- ■具体的でない 例えばマスコミや大衆が、小泉首相の発言を批評する際に、よく使う言葉。それは彼の無能を示さない。それどころか、具体的な発言をしないからこそ、小泉首相は有能であるとさえ言える(彼は史上最高の支持率を獲得した内閣総理大臣であり、長期政権を維持してきた)。首相のような注目を浴びる立場にあれば、具体的な発言はすぐに批判の材料とされるであろう。また政治の機構上、首相の具体的な発言通りに政策が実行されることなど、殆どあり得ない(もし首相が、全ての事情を把握し、実行への道筋を決めるだけの力を持ったなら、このウィキの主催者は職を失うだろう)。彼の抽象的な言葉は、聞いた者が勝手に想像を膨らませればよい。そもそも、仮に首相が政策を具体的に説明できたとして、幾人がそれを理解できるであろうか? 正確さを期してさまざまな事情を文に盛り込もうとすれば、とつげき東北氏が書くような、あるいはそれ以上の「だらだらと長い」文章になり、今度は理解できない(多くの)ものが「整合性がない」などと言い出すのである。 →本当に頭の良い人はわかりやすく書く →文章力 -- [[N]] &new{2006-08-13 (日) 05:55:38};
- ■本など読まなくてもよい Revin氏とは異なり、私の周りには、むしろこう言う人間が多かった(笑)。本を読まない人間は馬鹿である。少なくともこのウィキが理解できない。こう言うと、Revin氏が「本を読め」に書いたような内容を勝ち誇ったように述べる者がいる。曰く「映画やマンガやアニメやエロゲ(?)だって本と変わらない。むしろ難解なものさえある」「本など読まなくても漢検は取れる」etc. 肯定論者にも「想像力は本でしか身に付かないから」などという馬鹿がいるので驚かされる。彼は人と会話して、相手の言わんとするところを想像したことがないのであろうか? 現実にありもしない、ファンタジー世界の想像など殆ど無用である。想像力を磨きたいのならば、本など読まなくても、ひきこもりをやめればよろしい。その方がよほど実際的である。Revin氏は専門書を例に挙げているが、これがマンガや会話と異なる部分は想像力などではなく、ひとの主張の裏に隠れた様々な視点からの検証、価値判断、論理構成に触れ、それを見渡すことができる点にある。現在のところ、誰にでも手軽に手に入り、かつ高度なそれらに触れられるメディアは本しかない。同じ活字の羅列でも、友達とのメールにそんなものは顕れないし、新聞ですら、大抵はそれらの点において稚拙な記事が多い。本を読んでも頭の悪い人間は多いが、本を読まねば永久に、知的な者が放つ言葉の裏にどれだけのものが隠されているのか、理解できない。 -- [[N]] &new{2006-08-13 (日) 06:41:54};
- 少なくともこのウィキが理解できない←なぜ理解できないのか?そしてなぜ本を読まないだけでこんな名言wikiごときを理解できないと言うのか? 現在のところ、誰にでも手軽に手に入り、かつ高度なそれらに触れられるメディアは本しかない→ネットがある 友達とのメールにそんなものは顕れないし←お前の友達しょぼ(爆) 本を読まない人間は馬鹿→義務教育を受けていれば本ぐらい読みます故に義務教育を受けている物は全て馬鹿ではないと言う事だ(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-13 (日) 12:41:32};
- 「かわいそう」だから、たまには相手してやるよ(^^)/ >なぜ理解できないのか?そしてなぜ本を読まないだけでこんな名言wikiごときを理解できないと言うのか? 同じことをわざわざ二度言うなよ(笑)。その理由を06:41:54の書き込みで説明したのだが、馬鹿なあ?には理解できなかったようだ。また、私は本を読んでも頭の悪い人間は多いとも書いている。さすがに義務教育は受けたであろう、あ?が好例だ。 さておき、メールとネットについては捕捉が必要かな。メールは、会話の延長でしかないから本の代わりにはなり得ないといえる。とつげき東北氏であっても、友人相手にメールで「私は××と考える。何故ならば――」と書いているとは考えづらい。おそらくは思いついたことを書き、その思いつきが生まれた背景に対する自己分析もしていまい。これは会話と同様に、情報の受け手が、ある程度気心のしれた知人であることが大きいだろう。次にネットについての指摘だが、あ?にしては「いいところに気がついたね」。確かにネットでは、良質な本に匹敵する文章を読むこともできる。しかし、ネットが若いメディアであるから、そういった文章の絶対量が少ないことを差し引いても、ネットは本質的に本とは異なる側面がある。ネットは、例えばこのwikiのように、インタラクティブであるからどうしても「会話」に近くなってしまう側面も指摘できるし、携帯やPCの電子表示というインターフェイス(一般に紙媒体よりも遙かに目を酷使する)は、本ほど長文を読むには向かない。従って、ネット上の文章は本ほどに微に入り細をうがつことができない傾向にある。その辺を“詳しく知りたいなら”、メディアイズザメッセージで知られるマクルーハンの“本を読んでくれ”。 -- [[N]] &new{2006-08-13 (日) 15:15:12};
- 凸が、本項目は「項目投稿」のために利用してください。議論やケンカは専用の掲示板で、って言ってるでしょうに。 -- [[さっち]] &new{2006-08-13 (日) 18:06:43};
- Nはアホだからすぐ釣れるんだ(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-13 (日) 18:25:58};
- 記述内容及びそれに対する反論等に対する再反論であるものを除き、原則としていわゆる「ケンカ」は、この掲示板(※議論・ケンカ用掲示板のこと)で行ってください。――(読者へのお知らせ) ついでに指摘させてもらえば、あなたに「利用規約違反」を指摘する権利はありません。あなたの書き込みと、釣られやすいアホ2名のせいで、余計ここが読みづらくなったじゃないか(笑) >さっち氏 -- [[N]] &new{2006-08-13 (日) 18:45:12};
- この性格診断、当たってる -- [[サスカッチ]] &new{2006-08-13 (日) 20:46:10};
- オレ、気分屋だから -- [[サスカッチ]] &new{2006-08-13 (日) 20:48:04};
- 書き込む場所間違えました -- [[サスカッチ]] &new{2006-08-13 (日) 20:49:27};
- ネットで情報を探し求めてなぜ会話に行き当たるんだボケ それを言うなら本でも会話系の奴幾らでもあるだろうが 友達とのメールにそんなものは現れない→いや表そうと思えばできるだろ 何かを教えて欲しい時とかまぁコピペとかな 視点が狭いなお前w  電子表示云々なんて誰も聞いてない(笑) 傾向にあるだけでN自身が欲しい情報を探す能力がないだけだろうm9(  ゚,_ゝ`)プッ!! -- [[あ]] &new{2006-08-14 (月) 13:11:27};
- ■素人が口を出すな    大衆がこの名言を使うとき、大抵は自身の持つ取るに足らない経験から語られる。 この言葉が常に真であるとき、スポーツ科学という分野は存在しない。 -- [[滝口流]] &new{2006-08-16 (水) 18:58:53};
- ■『』    大衆が好んで用いる引用符。名を二重鉤括弧と呼ぶが、使われるのは「鉤括弧の内部に鉤括弧を使う必要があるとき」と「作品名を表示するとき」のみである。しかし(その用法を中学校の国語で学んでいるはずの)大衆か、これを「装飾された鉤括弧」のつもりで自らの(粗末な)文章を飾り立てるのに使う様は哀れというほかない。 -- [[dAnce]] &new{2006-08-23 (水) 19:07:42};
- ダンスが何を否定したいのかよくわからん 陳述の副詞の誤用とかにツッコむタイプかね --  &new{2006-08-23 (水) 23:19:08};
- 俺のおかげでアホが湧いてきたな(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-24 (木) 01:10:58};
- 教わったはずの事項を忘れたまま突き進んでしまった人々を否定するつもりだったんですが、このウィキには必ずしもふさわしくはないものでしたね。 -- [[dAnce]] &new{2006-08-24 (木) 07:37:01};
- 個人的には会話文と強調したいべき語句がある場合、文章表現として使用する際にはベターかつわかりやすい記号だと思いますがね……。まあ、少なくともそのことを指摘したからといって、議論上役立つとは思えませんが。例えば有名な「ふいんき」を間違えて覚えている相手に対して言及したところで(相手の知的レベルの低さを持ち上げ、周りの失笑を誘うことはできますが)議論の内容自体には全く関わりありませんよね -- [[tk]] &new{2006-08-24 (木) 21:37:55};
- なるほど。ただその観点だと「確立」の項目はどうなるのか気になるところですが。 -- [[dAnce]] &new{2006-08-24 (木) 22:28:14};
- 本当だ(笑)>dAnce じゃあ俺が間違ってるのかな -- [[tk]] &new{2006-08-25 (金) 01:40:15};
- ■空気を読め  ある程度の人数が集まっている場において、「みんな」が(口には出さないが)思っていることを察し、それを考慮して行動決定しろ、と強要する言葉。そこで強要される内容は「みんな」を不快にさせない振る舞いであったり、「みんな」を楽しませる振る舞いであったりする。多くの大衆的コミュニティでは「みんな」の意志に添えない者は往々にして「空気が読めない奴」として排斥されるか笑いの種にされるため、「空気を読む」程度のことでしかコミュニティに貢献できない凡人にとってこの言葉は脅迫的な威力を持っている。  確かに現実生活において、「みんな」の反応を考慮して行動決定することが実利的な面でも人間関係の面でも「得」であることは多々ある。また本当に「空気が読めない奴」つまり他人の反応を考慮に入れた状況判断が下手くそな人間も存在する。ただしこの言葉が(ある種の苛立ちを伴って)口にされるとき、話者はそうした「空気読めない人」を親切心から注意しているのではない。彼らは自分の意にそぐわない対象の振る舞いに苛立ったがそれを改めさせるだけの権力をその場において持たないため、対象を自分の意志通りに動かすために、自らの「主観」と「空気」という架空の「客観」をすり替えて、自分の意志に「空気」と言った曖昧な権威付けをしているのだ。  また、発言者の思惑と「みんな」の思惑が大きく異なっていることにより、この発言をしたにも関わらず前述のようなださい権威すら付与されない状況は一層滑稽である。(議論記録5)の後半、2006年08月20日0時〜3時頃に顔氏が何度か「空気を読め」と発言して自分に都合の悪い議論を打ち切ろうとしていることに注目すると良いだろう。空気を読むことを声高に要求する彼は、議論の続きを(あるいは彼の無様な敗北を)要求する「空気」を読むことが出来なかった。  <参考>『みんな』『(議論記録5)』 -- [[kanedo]] &new{2006-08-25 (金) 01:50:42};
- >kanedo氏 自らの「主観」と「空気」という架空の「客観」のすり替えという説明は上手いと思った。「空気」を読めない人間が「空気を読め」と言ったときは、この言葉の名言性がよく「浮き彫りになる」ね。 -- [[N]] &new{2006-08-27 (日) 10:33:50};
- ここでの取り上げは初か N幾つも発言してるのに取り上げ数0だっせぇ(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-29 (火) 06:27:45};
- >とつ 「反省」の項目を作ってくれる話はどうなったのかあああああ!!!(笑) -- [[井中蛙]] &new{2006-08-29 (火) 12:57:46};
- 忙しさと面倒の狭間に居ると言うより忘れてる(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-29 (火) 20:13:12};
- 私は忙しくて今いませんよ? -- [[とつげき東北]] &new{2006-08-29 (火) 20:17:16};
- とつげき東北>最近チンコがかゆい。1週間くらい風呂入ってないからかなぁ。 -- [[あ]] &new{2006-08-30 (水) 02:06:19};
- ペニスの痒みに関する考察、見事であった。って、おれどれだけ暇なんだよ(笑) 明日で夏休みおわりだー -- [[とつげき東北]] &new{2006-08-30 (水) 03:48:38};
- 大学生はもう一ヶ月夏休みだぜええ!!! -- [[井中蛙]] &new{2006-08-30 (水) 22:24:59};
- ■おもしろい人 --  &new{2006-08-30 (水) 23:01:45};
- ↑だからどうしたと突っ込みたくなるぜ(笑) -- [[あ]] &new{2006-08-31 (木) 00:42:05};
- ■メリハリ      「浮り」がない、と見なされた者には多用されるが、「減り」がない、と見なせる者にはまず発せられない不思議な言葉。 -- [[dAnce]] &new{2006-09-13 (水) 13:29:34};
- ■揚げ足を取るな 論理的な失敗をなかったことにするだけでなく、そのことに対する指摘自体を悪とすることの出来る便利な言葉。 -- [[ここ一]] &new{2006-09-13 (水) 14:58:07};
- ■真っ向 「卑怯」な行為を行わないこと。 →卑怯 -- [[ここ一]] &new{2006-09-13 (水) 23:03:52};
- ■朝のあいさつ運動―「思いやり能力」の欠如した人達が主催する行事 -- [[あ?のおっかけ]] &new{2006-09-13 (水) 23:30:29};
- ■日本語は難しい―これといったとりえのない日本人同士が、「唯一の優越性」を確認し合うための儀式。たとえば、「私の父は死んでいません」に、二通りの解釈がある程度をもってして、「日本語最強」と感じ取れる様は実にほほえましい。英語や独語や、おそらくチャド語にも、似たような文例が山のようにあるであろうという想像力を彼等に期待することは残酷である。初等英語にして十二分に難解であることを、彼等は自らのテストの点数をもって証明したのではあるのだが。 -- [[アンドアジェネシス]] &new{2006-09-26 (火) 00:59:52};
- ■日本語は世界一難しい―日本の言語学者がどうしても譲ることのできない一線。 -- [[もういっちょう]] &new{2006-09-26 (火) 01:09:59};
- ■原点に返れ―こう言われた人々は、まだ見たことのない「原点」を求めてさまよい、途方に暮れるばかりだが、「原点とは何か?」と、問うことは禁じられている。  -- [[ソルバルウ]] &new{2006-09-26 (火) 23:51:09};
- ■国民性  そこに、あきらかな差異を見出せなかったとき、マスコミや文化人は少しもあわてず、やおら、隠し持っていたミクロ単位の定規を取り出す。→県民性 -- [[ビリーパック]] &new{2006-09-28 (木) 21:14:20};
- ■極論 極論を当てはめて成り立たないのなら、その論理は違うのだ。 -- [[kiei]] &new{2006-09-29 (金) 06:02:05};
- ↑やっちゃった……失礼しました -- [[kiei]] &new{2006-09-29 (金) 06:09:07};
- ■悪趣味 平均的な人の集まる場の会話において、その場の主導権を得るのに最も効果的な言葉。以下、「屁理屈」「非常識」と続く。 -- [[ナルシスト]] &new{2006-10-04 (水) 10:47:29};
- 海賊版のゲーム・音楽・映画をDLするな:偽善者が優越感に浸る為の台詞。 --  &new{2006-10-04 (水) 17:00:38};
- ■いじめ 道義的な立場には認められない、他人を貶める遊び。いじめる側の悪についてしばしば語られるが、もしいじめが悪であるがゆえに禁止されるならば、いじめが悪であることを根拠としていじめる人間を非難することも同様に禁止されなければならない。よほど偏った定義でない限り、ほとんど任意の善悪の定義において、いじめる側:いじめられる側=いじめを非難する側:いじめる側という式が成り立つからだ。これは、一般的な意味であれば、ほぼ任意の「いじめ」の定義においてもなりたつ。特に、よってたかっていじめることを非難する者が多いが、コンビニのゴミ箱のあふれかえるゴミのごとく存在する彼らは、よってたかっていじめるものを「いじめ」ていると言える。このように、いじめる者を非難すること、すなわち 「悪を設定し、攻撃すること」 あるいは「感情的に敵を設定し、攻撃すること」は、「いじめ」と同様の快楽を味わおうとすることと、ほとんど同様の構造、というよりほぼ同値である。 このことを以って、彼らいじめを悪として非難する者が存在する限り、いじめは未来永劫なくならないといえよう。 -- [[ぷりっぷりのおしり]] &new{2006-10-05 (木) 23:04:21};
- ■いじめ 道義的な立場には認められない、他人を貶める遊び。いじめる側の悪についてしばしば語られるが、もしいじめが悪であるがゆえに禁止されるならば、いじめが悪であることを根拠としていじめる人間を非難することも同様に禁止されなければならない。よほど偏った定義でない限り、ほとんど任意の善悪の定義において、いじめる側:いじめられる側=いじめを非難する側:いじめる側という式が成り立つからだ。これは、一般的な意味であれば、ほぼ任意の「いじめ」の定義においてもなりたつ。特に、よってたかっていじめることを非難する者が多いが、コンビニのゴミ箱のあふれかえるゴミのごとく存在する彼らは、よってたかっていじめるものを「いじめ」ていると言える。このように、いじめる者を非難すること、すなわち 「悪を設定し、攻撃すること」 あるいは「感情的に敵を設定し、攻撃すること」は、「いじめ」と同様の快楽を味わおうとすることと、ほとんど同様の構造、というよりほぼ同値である。 このことを以って、彼らいじめを悪として非難する者が存在する限り、いじめは未来永劫なくならないといえよう。 -- [[ぷりっぷりのおしり]] &new{2006-10-05 (木) 23:20:53};
- 最終文訂正→このことを以って、彼らいじめを悪として非難しその根絶を目指す者が存在する限り、いじめは未来永劫なくならないといえよう。 -- [[ぷりっぷりのおしり]] &new{2006-10-05 (木) 23:50:45};
- 他人をいじめるが自分がいじめられるのは駄目だって言うのかい?そりゃあないだろう? --  &new{2006-10-06 (金) 07:31:20};
- ゴムェン兄ちゃん、どこを見て何をほざいてらっしゃるのかわからないよ。えへへ。 -- [[超ぷりんっぷりんのおしり]] &new{2006-10-06 (金) 07:45:43};
- なぁに、他人をいじめてるんだから自分がいじめられても自業自得と言う物だろう。でも自業自得も名言か。 --  &new{2006-10-06 (金) 07:55:25};
- いやいやいやいやいやいや。反証したいのか、論理の飛躍を指摘しているのか、例外が死ぬほど多いといいたいのか、相変わらず何がいいたいのかわからないよゴミクズ(●´∀`●) -- [[超ぷりんっぷりんのおしり]] &new{2006-10-06 (金) 08:11:03};
- それもそうですね。ごめんなさい。 --  &new{2006-10-06 (金) 09:36:22};
- ■人の道を踏み外す:インパラの絶滅を危惧し、インパラに手を出さなくなった思いやりのあるライオンは、ライオンの道を踏み外した不埒なライオンとして、道徳者から論難されるべきだ。 -- [[ほぞ]] &new{2006-10-06 (金) 11:33:27};
- 義務、権力、権利、責任、使命、これらは全部権力者が用意した愚かな大衆の為の幻想。論理的には何の意味も持たない。 --  &new{2006-10-07 (土) 19:39:25};
- ■義務、権力、権利、責任、使命、これらは全部権力者が用意した愚かな大衆の為の幻想。論理的には何の意味も持たない。 --  &new{2006-10-07 (土) 19:39:39};
- ■レジスタンス、抵抗運動:大人しくしてれば安穏に暮らせるのに非論理的な道徳的興奮の為に自分のみならず他者をも危険にさらす大馬鹿の集まり。 --  &new{2006-10-07 (土) 20:22:21};
- ■レジスタンス、抵抗運動:大人しくしてれば安穏に暮らせるのに非論理的な道徳的興奮の為に自分のみならず他者をも危険にさらす大馬鹿の集まり。 --  &new{2006-10-07 (土) 20:24:14};
- 平和ボケ日本人乙 --  &new{2006-10-07 (土) 20:26:59};
- ■サッカー:大の大人がボールを追い掛け回し数千万人の人間がそれを喝采すると言う最高に笑えるスポーツ --  &new{2006-10-07 (土) 21:23:48};
- ■礼に始まり礼に終わる:能力の高い者が低い者を見下す、という至極当たり前の行為に、無根拠に抵抗する、能力の低い者達が、なけなしの知恵を絞って編み出した処世術。それなりの効果を発揮しているようである。 -- [[榛名]] &new{2006-10-12 (木) 05:07:37};
- ■ 国家の品格 : 直感的な「名言」が、感情的な「名文」を産み、情緒的な「名著」を綴ると言う愚行の典型。某有名女子大学理学部 数学科教授!!の超論理的随筆作品。 名言の金太郎飴的存在。愚行の金字塔!! (内容と文章量は非常に薄いので1〜2時間で読破可。※特に、現役数学科教授が「論理だけでは世界が破綻する」を見事に証明している第2章は秀逸) -- [[キクロン]] &new{2006-10-12 (木) 18:01:44};
- うん、「国家の品格」は大衆向け「知的」本の典型だね。一方中身のない内容であり、他方文学的な水準も明らかにひでぇ(笑)。でも、これだけ売れる本を狙って書いたのなら、ある意味知的かもしれんね(笑)。 -- [[N]] &new{2006-10-21 (土) 00:50:58};
- あの本の最大の笑いどころは「論理が全てではない」という、ちょっと思考力のある人間なら誰でも気付くような事実を60過ぎたジイサンが「素晴らしい真実」として全国に喧伝してる点にあると思う。あの本に感動できる人間って、どんだけ馬鹿なんだ(笑)。 -- [[N]] &new{2006-10-21 (土) 02:30:13};
- え?論理が全てじゃないんですか? --  &new{2006-10-21 (土) 10:52:46};
- >N 感動というより、この論理(説明?)を納得できるorしてしまう人間に驚く。>名無し 後付けの論理もある。沈黙もしている。全てではない。 -- [[キクロン]] &new{2006-10-24 (火) 16:39:46};
- こんな本が200万部以上売れ大ベストセラーになる日本人の知的現状 -- [[国王]] &new{2006-10-25 (水) 01:08:52};
- この著者、数学科の教授だったね。とつげき氏の「(議論記録:特別編)知性・知識・頭の良さ等について」の内容のいい見本だよ。 -- [[国王]] &new{2006-10-25 (水) 01:14:43};
- 「名言の金太郎飴」ww 今度ちらっと読んでみよう -- [[マネ]] &new{2006-10-25 (水) 09:17:08};
- ■お世辞 このレッテルを貼ることによって、自分にとって都合の悪い言説を無かったことにする用語。(1)他人の言葉をそう呼ぶ場合と(2)自分の言葉がそうだったとする例がある。 (1)客観的にギャグセンスが認められているとつげき東北氏に、あ?は次のように述べた「とつげきのギャグセンスを認めている奴は人を見る目がないとりあえずお世辞言っているだけだろう( ´_ゝ`) 」 (2)はじめ「N=あ?」と主張していたあ?が、後に「N>あ?」と主張を変えていることを指摘されると、あ?は次のように答えた「お世辞言ってるだけなのに気づかない程馬鹿なんだね・・・」 なお、人を見る目がない者がお世辞を言うとする主張は飛躍しており、言説を翻すことをお世辞とは言わない。どちらもお世辞という言葉の使い所ないし使い方が誤っている。 -- [[N]] &new{2006-11-02 (木) 19:20:13};
- ■凡百の無知な迫害が私をもっとも奮い立たせ、もっとも狂喜させた― Albert Einstein■無能であることを恥じる必要はない。団結すれば地球の運行さえ止めることができるのだから。― Galileo Galilei  希代の天才達の虎の威を借りて2chの凸スレ http://money4.2ch.net/test/read.cgi/mj/1165045453/l50で名言を捏造してきますた。凸が療養中でヒマをもてあましている御仁がいたら、もっと気の利いた、もしくはネタばれするような名言をでっち上げて戦果をもたらしてはくれまいか。 -- [[名言好き]] &new{2006-12-07 (木) 02:02:54};
- >名言好き スルーされてますね。 --  &new{2006-12-07 (木) 17:06:19};
- うわ、見事な吹き溜まりスレッドだなぁ。ちなみに私は療養中というか逆に奮闘中だがね・・・本が1月になったので常に執筆執筆執筆執筆。 -- [[とつげき東北]] &new{2006-12-08 (金) 00:41:57};
- 俺が目立つためにN>あに変えただけだろ馬鹿が お世辞って言葉が悪かったな まぁNがみみっちい奴ってことはよくわかったw 吹き溜まり=落ちぶれた人や社会から脱落した人々が行き場もないまま寄り集まる所→こんなつまんねーとこに毎日の様に張り付いてるNの事か(爆笑) -- [[あ]] &new{2006-12-08 (金) 21:37:47};
- > スルーされてますね。   ・・・ですね、てへっ。上司のおぼえめでたしを目論み、勇躍忘年会の座興に挑むも、見事にすべった小賢しい平社員に愛の手を。 -- [[名言好き]] &new{2006-12-09 (土) 04:08:05};
- ■全ては私の責任  度量の広さのアピール。 --  &new{2006-12-21 (木) 22:49:00};
- ■俺は○○されても黙っている 自分の寛容さを自慢するスタイルをとりながらも「別件での自分の不始末の免責を聞き手や仮想的な権力者に要求しようとする心理」が露呈した発言。「黙っている」と「言って」しまった小さな矛盾に、その綻びが見える。◆状況設定:この項目の解説のため、次の状況を設定する。登場人物Aが他人から受けた迷惑を○○とする。また、Aの不始末のため別の登場人物BにAが与えた(与える)迷惑を△△とする。迷惑の問題の大きさについて、○○より△△の方が重大であると仮定する。◆例題:AはBから△△について苦情および改善要求を受けた。Aはそれに誠実な対応をすることなく掲題の発言をした。この発言について、次の4つのケースに分け、それぞれコメントする。【ケース1】Aは知的でない。【ケース2】Aは知的であり、かつ、AはBが知的であると認めている。【ケース3】Aは知的であり、かつ、AはBが知的であるか否かについて判断していない。【ケース4】Aは知的であり、かつ、AはBが知的でないと認めている。◆各ケースについてのコメント:【ケース1】Aは知的でない。この場合は問題ない。掲題の発言は、知的でない者が行いがちなものである。【ケース2】Aは知的であり、かつ、AはBが知的であると認めている。この場合も問題ない。掲題の発言はおそらく適切な計算の上でなされたものであり名言的でないと推測できる。【ケース3】Aは知的であり、かつ、AはBが知的であるか否かについて判断していない。この場合は危ない。掲題の発言をBに聞かせるAの意図が不明。Bが知的であった場合は見かけ上ケース2と同じになるが、AがBの受け止め方を計算し尽くしていなけれぱ、たぶん恥ずかしい。Bが知的でなかった場合、結果的にケース4と同じになる恐れがあり、無意識にそうしていても悪質。【ケース4】Aは知的であり、かつ、AはBが知的でないと認めている。この場合は悪質。◆ケース4についての補足説明:AはBをたぶらかし、自分の責任をうやむやにしようとしている。そもそも掲題の発言は、自分の問題(不始末)を他人の問題にすりかえようとする狡猾な心理をはらんでいる。「知的な者」が、悪意を持たない「知的でない者」に向けてそのような発言を行うことは、特に悪質であると言わざるを得ない。 -- [[うまい]] &new{2007-01-07 (日) 22:55:46};
- >自分の問題(不始末)を他人の問題にすりかえようとする 何か問題が? --  &new{2007-01-08 (月) 00:00:13};
- 普通は笑える。ケース4は笑えないが、実はケース1なので多少笑える。やっぱり、不幸っぽいのであまり笑えない。 -- [[うまい]] &new{2007-01-08 (月) 00:15:59};
- ''[[名無し]]'' &new{2007-01-30 (火) 20:39:48};
「初心者だから」
自分の愚行を「仕方のないもの」とする枕詞。
だがその図々しさは、初心者ではない。
 
- '''' &new{2007-02-10 (土) 12:13:11};
■偽善:存在しないもの。
 
- ''[[繭]]'' &new{2007-02-10 (土) 15:57:26};
■うまい話はない
確かに、悪徳業者をはじめとする詐欺の手口として「カモ」に対し、「うまい話」を持ちかけることは数多くあるだろう。それゆえ、「うまい話はない」という発言は、「頭の良い」人間であることをアピールしつつ、周りの人間に「忠告」できるため、権威性を高める意味で有効に機能する。
~しかし、この語を発話する人物が往々にして、
「若いうちに苦労するべきだ」「真面目にコツコツ働くべきだ」
と呪詛の言葉を吐くことがある。
「地道な作業の繰り返し」をひたむきに美化し、道徳といううまい話を信じ込んでいる様は、我々にとって滑稽である。
→細かい部分の積み重ね
 
- ''[[亡国]]'' &new{2007-02-17 (土) 00:00:08};
>繭
「道徳といううまい話」がうまいね。
 
- ''[[亡国]]'' &new{2007-02-17 (土) 00:04:10};
■体が資本
ホーキング博士が来日した折、
「頭脳が資本です」
と語ったが、記者団は見事に黙殺した。
 
- ''[[robert]]'' &new{2007-02-17 (土) 23:35:01};
■向いてない
大衆が自分の能力では解決できない課題と向き合ったとき、掲題の言葉は利用される。
気持ちの悪い半笑いとともに吐かれるこの言葉は、単に「私は○○ができない」ということを主張するためのものではない。彼らは、「私は○○ができない。だがそれはたまたま、自分のせいではなく自分の生来の能力のせいで――生まれつき耳が不自由な人が作曲に”向いてない”のと同様の理由によって――できないのだ。当然、○○以外は人並み以上にできるのである。」と喧伝しているのだ。
「俺、数学向いてないんだよね」と言って文系を選択した人間は凡庸な一生を送りがちである、という事実を忘れてはならない。
 

#comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS