• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*とつげき東北 [#f9c3d58e]
 
 
  ネット上等で行った「議論」や「ケンカ」などの記録の要旨をつづる。
 
  割と気軽に行っている議論も多いので、細かいところにつっこまないように。あくまでも実戦における論理の活用のネタ等として利用してください。
 
 
 **麻雀に関する議論その1 [#w869597f]
 **筆者の書籍『科学する麻雀』への批判における議論その1 [#w869597f]
 
 【相手】
 
 (とつげき東北は)麻雀というゲームそのものの本質を理解していないと言わざるを得ません。 
 統計に頼っている時点で麻雀に絶対戦術が無いことの証なのですが、それすら理解していませんね。 
 仮に東風ユーザーがこの本を買ってその通りに実戦すれば、東風荘の統計データは大幅に変わるでしょう。 
 するとその変化したデータに合わせて当然新たな検証をし、必然的に新たな戦術が生まれます。 
 そしてその新たな戦術が普及すればまた・・・という具合で無限に続くわけです。常に流動的な物なのです。 
 麻雀というゲームはそもそも解が一意に定まるゲームではないのです。 
  
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 【とつげき東北返答】
 【とつげき東北】
  
 何が「麻雀というゲームそのものの本質」だか。
 「言わざるを得ません」て( ≧∇≦)ブハハハ!
 別に言わなくてもいいだろうが、こんな発言(笑)
 
 ヒント:不完全情報ゲームであり、相手の戦略や得点の取れ方は統計的にしか把握できないにもかかわらず、特定の戦略が最強の安定した戦略となり、他のどんな戦略もその戦略(しかも一定の打ち方)より得点期待値を高めることができないようなゲームを1つ
 定義せよ。
 
 こういう疑問を持った瞬間、当然これくらいの考察はするもんだと思うが、本を出した頃から、まぁ1年半ほどたった今でも、なおこの種の批判で満足する人がいるんだなぁ。すげーなー。
 
 もちろん、麻雀においてはさすがに「最強の1手」みたいなのはなかなか見つからないと思うけど、相手がどのような打ちかたをするのであれ「最強ではない1手」を一意に定めることが可能な状況はあるし、最強ではない1手が定められる以上、最強の1手を定めることができる可能性は(理論的な意味で)ある。
 そしてそれが「より強い打ち方」を許さない唯一のものである可能性もある。具体例は敢えて挙げない。考えて。
 
 何もかも理解せぬまま「本質」だけ語るのはやめて、個別具体論を論じてくだされ。
 実体なき「本質」は、実像を隠蔽するための虚構に過ぎないですよ。
 
 
 
 **筆者の書籍『科学する麻雀』への批判における議論その2 [#y0db5205]
 
 【相手】(麻雀プロ)
 
 「カンチャンよりシャンポンが有利」これを実戦の統計から構造を予想するのは間違い
 である。3と7のシャンポンでリーチする人はほとんどいないが、カン3や7はリーチを
 かける人が多い。カンチャンは19牌で待てないことが、和了率に差が出る原因ではない
 か?
 中張牌同士の場合はむしろ、相手がシュンツを作ると想定すると、シャンポンの当たり
 牌は相手の「欲しい牌」、カンチャンの当たり牌は「余り牌」になりやすいので出にくい
 という説もある。
 
 【とつげき東北】
 
 指摘を踏まえ、以下集計結果を示す。
 
 6〜11 順目における先制28カンチャン待ち
 有効局数1352 和了率44.4%
 6〜11 順目における先制37カンチャン待ち
 有効局数1484 和了率41.9%
 6〜11 順目における先制28と37のシャンポン待ち
 有効局数342 和了率52.6%
 6〜11 順目における先制37と456シャンポン待ち
 有効局数291 和了率44.3%
 
 実戦の統計と95 ページの考察とから、構造的にカンチャンよりシャンポンが有利と考え
 られる。
 
 あなたの指摘は思い込みに基づく誤解である。
 以上。
 
 
 **筆者の書籍『科学する麻雀』への批判における議論その3 [#a6d3d75d]
 
 【相手】
 「状況によって確率は変動する」という点を軽視しているのではないか心配になった。
 例えば、P.93 に6〜10 順目先制両面リーチの和了率は61%とあるが当然、常に61%では
 なく、51%だったり71%だったりするはずである。具体的には、染め手狙いと同じ色の待
 ちになった場合和了率は下がり、(本書では否定的な表現もあったが)場に出ている数も重要な要素であり、またフーロしている他家がいた場合、その人がアンパイに困って振り込んだり逆にその人に蹴られたりもし、それ以外にもいろいろ考えられる。
 
 【とつげき東北】
 全体表として61%のものをP91 に掲載している。
 順目別、待ち形別、先制かどうか別の表またはグラフ(P152 から)、及び他家の攻める度合い別期待値グラフを、リーチの得点と形別に掲出(P156 から)している。また相手の食い仕掛けが染め手である確率表を、相手の捨て牌の半分の位置までに捨てられた「染め色」の数別に掲出(P140)するなどしている。
 「フーロしている他家が振り込みやすくなる」ことに関してもP109 で言及しており、当たり牌の場に出ている数による和了率の変化についても、P98 でデータとともに論じている(これにより、場に出ている枚数が3枚か6枚かという差は、そのリーチが2待ちカンチャンか2待ちシャンポンかという程度の差と大差ないことが確認できる)。
 いうまでもなく、さらに細かい状況分類は無限に可能であり、発展研究の余地はあると
 ころだが、「それ以外にもいろいろ考えられる」というのはいささか投げやりではないか。
 本書に「それ以外にもいろいろ考えられる」と記述しておけば納得されたのか、疑問であ
 る。
 以上。
 
 
 #htmlinsert(google.txt)
 #comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS