• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
 *とつげき東北 [#f9c3d58e]
 
 
  ネット上等で行った「議論」や「ケンカ」などの記録の要旨をつづる。
 
  割と気軽に行っている議論も多いので、細かいところにつっこまないように。あくまでも実戦における論理の活用のネタ等として利用してください。
 
 
 **麻雀に関する議論その1 [#w869597f]
 
 【相手】
 
 (とつげき東北は)麻雀というゲームそのものの本質を理解していないと言わざるを得ません。 
 統計に頼っている時点で麻雀に絶対戦術が無いことの証なのですが、それすら理解していませんね。 
 仮に東風ユーザーがこの本を買ってその通りに実戦すれば、東風荘の統計データは大幅に変わるでしょう。 
 するとその変化したデータに合わせて当然新たな検証をし、必然的に新たな戦術が生まれます。 
 そしてその新たな戦術が普及すればまた・・・という具合で無限に続くわけです。常に流動的な物なのです。 
 麻雀というゲームはそもそも解が一意に定まるゲームではないのです。 
  
 
 --------------------------------------------------------------------------------
 
 【とつげき東北返答】
  
 何が「麻雀というゲームそのものの本質」だか。
 「言わざるを得ません」て( ≧∇≦)ブハハハ!
 別に言わなくてもいいだろうが、こんな発言(笑)
 
 ヒント:不完全情報ゲームであり、相手の戦略や得点の取れ方は統計的にしか把握できないにもかかわらず、特定の戦略が最強の安定した戦略となり、他のどんな戦略もその戦略(しかも一定の打ち方)より得点期待値を高めることができないようなゲームを1つ
 定義せよ。
 
 こういう疑問を持った瞬間、当然これくらいの考察はするもんだと思うが、本を出した頃から、まぁ1年半ほどたった今でも、なおこの種の批判で満足する人がいるんだなぁ。すげーなー。
 
 もちろん、麻雀においてはさすがに「最強の1手」みたいなのはなかなか見つからないと思うけど、相手がどのような打ちかたをするのであれ「最強ではない1手」を一意に定めることが可能な状況はあるし、最強ではない1手が定められる以上、最強の1手を定めることができる可能性は(理論的な意味で)ある。
 そしてそれが「より強い打ち方」を許さない唯一のものである可能性もある。具体例は敢えて挙げない。考えて。
 
 何もかも理解せぬまま「本質」だけ語るのはやめて、個別具体論を論じてくだされ。
 実体なき「本質」は、実像を隠蔽するための虚構に過ぎないですよ。
 
 
 #htmlinsert(google.txt)
 #comment
 

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS