■とつげき東北


 このページにおいて、掲題の各語を以下のとおり定義する。

●内包的定義

 平均こそが優れていると思うこと、他人と同じでなければならないとしきりに信じること、そうなりたいと感じるそのセンス、人の真似事をする思考様式、テレビ等で見た他者のギャグ・発言を反復してみせるような一種の羞恥心の欠如、意思の薄弱、態度、生活習慣、「制度的なもの」への無意識の加担――これらをして、「凡庸」と形容する。
 凡庸であるとは「名言的なもの」を安易に受け容れることである。

 凡庸であるばかりか凡庸である権利をも主張し(オルテガの定義)、あるいは、凡庸さに慣れ、無自覚となり、時として誇りさえ持つような、少なくない人々を「大衆」と呼ぶ。
 大衆とは「名言的なもの」を好んで用いる人々である。

 凡庸化する一切のものごとへの意識的で戦略的な、能力・技術の行使のありかたを「知的」であると形容する。
 知的であるとは「名言的なもの」を常に突き放し、ずらし、笑い飛ばす人間の性質である。

 知的な行為や審美眼を「センスがある」と形容し、そうでないものを「センスがない」と形容する。


●外延的定義

|■知的|←             →|■非知的|
|金持ちのニート|←             →|「社会の役に立つ仕事」|
|スーパーマリオを極める|←             →|ゲームなど役立たない|
|学歴が高い|←             →|学歴より人間性|
|政治家になって悪いことをする|←             →|「日本の政治は悪い」|
|計画的犯行|←             →|短絡的犯行|
|他人から変人と思われたい|←             →|「恥ずかしい」|
|ギャグセンスが高い|←             →|ギャグセンスが低い|
|面倒なので自殺する|←             →|「自分が生きた証を残す」|
|悲劇を笑いとばす|←             →|悲劇を見て悲しむ|


→[[(解説)制度としての名言]]
→[[(解説)肯定のセンス]]
→[[(解説)権力]]
#htmlinsert(google.txt)
#comment

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS