岩倉人

 議論が進み、複雑になると用いられる。特にどちらに答えても極端にすぎる場合に使用され、大衆が攻撃点を新たに見出すための手段。
 
 大衆は世の中のあまりに多くのことが、二元的に定まるはずがないことを簡単に忘れ、この名言を口にし、こちらがどちらかの態度を匂わすと、論敵から得られた分かりやすく「極端な」回答に喜び、攻撃を再開してくるようだ。
 議論も進んでからこの質問が投げかけられるとき、我々はしばしば唖然とする。それはつまり、その問いかけが、今までのこちらの言葉からこちらのスタンスを知る理解力の無さを、赤裸々に露呈してしまっているからである。相手の言葉を分かろうとせず(あるいは分からず)、最も単純な論理構造しか理解できない低能さを晒し、のみならず、相手にその低い理解力に合わせろというひたすら傲慢なだけの要求がまかり通るのには驚かされる。
 また、仮に二元的に決まる話なら議論を交わす前にYesかNoかどちらかと、一言放てば良かっただけのことである。それをせずこれまで議論を進めてきたこと自体が、その議題がそう単純に二元的に決まるものではないという了解を暗に得ていることの証拠である。
 
 対策としては、例えば簡単な性格診断において、「はい」か「いいえ」以外の「どちらでもない」という項目に救われた経験を問うなど、具体的事例を挙げつつ二元論で表明しきれない立場がありうること、その問いの形式の卑怯さ、相手のこれまでの議論への無理解さを、指摘すればよい。

  • タイトルは、「議論テク:大衆論法〜」のが良かったっぽいですね。 -- 岩倉人 2006-05-09 (火) 08:44:34
  • 項目名を変える場合は新しく作り直して、筆者間の連絡ページで凸さんに古いページの削除依頼をすればいいそうです。 -- みかん 2006-05-09 (火) 08:45:54
  • なるほど回答どうもありがとー。 -- 岩倉 2006-05-09 (火) 08:47:07
  • 二者択一を迫るケースにもいろいろある。 -- マネ 2006-05-09 (火) 08:49:33
  • この言葉はむしろ有利な人がいらいらして用いたくなるときのほうが多いと思う。そして返ってくる回答がまったくyes noで始まらない、言い訳に近い言によってうやむやにされることが多いことが問題だと思う。 -- ますお 2006-05-10 (水) 09:21:41
  • ご意見どうもありがとうございます。私は法廷映画や会社の不祥事問題で見かける、「結局あんたは〜をやったのかやってないのかどっちなんだ!」とカッコよく詰め寄るシーンが好きだったのですが、でもこれってよく考えると、どっちに答えても問われてる側に不利になる質問で、実際はやってないとは言えないが、やったとも言えないというようなケースがいくつもあるわけで、悪い部分もあれば弁解の余地がある部分もあると。だけどもこの質問には、こういった当たり前の事情を忘れさせて、何の論理的正当性もなく相手を悪者に仕立てる力があると思います。(それもささやかな感動性というか謎の高揚感も付随)こういう部分が名言かなぁと思ったんですがどうでしょうか。^^; -- 岩倉 2006-05-10 (水) 09:32:17
  • 二者択一を迫るケースにもいろいろある。相手が論点を拡散して煙に巻きにかかってることを指摘した上で、本題に戻すために使われる場合。強引に自分の論理展開に巻き込む、自分の土俵に引きずり込むテクとして使われる場合。既に指摘された論理展開の不備を単に無視して使われてしまう場合。これらの中には『名言』的なものもそうでないものもあるが、簡単には区別できないので「言った瞬間恥ずかしい」レベルの名言・大衆論法に分類するのは難しいかも。 -- マネ 2006-05-10 (水) 09:35:17
  • はいかいいえで答えろと求めたときに大衆がはいかいいえで答えるということは、おそらく皆無だ。大衆にとってこれほど解答できない、しかも無意識的に当然のように、お茶を濁すことによってその解答になると思っている問いはないだろう。大衆は、「はい」か、「いいえ」で断言することができないことが多い。 -- ますお 2006-05-10 (水) 09:39:39
  • タバコは健康に悪い」コメントより抜粋・「分煙の推進」ではなくて「タバコそのものを禁止すること」は、自由主義に基づく規制なのかそうでないのか、二者択一で答えよ。〜省略〜Posted by とつげき東北2006年1月5日(木) 02:01:42「YesかNoで答えよ」は「二者択一で答えよ」として、上記のような場面でも使われているが、やはりこの場合はますお氏の言うような場合で用いられたと思われる。 -- ソースとして 2006-05-10 (水) 09:43:12
  • 俺は誰かと二人で行動している時、YES or NOの二択を迫られれば、常にもう一人の相方と反対の選択を取ることにしている。これは二人とも間違えるという最悪の事態を防ぐためのナッシュのゲーム理論を応用した効率的な戦略である。 -- 原田 2006-12-11 (月) 13:33:13
  • >原田 あらゆる状況で問題が生じるなソレw -- 2006-12-11 (月) 14:31:21
      
     
  • あ〜る 2007-03-28 (水) 23:57:35
    聖書の中に、姦淫の現場で捕らえられた女について、「聖書(旧約のこと)には、こういう女は石で打ち殺せと書いてあります。ところで、あなたはどうお考えになりますか」とイエスが聞かれる場面があります。弱い2者択1ですが、イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのないものが、石を投げなさい」と切り抜けました。2者択1には従わないのがよいんでしょうか
  • とつげき東北 2007-03-31 (土) 02:50:42
    きわめて非効率的な自動巡回広告といえましょう。
     
  • 2007-04-01 (日) 00:29:19
    どうなっとんのコレ('A`)
     
  • 効率悪くても 2007-04-01 (日) 01:16:54
    ほとんどコストなしでやってるからなあ・・・こういうの。
    万にひとりでもひっかかればペイするんじゃないの?

    読みにくいし消したほうがいいですよ。さすがにw 

  • 2008-02-13 (水) 22:36:36
    イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのないものが、石を投げなさい」

    最終的に女に石を投げているのはイエスだけになりましたとさ。

    神コエー
     

  • ぱんだ009 2011-01-03 (月) 19:39:55
    >>例えば簡単な性格診断において、「はい」か「いいえ」以外の「どちらでもない」という項目に救われた経験を問うなど


    すげーわかるわ。だいたい、はいかいいえで定まるわけないんだよな。
    いわゆる就職の筆記の性格診断的なものは本当に無意味
    性格診断自体、ナンセンスだが、はいかいいえのマーク式は全くナンセンス。

 

  • ここまで読んだよ 2011-01-04 (火) 02:11:18
    >就職の筆記の性格診断的な
    >はいかいいえのマーク式は全くナンセンス
    「どちらでもない」は優柔不断など企業にとってマイナスでしか無い要素を見出すための格好のエサ
    はいかいいえのみの設問はナンセンスだが、そこに優柔不断さを露呈できる回答欄を追加で用意することに企業が求める何かがある
     
  • ぱんだ009 2011-01-04 (火) 22:06:53
    なんだってっっっ

    それマジなん???
     

  • 2011-01-06 (木) 09:57:19
    >ぱんだ氏
    マジで釣られてるのか、それともわざと乗っかってるのか判らんw
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-06 (木) 09:57:19 (2872d)