とつげき東北

 科学的に明確に誤った俗説等に関して、当該俗説等を自分が信じるための「根拠」として、「そういう風に考えると面白くない」といった形で提出されがちな、陳腐な個人的感情の表明。

 だが、「面白い」ことを理由にある事柄を信じるのであれば、よほどの愚か者と言う他ない。宝くじで3億円が当たったら「面白い、うれしい」からといって、3億円が当たると信じるのだろうか。東京大学に受かったら「面白い」からといって、そう信じるのだろうか。違うだろう。
 彼らは「面白い」から信じているのではなく、最初から信じているから信じているのであり、そこに無理な「正当化」を施してみせているだけなのだ。その信仰の対象が大衆的で凡俗であればあるほど、当人の思想水準の低さが露呈される。

 しばしば、筆者と麻雀の「流れ」があるか、ないか、という議論をしている相手が、筆者から示されたデータに反論できなくなり「そんな考え方では、麻雀はつまらない」などと言う状況に遭遇する。平凡な人間は、常々「価値観人それぞれ」と口を酸っぱくして繰り返すことで、知的な人間から強烈な批判を浴びないようにと保身するくせに、「面白さのあり方は人それぞれ」だという当然の事実については、自己都合によって認めたがらないのだ。

 まったく同様の形式に「答えがわかってしまうとつまらない」がある。
 またこの名言は、利便性と真理性の混同でもある。

答えがわかってしまうとつまらない
(議論テク)大衆論法:利便性と真理性の恣意的混同

  • 2008-01-24 (木) 15:53:30
    面白くないから帰る
     
  • うまい 2014-09-05 (金) 06:55:00
    「あ」って、面白い。今さらだけど。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-05 (金) 06:55:00 (1326d)