とつげき東北

 平均からの正の偏差が、正規分布上で標準偏差の5倍を超えれば、いわゆる「偏差値」が100を超えるのは当然のことだが、そのようなことは一般に理解されていないため、「100を超えることもある」ということが「驚くべき事実」として先生等によってやたら喧伝される。
 一方で、筆者が高校の頃、ある友達は「進研ゼミの偏差値は、75が最高らしい」などと知ったかぶっていた。それは統計学用語で言うところの「偏差値」ではない。もっとも、「彼にとっては」偏差値はどんなによくても75が最高であることは事実かもしれない。

  • ただ単にテストは100点満点ということが刷り込まれているから偏差値も100が最高と考えているんだと思われる -- 薔薇 2006-07-20 (木) 21:45:58
  • 偏差値が75を超えないってことは、母集団は7人以下? -- あーる 2006-07-31 (月) 21:12:32
  • っていうか、偏差値100以上は驚くべき事実でしょ。灘のトップとかは105とかとるけど。あと、進研のテストかどうか知らないが、「偏差値75以上」という結果がかえってくることがあるらしい。満点近くで、それ以上は正確に測定不能という意味かもしれない -- 六分儀 2006-08-01 (火) 02:57:52
  • 公立でも、理系のトップクラスが文系の模試を受けると100超えることある。 -- カワマタ 2006-11-16 (木) 21:07:56
  • ↑数学で -- カワマタ 2006-11-16 (木) 21:08:48
  • 進研模試とか真面目にやっても75が限界だぜ。凸自身はいくつだったのか。 -- 2006-11-18 (土) 09:43:53
  • 普通に75超えあるから。例えばhttp://manabi.benesse.ne.jp/cm/g30_nyushi/hantei-kijyun/2005/ここ見ればいい。理3だと75ではD判定さえ出ないし、慶応理工クラスでもA判定には75じゃ足りないよ。いずれにせよそういう話ではなく、「75が最高」になるような指標は統計学用語で言うところの偏差値とは違うということ。 -- とつげき東北 2006-11-18 (土) 22:28:28
  • おれ自身・・!? いやぁ、流れが悪くて! -- とつげき東北 2006-11-18 (土) 22:30:16
  • 高校の時進研模試で96出した。……地学で(w -- ayasame 2006-11-19 (日) 10:56:40
  • というか、文系の理科deha -- ayasame 2006-11-19 (日) 10:57:42
  • ↑はtypo。文系の理科では結構あるような、と書きたかった。 -- ayasame 2006-11-19 (日) 10:59:13
  • にんじん 2008-03-01 (土) 23:18:18
    理転した直後、とある模試で国語の偏差値が102出て笑撃を受けたよ。

    もはや受験で使われる偏差値は、RPGでいう「レベル」と言い換えたほうがわかりよい。

 

  • '''' 2008-03-02 (日) 04:09:57
    当たり前なこと
    標準偏差が100を超えるというのは統計学や確率などを勉強した人なら、
    コインを投げたとき
    表表裏表裏表表裏裏表

    裏裏裏裏裏裏裏裏裏裏が出る確率が同じであるというくらい当たり前のこと。
    知的でない(=勉強していなくて、知識が無い)人の集団に知的な
    (=勉強して、いろいろな知識を得た)人がいれば、当たり前(その集団にとっては当たり前ではない)なことを言っただけで、非常に驚く。
    「そんなことがあるのか!すごい!先生は天才だ!あっぱれ、お見事!」
    こういわれ、ますます知識を披露するようになるかもしれない。

    生協のギョーザに、有害な農薬が含まれていた。
    ことことをめぐって、日本と中国では言い分が違っている。
    日本側は中国が悪いと言ってるが、中国は国内(中国内)では毒物が混入した可能性は低いと言っている。

    中国産の食品が無くては、日本の食生活は成り立たない。
    このような当たり前なことすら気がつかない人は多い。
    頭ガチガチで、中国産=悪としか考えられなくなったバカどもめ。
    首相は「中国側も責任をはっきりさせたいという気持ちは十分
    持っていると思います。ですから日本側も協力します。」と語った。ごく普通の、きわめて当たり前の発言だが、当たり前さえわからない一部の連中は
    中国養護だ、首相失格だなどと言い出す。
     

  • 2008-03-03 (月) 22:28:40
    >>標準偏差が100を超える
    出オチで笑いました

    >>知的でない(=勉強していなくて、知識が無い)
    ダウト
     

  • '''' 2008-03-04 (火) 14:50:09
    >標準偏差が100を超えるというのは統計学や確率などを勉強した人なら

    勉強しろ
     

  • '''' 2008-03-05 (水) 00:40:12
    ""のレベルは何となく前より落ちてしまったな。
    新参HN達は盛り上げてくれていると思うが、昔のN氏やM氏みたいにもっと弾けてる姿がみたいな。

 

  • 六7 2008-03-05 (水) 01:09:47
    ""のレベルって?
    名無しだろ?どういう意味?
    全体的なレベルが落ちたってこと?
     
  • '''' 2008-03-05 (水) 02:00:39
    平均的な読者層(名無し)のレベルが落ちてないか?
    と感じただけ。
    後半は、新参HNの人が遠慮がちに思えるからもっと暴れて欲しいなと思った旨です。
    一読者より。
     
  • 六7 2008-03-05 (水) 02:11:13
    新参HNっておれも含まれてるよね。
    遠慮がちかな〜。
    君もHNつけたらどうだ?
    ゾンビCやるぞ。
     
  • 2008-03-05 (水) 04:16:31
    つまりこういう理論だ。

    初期:
    面白い人が面白いことを書く
    中期:
    面白くない人が面白いものを見に来る
    終末期:
    面白くない人が面白くないものを書き始める

    俺が来た時が中期で今は終末期って事だよ。
     

  • 六7 2008-03-05 (水) 04:50:46
    >あ
    じゃあもうすぐ終わるってことか。
    消化試合でも次の半荘を見据えた打ち方をすべきかな。
     
  • pp 2012-11-26 (月) 06:52:54
    学歴の人・統計に興味のある人などは、100を超えてる人を実際に見て驚いた記憶があるから、普通に知ってるよね。 でも、一般の子にとってみれば、「有り得ないほど異常な結論」のようだね。 その一例を書く。

    俺の知人は、超難易度の筆記模試で平均点40点くらいの中、199点を出した。 しかも、実際は200点満点だったにも拘らず、スーパー高校生として有名人だったので、採点者が「故意に1点引いた」とのコメント付き。 そんな洒落が許されるくらいダントツの天才だった。 その全国模試の2位は確か132点とかで、3位が118点とか・・・(うろ覚えw) で、その時の偏差値が120代。

    →それに付いたレス・・・

    >>偏差値120wwww
    ●がアホすぎてどこから突っ込んでいいかわからんwww
    偏差値の定義から勉強しなおしてこいw
     

  • いんぽいんとカート 2014-01-12 (日) 19:52:24
    偏差値の+50ってなんなんだよ
    真ん中を50にするから0〜100しかないみたいなイメージができちゃうんだよ
     
  • ここまで読んだよ 2014-01-13 (月) 09:32:54
    >>いんぽいんとカート
    マイナス数字は強烈な劣等感を与えるから、というのがその主な理由
    要は、大衆に向けた印象・・・・つまりは君のほのめかしたとおり、イメージの問題だ

    平均的なレベルの人での話になるが、「50を超えるようがんばる」と「マイナスをプラスにするようがんばる」では、直感的にはハードルの高さが違うように受け取れる
    個人を評価するレベルでは偏差値中央を下回るものがどうなろうと構わないだろうが、教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる
    だから、全体ががんばるという機運を構築するために、+50の下駄は大いに役立っている

    また、受け入れる側の教育機関も、閾値がマイナスの大学というのは強烈な劣等感になる
    ・・・・もっとも、レベルは3流ではあるのだが、そのレベルでも必要な教育というのはあるわけで、そういう下支え大学を「0未満という劣等感」という大衆の勝手な印象によって制度的に押しつぶすのは教育全体像ではよくない

    上記は偏差値の仕組みと偏差値数字が自分を如何評価しているかが正常に判断できる者には、中央値がどのような数字でも関係ない

    名言を唱える大衆はその下駄+50を以ってしても救えないのだから、+50の下駄はそういうのを簡単に見つけ出すためのツールであるとも言えるだろうな
    0〜100という幻想が出来上がること自体よりも、0〜100という幻想が出来上がったもの(者・物)を切り捨てるように動けば君も賢くなろう
     

  • ここまで読んだよ 2014-01-13 (月) 09:39:54
    修文失礼:

    個人を評価するレベルでは偏差値中央を下回るものがどうなろうと・・・・
    →個人を評価するレベルではマイナスをプラスに出来ない者がどうであろうと・・・・
     

  • キクロン 2014-01-14 (火) 15:06:27
    >> ここまで

    > 教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる

    えっ??
    教育機関(≒国家のレベル)は平均点を超えるものがひとりでも多いことを望んでいるっての???

    まさかだと思うけど、データ(テスト点数)分布で下側に乖離した群をたくさん作りたがっている。とでもいうのかい??国家レベルで??
    まさかまさかだと思うけど各国対抗のテストみたいな場合を想定しろってこと??


    ここまでの偏差値は(中央値50として)マイナスレベル・・・。


     

  • ここまで読んだよ 2014-01-15 (水) 03:55:55
    >>キクロン
    お前、救いようの無い馬鹿だな
    今回はこの馬鹿を曝しあげたまま放置しようか
     
  • キクロン 2014-01-16 (木) 00:57:38
    >> ここまで

    何度も書くことではないが、「ここまで」がどのような行動をするかについては与り知らぬことだ。

    「中央を上回るものを一人でも多く」する方法論について書くのなら、上記の君の意見「なぜ+50か?」の記述と合理していることをきちんと確認しておくんだよ。
    これは、親切心や君に対する一定の感謝からいずる私の言葉だ

    >>いんぽいんとカート

    +50だけではなくてx10についても考察すべきだと思うよ
    「x10」を考慮しないのは勿体ない。ちなみにDIQにおいては15だったり16だったりする

 

  • ここまで読んだよ 2014-01-16 (木) 23:53:02
    >「なぜ+50か?」
    >「中央を上回るものを一人でも多く」する方法論について書くのなら、上記の君の意見「なぜ+50か?」の記述と合理していることをきちんと確認しておくんだよ。

    「0〜100というイメージ」の中に収めやすいから&「0」がすでに劣等の意を表しやすいから
    (上記2つを合わせて、底辺を「0」とした加点採点方式になれたものへのなじみやすさがあるから)
    この程度のことは大衆でも容易に想像できることだが、まさかキクロンは思いつかなかったのか?

    ちなみに、このイメージを描くのはこのサイトで言うところの大衆、それと、−1〜1など0を中心とした平均になれていない未「高等教育」者向けな(ここでいう高等教育は高校程度という意味ではない)
    上記を大げさに言えば、数学者と教育機関統率者によるによるシビリアンコントロールだ
    偏差値を見るのは教育を受けた本人だけではない・・・・凸など一部の人は例外であっても、大半は教育を受けた者の親も見る
    そのことを失念したものは偏差値というものに対して容易にイメージがわかないシステムが価値の無い指標であることはわからない

    +50ってのは、学術的にもかなり考えられている
    ちなみに・・・・+50の代わりに+500や+100なんてのもある
    +500が1000点満点の、+100が200点満点のイメージであることは推測できるだろうが、それら+500や+100が1000点満点のテストや200点満点のテストを出題する学術レベルの考査での指標であることが多いことも合わせて書いておく(中央値100は後述のDIQでも使われるが)

    >DIQ
    標準偏差をどのような値にするかは分布によるイメージをどれだけ効果的に示すかで考え方が変化する
    だが、この議論は中央値をどのような値にするかには直接的な影響は無い(逆に、中央値が決まらないと標準偏差は選べない)
    ×10の考察は中央値の考察を終えてからであり、俺に対する批判レベルでの現状では意味が無い
     

  • キクロン 2014-01-18 (土) 00:02:00
    >>ここまで

    なぜ、分けた???

    いっしょくたにしないとダメだよ。

    ということで、よいしょ!!(偏差値に関する事項をコピペします)

    どんっ!!

 

  • ここまでが書きましたbyキクロン 2014-01-18 (土) 00:04:34
    たぶん、誰もがキクロンを平均点50点で採点したら「−50点」とか「−100点」とかと採点するだろうな
     そうすればキクロンの偏差値があっさり0を下回れるだろう・・・・偏差値100を超えることよりも話題性があるだろうよw

    >「(とある全国一斉テスト的な状況において、その偏差値で)中央(偏差値50)を上回るものが1人でも多いほうがよいと国家レベルの教育機関は思っている
    (本題の話題からはちょっと方向性が異なるが・・・・中傷板でもあるので返答しようか)

    当たり前
     お前は憲法とやらにある平等の原則にしたがって、あらゆる分野で等しく国民全員を救済しなければならないと本気で思っているのか?
     脳内花畑か?お前はw

    せっかくだから、キクロンはこれを勉強するといい
    →「2−6−2の法則」
     右側の2が下振れの方向性を持つほど、のこりの2−6、つまり8は上振れの方向性を持つ
     つまり、右側の2を切り捨てれば全体的には向上するんだよ
     で、お前は右側の2まで救う気が有るのか?
     俺は無いぜw
     中央に位置する「6(のうちの半分の3)」を「0以下の強烈な劣等感」と「+50による、0の劣等イメージからの脱却」のどちらで救えば8が向上するかはすぐにわかるだろ?

 

  • キクロン 2014-01-18 (土) 00:05:35
    >> ここまで

    相変わらずの「ここまで読んだよ詐欺」っぷりだな。

    > 「0〜100というイメージ」の中に収めやすいから&「0」がすでに劣等の意を表しやすいから

    収めやすい??「+50」だけの話だよね?
    「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
    算数苦手なの??
    例えば「×25」にした場合、4.6%程度はみ出してしまいますよ。そうすると、ゼロ以下は2.3%程度発生してしまいますがな。えらいこっちゃ。オッチャンが一緒に考えなアカンゆぉーとっやろに。


    >(上記2つを合わせて、底辺を「0」とした加点採点方式になれたものへのなじみやすさがあるから)
    この程度のことは大衆でも容易に想像できることだが、まさかキクロンは思いつかなかったのか?

    どこからどこまで読んでますかぁぁ?だいじょうーぶですかぁ?
    「思いつかなかったのか?」って?
    キクロンは、「なぜ「+50」か?」ということに関しては、コメントしていない筈だよ。

    さて、
    当コメントが書かれる以前において

    君が問われていたのは

    「+50」とした理由として

    「>教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる
    えっ??
    教育機関(≒国家のレベル)は平均点を超えるものがひとりでも多いことを望んでいるっての???」

    ここのみだ。

    それで、その返答っぽいものが、これか??

    >ちなみに、このイメージを描くのはこのサイトで言うところの大衆、それと、−1〜1など0を中心とした平均になれていない未「高等教育」者向けな(ここでいう高等教育は高校程度という意味ではない)
    上記を大げさに言えば、数学者と教育機関統率者によるによるシビリアンコントロールだ

    それとこれだ。

    > 当たり前
     お前は憲法とやらにある平等の原則にしたがって、あらゆる分野で等しく国民全員を救済しなければならないと本気で思っているのか?
     脳内花畑か?お前はw

    > せっかくだから、キクロンはこれを勉強するといい
    →「2−6−2の法則」
     右側の2が下振れの方向性を持つほど、のこりの2−6、つまり8は上振れの方向性を持つ
     つまり、右側の2を切り捨てれば全体的には向上するんだよ
     で、お前は右側の2まで救う気が有るのか?
     俺は無いぜw
     中央に位置する「6(のうちの半分の3)」を「0以下の強烈な劣等感」と「+50による、0の劣等イメージからの脱却」のどちらで救えば8が向上するかはすぐにわかるだろ?


    「キクロン」や「ここまで」が国家レベルの教育のあり方をどのように考えているか?は問われていない。

    「俺は無いぜw」とか要らない。
    ってか「俺は無いぜw」って!!
    書いてて、恥ずかしくないの?


    「国家レベルの教育機関」或は、「数学者と教育機関統率者」(あれ?数学者が足されていますね?国家レベルが抜け落ちてしまいましたね?)がどう思っていたのか?それのみがまず問われているんだ。そして、その理由をもって、 国家レベルの教育機関、あるいは数学者と教育機関統率者がシベリアンコントロール(この言葉も恥ずかしい)を狙い「+50」と設定した に繋げればよいだけだ。


    あと、2−6−2の法則??
    どちらかをなんチャラすれば、反対側に影響を及ぼす。という学説は聞いたことないし、信憑性も怪しいな。絵的には、足を引っ張れば頭が伸びるということで良いのか?
    具体的には、クラスや学校単位で足の遅いグループを人為的に(不健康なほど運動不足に筋力を低下させたりして)遅くさせると、足が速いグループは自然と早くなるでOK??

    データを取れば配分がそのようになっていて、強制的に配分をいじったとしても、時系列的に元の配分に戻るは、蟻や蜂で実証されているけど、この話ではないんだよね?

    その他、諸々、ダイジェスト的に書いておくね。

    >誰もがキクロンを平均点50点で採点したら

    平均点を50点として採点??はぁ??採点する前に平均が出とるとですか?おったまげたですぅ。

    >「−50点」とか「−100点」とかと採点するだろうな
     そうすればキクロンの偏差値があっさり0を下回れるだろう・・・・

    正負青天井の採点で配点等の説明もなく、この状況説明だけでキクロンの偏差値をあっさりと推定できるとでも?
    こぉの、たわけがぁ!

    >偏差値100を超えることよりも話題性があるだろうよ

    学力偏差値において、100以上を示すこととゼロ以下を示すことは数理上ほぼ同義だ。したがって、比較されるべき話題性の優劣判定基準を少なくとも示さないとね。ちなみに、ニュースバリューは妥当性よりも意外性のが有利だ。

    >、それと、−1〜1など0を中心とした平均になれていない未「高等教育」者

    すみませぇぇん。みなさぁぁぁん、−1≦t≦1におけるデータ群の平均に慣れてる方、挙手願いまぁぁす。あっ違った。ゼロを中心とした平均の計算に慣れておられる方、挙手くださぁぁい。
    そんなデータ群、品質管理上の公差評価以外であまり見かけたことないけど。
    ちなみに、その平均の計算に慣れている「ここまで」は、やっぱ二乗平均とかを使うの??

    書くべきことを書いたので、そろそろ仕舞にするとします。

    まず!

    大事なことなので繰り返しておく。

    君がすべきことは、
    君がどのように考えているか?想像したか?類推したか?ではなく、国家レベルの教育機関が「中央を上回るものが1人でも多いほうがよい」としていた明確な何かを明示すればよいだけだ。そのうえで、シベリアンコントロールとして学力偏差値の計算式で「+50」に数学者及び教育機関統率者が設定したという明確な何かを明示する。

    たった二つのことだ。簡単だろ??


    でも、けど、君には無理だ。君が明示できないことを知っている。

    でも、でも、こちらは、限界にきてしまったみたいだ。

    いいかげん、君との会話は、うざいし面白くない、そして、うるさい。また、得るところが少なくマイナス要素のほうが多い。
    だから、これから先、君の今までのような糞コメントは見たくない。ご飯炊か騎士の思いと同じだ。

    もう、うざいだけだから、この度の会話を終わりにさせたい。


    したがって、明解な反論をここに記載する。

    <<「+50」に設定された経緯として、「国家レベルの学力機関が「中央を上回るものが一人でも多いほうがよい」>>は間違いだという理由は以下の通りだ。

    学力偏差値の計算式は50年以上前に桑田先生が独自に開発し広め、その後、様々なところで利用されたものだ。当時、桑田先生は数学者ではなく、中学校の理科の教師だった。

    とあるインタビューで彼は以下のように語っている。

     「私が偏差値的理論を世に出して5 0年。平成3年に文部省の方針で偏差値が公立学校から追放されて2 0年近く経ちますが、現在もほぼそのまま大学入試の指標として使われています。それは、便利で間違いが少ない道具からだと思います。私は、「日本の教育評価を云々」というような大仰な考えで偏差値を編み出したわけではなく、入試で子どもたちの明暗を決める、学力テストの『1点の差』が持つ意味や価値を解明しただけです。
    (中略)
     公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした。いや、お役に立てなかったどころか、詰込教育・拝点主義思想を助長した元凶とし
    て、文部省(現文部科学省)から指弾される結果になってしまいました

    >>「ここまで」へ

    このことに関しての明解なる反論があるならば、うるさい、うざいと読者すべてに感じさせないように配慮しつつ言葉と態度を選んで書くように。
    期待されていない面白さは気にしなくてよい。


     

  • ここまで読んだよ 2014-01-18 (土) 23:17:57
    >>キクロン
    >「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
    いんぽいんとカートの
    >偏差値の+50ってなんなんだよ
    を受けての話だから、×10について言及する必要は無い
    →(それについて議論してしまうことは)(議論テク)大衆論法:論点ずらし
    0〜100に収めるにあたって×10がどのような数字がよいかを議論しているわけではない

    >平均点を50点として採点??はぁ??採点する前に平均が出とるとですか?おったまげたですぅ。
    お前以外の無数が先に採点を済まされていれば問題ない
    50点でなくてもいいが、わかりやすいように50点と仮定しただけのこと
    んで、お前一人後で−100点を取ったとしても、平均が設定の50から大きく下回ることが無いという前提であることに気づけないほどの馬鹿w
    この程度のことは暗喩にもならないが、ちょっと物事を隠すとまるきり見えないのがこの手の連中のおもしろいところ

    >そんなデータ群、品質管理上の公差評価以外であまり見かけたことないけど
    当然だろ
    下駄が+50あることが何を意味してるかってことなんだからな

    >桑田先生
    数学者だと断言したように見えた部分は撤回する、すまんな
    その上で再反論しよう

    その指標が世の中で便利であることは桑田自身が決めたことではない
    これはダイナマイト発明が後に戦争で使われる結果になったことに似る
    ダイナマイトを戦争で使おうと考えた科学者はノーベルか?
    これと同じ構図が、+50の下駄をかませた現在の偏差値システムを開発してしまった桑田に言えることだ

    >公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした
    >詰込教育・拝点主義思想を助長した元凶として、文部省(現文部科学省)から指弾される
    桑田が文科省等にどのようにいわれてどのように受け取ったかは知らんよ
    そして、指弾を受けたのが平成3年だったとして、それ以前は文科省が便利だと思わなかったということになるのか?と切り返せばいい
    「+50の下駄を履かせたのは平成3年以降か?桑田の提唱当時か?」
    こう切り返せば、またもやキクロンの大衆性が問える結果になる
    (議論テク)大衆論法:論点ずらし
     

  • キクロン 2014-01-23 (木) 12:42:12
    ※読者の皆様へ:間違いや故意の誤読の無いように配慮することを前提としているので長くなります。予め御了承くださいませ。


    >>ここまで読んだよ

    「このコメントだけを最後まで読めば」いいように、懇切丁寧に書いてあげるねっ!!

    順番で行きます。最初はこの話題から。

    >>「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
    いんぽいんとカートの
    >偏差値の+50ってなんなんだよ
     を受けての話だから、×10について言及する必要は無い
    →(それについて議論してしまうことは)(議論テク)大衆論法:論点ずらし
    0〜100に収めるにあたって×10がどのような数字がよいかを議論しているわけではない 


    えっと、相変わらず読んでないのですか??
    自分自身が書いたこと読んでますか?覚えてますか?詐欺ですか?
    君が1月18日に書いた5行目のコメントに対しての議論になっているんだよ?

    書き間違えたなら書き間違えたと素直に言うべきだ。
    んなこったから、いつも、とつげき東北の許可発言を提示する必要が出てくるんだ。気をつけなさい。


    君が恥ずべきことだから、経緯がわかるように、丁寧に貼り付けておいてあげるよ。優しいだろ?

    「ここまで読んだよ」が 2014−01−16 (木) 23:53:02にコメントしました

    >「なぜ+50か?」
     >「中央を上回るものを一人でも多く」する方法論について書くのなら、上記の君の意見「なぜ+50か?」の記述と合理していることをきちんと確認しておくんだよ。 

    「0〜100というイメージ」の中に収めやすいから&「0」がすでに劣等の意を表しやすいから
    (上記2つを合わせて、底辺を「0」とした加点採点方式になれたものへのなじみやすさがあるから)
    この程度のことは大衆でも容易に想像できることだが、まさかキクロンは思いつかなかったのか?

    以上


    そして キクロンが 2014−01−18 (土) 00:05:35にコメントしました。

    >> ここまで 
    相変わらずの「ここまで読んだよ詐欺」っぷりだな。

    > 「0〜100というイメージ」の中に収めやすいから&「0」がすでに劣等の意を表しやすいから

    収めやすい??「+50」だけの話だよね?
     「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
     算数苦手なの??
     例えば「×25」にした場合、4.6%程度はみ出してしまいますよ。そうすると、ゼロ以下は2.3%程度発生してしまいますがな。えらいこっちゃ。オッチャンが一緒に考えなアカンゆぉーとっやろに。
    収めやすい??「+50」だけの話だよね?

    以上

    に対する君の今回のコメントがこれだ。

    ここまで読んだよが2014−01−18 (土) 23:17:57にコメントしました。

    >>キクロン
    >「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
    いんぽいんとカートの
    >偏差値の+50ってなんなんだよ
     を受けての話だから、×10について言及する必要は無い
    →(それについて議論してしまうことは)(議論テク)大衆論法:論点ずらし
    0〜100に収めるにあたって×10がどのような数字がよいかを議論しているわけではない 

    以上

    読んでないのか?都合の悪いことに関しては、除いてしまうのか?
    キクロンが「ここまで」に問いかけた「収めやすい??」は故意に読み落としているのかい?
    それとも、「収めやすい??」は自分が書いたコメントの抜粋だと気が付かなかったのかい?
    きちんと読みなさい。「収めやすい」と書いたのは君だ!!

    「収めやすい」かどうかは「+50」がどうかだけではなく、同時に「x10」を考慮すべきと言っているんだよ。わかるかい?


    この話は、この一連のコメント群の当初にも表れている。

    いんぽいんとカートのコメントは以下だ。

    >偏差値の+50ってなんなんだよ
    真ん中を50にするから0〜100しかないみたいなイメージができちゃうんだよ

    それに対するキクロンのコメントはこれだ
    2014−01−16 (木) 00:57:38
    >>いんぽいんとカート

    +50だけではなくてx10についても考察すべきだと思うよ
    「x10」を考慮しないのは勿体ない。ちなみにDIQにおいては15だったり16だったりする


    これは「+50」によって「0〜100」しかないみたいなイメージができちゃうんだよ」という「いんぽいんとカート」のコメントに対して、偏差値が0〜100の範囲となる確率が「x10」を変更させるだけで大きく変わるのことを示唆しているんだよ。だから、キクロンは、偏差値を求める式で、なぜ「x10」なのか?ということも一緒に考えたほうが面白いと言っているんだ。

    わかってた??

    もし「論点が!」(議論が)というなら「いんぽいんとカート」と「キクロン」の論点だ。そこに、君が自分の意志で首を突っ込んできているんだよ。
    だから、この場で「論点ずらし」をしているのは明らかに君だね?

    次ぃっ!


     

  • キクロン 2014-01-23 (木) 12:42:57

>>平均点を50点として採点??はぁ??採点する前に平均が出とるとですか?おったまげたですぅ。

>お前以外の無数が先に採点を済まされていれば問題ない
50点でなくてもいいが、わかりやすいように50点と仮定しただけのこと
 んで、お前一人後で−100点を取ったとしても、平均が設定の50から大きく下回ることが無いという前提であることに気づけないほどの馬鹿w
この程度のことは暗喩にもならないが、ちょっと物事を隠すとまるきり見えないのがこの手の連中のおもしろいところ

君は2014−01−18 (土) 00:04:34に書いている。「平均点を50点で」と。

そして、この度、恥の上塗りをしている。

「無数が先に採点を済ませていれば問題ない(1)」と言いつつ、その後に「50点でなくてもいい(2)」とか「50点と仮定しただけ(3)」「平均が設定の50点(4)」とか。。。

結局、どれが正解ですか?
その時の君の暗喩は(1)から(4)のうち、どの意見に限定されるのですか?限定できないから(限定すると謝らないといけないから)「つたない僕を君の知の範疇で理解してよ」という非知的な「甘え」や「お願い」を、ここでも暗喩しているですか?

書き間違えたなら素直に謝罪し修正するべきだとキクロンは思うよ。
都合が悪くなった時に、後出しの説明を加え、安易に「暗喩」という便利な言葉に逃げるのは駄目なことだよ。

次ぃぃっ!!

>>そんなデータ群、品質管理上の公差評価以外であまり見かけたことないけど

に対して「ここまで」のコメント

>当然だろ
>下駄が+50あることが何を意味してるかってことなんだからな


について、、、
違うだろ、ちゃんと読んでますか??経緯を掴んでますか??

「そんなデータ群」は「+50」にかかっているのではなくて、「そんなデータ群」=(君が記述した)「0を中心とした平均」に掛かっているだろ?
間違えにくいように、あるいは故意に誤読しないように、先回りして、「−1≦t≦1におけるデータ群の平均に慣れてる方」と書いてあげただろ??


さて、検証しよう!!

「ここまで」が2014−01−16 (木) 23:53:02に書いた、

「ちなみに、このイメージ( ※ キクロン注:「このイメージ」はどれを限定的にさすのかは「ここまで」のみぞ知る)を描くのはこのサイトで言うところの大衆、それと、−1〜1など0を中心とした平均になれていない未「高等教育」者向けな(ここでいう高等教育は高校程度という意味ではない)


に対して、


キクロンが 2014−01−18 (土) 00:05:35にこのようにコメントしました。

>、それと、−1〜1など0を中心とした平均になれていない未「高等教育」者

すみませぇぇん。みなさぁぁぁん、−1≦t≦1におけるデータ群の平均に慣れてる方、挙手願いまぁぁす。あっ違った。ゼロを中心とした平均の計算に慣れておられる方、挙手くださぁぁい。
そんなデータ群、品質管理上の公差評価以外であまり見かけたことないけど。
ちなみに、その平均の計算に慣れている「ここまで」は、やっぱ二乗平均とかを使うの??


この会話の経緯で、「ここまで」の反論的コメントがっ!!

「当然だろ 下駄が+50あることが何を意味してるかってことなんだからな」って、

えっとぉぉ???キクロンは「0を中心とした平均に慣れていない未「高等教育」者」という陳腐で知的程度の低い例えを揶揄(ヤユと読むよぉ)しているんだけど??
君が言った「0を中心とした平均に慣れ」ている者なんてどこに沢山いるんだよっ!?という質問だからねっ!わかる??読み取れてる??

あっ、読み取れているからこそ、故意に引用を省いたり、見当違いのところを引用しているのか。

で、その平均に慣れておられるであろう、且つ、高等教育者(ここでいう高等教育は高校程度という意味ではない)である「ここまで」さんは、二乗平均を使うの?に対してのコメントは??


さて、メインディッシュに近づいてきましたねっ!

次ぃぃぃっ!!!




 

  • キクロン 2014-01-23 (木) 12:43:58
    >桑田先生
     数学者だと断言したように見えた部分は撤回する、すまんな
     その上で再反論しよう

    情けないよぉぉ、情けなさすぎるよぉぉぉ
    間違いを間違いと言えないなんてっっっ!!!

    「数学者と断定したように「見えた部分」」っっつ!!

    恥ずかしっ、情けなっ!!
    「見えた部分」ってなにっ????
    見えた部分??「数学者」って書いてますよねっ??これって、断定以外の何物でもないよね??

    引用しておきます。

    「ここまで読んだよ」が 2014−01−16 (木) 23:53:02にコメントしました。

    上記を大げさに言えば、数学者と教育機関統率者によるによるシビリアンコントロールだ

    以上

    ねぇねぇ読者の皆さん、キクロン、間違ってないよねっ!?
    これも、「ここまで」の「暗喩」であって、キクロンを含めた読者全員が「書いてある」ではなく「見えた」と解釈すべきこと??


    この度、何度も書いているけど、間違っていたことについては素直に謝ろうよ。
    だから、「とつげき東北許可証」の提示を求められ、提示が必要になるんだよ。このっ、みそっかすガッ!!


    次ぃぃぃぃっ!!!!

    >その指標が世の中で便利であることは桑田自身が決めたことではない
     これはダイナマイト発明が後に戦争で使われる結果になったことに似る
     ダイナマイトを戦争で使おうと考えた科学者はノーベルか?
    これと同じ構図が、+50の下駄をかませた現在の偏差値システムを開発してしまった桑田に言えることだ


    「その指標が世の中で便利であることは桑田自身が決めたことではない」
    もちろん(世間の)評価に関しては、桑田先生の与り知る所ではないだろう。
    (何度かコメントにキクロンは「「ここまで」の「キクロン」への評価」に対して同様のことを書いてないか?)

     只々、生徒の学力評価に関して便利な道具開発を目指していた桑田先生は「この指標」あるいは「式」(彼は、時々この「式」を「公式」と言っていたりする)が「便利であること」を確信していたことは間違いないよ。だからこそ、彼は、ほかの中学の進路指導の教師に対して、「都立高校受験生の普段のデータを下さい」というために、様々な資料とともに、この公式を提示し利便性を訴えたんだろ??
    だ・か・ら!!
    桑田先生は、「偏差値を求める公式や理論、そのためにまとめた資料・データ群」に対しては、誰が使っても「利便性が高いこと」に関して自信と自負を持っていた。
    と言えるよ。

    「世の中で便利であることを決めて」はいないが、そうなるものだと先生は確信していた。それ意外に桑田先生に何が必要だ??
    君は何が言いたいのだ?

    さぁ、次ぃぃぃぃぃっ!!!!!

    >公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした
    >詰込教育・拝点主義思想を助長した元凶として、文部省(現文部科学省)から指弾される
    桑田が文科省等にどのようにいわれてどのように受け取ったかは知らんよ
     そして、指弾を受けたのが平成3年だったとして、それ以前は文科省が便利だと思わなかったということになるのか?と切り返せばいい
    「+50の下駄を履かせたのは平成3年以降か?桑田の提唱当時か?」
    こう切り返せば、またもやキクロンの大衆性が問える結果になる
    (議論テク)大衆論法:論点ずらし


    ここでも、間違いのないように引用を貼っておこう!

    「ここまでは 」2014−01−13 (月) 09:32:54に「いんぽいんとカート」に対して言いました

    >個人を評価するレベルでは偏差値中央を下回るものがどうなろうと構わないだろうが、教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる
     だから、全体ががんばるという機運を構築するために、+50の下駄は大いに役立っている

    のコメントに対して、「機運を構築する」とか君の”あと出し説明”の「右側の2が下振れの方向性を持つほど、のこりの2−6、つまり8は上振れの方向性を持つ。つまり、右側の2を切り捨てれば全体的には向上するんだよ」という「無理無駄妄想理論」も含め、偏差値計算式上の「+50」のみにおける被教育者の知的向上論に対して、

    「キクロン」がっ!

    桑田先生は「 公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした。いや、お役に立てなかったどころか、詰込教育・拝点主義思想を助長した元凶とし
     て、文部省(現文部科学省)から指弾される結果になってしまいました」

    と書いているということだ。
    大事なことは「公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした」という桑田先生の感想だよ。

    まぁ、読解力のない、被害妄想の強い、謝ることが嫌いな、「後出し暗喩殺法」使いの「ここまで」に対して、「いや、お役に立てなかったどころか、詰込教育・拝点主義思想を助長した元凶として、文部省(現文部科学省)から指弾される結果になってしまいました」を引用したキクロンの優しさの無さが悪かったね。この部分に関して、君の読解力がないことを斟酌(しんしゃく)できなかった我が能力の足りなさを詫びておく。

    「すみませんでした。まさか暗喩が得意な「ここまで」様が、不要な引用に対して、読み飛ばす事も無く(都合が悪いことは読み飛ばす癖にっ!!)誤って解してしまう可能性の配慮(能力の低さの判定)が出来なかったことを反省いたします。申し訳ございませんでしたっっ」


    でだっ!!

    なんだこれはっ???
    もう一度引用しよう

    >桑田が文科省等にどのようにいわれてどのように受け取ったかは知らんよ
     そして、指弾を受けたのが平成3年だったとして、それ以前は文科省が便利だと思わなかったということになるのか?と切り返せばいい
    「+50の下駄を履かせたのは平成3年以降か?桑田の提唱当時か?」
    こう切り返せば、またもやキクロンの大衆性が問える結果になる


    「切り返せばいい」だぁ?
    「こう切り返せば」だぁぁ???


    キクロン が2014−01−18 (土) 00:05:35のコメントで書きました。

    「今、ここに必要なのは、国家レベルの教育機関が「中央を上回るものが1人でも多いほうがよい」としていた明確な何かを明示すればよいだけだ。そのうえで、シベリアンコントロールとして学力偏差値の計算式で「+50」に数学者及び教育機関統率者が設定したという明確な何かを明示する。」

    たった二つのことだ。


    と書いたよね??

    明示すべきは「明確な何か」だ

    その言葉から逃げ回り、その挙句「切り返せばよいとか」知的に低すぎる。

    その「議論をする上での誠実さの無さ」が許可証の明示の必要性につながっている事に気が付けよ!!
    そして「許可証」を与えてしまった「とつげき東北」の「残念さ」につながっている事、「その責任が君のみにあること」を充分に理解しろっ!!自覚しろっ!!

    君が書いた通り

    「+50の下駄を履かせたのは平成3年以降か?桑田の提唱当時か?」

    概ね、その通りだ。けど、でも「提唱した」は誤解を生むねっ!

    改めて、「何度も似たようなことを」と思うかもしれないけれど、読み飛ばし癖のある君のためにさらに分かり易く書くね。

    君が明示すべきは、[ 半世紀以上前に、桑田先生が「発明した」「考案した」「開発した」、「偏差値を求める数式」における「+50」に「国家的な教育機関」( ※ 「数学者と教育機関統率者」に後出しで言い換えられ、さらに「イチ中学校の物理の教諭と教育機関統率者」と後出しで言い換えられた) が関与している事実 ]の有無とそう言えるだけの根拠だ!

    「「国家レベル」(笑)とか、お前が言っている事は妄想だろ」というキクロンが「用いた暗喩」に対するカウンターを早く効果的に繰り出せ!

    あらかじめ、先回りして書いておくけれど、「ここまで」が今ここで議論しているのは、

    「+50」となった理由であり、「いんぽいんとカート」やその他大勢が、「偏差値を求める(公)式」を知ることになった、その経緯とかではないからね。
    「国家レベルの教育機関」が世に広めたから、「君が疑問に感じることが初めて可能になった」とかに逃げ込むなよ。それはあまりにも知的に情けないから。




    さて、2−6−2の法則だけど・・・?

    まぁ、いっか!!
    どうせ、国家レベルで妄想できる君のことだから。。。
    うそと妄想のオンパレードだろ??
    だが、もし事実なら、おおいに参考になる事柄なので、文献や学術的な論文等があるのなら後学のために貼り付けておいてくれるとありがたい。
    本当にその通りなら、知的好奇心として知りたい。


    最後にもう一度、書いておくね。

    何か意見や反論があるのなら(みそっかすレベルの君は)うるさい、うざいと読者すべてに感じさせないように(特に直接の対話者に対して)配慮しつつ言葉と態度を選んで書くように。
     期待されていない面白さは気にしなくてよい。


    ちなみに「いんぽいんとカート」から、なぜ「x10]になったのか?という質問があれば、その疑問に関しても明らかにできるよ。ただ、その疑問に関しても「+50」を含めての説明となるけれど・・・必要ならいつでもどうぞ。
    (希望者として「ここまで」は除く。)


    では!!


     

  • ここまで読んだよ 2014-01-23 (木) 23:10:47
    >>キクロン
    論点ずらしのオンパレードだな

    >平均点を50点で
    読んで字のとおり
    何なら今から平均点を90と設定しなおしてもいい
    てか、そんな些細なことはどうでもいいのだがw

    >君が1月18日に書いた5行目のコメントに対しての議論になっているんだよ?
    >一緒に考えたほうが面白いと言っているんだ。
    上段については、その議論に×10は必要ないと切り捨てたまで
    俺の論点は(×10が)0〜100に収めるのに都合のよい数字かどうかではなく、下駄+50が何を意味したかってことだけだ
    それ以外は要らん
    それと、下段は、お前が俺に面白くないというのとほぼ同様の理由で、ツマラン
    俺は+50が「0〜100に収める」ということには主眼を置いていないからな
    当初から俺は主眼は「+50は0未満という劣等感の払拭」だからな
    +50が前提にあるから×10が決まる、それだけのことに何を熱くなってんだ?
    てか、俺の論にお前の10倍の大きさの糞をつけんなよw

    >だから、この場で「論点ずらし」をしているのは明らかに君だね?
    「それ(×10の考察)は無意味だよ」と諭すことが論点ずらしか?
    ふ〜んw議論テクだったのかww
    このスレでの話題本体は「偏差値が100を超える者がいるかどうか」というものが含まれる
    したがって、×10議論にこのスレでの価値は無い
    邪魔されたと憤るならわからなくは無いが、論点ずらしねぇ

    >君が言った「0を中心とした平均に慣れ」ている者なんてどこに沢山いるんだよっ!?
    そんなのがいないから、+50という下駄で馴染みやすくしちゃったんだろうよ

    で、おまえさ、議論テクちゃんと見てきたら?w
    ・・・・あぁ、2−6−2すら調べられない理解力じゃ無理かw
    (己にとって不利になりかねない未知の論は調べずに放置するのが大衆論法の常套ではあるがなwわかるよ、凡人君)
    結局、キクロンは俺の直前の記述しか見ていないということのようだしな
    それと、「沢山」がキクロンの妄想
    こういう妄想を織り込むと話が優位に進むと勘違いする、大衆を垣間見る一文だな

    >ちなみに「いんぽいんとカート」から、なぜ「x10]になったのか?という質問があれば、その疑問に関しても明らかにできるよ。
    その技術がキクロンに存在するかどうかは不問にして(俺はその知識自体はキクロンにあると見ているので)、俺が「×10の議論は不要」と断じたので己の優位性を保つための逃げに走ったなw
    一般人には、「処々の理由で×10が妥当だったのだろう」程度の説明で十分なので、特筆すべき内容ではない
    そして、さらに深く知りたいと思う人はこのサイトでは聞かずに自分で標準偏差等を勉強するだろうよ
    何かひとつ薀蓄を入れて「ハイ俺様のほうがより知ってます」的な印象を植えたかったんだろうね
    いいよいいよ、がんばれw

    キクロンは仰々しく書いた割には内容が皆無だから笑ってるんだがなw(悪趣味的には無価値だが)
    「こっちに書いてあるだろ」的なものを見落として意気揚々と攻勢に出てくる様が痛々しい限りだな(また、そうなるように論を分散させて記述しているがな)
     

  • ここまで読んだよ 2014-01-24 (金) 23:09:14
    まずは戯言から
    (偏差値50を超える人が一人多くなるというのは、全体が右へ倣えで均一である国民という不可思議な仮定なら、「全員上がったら50の人はあがっても50だろ」と言い切れるだろう)

    で、
    ひとつキクロンの大きな勘違いを正しておこうか

    平成3年までは、国家機関を含めた教育機関は偏差値を使っていた
    その便利なツールが国家によっても有効利用され長い間淘汰されなかったことは認めるところだろう
    (それすらも認めないというなら、平成3年になってようやく重い腰を上げたというその遅延の理由をキクロンは十分に示さなければならない)
    で、桑田は確かにそう発言したのだろうが、それは平成3年以降になってはじめて出てきたことであって、それ以前に桑田がそう思っていたかどうかまでは確認できないだろう
    つまり、桑田が平成3年以降にどう回顧しようが、「平成3年に至る前は国家も含めて偏差値というものに依存し、当該数字の50未満が50を超える(転じて、学力を向上する:こんなことは誰でも安易に想像できることで、出来なかったのは弱い暗喩にもめっぽう弱いキクロンだけ)ことを目標とさせることが国家の教育戦略の根幹にあった」ということを、桑田が平成3年以降に指弾されたという点だけで否定することは不可能なんだな
    裏返せば「一人に対し「ある数字」を超えることを要求し、それを成就する方向に国民が倣ったら、国家として学力向上の目的は成就する」ということになる
    偏差値という桑田提唱の便利なシステム、さらに+50という下駄がこれに利用されていたのはいうまでも無い
    しかも、あらゆる学者が平成3年付近までこれに異を唱えず、国家も異を感じない程度に、である
    キクロンは開発者桑田と利用者国を分離して考えたのだろうが、おれは偏差値というシステムについて桑田と国を分離していない(「+50を改変しなかったこと」は国側の能動行動だから:キクロンの言うように桑田と国を分離する思考は、国が何の考慮も無いまま桑田の偏差値システムを利用したという意味になる)

    改めてキクロンに訊こうか
    >「今、ここに必要なのは、国家レベルの教育機関が「中央を上回るものが1人でも多いほうがよい」としていた明確な何かを明示すればよいだけだ。そのうえで、シベリアンコントロールとして学力偏差値の計算式で「+50」に数学者及び教育機関統率者が設定したという明確な何かを明示する。」
    について
    平成3年の前・・・・いや、その付近はあいまいになりそうだから、仮に10年以上前で偏差値が多用されていたと思われる昭和55年としようか
    ・S55において、桑田は偏差値の無価値性に気づいていたか、そしてその言及があったか
    ・同じくS55において、国家(都道府県区市町村を含む)の教育機関および国家教育行政において、偏差値システムが有効ではないとする運営・施政行動があったか
    ・同じくS55において、国家教育行政において進学(≒学力向上の意思を持つ)する国民が、偏差値システムに依存しない状況にあったか、そして、学力向上において偏差値が役立たない事例が数多く存在したか
    (進学を希望しない者については、+50だろうが+0だえろうが進学しないと思われるので考慮から除外・進学を学力事情のみについて+50の下駄を以ってしてもあきらめた者は、2−6−2の法則の右側の2に含まれる)
    上記をくまなく反論すれば、俺を打ち砕ける
    国家が+50という数字に有用性を考えて、ツールを再利用したと見れば何の違和感も無いんだよ(再利用にあたって+50を変更無く再設定したとみなせるんだよ)

    ・・・・まさか、国という団体が無学だと切り抜ける気ではないだろうから、国家は学者じゃねぇとか言うあほな反論は寒いだけだからやめてくれよw国に「職」で所属するこのサイトでとても有名なとある御仁は大学で教鞭を振るうほどの学力保持者だぜw
     

  • ここまで読んだよ 2014-01-24 (金) 23:28:32
    もうひとつ、キクロンの惨めな部分を晒そうか

    >数学者
    俺の記述が開発者桑田のことに目が行ったように読み取れたのは事実であり、その点では「数学者」は不適切だろう
    そして、非常に浅薄とはいえ、キクロンの考えるように「数学者」がどっかの教授なりの肩書き持ちでなければならないという概念が一般的に働きやすかったのも事実だ
    だから、一応の謝罪はした

    上記のとおり、引用されたくだりの「数学者」は、桑田ではない
    理由は、
    ・一つ前の俺のレスの
    >国家が+50という数字に有用性を考えて、ツールを再利用したと見れば何の違和感も無いんだよ(再利用にあたって+50を変更無く再設定したとみなせるんだよ)
    と、
    ・「数学者」がドクターを持たなければ成らないというキクロンの浅薄からくる間違い
    と指摘しておこうかw
    「数学者」は、仮に「国家公務員の何某」で十分
    理由が吐露されても違和感があるだろうから、修文自体は応じるところだが・・・・
    >間違いを間違いと言えないなんてっっっ!!!
    は、キクロン自身が根本で間違えているので、俺もそういわれてただ冷笑するしかないだろうね

    以下は余談にしてこのスレの内容とは無関係だが
    >>凸
    これの記述時点ではやっぱり直ってないようだね
     

  • キクロン 2014-02-05 (水) 00:43:26
    >> ここまで

    情けないよ。

    間違いの無いように引用しておきます。

    >>ここまで読んだよ 2014−01−24 (金) 23:09:14

    >改めてキクロンに訊こうか
    >「今、ここに必要なのは、国家レベルの教育機関が「中央を上回るものが1人でも多いほうがよい」としていた明確な何かを明示すればよいだけだ。そのうえで、シベリアンコントロールとして学力偏差値の計算式で「+50」に数学者及び教育機関統率者が設定したという明確な何かを明示する。」
    について
    平成3年の前・・・・いや、その付近はあいまいになりそうだから、仮に10年以上前で偏差値が多用されていたと思われる昭和55年としようか
     ・S55において、桑田は偏差値の無価値性に気づいていたか、そしてその言及があったか
     ・同じくS55において、国家(都道府県区市町村を含む)の教育機関および国家教育行政において、偏差値システムが有効ではないとする運営・施政行動があったか
     ・同じくS55において、国家教育行政において進学(≒学力向上の意思を持つ)する国民が、偏差値システムに依存しない状況にあったか、そして、学力向上において偏差値が役立たない事例が数多く存在したか
    (進学を希望しない者については、+50だろうが+0だえろうが進学しないと思われるので考慮から除外・進学を学力事情のみについて+50の下駄を以ってしてもあきらめた者は、2−6−2の法則の右側の2に含まれる)
    上記をくまなく反論すれば、俺を打ち砕ける
    国家が+50という数字に有用性を考えて、ツールを再利用したと見れば何の違和感も無いんだよ(再利用にあたって+50を変更無く再設定したとみなせるんだよ)

    <<引用おわり

    なるほど、
    君の根拠の明示は「時系列の範囲」を決めたり、仮の時代設定上での能書きであったり、「誰か?」という解釈を変更し続けることだね。その上で「(ほにゃらら)したと見る」や「違和感の有無」や「みなせる」かどうかが重要ということだね。

    「ここまでが妄想を書いている」ということに対する、事実に基づく反駁でなくてよいということだ。

    だとすれば、「ここまで読んだよ」は「いんぽいんとカート」に事実に基づかない想像の話をしてあげたということで終了ですね。お疲れ様でした。
     


    さてと、あとは、君の様々な面白かったところを書くことにしようと思うけど。
    本題についての結論が終わってからのお楽しみにします。

    と思ったけど、それではさみしいので、一つだけ

    >・・・・まさか、国という団体が無学だと切り抜ける気ではないだろうから、国家は学者じゃねぇとか言うあほな反論は寒いだけだからやめてくれよw国に「職」で所属するこのサイトでとても有名なとある御仁は大学で教鞭を振るうほどの学力保持者だぜw

    キクロンは「国家は学者」だとは思いません。
    でも、「国に職で所属するこのサイトでとても有名な大学で教鞭を振るうほどの」凸が奨励し且つ認めている人物が「国家は学者」だと思っているという事実を認識しました。

    これもまた、ものすごく恥ずかしいことだよ
     

  • ごはん炊か騎士 2014-02-05 (水) 22:39:48
     この議論に少し口を挟ませていただこうと思います。
     ちなみにこの議論を見られる方に、このキクロンさんとここまで読んだよさんの議論は、「(批判・反論・中傷用)」の記事でのお二人の議論と混ざり合って進行していることを注釈しておきます。


    >>いんぽいんとカートさん (2014−01−12 (日) 19:52:24)
    >偏差値の+50ってなんなんだよ
    >真ん中を50にするから0〜100しかないみたいなイメージができちゃうんだよ
     +50の意味・必要性については、私が何となく考えるところでは、ここまで読んだよさんの見解とほとんど同じです。
     +50をせず、平均の位置を0とした場合だと、平均を下回るものが印象の良くない負の値で示されてしまうことと、この「評価」がどれくらいの数値の範囲においてのものなのか全く感じられないことが、嫌がられるのだと思います。「平均以下は平均以上とは違う『負』だ」となってしまうことや、そもそも人の評価に「負」を付けてしまうことは、印象としてよろしいことではないでしょう。
     +50をして、平均の位置を50とした場合だと、平均より上か下かで「正・負」ほどのレッテル差はなくなりますし、また(少なくとも)およそ0〜100の範囲でこの「評価」は付けられているのだろうという「数値の感覚」が湧きます。

     「真ん中を50にする」と、0〜100のイメージが湧くというのは自然だと思います。私たちの数のイメージでは、基本的に「全くない」「無得点」が0であることが多いので、下限は0と感じられます。下限が0で真ん中が50とすれば、上限は100と感じられ、これもまた「100点満点」や「100%」のイメージと合致します。私たちが普通に生活を送ってくれば、「真ん中が50」とされれば、「下限は0で上限は100なんだ」と感じるのはある程度自然なはずです。
     逆に、このような0と100の感覚があるために、偏差値は50を真ん中にするよう発想されたのだと思います。
     「+50」の意味・必要性はこのようであり、それによって0〜100のイメージができるのはまさしくそう意図されているのだと思います。

     ただし、それは「印象」の上での話であって、0以下や100以上が出ることは偏差値の算出の「仕組みとして」はおかしいことでは全くありません。偏差値の算出の仕組みを知らないとしても、ある程度の知的感覚を持つ人にとっては、偏差値というものはきっと機械的変換によって評価対象の位置をそのまま反映させているに違いなく、下限や上限を設けてそれ以下やそれ以上を「同じ点数」にするようなことはないだろうということは「当たり前」でありうります。したがって、たとえ「誰々さんは偏差値100超えなんだ!」ということには驚いたとしても、「偏差値で100超えって有り得るんだ!」ということに驚くのは「知的でない」と言えるのです。これがこの記事の指摘です。




    >>キクロンさん
     キクロンさんとここまで読んだよさんのやり取りについては、ここまで読んだよさんにはレスをせず、キクロンさんと話をしたいと思います。でなければまた「とっ散らかって」しまうでしょう。

     (批判・反論・中傷用)の記事では、私の支持を表明していただいて、個人的にはとても嬉しかったです。ただし、それとこれとは別ということで、キクロンさんにも指摘をしてしまいますが、許してください。


    >教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる
     というここまで読んだよさんの記述について、キクロンさんの指摘は
    「偏差値が50であるとは平均の値が50であることとは別であり、偏差値は必ずそのときの平均の値を『偏差値的位置として50』と定めるのだから、全員が優秀な値を取ったとしてもそれと中央(偏差値50)を上回る人数が多くなることとは関係がない」
     ということで合っているでしょうか。
     この指摘は全くその通りであり、ここまで読んだよさんは「偏差値が50」と「平均の値が50」を混同しています。そしてこの「偏差値が実際の点数の『数字』とは無関係である」というのは、偏差値について最初に押さえるべきことの一つと言えると思うので、彼のこの誤謬は情けなく、彼の以降の偏差値の議論も同様に信頼できないというような辺りまで、同意します。
     ただし、いくつかキクロンさんに同意できないところもあります。


     キクロンさんは2014−01−18 (土) 00:05:35のレスで
    >>「0〜100というイメージ」の中に収めやすいから&「0」がすでに劣等の意を表しやすいから
    >収めやすい??「+50」だけの話だよね?
    >「x10」の数値設定に思いっきり依存するんですが・・・。
     と言っています。ここについては、次のここまで読んだよさんの返答通り、「*10」はそのままとして、「+50」だけを考えればいいところであると思います。
     「*10」は「偏差値の広がり率」、「+50」は「偏差値の中央」であって、別々の事象を司っています。いんぽいんとカートさんは「(偏差値の広がり率は別にいいけど)なんで偏差値の中央を+50にしているの?それが0〜100のイメージを作っているんじゃないの?」と言っています。そして実際、「偏差値の中央+50」こそが他でもない「0〜100」という範囲にイメージを決定しています。よって、今は「+50」のみを考えればよいでしょう。
     いんぽいんとカートさんの発言の仕方を受けて、ここまで読んだよさんが「*10」は認めたものとして返答するのは妥当であり、その場合「+50」こそが「0〜100に収めやすい」状況を作り出しています。ここはここまで読んだよさんが間違っているところではありません。


     他の具体的なところに踏み込むのはひとまず、面倒であるし議論を散らかしてしまうと思うのでやめておきます。
     基本的には、やはりここまで読んだよさんが誤謬をまき散らしていますが、キクロンさんも多少の誤謬や下手な記述をしていて、この議論では「周囲皆がキクロンさんの肩を持つ」ふうにはならないと思います。少しキクロンさんもうざくて、この議論はかなり見にくいです。
     非知的な人の一言一句に逐一突っかかるべきではありません。やたらに煽るべきではありません。のぼせるべきではありません。散らからないように、見にくくならないように、間違えないように、うざくならないように、議論を心掛けるべきです。でないと、「知的ぶる」ことは相応しくありません。

     全体として本当にキクロンさんが正しい(「勝っている」)のかどうかも、見にくくて、よく分からないです。
     

  • ここまで読んだよ 2014-02-06 (木) 00:11:40
    >>ごはん炊か騎士
    余計なお世話かも知れんが、ひとつだけ反論訂正しておく

    >ここまで読んだよさんは「偏差値が50」と「平均の値が50」を混同しています。
    (両方のスレを平行して読んだなら)あんたも読みきれていないよ
    俺は2−6−2の法則において下の2を国家が切り捨てることが偏差値自体の向上につながるとしている
    そもそも偏差値という仕組みは、個人が学力把握や他との比較という点だけでなく「学力向上をあきらめさせる」という効果を持っている
    君が俺の記述の一部に賛同したように、0未満ではあきらめさせる効果が甚大になるため、+50の下駄が緩和的に働く(ただし、これを開発当時の某がそう考えたかどうかは別)
    それゆえ、下の2を切り残りの3について向上を図ればよいということになる
    (上位5は何もしなくても向上する)
    したがって、平均50と偏差値50を混同はしていない
    (極端なことをいえば、キクロンを含めた10人全員偏差値50だったものが、後に9人偏差値51・キクロン一人が偏差値40のような状況でよいということである・左記の数字はもちろん適当だが、これで10人中9人は学力が向上したことになる)
    まぁ、ぶっ飛んだ数字を書いたからキクロンが面食らったことは混乱の元だったかもな
    だが、あいつはそれを承知できてるから俺はあいつがどのようにパニックになってもあずかり知らん
    (それは、ちょっと前に食って掛かってきてたお前も同じだが)

    それと、・・・
    国家は国民「全員」の幸せなんて考えていない(国家は国家全体がなるべく幸せになればいいし、そのために一部に不幸を作っても構わないとさえ考えている)
    万人が幸せになることができる政治は存在しない
    そのことに早く気づいてくれ


    >>キクロン
    >キクロンは「国家は学者」だとは思いません。
    知識だけで応用力なしの馬鹿の典型かw
    お前、発想が鈍いな
    国家の頭脳なんてのは、学者の集合体みたいなものだぜ
    国家が学者ではないというのは、まぁ一部の国会議員みたいに前面に出てあほなことをするからそう見えがちだが、「国家公務員の集合体」はほぼ常に「一人の学者」を凌駕する
    そういう発想に立つことはなんら恥ずかしいことではない
    そういう発想できないことのほうが恥ずかしいw

    キクロンにさらにひとつ訊こうか
    キクロンは、偏差値からの脱却に関して文部科学省がどうして(または、どのように)脱却を決めたか理解できるか?
    その答えが出た瞬間に、文科省が学者クラスの頭脳を持っていることがわかるだろうよ
    (ヒント:△)
     

  • キクロン 2014-02-06 (木) 13:05:54
    >> ごはん炊か騎士

    > キクロンさんと話をしたいと思います。でなければまた「とっ散らかって」しまうでしょう。(批判・反論・中傷用)の記事では、私の支持を表明していただいて、個人的にはとても嬉しかったです。ただし、それとこれとは別ということで、キクロンさんにも指摘をしてしまいますが、許してください。

    了解です。

    誤解があるのかないのかわからないので、まずは一言、引用れた部分の記述に関しては、彼が書いた「収めやすさ」(収め「易さ」)つまり、「収まりに対する容易性」という言葉を使用したことに対する指摘です。

    (範囲は無限ですが)「0〜100」というメモリを切ったグラフ用紙に正規分布曲線を描画すること、尺度を考慮して具体的に書くと、A4用紙に等倍の1円玉を描画するときの収まりやすさは?ということです。収まりの容易性を問うならどこに書いてもはみ出ることは無いでしょう。それでも「別々の事象」と言えるでしょうか?
    しかしながら、「x10」と書かず「xn」とすべきでしたね。

    さて、なぜ「+50」となったか?が議論の的で良いでしょうか?
    それとも、「イメージ」論でしょうか?

    そこで、議論を始める前に前提を少し書かせていただきます。
    1)この議論の正解は桑田先生(86歳?)に直接、56年前のことを訊かないと導き出せないということ。(訊けたとしても・・・。)
    2)桑田先生の背景について、偏差値(を求める数式だけでなく、志望校への合格率などの統計法)が開発されたのは1957年秋のことです。終戦は1945年7月ですね。彼が教師になったのは1950年春、研究を始めたのは1952年です。当時の調べるべき文献の有無や、統計に必須の大量の計算手段などを考慮してみてください。また、当時のその他の教師や父兄の学力も考慮すべきかと。
    3)私の書棚には桑田先生著「よみがえれ偏差値(初版本)」があります。(学生の時に家庭教師を引き受けてしまい、彼の書籍のいくつかを古本屋で買った記憶があります。残っているのは上記だけです。)

    >「知的ぶる」ことは相応しくありません

    指摘ありがとう。「知的ぶる」ことに相応しい記述を心がけます。


    >全体として本当にキクロンさんが正しい(「勝っている」)のかどうかも、見にくくて、よく分からないです。

    正しさは常に考慮していますが、勝つことには執着していません。
     

  • キクロン 2014-02-06 (木) 13:10:02
    嗚呼、議論の的が「イメージ」論の場合は、1)から3)の前提は不要ですね。
     
  • ごはん炊か騎士 2014-02-06 (木) 17:54:34
     私の昨日のレスに補足・訂正を入れます。
    >偏差値というものはきっと機械的変換によって評価対象の位置をそのまま反映させているに違いなく、下限や上限を設けてそれ以下やそれ以上を「同じ点数」にするようなことはないだろうということは「当たり前」でありうります。
     そういえばこのような偏差値システムも想定できました。とてもてきとうな言葉を使いますが、例えば偏差値75の人の2倍頭が良い人は偏差値85、その2倍頭が良い人は偏差値90、その2倍頭が良い人は偏差値93、というように、「上限100に収まるように『伸び』が悪くなり、けれどちゃんと順位付けは正当に行われる」ようなシステムです。これは下限や上限を設けているけれど異なる能力の人を「同じ点数」にはしない例になります。
     一応この場合も、偏差値90の2倍が偏差値93というのは評価対象の位置を「そのまま反映」しておらず、「偏差値とは評価対象の位置をそのまま反映させているはずだ」という考えからは外れることになり、棄却することもできます。しかし我々の素朴な「偏差値とは」の感覚から、このような例も有り得ないとするというのは「当たり前」ではないように思えます。
     本当は昨日書いているときも迷っていたのですが、やはりこの記事の批判は、歯切れの良い「一般的な愚かさ」を唱えたものではなくて、「一定の知的層にとってはそのようなこと(偏差値の仕組みや偏差値が100を超えうること)は常識であるから、それをすごいことのように騒いでいる様は我々からしたらダサいよな」という「ただの嘲笑」のように思えます。うーん、そうでないかもしれないけど、どうもそうであるような。だからいんぽいんとカートさんのような「真ん中50だと100超えはないと思うだろ!それに驚いて悪いのか!」という反応は至極当然だと思います。偏差値は100を超えることもあることに驚くことは、何も悪くないですね。


     さらにここも訂正します。
    >「偏差値が50であるとは平均の値が50であることとは別であり、偏差値は必ずそのときの平均の値を『偏差値的位置として50』と定めるのだから、全員が優秀な値を取ったとしてもそれと中央(偏差値50)を上回る人数が多くなることとは関係がない」
    >ここまで読んだよさんは「偏差値が50」と「平均の値が50」を混同しています。
     テストの実際の点数の中央(平均)を使うか、偏差値の中央を使うかというのはどちらでもよかったですね。中央・平均とは、「その集団の中央」でしかないから、例えばその集団全員が前回のテストよりちょうど20点多くとったとしても、全員の偏差値(及び中央を超える人数)は変化しません。
     このレスでは、ここまで読んだよさんは「偏差値が50」と「平均の値が50」を混同していて、そこから連鎖的に「優秀になること」と「中央を上回ること」を混同している、と言っていたつもりでした。ここの文章は訂正して、「ここまで読んだよさんは『優秀になること』と『中央を上回ること』を混同している」とします。


     いやはや、私も全然解ってなかったですね。すみませんでした。
     
  • ごはん炊か騎士 2014-02-06 (木) 17:55:16
    >>ここまで読んだよさん

    (2014−01−13 (月) 09:32:54)
    >教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる
    >だから、全体ががんばるという機運を構築するために、+50の下駄は大いに役立っている
     言わんとすることは間違っていないと思います。ただ、言葉・事柄の使い方が正確でなくて、「偏差値とはどんなものかということをちゃんと押さえているのかな、意識しているのかな」と思えてしまうのです。
     「中央を上回ること」は、「優秀になること」とは異なります。皆が優秀になっていく(もしくは悪くない気分になっていく)と、中央を上回る人数が多くなるわけではありません。逆も然りです。したがって「国としては中央を上回る者が多い方が良い」という文言は引っかかってしまいます。
     「+50の下駄とは、それを履かせず平均以下を『負』と示してしまう場合より、印象を良くしている(頑張る機運を構築している)」という言わんとすることは間違っていないと思います。


    >俺は2−6−2の法則において下の2を国家が切り捨てることが偏差値自体の向上につながるとしている
    >そもそも偏差値という仕組みは、個人が学力把握や他との比較という点だけでなく「学力向上をあきらめさせる」という効果を持っている
    >君が俺の記述の一部に賛同したように、0未満ではあきらめさせる効果が甚大になるため、+50の下駄が緩和的に働く
    >それゆえ、下の2を切り残りの3について向上を図ればよいということになる
     「+50の下駄を履かせ、平均以下の印象を改善する」ことと「下の2を切り捨てる」ことの関係がよく解りません。「平均以下を負と示すと、下の5が大きな印象ダメージを受けてしまう(切り捨てられてしまう)が、+50の下駄を履かせれば大きなダメージを受けるのは下の2程度に抑えられる」ということでしょうか。
     +50の下駄を履かせると結果的に大きなダメージを受けるのは下の2だけになりますが、表現をするならば「+50の下駄を履かせる」という行為は、「下から3〜5にいる人を救う(切り捨てられるのを下の2だけに留める)」という行為であって、「下の2を切り捨てる」行為ではないでしょう。
     ここまで読んだよさんの「+50の下駄を履かせる意味」についての主張は、「>全体ががんばるという機運を構築するため」だけでまとまっており、「2−6−2の法則(下の下を切り捨てれば全体としては向上する機運が構築される)」というアイデア・主張とは別物だと思います。


    >したがって、平均50と偏差値50を混同はしていない
     ここは私が間違っていました。平均50で考えようと、偏差値50で考えようと、事態にあまり差はありませんでしたね。訂正すると、私がここまで読んだよさんが混同していると思っていたところは「優秀になること」と「中央を上回ること」でした。
     

  • ごはん炊か騎士 2014-02-06 (木) 17:55:59
    >>キクロンさん

    >誤解があるのかないのかわからないので、まずは一言、引用れた部分の記述に関しては、彼が書いた「収めやすさ」(収め「易さ」)つまり、「収まりに対する容易性」という言葉を使用したことに対する指摘です。
     はい、私も「収めやすい」という言葉に引っかかっているのだろうと思いました。その上で一応、昨日のレスも書いていました。

    >(範囲は無限ですが)「0〜100」というメモリを切ったグラフ用紙に正規分布曲線を描画すること、尺度を考慮して具体的に書くと、A4用紙に等倍の1円玉を描画するときの収まりやすさは?ということです。収まりの容易性を問うならどこに書いてもはみ出ることは無いでしょう。それでも「別々の事象」と言えるでしょうか?
     文章がよく解りません。
     「偏差値の広がり率」と「偏差値の中央」は、異なる「偏差値の広がり率」と「偏差値の中央」というものなので、別の事象です。偏差値というものが与えられたとき、その「広がり率」(の定め方)はそんな感じでいいとして気にならず、「中央」(の定め方)が気になったとき、「中央」が50であるというのは他でもない0〜100という範囲に収めやすくしています(もしかしたら20〜80や−50〜150かもしれませんが、自然な気持ちとしては明らかに0〜100と考えると思うので、これとします)。これが、「中央」が40であった場合には、範囲は0〜100ではなくて0〜80とか−20〜100ではないかと思います。つまり、今偏差値を0〜80や−20〜100ではなく、他でもない0〜100に収めやすくしているのは、「中央」50です。――この「他でもないこんな感じに」というのを「〜〜しやすい」と表現するのは、不自然なことではないと思います――。
     私たちが「ある物体が手の位置に落ちてくる(もしくは地面に落ちる)のは何秒後か」を考えるとき、その物体の高さだけを考え、重力加速度は考えないでしょう。この何秒後かというのの因子として、重力加速度と物体の高さは別の事柄・事象ですし、「重力加速度はまぁいいとして」と考えるのは理解できる感覚です。同じことが、「偏差値の広がり率」と「偏差値の中央」にも言えると思います。


    >さて、なぜ「+50」となったか?が議論の的で良いでしょうか?
    >それとも、「イメージ」論でしょうか?
     イメージ論とは「0〜100というイメージに収めやすい」云々でしょうか?
     どちらかや両方を話すにせよ、この後で述べられている「前提」たちが必要になる理由がよく分かりません。恐らくこの「前提」たちは、ここまで読んだよさんとのやり取りの途中から生まれた、「派生の議論」についてのものではないかと思います。派生の議論を行うのは全く悪いことではないと思いますが、元の議論とは区別した方がいいと思います。
     この議論は元々「偏差値の+50の意味・責任性(0〜100というイメージの)」、及びここまで読んだよさんの「>教育機関(≒国家)のレベルだと中央を上回るものが1人でも多いほうがよいことになる」という発言、そこから続く「>『0〜100というイメージ』の中に収めやすいから」という発言辺りが、論点だったのではないでしょうか。
     ただしもし「偏差値の+50の意味」が、0〜100のイメージに合わせるというのとは違うところにあり、0〜100のイメージに合わせるようにも働いているというのは副次的・結果的なことである、ということでしたら、キクロンさんの「前提」たちも出てくるかもしれません。もしそうであれば、そのところを改めて示していただけるとありがたいです。そうでなければ、「元の議論」はおおよそ収束できるのではないでしょうか。
     

  • ごはん炊か騎士 2014-02-06 (木) 18:34:43
    >>ごはん炊か騎士 (2014−02−06 (木) 17:55:16)
    >「偏差値とはどんなものかということをちゃんと押さえているのかな、意識しているのかな」と思えてしまうのです。
     ああ、これも間違っていました!
     「偏差値50や平均という『中央』について、ちゃんと押さえているか、意識しているか」に訂正します。
     申し訳ないです。
     
  • ここまで読んだよ 2014-02-06 (木) 20:04:23
    >「ここまで読んだよさんは『優秀になること』と『中央を上回ること』を混同している」とします。
    なるほど、中央を上回るという点、つまり「中央」にしか目がいっていなのかこの馬鹿共は
    こいつ等には50ではなく51で説明しておいたほうがよかったのかもな
    結局、発想力が無いんだな・・・・暗喩に弱いんではなく、そもそも考えていない

    >派生の議論を行うのは全く悪いことではないと思いますが、元の議論とは区別した方がいいと思います。
    そうだな
    0〜100のイメージの中に収めやすいという概念上では×10倍率はある種の決め手であろう
    だが、それが×9.5であったとしても「収めやすい」イメージとは関連が無い
    つまり、×10そのものは今回の議論に意味をもたらさない
    先に書いたように「諸処の事情で×10に成りました」だけで片付くもの
    ごはん炊か騎士のいうとおり、完全に別件である
    キクロンによる×10の追加議論は「目的と手段が逆転している」といってもいいだろう
    ×10は「収めるため」の手段であり、収めるという目的のもと新たに加えられた方法である
    だが、この議論の主眼は納める手段ではなく収める目的(≒掲題:(0)〜100のイメージにとらわれること)である
    ごはん炊か騎士は早く気づこうね、キクロンは掲題から自ら離れてしまっているということに
     

  • ここまで読んだよ 2014-02-06 (木) 21:40:41
    少し修文する
    だが、それが×9.5であったとしても「収めやすい」イメージとは関連が無い
    →だが、それが×9.5や×δであったとしても「収めやすい」イメージの根本とは関連が無い

    追加
    開発者の苦労とかそういうものは今回の議論にはほぼ無関係
    焦点は、現場が採用し、同じく現場が棄却したということ
    キクロンのいう「無学な国家」では採用も棄却も出来ない
    国家戦略という面において何も考えないまま他人のツールを使うことは無い
    +50をすることのメリットを俺が提示し、+50をしたために起こったデメリットを掲題が示した
    それだけのこと
    それぞれは多数あるメリットデメリットのひとつに過ぎん
    で、A:+50したことという重要性と、B:×10したということの重要性、今回の議題においてウエイトはどれくらいになるか思案すると、A999:B1くらいだろうね

    ひとつキクロンとすれ違っている点は、俺は国家の足きりがあると考えていることと、キクロンは全体を見て「客観的」に判断しようとしたこと
    そもそも国家が足きりをしないと考える平和ボケの知識馬鹿にはこの程度の対応で正解だっただろうし、現在もそうだ
    +50というツールが有効に働いた(俺は現在でも偏差値システムは復活させるべきだと考えている)

    >>キクロン
    (このサイト内に記述があることをついさっき気づいたのでちょっとだけ後付であることはご容赦願う)
    そうそう、→ゆとり教育
    もちろん、これだけがという気は無いのだが・・・・
    偏差値システムの撤廃が学力に影響したかどうかを検証するのはいいことかもしれない
    現在において、偏差値システムというものは入試などの分野でまだ生きている
    しかし、国家の戦略において偏差値の敬遠が必ずしも学力向上につながったとはいえない(1991年は、引用掲題において4歳児であり、教育(いわゆるお受験対策などを含めて)が開始されうる年齢であることを合わせて記載しておく)
    では、「公共の学問・文化の発展にはわずかのお役にも立ち得ませんでした。」とした開発者の観想に対し、多数の誰かが「その判断は正しい」としただろうか
    答えは「ゆとり教育」掲題文中にある

    えっと、キクロン 2014−01−18 (土) 00:05:35 の
    >したがって、明解な反論をここに記載する。
    は、どこが明確なのかお答えいただきたい
    明確でないなら、その日付以下君の放ったすべての反論はこのサイトの理念を根拠に「無根拠と確認できる」ということでよろしいか?合わせて記載願う
     


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-06 (木) 21:40:41 (1405d)