とつげき東北

 同じような性質を持った人や、同じ程度に馬鹿げたことを言った友達に対して、「お前ら、同類項だ」などとつっこむ遊びは、この言葉を初めて習った中学の頃にはよくある風景である。同様の形式で用いられる言葉に「比例」がある。

 学年が上がり、あるいは大学に進学し、さらに新しい概念を学ぶにつれて、その種の遊びに使われる用語として「動摩擦係数」「エントロピー」「空集合」「無限遠方」「局所的最小値」「非線形性」などが用意され、変化していくものだが、「同類項」「比例」程度までで取り残される者も多い。

 例えばラーメン屋における、メンマトッピングによる値段の増加ぶりと、メンマラーメンを頼む際におけるそれとの「非線形性」は、我々を時に喜ばせ、あるいは悲しませるが、「非線形性」という言葉がわからない者との間では、これについて熱く語ることをためらってしまう。

比例


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:41:19 (2703d)