とつげき東北

 ある人物がある議題(または議論全体)から撤退する際に、去られた側が一方的に「勝った」こととするために用いられる大衆論法用語。

 大衆との議論はひどくつまらないものだ。大衆は今何が問題となっており、何を示さねばならないか等を整理できないため、相手をやたら滅多ら攻撃し、とにかく1から10まで罵声を浴びせ続ける、といった大衆論法を使いがちである。結果として登場するありとあらゆる論点に対して、知性を持つ者が全て答える義務など一切ない。そこで、知性ある者が、本来の論旨である部分だけに反論・回答し、残りは無視するということが行われるのは当然の選択であり、愚者とそうでない者との議論においてよく見られる光景である。
 その時、大衆が勝ち誇って使うのが「―」である。論旨と関わりのない点において、反論・回答がこなかったという事実を見て、彼らは次のAとBとを混同する。

A:相手が反論・回答できない
B:相手が反論・回答しない

 大衆にあっては、「できない」ことと「しない」ことの区別さえ困難なのである。

  • ここまで読んだよ 2014-08-16 (土) 17:38:18
    上記を逆手に取ると、面白いように悪趣味がはかどるんだよねw
     
  • りおし 2014-09-01 (月) 13:52:12
    罵声って悪口のことですよね?悪口の結果として、論点が登場することはないですよ?馬鹿アホ間抜けのどこに論点が登場する余地があるんですか?

    論点が登場する前提として、「1から10まで罵声」という前提を無視しますね。「本来の論旨である部分」ともあるから1から10まで〜だと前提がおかしいですからね?

    例えば相手の主張の中に一つでも罵声と見なすものがあれば「全て答える義務は一切ない」と決めつけて答えないってことになりますよね?

    それって、他の極めて優秀な主張、反論があったとしても、たった一つの罵倒を理由に答えないってことですよね?これはやっぱり逃げと見なされても仕方ないんじゃないですか?

    あと論旨と関わりのない点=罵声は論でもなんでもないので、そもそも反論・回答は生じないのですが。反論・回答は本来の論旨に対するものというのが前提でしょ?

    A罵声に反論・回答できない
    B論旨に反論・回答できない

    とつげきはこのAとBを混同してますね笑
     

  • robert 2014-09-02 (火) 00:06:28
    もうちっと読んでから書き込んだらどうだね
     
  • りおし 2014-09-02 (火) 10:24:48
    そんな教科書嫁理論やめてよね。ロジックも何も無い。間違いがあるならきちんと明示しようね?

    >子供の「屁理屈」に対しては、真正面から、ロジックと愛情とを持って説明できるようになろう!

    ほらとつげきから怒られたよ笑 「国語の勉強をしろ」のページでも見てきたら?笑
     

  • とつげき東北 2014-09-02 (火) 19:57:00
    >りおし

    >罵声って悪口のことですよね?悪口の結果として、論点が登場することはないですよ?

    ここでもう違う。残りも全然違う。
    どうしてそこまで分析力が低いのか、理解に苦しむ
    robertさんが提案してくれているのだから、素直に聞けばいいのに。
     

  • '''' 2014-09-02 (火) 23:21:57
    「あぁ…これはもう…」という反射とともに、感動詞的に「死ね」と思える、知的領域におけるそのような体験を民衆に与えてあげたい。そうでもすれば、直感主義・経験主義がひしめく環境に置かれてやむなく育ってしまった彼らにも、この文章の論点を掴める可能性が立ち現れてくるのだろう。
     
  • '''' 2014-09-02 (火) 23:41:07
    別に、そんな体験を与える必要はないのでは?
     
  • りおし 2014-09-03 (水) 09:26:33
    >ここでもう違う。残りも全然違う。

    ばせい【罵声】とは。意味や解説。口ぎたなくののしる声。「―を浴びせる」
    罵声とは? 大声で悪口を言う声。 「 −を浴びせる」

    悪口じゃん笑 
    違うっていうならどう違うのか示さないと伝わらないよ?
     

  • ここまで読んだよ 2014-09-03 (水) 18:31:26
    悪口に隠された真意を見抜けないんだなw
    あーあ、感情に任せて書きなぐって見苦しいw
     
  • とつげき東北 2014-09-03 (水) 19:30:42
    >りおし

    自分の間違いがわからないなら、勉強すればいいじゃない。
    君はここに書くには少し頭が悪すぎるのだ。
    「あ」の再来だな。
     

  • りおし 2014-09-04 (木) 13:09:28
    >自分の間違いがわからないなら、勉強すればいいじゃない。

    それおま

    違う違うしか連呼出来てないじゃん。根拠ないじゃん。あtmwrsg
     

  • SC 2014-11-18 (火) 00:50:14
    >>りおしさん

    多分私も分かっていませんが、こうではないでしょうか?

    まず、論点と言えば議題(命題)を指すことが多いと思いますが、その後に
    出てくる個々の前提も正誤を検証する余地があるので論点になり得ます。た
    だしそれは議題を解決するためのものです。

    次に、東北さんは「罵声を『使いがち』である」と書いており、毎度1から
    10までが罵声であるとは限らないと解釈できますが、仮に全てが罵声であ
    ったとしても、罵声と新たな論点の提示は同時に行える(矛盾しない)ので
    はないでしょうか?

    例えば「お前のようなバカには分からないだろうな」という発言は、「私は
    バカか否か」「バカには分からないか否か」という2つの論点を提示してい
    ますが、同時に罵倒でもあります。このようにして提示された論点には論旨
    に関係あるものと無いものが混在しており(上記は無いであろうもの)、関
    係無い論点への解答を省いているという意味ではないでしょうか?
     

  • 中野 2015-09-16 (水) 17:42:26
    >馬鹿アホ間抜けのどこに論点が登場する余地があるんですか?
    とつげき氏のいう罵声には馬鹿アホ間抜けだけではない、このWikiに掲載されている各種名言も含む。そして、このWikiをある程度深く読んでいる者ならば、とつげき氏の性質として全般的にそういう傾向があるのだということは理解している。


    1回読んで印象に残った部分のうち反論したい材料だけを都合よく繋げ、文章を読み直すことを拒絶する姿勢はまさに大衆的。反論ごっこと呼ぶにしても程度が低い。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-16 (水) 17:42:26 (1158d)