■ヒトシンカ

 知的な議論に対して知的でない人がおこなう対抗策に、「経験」を振りかざすというものがある。このような経験の用法には2種類がある。ひとつは通常経験できないような異常な状況を、反証されないのを良いことに都合の良い空想を述べること。もうひとつは、凡庸な年長者が、平凡な人生において行われる経験を盾に取り、未経験者に優越を示そうとする威嚇の類のものである。典型的な「人生経験」は、自分で金を稼ぐこと(いわゆる「実社会での経験」)、子どもを持つこと、恋愛、セックスである。

実社会での経験を積んだ者は、人間の心理に精通できることになっている。ここで言う実社会とは、高度に知的な領域を排除している。学生ばかりでなく法律関係者や科学関係者はしばしば、実社会での経験がないために人格的な問題を抱えているというレッテルを貼られる。法廷や大学は人生経験を積むに不適であり、凡庸な肉屋やビジネスマンは人生経験を積んでいるらしい。ところが、書店で彼らが飛びつくために平積みになっている「ビジネス書」(内容は極めて凡庸なものであり、しばしば疑似科学を含む)とは、彼らが既に持っておりその点で若者や知識人よりも優れていると主張するまさにその能力を提供してくれるとされる本なのである。社会人とやらは心理に精通しているのか、いないのか? 正解は、優れた知性を本来持つ人物だけが、経験をデータとして適確に生かすことができるということである。凡人には自分の頭から単なる思い込みを淘汰するための知的能力が欠けているため、彼らの「経験から学んだ」意見は全く当てにならない。凡庸な60歳は、凡庸な16歳と比べて進歩がないのである。知的な16歳は、凡庸な16歳を――すなわち凡庸な60歳をも――遥かに凌駕し、さらに進歩する。
また彼らは、実社会で生きてゆくこと自体が、高度な知的活動よりも困難であるのだと主張することがある。その根拠としては学歴の高い若者が職業についた際にも困難や挫折を経験することがあることを挙げる。彼らは次のことを忘れている。知的な若者は、知的でない人々とは異なる職業につくのだということを。弁護士・医師・科学者になる能力を持つ若者がなんらかの特殊な事情により魚屋になったとしたら、彼はその仕事をかつての学業より難しいものだとは思わないであろう。
人気格闘漫画『-BAKI-バキ』はセックスの経験極端な形で描写した。格闘家である主人公の少年は恋人との初体験によって大幅に強くなり、先日自分を倒したばかりの強敵を圧倒的な実力で翻弄した(格闘で、である)。この一連のエピソードは、色気とはほど遠い絵柄でのセックスシーンと相まってファンの失笑を買っている。これほど極端ではないにしても人生経験を振りかざす人々は、賢い若者は「人生経験」など常に内心嘲笑っていることを知っておいた方が良いであろう。→経験子どもを持ってはじめて分かる

  • syslogd 2011-05-05 (木) 12:27:10
    掲題語の名言性を指摘した際、よくある反論が「経験しないと分からないものだってあるでしょう。例えば、ある料理の味を語るには、当該料理を食べる体験をしないと分からない」など。
    名言的でない用法の存在を持ってして、名言的用法の存在を否定する論法でしょうか。名言的側面を持ち、かつ名言的でない側面を持つ、すべての名言について言えるかもしれません。
     
  • ここまで読んだよ 2011-05-06 (金) 01:32:11
    弁護士・医師・科学者になる能力を持つ若者がなんらかの特殊な事情により魚屋になったとしたら、彼はその仕事をかつての学業より難しいものだとは思わないであろう。
    一般的にはかつての弁護士等への学業より難しくなる
    「魚屋」をなめすぎ
    出刃包丁もろくに扱えない弁護士風情のドサンピンが魚屋で生計を立てる?包丁を無駄なく扱いこなす(≒ロスをなくす)までの労力がかつての学業より難しいものだとは思わない?
    さすが「思想家」の展開論述だ
    まぁ、そのドサンピンは手を魚臭くしたり包丁を自ら持つなどということはなく、魚屋を上から経営することで事実上の楽をすることは十分に考えられる(もちろん、その判断に大きく間違いはない)、こちらの場合はドサンピンにとってはかつての学業より遥かに簡単だしなw

    掲題を振りかざす人に大衆が多いのは理解できるが、その各説明において総じてこの手の「思想家」は催眠話術を多用する
    その最たる使い道が「自己利益の獲得」であり、「老人相手の高級布団売り会場の売り手(≒詐欺師)」と等価だろう
    魚屋が弁護士より得る対価が低いことと、魚屋が弁護士より得るに容易い職業かは別問題だということにふたをしてしまい隠し通そうとする
    大衆は、言葉のうわべだけしか見ない寅の意を借る狐たちは総じてこの手の話術に引っかかりやすい(閉ざされたふたを見つけようとしない)

    ヒトシンカの記述はこれがかなり多い(凸は次いで多い)

    なお、大衆を手玉に取る(≒大衆から利を貪る)上では非常に有効な話術ではあるので諸兄は参考にされるとよいだろう・・・・引っかからない手段としても参考になると思われる
     

  • 777 2011-05-06 (金) 12:59:41
    まさかここまでが魚屋だったとは思いもよらなんだ
     
  • ここまで読んだよ 2011-05-06 (金) 22:08:50
    >>21
    人生経験が甘いな
    今の今まで俺が魚屋(略
     
  • '''' 2011-05-07 (土) 01:04:00
    >ここまで

    そんなとこに一種「原田的」なやり方で噛み付くのはここまでくらいだろうなぁと思いながらも、ここまでの想定している相手への指摘としては正当性を持つのだろうなぁとは思いつつも、一箇所だけ口を挟ませてもらうなら、

    >魚屋が弁護士より得る対価が低いことと、魚屋が弁護士より得るに容易い職業かは別問題

    ヒトシンカは「対価」を根拠に魚屋と弁護士差別化したわけじゃないでしょ。あくまで各々の職が一般的に必要とする(であろう)「知的活動」の量的質的差異を根拠にしている。で、「知的活動」を根拠としても恐らくはここまでの指摘(「『魚屋』をなめすぎ」)は正当性を持つと思われる。「悪趣味」的な意味で「対価」の話いらない。
    それだけ気になったので。まあ、網を広げて混乱させる目的だったというなら別にいいけど。
     

  • ここまで読んだよ 2011-05-08 (日) 00:06:50
    「対価」の部分はヒトシンカによって暗喩された誘導部分(≒催眠話術)を白日の下に晒しただけ
    それだけのことではあるが、この暗喩誘導部分を見過ごして、対価的なものを説明文中に見出してしまった寅の意を借る狐たちが多そうだったから

    文体が「俺がそう感じた」ように書いたのは悪趣味の一環
    全ての書きたい事柄を一箇所に収めないと言う俺の手法からくるもの

    以下、駄文
    原田がどのような意図でやっていたかは意に介さないし、真似をしたつもりはない
    今まではヒトシンカの記述にはヒトシンカ不在と言うこともあってなるべく記述を控えていたが、ここしばらくのやり取りから察するに、ヒトシンカ名義の記述の管理権が凸にあり凸が一目置く人物の書き込みとして凸が意図的に転載していること、また、ヒトシンカと凸の使う記述にかなりの共通性があることから、ヒトシンカ名義を事実上の凸名義であると捕らえなおしたため在不在の区別なく書き込むことにした
     

  • HIRO 2011-05-21 (土) 07:39:09
    弁護士とかけまして
    魚屋とときます

    そのココロは…

    どちらもさばくのが仕事です
     

  • ここまで読んだよ 2011-05-21 (土) 08:31:31
    弁護士とかけまして
    魚屋とときます 
    そのココロは…

    どちらも口達者でなければ仕事になりません
     

  • '''' 2011-05-21 (土) 21:49:33
    いぎあり!
     
  • 六7 2013-05-19 (日) 09:54:43
    貴様に手を生臭くする覚悟があるというのか?
    (いや、ないだろう。反語)

    この、カッコをつけて反語を説明するやり方って書き手に対する侮辱行為だと思います。
     

  • 豆腐 2017-11-16 (木) 22:00:55
    「高卒が大卒より劣っているとは一概には言えない」と言う人の根拠がまさにこの項目の「人生経験」だった
    「大卒よりも4年早く社会に出る分より多くの人生経験を積める」のだと言う
    大卒でも就職すれば同じ能力を身につけることができると言えば
    「4年間同じことを勉強してきた大卒は頭が硬くなりがち。高卒は頭がやらわかく柔軟」
    仮に大卒には身につけることの出来ない柔軟な能力を持っている高卒の存在を認めるにしても多くの高卒がそうでないことは明らかなのだから全体の傾向としては大卒が優れているのではないかと聞くと
    やはり一概には言えない」とのこと
    特例を持ち出して全体に適応しようとする人間は傾向においての話すら認めたくないらしい
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-16 (木) 22:00:55 (185d)