とつげき東北

 ある人間が、自慢したり、えらそうにしたり、一面的な判断で意見を押し付けたりせず、常識思いやりを持ち、善悪の判断がつき、他人の価値観尊重尊敬し、人の気持ちを考え自分なりに一生懸命生きているか、そうでないか等を包括的に表すための道徳概念。
 高いと良いとされ、低いと悪いとされる。

「人間性」は、平凡な能力しか持たない人でも、少しの迎合主義的振る舞いを訓練すれば身に着けることのできる性質のものである。
 一番簡単な方法を教えよう。何事においても決して成功せず、ただし周囲の足を引っ張らない程度の「並以下」程度の力を発揮しつつ、自分ができないことに対して申し訳なさそうにしているだけでよい。もちろん、他人がやりたがらない退屈で嫌な作業を進んで行い、他人の悪口を言わずに褒めたりすることも重要である(ただし、その共同体内で「人間性が低い」と認定された人に対しては、悪口を言って良い)。いずれにしても、実施することは難しくなく、能力を必要としない。

 第一段落において、本ページ各項目へのあらゆるリンクが貼られているのを見れば理解されるとおり、「人間性」は名言的な種々の概念の複合体として規定されるが、その概念のうちに学力・社会的地位・年収等々の第一義的な意味における能力的要素が含まれることは決してない。それらが含まれると、この語を好んで用いる者たちにとってまずい事態に陥るからである。
 いったんは能力等とは完全に独立の語として規定されたはずの「人間性」なる概念が、使用者にとってより便利で快適になるよう、徐々に「能力」の一つであるかのようにみなされるようになってゆく過程が存在する。
 当該過程の詳細については別の場所で記述するが、「他人を思いやる能力」「本当にできる人は自慢しない」等の名言は、「人間性」の「能力性」への転化にともなって発明される用語である。

 愚鈍な能力しか持たない者たちは、能力のある他人を単に「人間的にダメ」であるとして見下すだけではなく、「能力的にもダメ」であるという認識を持つことができるようになる。
 転じて、人間性が優れていることは、他のいかなる能力等が高いことよりも、何にもまして重要であるとされ、ふつうは「他人を見下す」ことは許されないにもかかわらず、人間性の低い人を見下すことに限っては許容されるのである。
 さらに「不思議なことに」、「人間性が高い」人物だけが「人間性が低い」人物を見下す権利を持つのではなく、自分たちで都合よく定義した「人間性」における評価においてさえ、決して優れた成績を収められない「普通の人間性」しか持たない者たちまでもが、「人間性が低い」人を全力で攻撃できるようにできているのは、実にほほえましい。つまり、自分たちがぎりぎり助かる部分までが、自分たちの認める範疇にある、というわけである。

「人間性」なる概念は非常に曖昧かつ包括的かつ主観的であるから、それを正確に測定する試験や方法論が確立されておらず、また確立されないようになっている。
 大衆が、官僚や政治家や医者を簡単に差別したり、一流大学の学生を「ガリ勉」といったイメージで捉えたりするという「人間性の低い」行為を繰り返しながらも、臆面もなく他人の「人間性の低さ」を指摘して回るという醜い振る舞いを隠さずにいられるのは、こうした「計測方法の曖昧さ」及び、彼らの特権すなわち無能さに依存している。明確に「人間性」が測定されると、せっかく彼らが「勝てる」ようにこしらえた概念が、彼らに恥と不都合とをもたらすに違いないからだ。

 ご存知のとおり、この種の転倒した道徳的評価基準が、集団に対して向けられる場合に「(ある企業の)ずさんさ」や「社会矛盾」が喧伝されるようになり、「許されない」と呼ばれる数々の対象が偽造され、結果として差別や戦争を生む――現代的な多くの差別・戦争は、「人間性的なもの」が「高い」側が、「低い」側に向けて起こす、「聖戦」である。

(解説)善悪

人間として

  • 新聞等で良く賞賛されてますね、「人間性」。 -- マイケル 2006-05-27 (土) 20:44:03
  • 能力が高い人が謙虚な態度だと「人間性が高い」と言ってもらえるけど、能力が普通の人が謙虚でも、せいぜい「いい人」で終わってしまうのでは?「いい人」って褒め言葉じゃないこともあるし(笑) -- 月 2006-05-30 (火) 20:46:27
  • 「人間性の高さ」を迎合主義的に演出してる人はおいておくとして、誰から見ても明らかに能力が高いのにそれに無頓着な人とか、もっと上の能力を目指してる人って、やっぱり好感をもたれやすいです。 -- 月 2006-05-30 (火) 20:53:25
  • まあ「好感をもたれやすい」のは当然だわな。人々は能力を比較されることを異様なほど恐れるから。しかし「人々」から、「好かれる」とか「よく思われる」とかあるいは「馬鹿にされない」ことを目指すことそのものを、ここでは「センスがない」と言っているんだ。 -- とつげき東北 2006-05-31 (水) 01:02:15
  • 人間性よりさらに便利なことばは”人間力”かなあ。倫理とか入ると面倒だからかしらね。上の議論で言うとセンスとか好感度ですか?うーん。 -- あっき 2006-05-31 (水) 01:08:52
  • まー、倫理が絡んでくると、「人間の内在的価値」とかを認めなければならんので、能力差以前に「人間であること」が既に敬意と尊敬を払うに値する、と言われますね。 -- j 2006-07-24 (月) 16:05:25
  • 項目に当て嵌まらないので俺はセンスがある! -- あ 2006-07-25 (火) 18:26:24
  • 散切り頭 2007-07-20 (金) 21:01:31
    「他人を思いやる能力」はいつか書かれる予定らしいですが、忘れられているんでしょうか。
     
  • fur 2013-10-05 (土) 13:02:57
    一番上の段落に「卑怯な事をせず」を加筆すべきかと思ったが、「常識をもつ」やら「善悪の判断がつく」で充分かな?
    卑怯な行為をする人の人間性を問うてるやつを見かけたので。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-05 (土) 13:02:57 (1867d)