■とつげき東北

「馬鹿」という言葉の対象となるのは人間であるから、「人間」全体が馬鹿でないような部分に「馬鹿であるか否か」のしきいを置くのは、概念上の分類として適切とは言えない。

 人間は大量虐殺もするし、電球を秘部につっこんで自慰行為をしている最中に割ってしまい病院に担ぎ込まれたりもする(その際、患者の多くは最初「電球をいすの上に置いていたら、気づかずに座ってしまい、入って割れてしまった」などと見苦しい言い訳をするそうだ)。
 人間全員が馬鹿でないとみなすのも、人間全員を馬鹿であるとみなすのも、いずれも詩的に過ぎる。

 ある人間の行為の動機や心情について、一般に是認されない悪意や混沌を見出して指摘した場合に、この言葉が使われる。
 できのよくない親が子供をしかりつける場合、その理由が例えば「ストレス解消」になることもしばしばあろうが、「そんな考え方は悲しい。親は(人間は)そこまで馬鹿ではないものだよ」といった紋切型の反論をされることが多い。では、最近のニュースで報じられた、我が子を「しつけのために」、庭に首だけ出して埋める親はどうであろうか。
 そもそも、すべての人間が、いつからそんなに立派に(馬鹿でなく)なったのだろうか。

  • 電球を秘部につっこんで自慰行為 言いたいだけちゃうんかと小一秒間問いたい -- あ 2006-05-30 (火) 02:13:28
  • 電球を秘部につっこんで自慰行為 言いたいだけちゃうんかと小一秒間問いたい -- あ 2006-05-30 (火) 02:13:41
  • 20世紀後半頃じゃね? -- あ 2006-05-30 (火) 02:17:03
  • ここまで読んだよ 2009-10-19 (月) 18:32:29
    「そこ」を「どこ」にするかで全くレベルの違う話になる

    人間は「凸のレベル」まで馬鹿じゃない
    人間は「ここまで読んだよ」のレベルまで馬鹿じゃない

    下は世界中の人間全員が当てはまるが、上は誰も当てはまらない
    だが、この2文は詩的なんかではなく、れっきとした事実確認である
    (これについて反論があればどうぞ)

    掲題の「そこ」が見えていないからこういう論法で解決しようとする
    「見えてないものには蓋」の典型例である
     

  • ちゅん 2009-10-20 (火) 02:42:43
    自分が世界レベルのバカという前提をまるで常識であるかのように使う「ここまで読んだよ」には名言的な何かを感じる
     
  • ここまで読んだよ 2009-10-20 (火) 03:46:54
    感じるだけなのが、ちゅんと凸との大きな違いだね
    だが、どっちかって言うと、凸よりちゅんの方が賢く見えるよ
     
  • ここまで読んだよ 2009-10-20 (火) 03:49:49
    あぁまただ、書きたいことを書き終える前に挿入する癖がついてしまった
    いかんいかん

    →寅の威を借る狐
     


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:41:07 (2949d)