とつげき東北

 教育的現場において、あらゆる責苦の道徳用語をもってしても相手の心を動かせなかったときや、想像以上に相手が「悪い」ことをした場合に発話すると有効であると考えられている言葉。議論上においてもしばしば使われる。

 筆者は母親とよく「議論」をしたものだが、彼女がいつでも間違っていたために(例えば彼女の属する新興宗教の教義に対して)筆者が優勢になると、よく「あんたはそんな考え方をして……情けないわ」といわれたものだ。真正面の話し合いから逃げ、相手を漠然とした感情論においてしか批判できなくなるという愚かさについて、「情けない」と感じる権利はむしろこちら側にある。

 ただし、低レベルな者同士の間では、ロジックによってある言葉が正しいかどうかが判断されることは稀であり、たいていは偶然によって決まるのも通例である。だから、子供を教育する際に、ある名言が通用しなかった場合、同じ水準の「次の名言」を繰り返すというのはあながち間違いではない。子供が思想的に「賢い」場合を除いて。

  • ここでもまた何気に自慢プレイ発動 -- あ 2006-08-14 (月) 02:24:39
  • この程度で「自慢」めいたものを感じてしまう、自らの低さと道徳的呪縛とを恨みたまへ。 -- とつげき東北 2006-08-14 (月) 02:52:00
  • だから何気につってんだろ馬鹿 -- あ 2006-08-14 (月) 04:06:32
  • 私のレスをうけて、あ?が「何気に」という形容の意味合いを「当初の書き込み以上に」強く「定義」してみせたことで、あ?の当初の書き込みは、明らかにその内容を「骨抜き」にされた。「何気に自慢している」旨の記述は、「うっすらと自慢の意味にも取れる」といった意味から、「さりげないが、自慢している」とった意味までさまざまあるはずだが、あ?はレスにより、そしてレスによって初めて、前者に限定したのである。あ?は本当に最初から「何気に」の意味づけを彼が言うように、自分の中で明確にしていたのかもしれないし、逆にとりあえず反発しただけかもしれないが、そのようなことはどうでもよろしい。重要なのは、このたった3つのやりとりにおいて、「論理的には」あ?が「負けていない」のに、(おそらく少なくない)読者に対する、あ?の最初の私に対する「指摘」の印象ががらりと変化したことである。このレスに限らず一般に、「論理」を守ろうとし、論理的に負けないために定義を限定・修正等するせいで、かえって当初の発言等の効果が薄まってしまうことがある。「議論」において、論理論理とやかましい連中が、自分の意見の趣旨が何だったかも自分で忘れるほどに細部の言葉のやりとりに終始し、「馬鹿相手」にもグダグダになってしまいがちな理由の一端が、ここから読み取れるのではないだろうか。 -- とつげき東北 2006-08-14 (月) 12:06:27
  • 「うっすらと自慢の意味にも取れる」なんて完全に後付けと言うか勝手な解釈だな 自慢しているかしていないかわからないから何気に(特に何の考えも意図もない)を使ったのだガリガリボッチャン 項目追加にあるNの「本を読んでも頭の悪い人間は多いが」的な逃げ口上を入れておいた(笑) -- あ 2006-08-14 (月) 12:53:13
  • へいへい。「前者に限定した→前者程度の意味等に限定した」だ。まぁ、あ?の場合は全てテキトーにやっているのだろうし、「自慢だが何か」とでも答えることもできたのだが、一般に、人が言葉を投げ出すとき、ちょうど今回あ?がしたように、「特に何の考えも意図もない」程度の感情混じりのものをポンと出して、その結果として「議論」が進むうちに最初の言葉を守るために細々と定義づけを変化させ続け、結果として当初主張したかった「感情」とはかけ離れた汚物が出来上がる、という構造があるのでその例として使ってみただけだから気にするな。転じて、よほど慎重にやっていない限り、議論の際にけっこう「適当に」言葉を放つ場合があるものだが、そこについてつっこまれたとき、変に最初の「発言」こだわって定義を変え続けたりすることによって守ろうとするのはよくないよ、的な教訓でもある。 -- とつげき東北 2006-08-14 (月) 13:26:29
  • 当初主張したかったのはこいつ何自慢してんだだが その前にNにうまく逃げられた経緯もあるのでgooで何気を検索し反論が合った場合はそれを逃げ口上にし挙げ句アホが釣れた か 大物を釣った!(笑)と言うつもりだったのだ と言う訳でその主張はまたも東北の勝手な解釈発動と言う訳だ とつげき東北を釣り上げた!(笑) -- あ 2006-08-14 (月) 14:14:51
  • 当初主張が「こいつ何自慢してんだ」であるなら、私が「この程度では自慢と感じるのがダメ」と返したとき「だから何気にと言っただろう」と言った時点でドヘタじゃないか……。君の「何気に」という言葉の、文脈上における再定義によってそのドヘタさが回避可能になるものだとして、回避できたのであれば当初主張は不可能になるし、回避不可能であるならやはりダメだ(辞書とか言うな。恥ずかしい)。そして君との議論ではなく一般に、このような状態で回避可能であった場合に、当初主張がグダグダになりがちな形式を私は提示した。意味わかるか? ちなみに私は何にでも食いつくから大変釣りやすいよ。昨日も東風で「とつげき、本買ってやったぞ」「サイン会しないのか?」「売ったらそれで終わりかよ」という発言を見て「予約解除」してまで相手を攻撃したからな(笑) そうしたものが当人にとって「釣り」であろうとなかろうとどちらでもよいが、エサを食いちぎられる行為の反復は、釣りの定義には確かに該当するものの、あまり良い釣りではないと思うぞ。 -- とつげき東北 2006-08-14 (月) 15:40:34
  • やっぱ、「やり逃げ」が一番でしょ。 -- よっち 2006-08-15 (火) 17:14:48
  • 当初主張は俺の心の中の事だがな 正直者の俺を褒めろ(笑) -- あ 2006-08-16 (水) 04:28:41
  • 名無し 2007-08-10 (金) 12:54:21
    この「あ?」って最近の「あ?」と同じ人かな?
    同じなら「あ?」は確実に進化してるよね。ウィキ的にも。
     
  • 2007-08-10 (金) 20:42:41
    どう考えても気のせいだろ・・・常識的に考えて・・・
     
  • 2008-02-10 (日) 15:30:35
    論理論理とやかましい連中が、自分の意見の趣旨が何だったかも自分で忘れるほどに細部の言葉のやりとりに終始し、「馬鹿相手」にもグダグダになってしまいがちな理由の一端が、ここから読み取れるのではないだろうか。

    この論理論理とやかましい連中もバカだよな。

    俺相手に論理使ってフルボッコしたのって東北ぐらいしかいねーんだよな。
    その他の奴ってどうしてもグダグダになるんだけど
    とつげきレベルの文章能力無いとバカにすら勝てないのか。
    やっぱ自称インテリって滑稽だな。
     

  • のりすけ 2010-08-22 (日) 16:12:57
    周りの大人たちが、私の小さい頃からことあるごとに吐いて捨ててきた「情けない」という名言の通俗的定義がどう足掻いても納得できない自分が情けないorz
     
  • ここまで読んだよ 2010-08-22 (日) 17:01:24
    文字通り、対象は「同情の余地がなく嘆かわしい」上に、「惨めで見るに忍びなかった」んだろ
    結局、この名言を多用する側も文字通り「無常で思いやりが無い」だったといだけのこと
     
  • のりすけ 2010-08-22 (日) 22:21:57
    >ここまで読んだよ
    誤字脱字が多く、(情けない)脊髄反射が過ぎるぞ。もう少し熟考してテーゼを立てなされやw
     
  • ここまで読んだよ 2010-08-23 (月) 03:00:31
    俺のやってる悪趣味を・・・
    知らないことは俺にとって好都合
    知っててやってんなら別に取るに足らん内容

    誤字脱字はどこの事を指して言ってるのかわからんが、別に読めれば良いよ
    まさか些細な誤字脱字程度で「ニホンゴリカイデキマセ〜ン」という南蛮人でも有るまい?
     

  • '''' 2010-08-23 (月) 06:59:56
    知らないことが好都合ならそれを言わない方がいいのでは?
     
  • ここまで読んだよ 2010-08-23 (月) 11:04:28
    二律背反ではあるわな
    俺の悪趣味を前面に押し出すだけならそれでいいのだが、
    このサイトを読ませるという呼び込み役を忘れているわけでもない
    そのあたりはちゃんと考えている、効果の程はまぁ置いといて
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:41:02 (3005d)