■ヒトシンカ

 略してサカキバラ。97年に起こった神戸市須磨区の児童連続殺傷事件の犯人で、当時14歳の少年が正体だったため話題となり、14歳ブームの火付け役となった。また事件に対し、兵庫県教委と神戸市教委は合同で河合隼雄を座長に「心の教育緊急会議」を設けた。彼が殺人を行なうようになった原因が盛んに論議され、平凡に家庭環境や友人関係、教育の不備に求めるもののほか、阪神大震災のトラウマ説(これは阪神大震災の被害が全国的には「神戸」という括りで認識されていたためである。実際には彼が住んでいた須磨区など神戸市西部に大した被害はなかった)や、有害電磁波のせいだとする奇書まで登場した。現代の危険な少年の代名詞。

14歳心の教育

  • 俺の師匠発見 -- あ 2006-09-18 (月) 00:40:52

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:41:00 (2954d)