■ヒトシンカ

 よく読むと、弱きものが善であるとも強きものが悪であるとも保証されていない。 強きものはその善悪や理非を問われる前に、強いがゆえに挫かれるべきものとされている。一方で弱きものは大衆自身であるがゆえに助けられるべきであると考えられている。この言葉に読み取れるものは、凡人の利己性と強者への嫉妬である。

(解説)義憤(Revin注)

  • 原田 2007-07-02 (月) 23:15:22
    強い者を次々と倒していくと最後に残るのは誰か。自分である。それでもなお『強きをくじく』と言うのならば、それは結局それまでの自分を倒すという事以外にないだろう。つまり『弱きを助け強きをくじく』とは永遠に続く『自分との闘い』を意味しているのである。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:59 (2949d)