とつげき東北

 人生、友達、職場、あらゆる場面で常々実感することだが、自分が経験した苦労を他人にもさせようさせようとするタイプの人間と、なるべくそうさせないようにしようとするやさしいタイプの人間がいる(もちろんこの類型化は極端であり、人間全体がこのような2種類に2分できるとは思えないが)。
「若いうちに苦労しろ」というのはこのうち前者のセンスを持つ人間が発しがちな言葉である。

 彼らいわく、甘くすることもできるが、「君のためを思って」厳しく接するそうだ。
 残念ながらこうしたキャラクターは大変「かぶって」おり、彼ら一人一人がいなくてもたいていの人は普通に苦労し、なにより彼らのような人物によって苦労させられる。
 管理という側面から見れば、「甘やかす」ことばかりが良いわけではないが、不幸になるための規則を作り出して、その規則を破ったがために相手に罰則を与えて不幸にするというやり方は、いかにも非人間的であると言わざるを得ない。

仕事

  • 2008-02-10 (日) 18:31:11
    言うだけでなくわざわざ苦労を経験させるのかよ
    鬼畜乙
     
  • 2008-02-10 (日) 18:40:10
    言うだけでなくわざわざ苦労を経験させるのかよ
    鬼畜乙
     
  • 2008-02-10 (日) 18:40:35
    戻ったら衝突沖田
     
  • '''' 2015-08-24 (月) 13:40:12
    学校サボってた時には母親に「毎日学校行ってる子たちが馬鹿みたいじゃない!」なんて言われて怒られたわ
    行きたいひとは、サボりたい人はサボればいい
    母親にとっては
     
  • '''' 2015-08-24 (月) 13:42:37
    途中で送信してしまった
    学校サボってた時には母親に「毎日学校行ってる子たちが馬鹿みたいじゃない!」なんて言われて怒られたわ
    行きたいひとは行けばいいし、サボりたい人はサボればいい
    母親は全ての生徒が学校に行きたくないと思っていて仕方なく学校に来てると思ってたんだろうな
     
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-24 (月) 13:42:37 (1058d)