■とつげき東北

 ある判断や行為が、過去の自分のそれらと対立する場合であって、なおかつ現在の判断や行為を優先させたいが、他に合理的理由が存在しない場合に用いる。
 数学の試験を受けていて、10分かけて導いた答であっても、その間違いに気づけばもう一度計算しなおすべきである、ということは誰にでもわかるだろう。10年かけようが20年かけようが、間違っていたら認めればよいのだ。
 過去の自分を否定し続け、そうそうは否定されない自分を作り上げてゆくことが、自分を「磨く」ということではないのか。


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:57 (2800d)