Revin

 例えば、タバコは身体に悪いから禁止すべきだと主張している人が「どう身体に悪いんですか?」と質問を受けて「そんなもの誰でも知っている。自分で調べろ」と答えれば、たちまちその主張は疑わしいものになることは読者諸賢の目にも明白であろう。明白だが、しばしば目にする議論クズテクニックである。この言葉の狙いは概ね以下の通り。

[相手が調べてきた]
・「相手の持ってきたデータ」なので、データの正確性の責任を相手に押し付けられる
・「自分の主張の吟味」という本丸の手前に「そのデータの吟味」という砦を設け、そこで争うことが出来る(しかも「相手のデータを検証する」という攻勢でそれに臨める)
・相手に手間をかけさせることが出来る

 →[自分に有利なデータだった場合]
  「ほらな」と返せて、有利なデータも得られ、自分有利。

 →[自分に不利なデータだった場合]
  データの正当性を攻撃することが可能。
  勝てば、反主張派にダメージを与えられ、自分有利。
  仮に負けても、データにおいて負けただけで主張は無傷。
  (「データと主張は無関係である」など逃げ道は数多)

[相手が調べてこなかった]
・「逃げ」と称せられる

 もちろん対処法は、主張側にデータの提示責任があることを示してやればよい。


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:55 (2802d)