ヒトシンカ

 「この世界は急速に堕落しかかっており、崩壊へと近づいている。古き良き正義を守り続けている自分達だからこそ、この危機に気付くことができたのだ。」これは古代でも現代でも、宗教と若者論が共通して持っている信念である。昔の若者は現代ほど犯罪的でなく、昔の遊びは現代よりも健全で、昔のいじめは今ほど陰湿ではなく、昔のファッションは今より遥かにマトモであり、昔の通信手段には心が通い合っていたというわけだ。これらの事象を補強しようと試みるほとんど全ての通俗報道は極めて非実証的であり、論理的な人なら多くの場合に一読して誤りを挙げることができるほどである。このような信念は過去を懐かしむ旧世代にばかり愛されるわけではない。同年代の仲間に優越したい、より「成熟した」人間の証が欲しいと熱望する一部の若者もまたこの信念を信じたがる。
 ネパールには「ボクシ」と呼ばれる黒魔術師についての民間信仰がある。悪霊の力を得て他人に呪いをかける存在だが、誰がボクシであるかは周囲の住民が勝手に決定する。ただし、その人がボクシであると気付いていることを本人に知られると呪いの対象となるので、当人がそう言われることはないし、人々はボクシだと思い込んでいる相手の前でも、決して悟られないように振舞う。そのためこの信仰は反証されることがなく、信じている人の信念は強固に守られる。ところで、ネパールにも次のように言う人々がいる――「最近ボクシが増えている」。悪霊の力による呪いは、少年犯罪のごとく激増している。

とつげき東北

 上記に関しては、以下2010年8月31日ロイター記事によっても援用される。
【年配の人は若い人に関する悪いニュースを好んで読むことが、米国とドイツの大学の共同調査でわかった。自尊心が高まるためだという。

 調査は18―30歳と55―60歳の2グループに分けたドイツ人276人を対象に実施。新たに制作するオンラインのニュースマガジンの試作と伝え、一定の時間内に若い人あるいは年配の人に関する良いニュースと悪いニュースから好きなものを読ませた。
 その結果、年配のグループは自分より若い人に関する悪いニュースを選ぶ傾向が強く、同年代のニュースには内容に違わずあまり興味を示さなかった。一方、若い人は同年代に関する良いニュースを好んだ。
 また記事を読んだ後、自尊心の高低を調べるアンケートを行った結果、若い人とは対照的に、年配の人は若い人に関する悪いニュースを読むと自尊心が高まることが示された。
 調査に参加したオハイオ州立大学の教授は「われわれの社会は若者を中心とした文化のため、年配者は自分より立場が上のように感じる人の悪いニュースを読みたくなるのでは」と分析する。

  • 項目age この分析は面白いと思うけど・・・ヒトシンカ復活まだぁ〜?w -- M 2006-06-20 (火) 17:23:41
  • この世界は急速に発展しており、常に新たな新技術へと近づいている。古き良きsexを守り続けている自分達だからこそ、キモヲタに気付かれずに入られることができるのだ。 -- あ 2006-07-25 (火) 18:38:23
  • 文三郎 2012-08-03 (金) 00:33:17
    最近の若い奴は礼儀がなってないし批判されるのも無理ないな
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-03 (金) 00:33:17 (1996d)