とつげき東北

「〜〜の影響は、私たちが考えている以上に大きいと思います」のような形で使われる。もしこの発話者が考えている以上に影響が大きいなら、そのように認識しなおせば「考えている以上」にならず「ちょうど考えている通り」になって、自己解決するはずである。

 一方で、「あなたが考えている以上に影響は大きい」と述べる場合、「立証責任」めいたものが発生すると彼らは感じている。だが、彼らにとってそのようなことは重荷である。
「あなた」がどう考えているか、そしてそれが本当に「過小評価」なのかを説明しなければならないからだ。そこで「自分たち」が考えている以上に大きいのではないか、といった風な論じ方を選ぶことによって、説明することを回避しながらも、「共感」によって他者を丸め込むよう仕向けるのである。

自分も以前はそう考えていた
経験


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:47 (2890d)