とつげき東北

「現代社会の病理」等のせいで、誰もが抱えていると呼ばれがちな、どうでもよい概念。時には、少年犯罪等における犯人の心理を「説明」するためにも悪用される。

 しかし、「孤独を感じる」という事情から、「現状に不満がある」「なんとなく寂しい」「ヒマだ」という程度以上に具体的に物事を論じることは難しい。逆から言えば、そのような抽象的な概念を根拠にしてしまえば、あらゆる非行を「説明」できてしまうのである(「先祖の行い」という概念が、人々に降りかかる災難の全てを「説明」できてしまうように)。
 人々が孤独であるなら、その程度の苦難には耐えるよう訓練すれば良いのであって、責任を「人を孤独にする社会」に転化すべきではない。

※なお、筆者には(多くの人が漠然と定義するところの)「友達」がほとんどおらず、孤独である。すなわち、筆者は非常に幸福である。わずらわしいだけの役立たない人々とかかわらずに済むからだ。

  • 天才は孤独 -- あ 2006-05-27 (土) 23:48:34
  • ret 2007-02-08 (木) 10:26:27
    「現代社会の病理」って捏造された物ばかりですよねw
    悩んだり悩ませる為のみに言葉や概念を作っているように見えます。
    本当の自分」とかと同じですね。

 

  • 2007-02-08 (木) 16:40:33
    訓練なんてしなくても、元々孤独に強い人は強いんですよねえ。
    孤独感を訴える人には、訓練をすすめるより、「そう。寂しいんだ。私もそういう時あるよ」とかなんとか言ってあげた方が、その人の精神衛生にいいと思います。無理して訓練して、挫折して、「社会」に責任転嫁する人とかいそう・・・
     
  • ここまで読んだよ 2009-10-19 (月) 18:54:14
    まぁ、このどうでもよい概念のおかげで青いウサギになるわけですね
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:46 (2954d)