■とつげき東北

 ひどく無様な様子でしきりに「価値観は人それぞれ」と言いたがる連中が、ニーチェやフーコーの価値観を理解しているとは到底思えないし、そのような言葉の陳腐さや胡散臭さを看守できる水準の「知的」価値観を持っているとも信じがたい。

 一般に、自分の薄っぺらな「価値観」とやらを、敵対する誰かから守るためだけに使われることば。
 本当に価値観が人それぞれなら、自分の価値観に対するどんな批判も気にしなければよいのだという当たり前の事実が理解できていないがために、この言葉を放つ。

(議論テク)大衆論法:価値観の違い
→(他人の意見の)尊重

  • ret 2007-02-27 (火) 20:01:21
    中学校の卒業アルバムに、「自分の目指す大人」を書き連ねる項目があったのですが、そこに
    「様々な価値観を受容できるようになる」
    と書いてしまったヤツがいました。
    当時は「しょっぱいな〜」と思っていたのですが、つい最近、卒業後の彼の動向を聞いてびっくり。
    妹を孕ませる⇒実家から勘当⇒ゲイバーに勤務⇒薬物中毒⇒路上生活⇒起業⇒年商2億⇒でも薬物が抜けず殺人未遂⇒お勤め
    やはり価値観の為だったのでしょうか。
     
  • C 2007-03-14 (水) 13:08:36
    「価値観は人それぞれ
    「自分の価値観を認めてもらいたい」
    この二つの価値観を併せ持つ人が多いんでしょうね。
     
  • ここまで読んだよ 2009-10-20 (火) 05:35:00
    >>C
    それこそ、ココの筆者たちじゃないの?
    そうでなきゃ、こういうウィキを立ち上げて閲覧数を上げてまでアピールする必要も無いわけで
    >>自分の価値観に対するどんな批判も気にしなければよいのだという当たり前の事実が理解できていないがために
    規約(OK!)に基づいた正当な批判的書き込みレスに対して、過去に全身全霊を以って論破しにかかった凸がいるわけで
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:35 (2887d)