■とつげき東北

 恒真命題(トートロジー、常に成り立つ同語反復)を掲げて、正しい前提に立っていることを強調しながら、特殊な条件下でしか成立しない結論を強弁する手法において用いられる凡言の一つ。
「人は一人では生きていけない」からと言って、「家族を大事にする」必要などあるはずがないし、「人間も動物だ」からと言って、ある種の利己的な行為が社会的に正当化されるわけでもない。
 恒真命題を掲げることには論理的には意味がないが、実際の会話においては充分に意味がある。凡庸な人間とのやりとりにおいては、印象は論理に勝るからだ。


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:31 (2954d)