ヒトシンカ

 かつては理性によるコントロールが不能になるほど強烈な怒りによって突発的な行動にでてしまうこと、またはそこまで強烈な怒りそのものを指していた。ところで、過激な表現が徐々にそれほどでもない事態にも使われるようになるのは、ありふれた現象である。若者たちは少々腹を立てた程度のことにも「キレた」と形容するようになり、若者の堕落の兆候を見出すことに喜びを感ずる旧世代はこれに飛びつき、キレる若者が増えていると結論する。
 注目すべきは、「キレる若者」が槍玉に挙げられるようになってからも、強い怒りによって「本当の力」を引き出すことができるというモチーフは依然として人々の憧れであることだ。フィクションにも頻出し、SF・ファンタジー的設定のもとではさらなる超人的な強さを得る(最も有名な例は、漫画『DRAGON BALL』のスーパーサイヤ人の設定であろう)ことができ、そうでない設定の場合は相手を心理的に圧倒することができるようになる。ただしこの場合「キレる」という表現は出ない(昔の作品は別であろうが)。またフィクションにおいても「キレる」ことでは強くなれない。「キレる若者」はあくまで否定の対象であり、強くなるキャラクターは肯定の対象なのである。

  • 2008-01-24 (木) 14:04:40
    キレてるんですか?
    キレテネーヨ(実際はキレてるが)
    図星を認めるのが嫌いな若者(笑
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:22 (3009d)