とつげき東北

 この言葉の、名言的文脈における短絡的な使用が、誰にでも「やりたいこと」が存在していて、自分を含む誰もがまるで何かをするために生まれてきたかのような錯覚を生む。
 しかもこの言葉は、幼女や少年への性的嗜虐などといった、歴史からみて(少なくとも一部の)人間の欲望・欲動の発露である行為には向けられず、より社会的な、文化的なものを指していながら、「女にモテまくること」、「よい大学に入ること」、「大企業に就職すること」といった、ごく正当なことも指さない。
「夢」や「目標」と見なされるような、それをやりたいと思っていることそのものが、周囲に何がしかのプラスのイメージを与えられるポジティブな活動が、この言葉で示されるのである。履歴書の「趣味」の欄の延長とも言える。
 その意味に限定すると、多くの人間に「やりたいこと」などというものが存在すること自体が疑問である。

―が見つからない

 やりたいことがあれば、やりたいことは確かに存在する。
 だが、「やりたいことが見つからない」のは、たまたま見つかっていないだけという可能性のほかに、そんなものはありはしないという可能性がある。
 ない理由には以下のようなものがある。
・能力等が足りず、やってみたいと思えるような職業や活動に、現実的に手が届かない(「やりたいこと」というレベルまで達しない)場合
・怠惰なため、そもそも仕事や各種活動をやりたくない場合

オンリーワン

  • 2009-11-08 (日) 02:38:24
    ありすぎて全く時間が無いなァ。
    睡眠や仕事を除外すると後50年生きるとして10万時間程度しかやりたい事とやらに使えない。
    やりたいこと(目標)があればそれを達成する為にがんばるから
    無理やりにでも設定させるんだろ。
    幾ら考えても一つも無いのはアレだな重度の知的障害なんだろうな。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:19 (3006d)