とつげき東北

 強すぎる執着から解き放たれることを表現するセリフ。許しのパターンと諦めのパターンとがあるが、前者の方が名言的に用いられがちである。
 マンガ等においては、怒り狂った敵や復讐心に燃えたライバル等に対してこの言葉が宛てられたならば、彼らは主人公らに心を許さなければならないとする伝統的形式が存在する。

  • ここまで読んだよ 2009-10-19 (月) 18:38:45
    まぁ、1コマとはいえべた塗りやトーンすら貼られないキャラにその後の未来は無いわな
    まさに「もういい、もういいんだ、お前のキャラはココで終わった」と読者に知らしめる効果がある
    →真っ白に燃え尽きた
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:18 (2890d)