とつげき東北

 相手が○○になる「能力」がないことと、○○にならないこととは、ひとまず独立であり得る、ということに無自覚に発せられる名言。

 日本大学文学部を受験しなかった東京大学法学部生に向かって「じゃあお前が日大文学部に入ってみろよ」などと言うものだろうか。
 筆者もまれに「お前が麻雀プロになってタイトルを取ってみろよ」等と言われることがあるのには驚かされる。もちろんその驚きとは、なぜ筆者がそのような低劣な試みをしなければならないのかに対するものではなく、なぜその滑稽さに発話者が気づかないのかに対するものである。「未開人の、あまりにも不条理な儀式」をテレビ等で垣間見たときの、あの驚きである。

 さらに、場合によっては彼らは次のように続ける。
「なっても大したことないだろう」
「何事も、経験してみなければわからない」などと。

経験

  • 「お前が○○になってみろ」という言葉が発せられる背景には「なってみなければ分からない苦労。」というものが存在するからだろうが、説明責任が生じる場合にすら上記の名言が発せられるのは、笑うしかない。 -- 蟻 2006-06-14 (水) 22:20:38

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:40:10 (2703d)