とつげき東北

 国家公務員を擁護してみます(ここでの擁護対象は、国の公務員であって、地方支分部局に所属する職員を除くものです)。
※今後の加筆等が想定されますので、表現の厳密さはちょっと目をつぶってください(例:「なりました」→「なることがほぼ確定した」)。

うせろ、売国民 (mixiの日記に記載した文章の加筆版)

 2009年の夏の国家公務員のボーナス(正確には一時金)が、急遽、減額されることとなりました。
 自民、公明両党の「国家公務員の給与の検討に関するプロジェクトチーム(PT)」の方針に従い(※1)、人事院が特別に民間給与実態調査の特別版を行って異例の減額勧告を出すためです。

 これを見た売国民どもは、次のように喜び狂っています。

「祝! 公務員のボーナスカット!!」
「無能な公務員のボーナスはなしにすべきですが、今回の減給は一定程度評価できます」

 アホですね。ええ本当にアホです。
 なぜアホか、教えてあげましょうか。

 公務員が2009年度に得るボーナスの総額は、今回の夏の一時金カットによって、1円たりとも減らないからです。

 人事院勧告において、「2009年度分は、給料1ヶ月分カットだよーん」ということになったとしましょう。民間が1ヶ月分減っているなら、民間準拠ですから、当然そうすべき措置です。正しい。
 で、今回の「夏のボーナスカット」をする前と後、何が違うかを見てみましょう。
 仮に、夏のボーナスが0.4ヶ月分カットされるとしましょう。

【夏のボーナスカットをしない場合(例年どおりの場合)】
 ・夏のボーナス = 普段どおり
 ・冬のボーナス = 1ヶ月分カット
  (合計1ヶ月分カット)

【夏のボーナスカットをする場合】
 ・夏のボーナス = 0.4ヶ月分カット
 ・冬のボーナス = 0.6ヶ月分カット
  (合計1ヶ月分カット)

 あれ?
 公務員何も損してなくね?

>「祝! 公務員のボーナスカット!!」

とか言ってたやつ、ぬか喜びじゃね?

 この種のバカな施策を実施するために、異例の実態調査とかした分、相当金かかってると思いますけど、その分の税金はちゃんと納めてくださいね。

 もともと、公務員のボーナスは、ざっくりと言えば「その前の年の民間企業のボーナス実態を調査し、それにあわせる形で出される人事院勧告に照らして決定する」といった仕組みです。だから、公務員のボーナスは民間の景気動向から1年ほど遅れるのです。
 例のサブプライム問題によって、投資銀行のCDSにまみれたデリバティブの信用が急激に収縮し、金融債権価値及び消費マインドが大暴落するとともに、資金回収等による銀行の貸し渋りが多発し、各種産業が大赤字に陥ったのは去年の夏以降です。ですから、今年の公務員の夏のボーナスは本来、影響を受けないのです(逆に、昨年末、もし民間が超景気良くなっていたとしても、公務員の夏のボーナスは増額されていなかったわけです)。

 ところがここで、こういう仕組みを知らない人々が、「民間はボーナスが減っているのに、公務員は減らないとか、まじで死ね!」と怒ります(※2)。
 マスコミもそれを心得ていて、そういう風に煽り立てます。
 ということは、政治家たちは自分の人気を取るために、「ボーナスカットせにゃいかん!」と言いはじめるわけです。
 そして法律改正までして臨時に調査を行い、膨大な事務作業を発生させて大量の税金をつぎ込む。
 ところが、実際には何も変わらないのです。ある種の人々が「よっしゃあああ!」と思うのみで、現実には税金負担が重くなるだけです。
 まさに売国行為そのものです。マスコミが売国するのは自分たちの利益のためですから理解できなくはありませんが、ある種の売国民は、自らの不勉強により、自ら損する形で国を売ります。

 さらに言えば中小企業などでは、「公務員に準ずる」ような形で給与・賞与を支払っているところがけっこうあるのですが、今回の夏のボーナスカットを「悪用」されて、そういった企業や、さらには大手企業なども「ウチも減額しなきゃな!」となることが容易に想定されます。すると、ただでさえ「100年に一度! 100年に一度!」とか騒がれている景気悪化の中、消費の冷え込みにさらに拍車がかかるでしょう。
 何のために膨大な金をかけて定額給付金をばらまいたのか、意味わからないですね。

 簡単に整理すると、次のとおり。
「景気が悪化しても有り余るほど金を持ってる政治家や大手マスコミ関係者が得して、貧乏な売国民がぬか喜びして、税負担が重くなり、社会全体の景気はますます悪くなる」

 バカですほんとバカ。
 世の中がなんでこうも悪くなるかわかります?
 政治家が悪いから? でも、政治家も人間ですから、自分の利益で動くのは当然です。
 マスコミが悪いから? ええ、そりゃマスコミだって自分の儲けを得たいでしょうよ。
 売国民。あんたら相当ダメだよ。「自分の儲け」にさえつながらない無駄な叩きを繰り返して、やれ政治が悪い、マスコミが悪い、公務員が悪い、といいふらかして、こんな世の中にしてんですよ。

 1970年代以降、アメリカやイギリスで「小さな政府」が目指された結果、当該地域の労働者はボロボロに疲弊し、格差が死ぬほど拡大し、貧困層が増えて社会福祉が機能マヒしました。富裕層は大もうけしました。それを21世紀に「小泉改革!」とか熱狂して喜んでマネしたのが日本人ですよ。アメリカは今、各種企業を国有化し、ある意味「世界で一番大きな政府」に向かって危機回避しようとしています。
 ところが日本はどうだ。

改革を止めるな!」「小さな政府を!」

 状況わかっとるか? なあ。わかっとるか?

 さて、じゃあもし本当に公務員の人件費を削減すれば、うまくいくんでしょうか。ちょっと考えてみましょう。
 人口1人あたりの公務員数、日本は先進国の中でもっとも少ないレベルの小さい政府です。実際、国家公務員の人件費など、政府支出(特別会計を含めて約250兆円規模)のうち2%程度です。その2%を仮に0.3ポイント削ったとすると、職員から見れば収入30%減であり、相当モチベーションもサービスも新規採用職員の質も下がるわけですが、その、たったの0.6%の支出カットで、国全体が良い方向に向かうと信じるなら愚の骨頂です。毎月1000万必要なのに、食費を10万から4万に切り詰めて満足するようなものですね。
 仮に国家公務員が全員タダ働きしても、国の歳出は2%しか減らないわけで、それでほんとにマスコミが喧伝するように国の赤字体質が改善され、「100年に1度の不況」が見事切り抜けられるのでしょうか。恥ずかしい。

 頭使えよ。頭を使おうな。使うところわかってる? 頭な。

 むしろ政治家や公務員の待遇をもっと良くして、優秀な方々がバリバリできる環境にすべきで、そうじゃなきゃ頭脳が流出するってのが新自由主義の主張と実践だったじゃないですか。だから法人税や高額所得者からの税金を減らすことにより(これのみで、国の歳出の1%など軽く超えます)、優良企業の技術や資産の海外移転を食い止めた、というタテマエになってるんでしょうが。

 欧州のいくつかの非常にマッタリした先進国と違って、日本は福祉支出が少ないわけですよ。そのお金は、国民の福祉に使うかわりに、無意味な「改革したフリ」に使われているのですね。そう、病気とか失業は「自己責任!」とのことなので。世帯収入あたりの可処分所得ベース比較すると、スウェーデン70%に対して、日本57.5%とのことです(※3)。

 郵政民営化で何が変わりましたか。まずサービスが低下した、これは間違いないです。
 で、人件費はどうかといえば、職員が公務員待遇ではなくなったことによって、労働基準監督署の管理下に置かれ、サービス残業がなくなりました(民営化直後、労働基準監督署が入り、数年分の膨大な不払い残業代を職員に支払わせました)。簡単に言えば、人件費が原理的には増えました。民営化された以上、経営側は人件費を減らそうとしますから、ワーキングプアになるべき人々をたくさん雇えば良いということで、格差がさらに拡大していくわけですね。
 そう、新自由主義の、当然あるべき帰結です。

 これまでアメリカが「成功」していた時代なら、それを追っかけるのはアリだったかもしれません。でも今や、ダメリカほど残念なことになっている国はそうそうない。
 日本はもう成熟国家ですし、軍事力を背景とした発言権も持っていませんから、今後は中国等の発展に完全に負けていくはずです。
 だから今、なんとかしていかないといけない。
 例えば、ごまかしがいくらでも可能な法人税(※4)をちゃんと取るようにすれば、消費税上げずに健全なプライマリーバランスをいとも簡単に実現できます。 ところが日本は、「改革!」「小さな政府!」って、失敗した国が失敗した原因であるはずのそれらを、今からさらに加速させようとしてます。 売国民が、自分たちに損になるとも知らず、喜ぶからですね。

 目覚ませ。

(※1)政治的中立性と専門性・技術性を保つ観点から、人事院は独立行政委員会とされており、内閣との独立性が保たれている。ただ、独立とはいっても無制限に何でもして良いというわけではなく、憲法第66条第3項の趣旨に照らして考えれば、権力の濫用は阻止することが可能であるし、相応に民主的な方法に依拠した形でならば政治家が「口出し」しても即座に違憲となるとは限らない。が、今回の措置は上述したように、本質を知れば国民一般の利益になるはずもなく、限りなく黒に近いグレーと思います。

(※2)河村建夫官房長官(政治任用)は、内閣府新人職員の入府式で「全体の奉仕者としての自信と誇りを持って頑張ってほしい。公務員バッシングで卑下することはない」との訓示をされました。また、麻生太郎首相は、国家公務員合同初任研修で「私は公務員の優秀さを疑ったことはない。問題は公務員を使いこなせない政治家の方にある」との訓示をされました。公務員の優秀さがどうなのか、リップサービスではないのか、というのはひとまず置いておくとして、少なくとも「公務員バッシング」が存在し、それが異常なほど(バブル的に)熱狂的に売国民たち(及びマスコミ)によって行われている現状を認識しているということでしょう。

(※3)竹崎孜著『スウェーデンの税金は本当に高いのか』(あけび書房)より

(※4)恐ろしいことに、日本の3大メガバンクは過去10年間、法人税をまったく支払っていません。また、前々期決算において中小企業の約70%は法人税を支払っていません。法人の赤字は7年間繰り越せるため、「儲からなければ(儲かっても経費で落とせば)税金を払わない」でいることができます。個人事業者は言うに及ばずです。では、サラリーマンはキチンとしているかと言うと間違いで、国税庁の調査によれば、給与所得者のうち14%は所得税を支払っていません。他方で、国家公務員のうち100%が、給与所得の課税対象分をきちんと納税しています。いったい誰が誰を「税金泥棒」と呼ぶべきなのでしょうか。

典型的な公務員批判の一例

 以下、「ツカサネット新聞」における公務員「たたき」記事につっこんでみましょう。
 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000019-tsuka-pol

 読み始めてすぐに、

>人事院が公務員の給与を決定するときに用いる企業は従業員100人以上の企業のみ

などというデタラメが見つかります。

新聞」と名がつくもの、デタラメが多いのは特徴ですが、ここも調査不足です。
 公務員の「厚遇」問題を扱った「新聞」記事が、なんと平成18年度に民間との給与比較基準が「100人以上」から「50人以上」に変化したことさえ知らずに書かれているのです。この調子では、俸給表水準(ようは給与)も、それとは別に4.8%引き下げられたことさえ知らないのではないかと訝りたくなります。
 その後、世の中の「全産業の平均給与」と公務員の給与をあわせるべきだ、的な単調な論調に向かいますが、あり得ませんね。どこぞの小さな企業が1つつぶれるのと、国の機関が1つつぶれることの社会的損失を等価と見なしているのでしょうか。

 さらに後半の記述ですが、

>二重行政の整理、行政の電子化などもあって人員の三割削減は十分に可能です

とは驚きます。
 なぜなら、事態はまったく逆だからです。電子化は行政を二重化しますし、必要な人員を増大させるからです。

 行政(対国民向けサービス)を電子化すると、電子化に対応できない国民へのサービスと、対応できる国民へのサービスを同時に行わなければなりません。事実上、2つの別の業務が発生します。もちろん人員は増員されません。
 老人にパソコンで入力させますか? 民間のように、儲からない顧客(パソコンが使えない国民等)30%へのサービスを削って電子化し、「効率化」すれば良いというものではありません。
 例えばこの記事を掲載している「ツカサネット新聞」、インターネット配信ですが、「紙媒体も用意し、国民全員にサービス提供しなければならない」とするとどうでしょう。かかる経費は軽く見積もっても500倍、人員は5000倍どころでは到底済まないでしょうね。だから電子でのみ提供しているのでしょうけれど、公共サービスはそうはいかないのですよ。

 疑うならば、ためしに確定申告に行ってみればわかります。大勢の職員が休日出勤し、パソコンを触ることができない/触るのが面倒な市区町村民を「代行」してPCに打ち込みを行い、「税務処理を電子化」しているのです。それとは別に「ワシは紙で出す!」という人々も大勢いらっしゃいます。紙の処理は今までどおり行う必要があります。むろん、国内各地にある税務署職員への度重なる操作研修等も欠かせませんし、システム運用経費がかかります。
 これ、効率化ですか? 三割削減可能ですか? 根拠はどこにありますか?
「電子化すれば効率化される。万事OK」と考える民間出身の方々や「有識者(笑)」が、行政の現場をかき回して変なシステムを作らせ、税金を無駄遣いし、業務を膨大にしている現状があるのは、こういった「電子化信仰」があるためです。

 ところで、既に国際的に公務員定員数がもっとも低い水準にある日本において、さらに3割減らしたら何か良いことが起きるのでしょうか? サービス低下(「痛み」)を伴う「効率化」でしょうか。紙で税務申告しようとする納税者は税金免除と洒落込みましょうか。それはなかなか粋だと思います。

 国家財政のことを考えるなら、税金を「工夫して」納めない民間企業・国民から、ちゃんと税金を取る方が何十倍〜何千倍も効率的です。
 どうも民間は、こういう効率計算が苦手なようで困ります。

※余談ですが、昔、政府の電子化に係る事務を所掌する総務省の大臣が「これからはフロッピー1枚で何でもできる時代」と発言しました。フロッピーって……。私はそのとき、「あ、無理だわ」と直感しました。

  • ENKAI 2009-05-05 (火) 02:56:03
    おつかれさまです。
    GW中にこんな絶望的な文章読みたくなかったです!(´ー`)ゞ
     
  • とつげき東北 2009-05-05 (火) 03:02:14
    フフここは常に現実を知り絶望を味わうページ……ゆっくりしていってね♪
     
  • Kanedo 2009-05-06 (水) 01:20:24
    真面目に気になった所はちょこちょこあるけど、今眠いから気が向いたら真面目に調べてつっこむお(´・ω・)
     
  • とつげき東北 2009-05-06 (水) 02:06:41
    イヤン 内々に教えてくれよ。それが役人のやり方でしょ!←
     
  • k 2009-05-13 (水) 23:42:11
    うーん毒が足りない
    もうちょっと鬱要素出てくると思った

 

  • '''' 2009-05-14 (木) 11:37:42
    何だお前は(笑)
    そんなに鬱になりたいのか(笑)
     
  • anpanman 2009-06-01 (月) 02:29:26
    公務員批判したり、俺は公務員だって誇る連中って中の下ぐらいのイメージがあるんよなあ

    凸は東北大でしょ なら選択肢の一つとして公務員はあっても
    特別、公務員が!公務員は!ってのはないんじゃないかな

    どのあたりから公務員って言葉にピクっとくるのか気になるなあ
     

  • とつげき東北 2009-06-02 (火) 01:49:44
    >公務員批判したり、俺は公務員だって誇る連中って中の下ぐらいの
    >イメージがある

    おおむね同意ですな。
    「東大出のくせに」というのはウンコ発想として、「おれは東大出だ!」と言う場合に、その目的は「自分は東大平均に近い能力がある」ことを意味するものでしかなく、つまり凡庸であることの表明でしかない。

    で、真ん中の文章につながってないと思う。
    私はどう見ても「自分は公務員だぞ、どうだすげーんでね? ワッハッハ」という意味でこの文章を書いているわけではなく、単にバカな公務員叩きへの反論を記述したまでで。

    公務員って言葉にピクッとくるのは、名言的に用いられる場面を実感する機会が、立場上頻繁にあるからであって、自分が公務員であることに関する「優越感」等によるものではないね。
    公務員になど、平均的な東北大卒業生にでもなれる。そしてちゃんとやっていける。日本のほとんどの企業がそうであるのと同様に。
     

  • 2009-08-15 (土) 03:43:39
    公務員(とつげき東北)という最下級奴隷(何をどうがんばろうが批判される)がいるからこそ俺達(パンピー)は楽出来る
    =公務員は最高である。(愚民目線で)
    =大衆は最悪である。(公務員目線で)
     
  • '''' 2009-08-15 (土) 22:29:27
    結局誰かのせいに出来ればそれで安心するところがあるし
    ソレをよく知っているマスコミが己の評価の為にソレを利用している。

    いかに理屈で物事を捉えられない=愚民であるかが伺える。

    凸さんは言ってる事は多少過激だと思うけどいつもあってる。
     

  • 2009-08-28 (金) 02:56:58
    アフィで思い出したけど
    東北が「いつも」正しいなんて無いから
    東風で俺如きに指摘されて無言決め込んだ時もあったしな

    俺「オメェサイトでこの広告押せなんて書いたら規約違反だぞ!」
    東北「ハァ?規約読んだけどそんな部分ねぇーぞハゲ」
    取り巻き「とつさんはいつも正しい!」
    俺「ちょっと待ていま探すから」
    東北「なもんねーよヴァーカ」
    取り巻き「とつさんが間違える訳ねーだろw」
    俺「URL提示」
    東北「あっ・・・マジだ・・・」
    取り巻き「えっ・・・」
    俺「ダセェェェェェェェェぇ東北「規約読んだけど!キリッ!」
    俺「エア規約読んだきたああああああああ(笑)(笑)(笑)」
    東北「・・・」
    取り巻き「・・・」
    俺「東北敗北北アあああああああああああああああああああああ」
    俺「圧倒的大勝利wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
    両者「・・・」(馬鹿にしてたつもりが証拠提出で逆にボロクソに馬鹿にされ涙目でキーボード認識できずwww)
    後で見直したら該当部分削除されてて終了(苦笑)

    なんて事もあったしな
    URL出すまで東北と信者がヤケに饒舌だったが
    URL出して俺の言ってる事が正しいと東北が宣言した瞬間から
    両者のレスが激減wwwwwwwwwwww

    第一お前如きに東北の言ってる事の正しい正しく無いが分かる訳ないだろ
    お前の知性じゃ例え間違えてても「とつさんの言ってる事はいつも正しい!キリッ」としか認識出来ないだろうに
    東北の文章にいつも反論出来ない(するだけの知能が無い)ってだけの話

    それにしてもこのサイトコメント書くのもうカス(俺含め)のみになったな
    ドバイの住宅街が如く閑散と
    ロム専まみれ
     

  • とつげき東北 2009-08-29 (土) 02:51:10
    なんか、「あ」が正しい人になってしまってるよな。
    デカダンス。

    今ちょっと色々やってるので、ちょっとずつ更新していくわ。
    読者諸賢は、「項目追加依頼」でネタちょうだいな。
     

  • '''' 2009-08-30 (日) 23:33:25
    今回の選挙についてなんか書いてくれよ凸
     
  • チェリ 2009-08-31 (月) 20:18:24
    選挙みたいなくすぐったいのより入社面接について書いて欲しい。
     
  • robert 2009-08-31 (月) 21:09:45
    投票に行く人はボランティアをする人と同様にアホ
     
  • '''' 2009-08-31 (月) 21:48:59
    kwsk
     
  • ちゅ 2009-08-31 (月) 23:34:17
    いいからさっさと凸は政権交代とかいうのについて語れよ 
     
  • とつげき東北 2009-09-01 (火) 00:33:44
    投票者のドMさは言うまでもないが、実際の政治・行政がどうなるかは正直謎だな。最悪のケースも想定されるし、奇跡的に自民党並の統治が可能になるかもしれん。
    とりあえず
    ・「社会的弱者」の過度な優遇により、「中流層」が貧困になる
    ・ごく一部の団体あるいは職業ないし産業が過度に恩恵を受ける
    ・日本人にとっては残念な法律がいくつか通る
    くらいは支持母体からして想像できるな。
     
  • ここまで読んだよ 2009-10-19 (月) 16:42:09
    まぁ、凸含む全ての参加者がココで何を言おうが、政治の流れが変わることは無い
    国民投票(選挙)が名ばかりと筆者が談じるように、国民の総意というものは、政治には絶対に伝わらない
    だから、支持母体から政治の行く末を予想することは、比較的無意味
    せいぜい、自分のみのふりを決めておくという「既成法律・審議中法律(時間とともに既成法律に自動的に昇華する)」から見ればあまり意味の無い作業にしか使われない
    意味が全く無いとは言わないが(新規法律に抵触するものを処分する猶予時間は必要だし)
     
  • 通りすがり 2010-06-19 (土) 23:42:24
    長い文章だから期待して読んだのに、ほとんど主観
    客観的データがほとんど無くてガッカリしました。
    特に※4の注釈については、法人税の改正案でもあるのかと
    期待していただけに、肩から力が抜けました。

 

  • ここまで読んだよ 2010-06-20 (日) 23:15:48
    >>直上
    ほとんどがそう
    って言うか、このサイト(の掲題)は著者の主観によって成り立っている
    客観データは主観の追認のためにしか用は成していない
    サイト冒頭を読め、そうすれば何で主観だらけなのかが判る
     
  • ぱんだ009 2010-11-02 (火) 20:47:47
    全くおっしゃるとおりでしょう。
    大衆ってなぜか、今の自分達の状況を改善しろ!よりも
    俺達が苦しんでるんだから公務員はもっと苦しめ!的な外に
    批判が向かいがちですよね。
     
  • ぱんだ009 2010-11-02 (火) 20:48:54
    全く(とつげき東北さんの)おっしゃるとおりという意味です。
    コメ欄とまぎらわしいので
     
  • ここまで読んだよ 2010-11-03 (水) 16:41:49
    自分を律するのは難しいが他人を律するのはたやすい
    これは、宗教・非宗教に因らず一貫していえる

    あと、自分を律することが出来ている人・そう思い込んでる人ほど他人を律することに躍起になる

    宗教で言えば大乗仏教・プロテスタント基督教・アルカイダなどがそうじゃないかな(律する方法は説得から殺戮まで様々だが)

    人物で言えば、凸あたりがそうなんじゃない?(苦笑)
    俺?言わずもがな(笑)
     

  • '''' 2010-11-07 (日) 02:34:01
    繰欠控除が「ごまかし」だなんて、凸にしてはちょっと問題あるぜ。
    (そうは言ってないのかもしれないがそう読める)
    メガバンはかつて巨額の損失を「本当に」計上したんだから、
    期間の純利益でいえば税金払ってないからって何にも得してない。
    儲かってないんだから。
    よくある「国民の血税で救ってもらったくせにけしからん!」
    っつー馬鹿丸出しの週刊誌のガス抜き記事と同レベル。
    これって正に「制度や実体に関する正しい理解が無いゆえの公務員叩き」
    と全く同じ構図なんだけど。
     
  • '''' 2010-11-07 (日) 02:54:39
    繰欠控除が「ごまかし」だなんて、凸にしてはちょっと問題あるぜ。
    (そうは言ってないのかもしれないがそう読める)
    メガバンはかつて巨額の損失を「本当に」計上したんだから、
    期間の純利益でいえば税金払ってないからって何にも得してない。
    儲かってないんだから。
    よくある「国民の血税で救ってもらったくせにけしからん!」
    っつー馬鹿丸出しの週刊誌のガス抜き記事と同レベル。
    これって正に「制度や実体に関する正しい理解が無いゆえの公務員叩き」
    と全く同じ構図なんだけど。
     

コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 02:54:39 (2811d)