とつげき東北

 功利主義者ジェレミ・ベンサムが刑務所の構造として発案し、ミシェル・フーコーによって思想界に概念的に持ち込まれたパノプティコン(一望監視施設)の特徴は、
・囚人は監視者の姿を見ることができない
・監視者はどの囚人の姿も一望することが可能である
といったものである(概観等については省略する)。
 直接的に誰によってどこから見られているのかがわからない構造によって、囚人は自らが「見られているのではないか」と不安になる心理を利用するものである。これはちょうど、試験監督が部屋の中を歩いて回っている間は、なんとか目を盗んでカンニングを行えるのに、試験監督が教室の後ろに座っている限り、生徒たちは「こちらを見られているかも知れない」と疑心暗鬼になるのと似ている。

 フーコーは、収容所及び19世紀以降に誕生した「精神病院」を系譜学的(フーコーの用語で言えば考古学的)に丹念に調べ上げることで、被収容者の行動を統御する方式が、個々の被収容者によって内面化されてゆく過程を見出した。近代以前においては、ある行動に対して暴力的・一方的な制圧として働いた主権的な権力は、近代以降、むしろ「疚しさ」によって自発的に人々が告白するように働く規律訓練型の権力に変化したのである。誰から強制されるわけでもなく、「(神様に)見られているかも知れない」「(自分の性衝動は)異常かもしれない」といった具合に、被権力者が訓練により自らの行為を律するよう変化するのである。精神病院ができるまでは、狂人は社会生活に溶け込んでいたし、同性愛者も普通に存在したのである。近代以降、臨床医学が「正常」と「異常」を作り出し、そうした「異常」とみなされる人々が、自ら精神病院等の門戸を叩くことになっていった。
 もちろんこれらは、産業革命以降、生産(労働)行為が国家の力となり、ライン的・分業的な生産に適さない種々の人々(注意散漫な者、時間を守らない者、無業者、ある種の身体的疾病患者等)が「(深刻な)病気」であるとして改善を求められる社会となったことと大きく関係している。国民1人1人の健康状態、学習状況、就業形態、生活様式等が国の興味の対象となり把握されるような「福祉国家」が誕生した19世紀以降の時期にこそ、国家的戦争による死亡者のうち2/3が集中しているのである。権力が人々の生活の隅々をあくまでもソフトに管理するとき、まさに人々は権力の虜になり、権力の意のままに行為するようになるのである。

 かくして日常生活の隅々にまで行き渡り、結婚しない者、喫煙を行う者、ロリコン趣味を持つ者等の間に密やかに浸透してきたのが権力の正体である。なぜかくもこの世の中が息苦しいかといえば、「異常」と「異常でない」の区別が与えられ、共同体の成員一人一人が当該「異常」に対して敏感になり、「異常でない」ことを自ら望み、「異常」な他者を排除しようと行為するからだ。
 だから学校では「あいつ、変なやつ」という理由でいじめが起き、ニート・フリーター生活を楽しんでいるだけで無能呼ばわりされ、美少女ゲームオタクであったりゲイであったりするだけで差別されるわけである。

 キリスト教において自らの「罪」を告解するのと同様に、医師・精神科医等に対して「異常性」を自ら告白する風習に慣れた近代以降の人間は、ついに与えられた規則以上の規則を自ら生み出すようになってゆく。「この行為は禁止である」と法令等により定められた行為だけにとどまらず、「この行為は、マナー上どうかと思う」「人間としてどうなの」といった言説が繰り返されるようになる。
 それゆえ沢尻エリカがキャラを活かして毒気ある行動をしただけでも人々はそれを咎め、ミス東大のブログで「こじき」に悪態をついただけでブログが炎上する。そういった風潮に対して筆者が「愚か者死すべし」と評するだけでも筆者は「異常」性格者だとの烙印を押されるかもしれない。望むところである。一流大学を卒業していない者をはじめとする不勉強な者どもは、安易にこうした権力装置に踊らされるのだ、知的異常者としか言いようがない、と受け流してみせよう。

 結局のところ、人々は自らの行動をいかにも権力にあわせた形に近づくよう行為しようとする。それも、「殺人はいけない」「勤務時間には真面目に働くこと」といったレヴェルの規則ではなくて、「一人でカラオケや焼肉、ディズニーランドに行くのは変だ」「大人になってもゲームにはまるのはおかしい」「人間は生まれてきた以上、子どもを作るべきだ」「そんなにラーメンばかり食べていたらよくない」などの実に下らない教えを自ら作り出し、共有をはかり、進んで当該制約に制限されたがる。これらは必ずしも明文化されないものだから、さほど「変」「異常」でないはずの行為(ファミコンをすること等)も、いつ「異常」に認定されるかもわからぬ(実際に「ゲーム脳」などといって攻撃される)。ゆえに彼らは、さして「変」「異常」でない行為に対してまでも、臆面もなく自らの襟を正すようになってゆく。当然彼らの心は、自ら正した襟を他人にも強要せずにおけるほど広いわけでもない。
 人々のこの種の極めて陰鬱でいたたまれないほど根暗な性質こそ、まさに現代の病であり、神経症的な異常行動そのものなのであって、それが彼らのギャグセンスのすべてを奪い、世界をぎすぎすさせ、人生をかくもつまらないものとしている元凶に他ならないのだ。われわれは徹底して自覚的に、彼らが「異常」だとみなすような行動を楽しめる人間に、つまり健康で知的な人間になろう。

(解説)権力

  • '''' 2008-01-05 (土) 08:32:18
    私は、「お前は異常だ」と言われることを楽しむ
     
  • '''' 2008-01-06 (日) 20:13:08
    無駄に長い。
     
  • '''' 2008-01-06 (日) 20:16:55
    勝手に楽しんでろ
    それを主張してどうするつもりなんだ
     
  • とつげき東北 2008-01-06 (日) 21:38:54
    2300文字弱の文章を「長い」とか感じてたら仕事できないぞ!
     
  • とつげき東北 2008-01-06 (日) 21:52:58
    >主張してどうするつもりなんだ

    まず自分に対して問うべきでは。
     

  • 201655 2008-01-06 (日) 23:08:59
    >とつ
    おれのこんなレスにレスするとは。
    正直驚いた。
    ループするのは好きなほう?
     
  • '''' 2008-01-06 (日) 23:53:58
    異常と異常でないとの区別が恣意的に決められて
    成員一人一人が異常ではない行動をし、異常な行動をするものを排除しようとする
    ゆえにこの世は息苦しい

    と書いてあるが、息苦しいとは思えない
    むしろ快感だ。なぜ息苦しい?
     

  • とつげき東北 2008-01-07 (月) 00:09:13
    セーラー服を着てくれる女性の割合が比較的少ない。
     
  • とつげき東北 2008-01-07 (月) 00:14:14
    まじめそうだからまじめに書こう。

    もちろん私にとっては現状かなり快適。

    ただ「息苦しい」と感じている人は多い。年賀状を書かないといけないとか、上司や親戚のつきあいがどうとか、具体例は山ほど。
    そういった意味での記述。
     

  • 亡国 2008-01-07 (月) 00:39:11
    私は村八分の快適さを満喫している。これほんと。
     
  • とつげき東北 2008-01-07 (月) 01:26:38
    >亡国
    精神的な害しかない村八分はいいね。
    ただ、1人あたりGDPがもはや世界20位以下という、先進国とはもはや言いがたいほど異常に貧乏な日本という国において、にもかかわらず勤務・残業時間が世界最高であるという事実を考慮すると、あながち放置してもおけないね。「みんな頑張って仕事しているから私も頑張らないと、あの人だけどうして頑張らないのかしら……」的な愚行が実際にあるからな。仕事の能率が良い人(残業時間が相対的に少ない人)にとってこれは困る風潮だ。そんな精神論ではなく、医療制度をなんとかするなど政策的解決をせにゃならんのだがね。
  • '''' 2008-01-07 (月) 01:49:56
    え?違う違うwおれは違うwおれじゃなくて。
    みんな…っていうか息苦しく感じてる人もいますよ、ってだけで。
    おれはむしろ快適ですよ?


    苦しい。なんか息苦しい。
     
  • '''' 2008-01-07 (月) 11:46:32
    仕事時間が最高なのに、貧乏なのは「異常」だ
    だから放置しておけない?

    確かにいっぱい仕事してるのにさっぱり成果が上がらないのは異常だろう。
    でもいいんでは?異常を楽しむのだから。
     

  • '''' 2008-01-07 (月) 12:48:06
    なんか変だな
    「〜〜すべき」
    「〜〜してはいけない」
    というのは、それだけでは意味がなく
    「〜〜のためにはすべき」
    「〜〜のためにはしてはいけない」
    別に私は「ゲームをすべきではない」なんて思わないが
    ある学生が、ゲームばかりやっていて成績が悪いが
    その学生が大学に入りたいという前提なら
    「ゲームをやめて勉強すべき」だと言う。
    目標、目的がない状態なのに
    「〜〜べき」「〜〜してはいけない」


    突撃東北氏にとって
    あながち放置してはおけないということは
    「現状は変わるべき」なのだろう

    先進国であるにもかかわらず、残業時間が多いのにGDPが低くで、「異常に」貧乏。
    「異常なのは」は嫌だ。
    だから現状は変わるべき。
    こう言ってる?
     

  • '''' 2008-01-07 (月) 16:43:33
    「A:残業時間が多いのにGDPが低い」は「B:遊んでばかりなのにお金に困らない」のおおよそ逆になる。
    「A:楽しくないし生活に困る」「B:楽しいし生活に困らない」としてもいい。
    Aは無能や怠惰、不運だと陥る苦境だが、Bは有能であったり強運がないと実現されない。
    で、日本がAであるということはAに陥る人々が多いということだけど、
    これが困る風潮だというのはこいつらのBの人々に対する妬みなんかが死ぬほどウザいということがある。
    妬むだけなら(精神的な害しかない村八分なら)まだしも、あろうことか奴らは数だけは多いから多数決などの
    「数が多ければ勝てるルール」でBを排除(社会的な村八分)しようとする。死ねばいいのに。バカは死ねばいいのに。

    >でもいいんでは?異常を楽しむのだから。
    楽しいことが社会的に異常でも気にせず楽しむということであり、
    楽しくない異常は誰も望まないと思うよ。
    その状況を強いられた時にやむを得ず、ということはあるけど。
     

  • '''' 2008-01-07 (月) 17:37:27
    「GDPが低い」
    「生活に困る」
    このこと自体が無能や怠惰、不運でしょう?
    残業時間が多いとか少ないとか、楽しいとか楽しくないとか関係なく。

    「一日中遊んでばかりなので、金がなくなって、食べ物もありません、生活に困りましたなんとかしてください」なんて人が俺のとこに来てもゲラゲラ笑いながら「死ねば腹は減らないよ」といって相手にしない。
    (高額の寄付をしたばあさんが、うちは貧乏なので金が欲しい
    などと言ってきた馬鹿を一蹴したのは最近だったな・・・)

    残業時間が少、GDPは多・・・A
    残業時間が少、GDPは少・・・B
    残業時間が多、GDPは多・・・C
    残業時間が多、GDPは少・・・D

    BとDが無能で、それが多いのが今の日本の現状だ
    (確かに、GDPが20位という根拠などなくても江原ナントカいう自称霊能者が書いたあまりにもインチキな本
    を多くの連中が信仰しベストセラーになったり、水に「ありがとう」とか言うとおいしくなる
    なんてまかり通ってるのだから、確かに無能なのだ)

    GDPが低く、残業が多いから放置してはおけない
    ってのは
    仮に日本がGDPが低く、残業が少なくなったり
    GDPは多く、残業が多くなったりすれば問題ないの?

    「がんばって成果を上げた人」も「がんばらなかったので成果が上げなかった人も

    「がんばらなかったのにも成果を上げた人」
    を攻撃する。
    となると、それだけ問題で
    残業の多い、少ないは無関係では?
     

  • '''' 2008-01-07 (月) 18:10:03
    >放置してはおけないね
    ってのに対し
    1.何を放置してはおけないのか。
    恣意的に決められた異常と正常によって根拠の無い理由をつけ差別すること
    (美少女ゲームをやってるやつは、将来幼女をレイプするから監視すべきだ)
    2.何故放置してはおけないのか
    [みんながんばってるのに、あいつはがんばってない]
    がんばる=正常、がんばらない=異常
    といったことがまかりとおると、あまりがんばらなくても
    成果を上げてる有能な連中が無理やり働かされるから

    これは、先の異常という話と違うのでは?
    たとえば、美少女ゲームをやったりゲイを差別するのは
    妬みによるものではない
    (金銭的理由などにより美少女ゲームを買えない人なら妬むかもしれないが、あまりいないでしょう)が
    私よりがんばってない人が私より成果を上げてるのは嫌!
    ってのは異常とか正常とかの差別というより妬みでは?
     

  • '''' 2008-01-07 (月) 19:05:10
    「放置しておけないね」ってのはそんな切羽詰ったり厳密な意味ではなくて、彼自身はそういった問題と別の次元に居る上で、日本の現状という悪いものを見て自然にこぼれた発言だろう。
     
  • '''' 2008-01-09 (水) 00:25:14
    結論。
    とつは適当に発言しすぎ。
     
  • 2008-01-09 (水) 16:09:28
    噛むの遅すぎだろ。
    早く消化しろよ。
     
  • '''' 2008-01-11 (金) 10:58:52
    >精神病院ができるまでは、狂人は社会生活に溶け込んでいたし、同性愛者も普通に存在したのである。

    ttp://cruel.org/other/foucault.html
    ここによれば違うそうですが…
     

  • 2008-01-24 (木) 12:51:16
    仕事でもないのに適当に発言できないとかどんだけ〜
     
  • 2009-08-28 (金) 04:15:35
    セーラー服を着てくれる女性の割合が比較的少ない。

    東北に見られたら末代までの恥だからだろ
    それで説明がつく
    ふー・・・なんて理論的
     

  • ここまで読んだが 2009-10-17 (土) 05:17:45
    セーラー服を着る人のところにいけないだけじゃないのか?
    どこに住んでるのか知らんが、ちょっと走れば歓楽街くらいあるだろ
    そんなに自信がないか?

    もし山奥だったらわびる
    さびるかもしれんが

    >>''''
    逆だろ
    現状を変えてほしくないから無理に現状を変える方法を用いて無理(あきらめ)を誘っているだけにしか見えない
     

  • G3 2009-12-10 (木) 00:17:39
    東北氏の視点はあくまでカオス側であり一般論ではない。
    何が異常で、何が異常でないかの判断は、被験側自らの主張で
    確定するものではなく、まして観察者や善良な市民が下すものでもない。

    対象と対峙した者が、それぞれの立場で都度、各々が判断を下すもので、
    かくあるべし、という枠には収まらない。

    例えば、私にとってレイプ犯人を嫌う心理とは、
    レイプ満載のエロゲを楽しむ者を嫌う心理と同一であるため、
    エロゲファンを卑下することを信条として実践している。
    これは「娘が被害者になった」という事に起因している、
    私特有のケースであって、全ての人がそうふるまうべきと
    声を上げるようなものではない。
     

  • '''' 2009-12-10 (木) 15:53:56
    >G3

    人それぞれでいいじゃん」以上の何を言っているのか、もう少し詳しく。
     

  • boruboru 2009-12-10 (木) 21:31:38
    >G3

    「私、納豆嫌いなんだよね」と同じ意味で「エロゲファン嫌いなんだよね」ってこと?

    ……………それは確実にウソだろー………。

    例えば、私にとって大豆を嫌う心理とは、
    大豆満載の納豆を嫌うのと同じ心理であるため、
    納豆を卑下することを信条として実践している。
    これは「大豆製品で腹を下した」という事に起因している、
    私特有のケースであって、全ての人が…(以下略

    ………本当にこれと同レベルで主張してるんだったら良いけど。
     

  • ここまで読んだよ 2009-12-11 (金) 00:20:59
    >>boruboru
    >大豆製品で腹を下した
    これは
    >娘が被害者になった
    のように「他人の作為で起こされたもの」ではないから、G3の主張を言い換えていない
    納豆で腹をこわしたのはそんな腐ったもん食って腹をこわした阿呆のせいであり、他の誰もせいでもないだろう
    言いたいことはわからんでもないが、さすがに阿呆と同じレベルにするのはやりすぎ

    >>G3
    凸は最初から、「一般論は一言も言っていない」
    FrontPageにあるように「頭が良くなる」ことを目指すわけだから、殊更掲題への説明は「平均≒一般論(≒大衆)」であってはならないわけ
    端から見れば極論にも見えがちだが、凸の言う「頭の良い」ほうへの「異端」を目指すにあたって平凡な説明のみでは充足できないよ
     

  • boruboru 2009-12-11 (金) 12:36:11
    >ここまで読んだよ 

    う、言われてみればそうですね。すまん。G3氏。
    エロゲファンの一人だからなんか過度に攻撃的になってしまった。

    結局のところ、こういう私の態度こそが『共同体の成員一人一人が当該「異常」に対して敏感になり、「異常でない」ことを自ら望み、「異常」な他者を排除しようと行為するからだ。』の部分なんだろうな。
     

  • ここまで読んだよ 2009-12-11 (金) 15:07:09
    大衆性においては、多数に共感を得た者の発言が正当な発言になる(正しいとは限らない点が重要)
    また、上記に掲題が寄与してる面も多くある。
    これを巧みにシステムに取り込んでいるのが、「選挙」
    これを巧みに擦り込みとして利用しているのが、「マスコミ」「CM」
    これを巧みに暴利に結び付けているのが、「催眠商法」「季節商戦」
    これを巧みに心理誘導の手法としているのが、「被害者の肩書き」
    である
     
  • ここまで読んだよ 2009-12-11 (金) 15:08:02
    修文:(正しいとは限らない点が重要)→(実際に正しいとは限らない点が重要)

 

  • fur 2011-05-29 (日) 21:22:20
    >一流大学を卒業していない者をはじめとする不勉強な者どもは、安易にこうした権力装置に踊らされるのだ、知的異常者としか言いようがない、と受け流してみせよう
    挙げ足をとるようですが、本サイトの別の項目で、学歴は必ずしもその人物の能力や知性を計れないという記述がありませんでしたか?
     
  • ここまで読んだよ 2011-05-31 (火) 00:40:08
    >>fur
    学歴∈不勉強でよいが、権力装置の置かれる種類と場所による
    権力装置は、国家公務員や弁護士の近くに置かれる場合のほうが魚屋の近くに置かれる場合よりも圧倒的に多い
    (そもそも魚屋は大学にいかない場合も多い・一流大学の学力は必要なく、魚屋の学力(ノウハウ)が必要だからである)

    一流大学を卒業云々の発言そのものも権力装置に踊らされていることは、凸自身もわかっていて言っている事であろう(巧みに利用していればただの催眠話術であり、利用してなければ自らの発言に真に踊らされている偶像である)
    そして、それにさらに輪をかけて踊らされている寅の意を借る狐たちがこのサイトにいっぱい居る
     

  • fur 2011-06-04 (土) 21:13:27
    私は挙げ足を取ろうとして釣られたということですかな。
    ところで、権力装置というのは具体的にどういった意味の言葉なのですか?
    どこかで発現した造語なのか、専門用語を引用しているのか。
    何となく理解しているつもりなのですが、なにしろ「何となく理解した=あまり理解していない」の図は、私がこのサイト記事を読むとき、顕著に現れるようでして。
     
  • ここまで読んだよ 2011-06-06 (月) 07:26:26
    >権力装置というのは具体的にどういった意味の言葉
    たとえば、凸に対し凸の取り巻きを寅の意を借る狐共と称したときの「凸」
    (この場合はidolでしかない微弱な権力装置だが)
    考えるだけ出て来るから、これ以上はパス

    >私は挙げ足を取ろうとして釣られたということですかな
    若干合ってはいるが、違う(俺は釣った気はないし、凸は先述のとおり)
    このスレでの「計る」は、カテゴリーの違うものへの対応(一流大学にカテゴリーするものへの、一流大学在籍・卒以外が各々抱くもの)について
    先述のfurの引き合いに出した「計る」は、カテゴリーの似るものへの対応(一流大学にカテゴリーするものへの、一流大学在籍・卒者が各々抱くもの)について
    そもそも引き合いに出してるもの(前提)が違うから、これら2スレの内容を直で比較することが出来ないだけ

    結論だけを持ち出して並べて比較しても無意味
    前提をある程度そろえた上で比較しなきゃね
    例:新幹線と夜行バス
    ・新幹線は早く(時間を掛けず)到着するから夜行バスより優位性がある:所要時間
    ・夜行バスは早く(朝)到着できるから新幹線より優位性がある:到着時間
    同じ「早く」でも、前提(括弧内)が違うだけで結論(:の後に書いた優位性の正体)が逆転する
    この例は明確に違いがわかるから勘違いなどはおきないだろうが、前提の差異に気づかぬまま比較する意味がないことはこの例からもわかると思う
    もっぱら「新幹線の方が早い」を「早いのは所要時間(速いから勝手に起きる連想)」に固定しがちだからこういう勘違いが起きる、もう少し話者が何を語ろうとしているのか注意深く見る必要がある
     

  • fur 2011-06-08 (水) 01:29:35
    申し訳ないのですが、「権力装置」という言葉(造語?)の意味を問うた際に、その言葉の使用例だけ出されても理解しかねます。
    いち個人が振るえる物理的な力を上回る物理的な力で、民間人を統制する政府や警察組織のことを、必要な時に暴力を振るう組織として、あるいは民間の力を力で抑制する組織として、「暴力装置」と呼ぶことがあるようですが、これと関連性はありますか?

    あと、後半の新幹線とバスの例は大変わかりやすくてありがたいのですが、それをもって何を説きたいのかが私には未だ不明瞭です。

    私の言い分を詳細に記すと、
    >一流大学を卒業していない者をはじめとする不勉強な者どもは、安易にこうした権力装置に踊らされるのだ、知的異常者としか言いようがない、と受け流してみせよう
    と言う記事の中の記述に対し、
    「一流大学を卒業しておらず、不勉強であることと、『権力装置に踊らされる(この場合、「異常」とみなしたものを過剰に叩くこと、)』こと、または踊らされる愚かさ」の関連性が薄いのではないかと考えました。
    そして、本ウィキにも「学歴」というページがあったことを思い出し、「学歴について考察した経歴があるのに、一流大学卒でないこと、不勉強であること(一流大学卒でない、と事前に書かれているため、学問的に不勉強という意味でとれる)と、『権力装置に踊らされ』ていて『知的障害者(じみている)』ことを関連づけるのか」と思い、上記のような質問を出しました。
    「権力装置踊らされる」なんて非知的だ、という言い分は理解できますが、トゲのある言い回し以前に少々軽率な言い回しでないかと思いました。
    もちろん、本記事が「学歴」の記事の前に書かれた可能性もありますし、とつ氏がそのフレーズを単に記事のスパイスとして入れた可能性もあります。「一流大学卒でない=不勉強」とは書いていないことも承知しています。

 

  • ここまで読んだよ 2011-06-08 (水) 22:38:15
    >それをもって何を説きたいのかが私には未だ不明瞭です。
    「例:新幹線と夜行バス」の2行前にちゃんと書いてある
    furのを抜粋するなら
    >本サイトの別の項目で、学歴は必ずしもその人物の能力や知性を計れないという記述(≒当該スレ)

    >(略)(≒このスレ)
    この2つ、置かれた前提が違うのでそもそも比較するに値しないということ

    >と言う記事の中の記述に対し、(略
    ならば、引き合いに出すものを根本的に間違えている
    先にも書いたように、前提の違うものを引き合いに出したところで「あ、そう」で終わるのが関の山、凸なら「お前バカ」と一蹴するところか
    前提をそろえた上でなければ、どのようにも捻じ曲げて解釈できるしどのようにも真実(という偽り)を導き出せる
    (ちなみに、俺の悪趣味はこれを逆手に取っている)
    裏返せば、相手の掲げた前提をしっかり把握できなかった者が頓珍漢な論述をして結果的に失笑を買う→「(議論テク)大衆論法:論点ずらし」を意図せずやってしまうということ
     

  • fur 2011-06-12 (日) 01:30:32
    紹介していただいた「(議論テク)大衆論法:論点ずらし」の項目内で「(議論テク)大衆論法:無意味長文」の項を見つけました。無意味長文もやっちゃった。

    「権力装置」に踊らされる大衆を対象とした考察の記述と、「学歴」と言う概念、そして一部の高学歴を持つ人間を対象とする考察の記述は、それぞれ異なる主旨のもとで意見を展開しているため、それらを比較して片方を批判することは困難ないし不可能である、ということですかな?
    ラーメンの味を引き合いに出してリゾットの味を批判するようなものですか?

    それとは別に。
    本記事を読んでいる最中、「一流大学を卒業していない者をはじめとする〜」という記述に対し「なるほど、その通りだ」と思ったら、ここまで氏の言う「催眠話術」にかかったということですか?
     

  • ここまで読んだよ 2011-06-12 (日) 19:34:10
    比較で最も重要なのは比較基準
    それがきちんと判ればいいのだが、わからないまま比較しちゃうと嵌る
    だから、
    >ラーメンの味を引き合いに出してリゾットの味を批判するようなものですか?
    がYesともNoとも答えられない、比較基準がわからないから(「他人が作ったもの」という前提ならほぼNoだし、「同じ店の商品」という前提なら強引にYesということもできよう)
    今回の一連がたわいもない話題だったなら、(furが提示しなかった「前提」を)ある程度推測してYesと答えるところではある

    >「催眠話術」にかかったということですか?
    そもそも迎合してるなら催眠話術ではない
    元は迎合できない論述においてうわべだけ読んで迎合した気になってしまった場合、「催眠話術」にかかったということになる
    ただし、催眠話術にかかったかどうかは、本人にはその時点ではわからない
    老人相手の「催眠話術による高額布団商法(詐欺商法)」を、老人視点でシミュレートしてみればどうしてかわかるんでないかい?
    (老人が死ぬまで高額布団を納得して使用し続けたなら、催眠話術にはかかっていないことになる・・・・「傍から見れば間抜けな老人」だが、老人本人は詐欺師の論理に迎合しているからである)
    催眠話術ひっかかったかどうかは、第3者視点か、時間経過による自己再評価で判る場合が多い・・・・つまり、催眠話術にかかってしまうようではそもそもだめだということになる
     

  • ここまで読んだよ 2011-06-12 (日) 19:36:18
    ありゃ、YesとNoが反対のままだった
    修文:(「他人が作ったもの」という前提ならほぼYesだし、「同じ店の商品」という前提なら強引にNoということもできよう)

 


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-12 (日) 19:36:18 (2717d)