Revin

 当Wikiでは主として会話や議論社会的制度等における「名言」性を解説しているが、そういった名言的傾向は音楽という分野にも「歌詞」という形で強く表れている。購買層(人類)の多数が名言的感性の持ち主であるため、商業的にもそれに合わせた方がが有利なので、売り上げチャートは名言的楽曲が席巻しているのが現状であり、特に男性/女性アイドルは知名度を上げるために、こうした名言的楽曲をリリースすることが当たり前となっている。「感動的」「謙虚」あるいは「自分達凡人を否定せず、むしろ賞賛する」ような曲を、大衆は求めている(例えばSOFFetというアーティストは「人生一度」という平凡なサラリーマンの人生の内容を歌詞にしている曲で「サラリーマンを馬鹿にしているのではないか」という批判を受け、「自分達なりの応援歌だ」などと釈明させられる事態に陥ったほどである)。

 さて、こうした善の賛美や大衆への迎合のつまらなさは誠に残念であるが、中でも驚くのはその語彙の貧困さである。POPSを聞いていると、同じような言葉が頻発されていることに気づいた読者も多いことと思う。これはつまり、「感動」を生み出す自動的な言葉が歌詞に多く用いられているということで、それはまさしく「名言」に他ならない。

[参考]名言的フレーズを組み合わせて歌詞を作る試作プログラム

歌詞によく見られる名言的フレーズの例

※以下の言葉を用いていることは名言的であることと同値ではなく、あくまで大衆に好まれる楽曲に頻出するということに注意されたい
※多数の分類に該当するため重複している語句もある
※品詞が変わって同義の名言的フレーズが存在する場合は「[品詞]語句」で補足
※特に関連の強い言葉・用法・活用形も適宜併記

名詞

※セットで使われる言葉がある時はそれも掲載

●傍
 傍に居たい、傍に居てほしい、傍に居てあげる、傍で
●ぬくもり
●何か
 何かを探している、大切な何か、特別な何か
●誰か、人
 誰かを愛することなんて、人を愛することなんて(できない)
●旅
●光
●面影、おもかげ
●卒業
●力
●本当、ほんと、ホント、TRUE・・・副詞「TRUELY」は少ない
 本当の自分、本当に
●すべて、全て、EVERYTHING

◎地形・自然物・天候

●風
●晴れ、くもり、雨、雷、嵐
●山、海
●空、星空、夜空
●道
 帰り道
●木、森、葉、芽、花・・・なぜか「林」はあまりない
●太陽、朝陽、夕焼け、夕陽、月、星

◎感情的概念

●愛、LOVE
 [動]愛す
●思い、想い
 [動]思う
 この思い、思い出
●気持ち
 本当の気持ち、この気持ち
●願い
 [動]願う
●約束
●必然、偶然
孤独
●しあわせ、幸せ
●人生
●強さ
 [形]強い
●弱さ
 [形]弱い
 弱さを認める
やさしさ、優しさ
 [形]やさしい
●不安
●答え
 答えなんてない、答えを探している
●夢
 夢はかなう(から)、夢に向かって、夢を追う、夢を描く
 夢のかけら・・・つまり既に砕け散ってしまったのである。
奇跡
 (君と)出会えた奇跡 奇跡は起きる、奇跡の軌跡
●喜び
●運命
 読みは「ウンメイ」「サダメ」のいずれでも登場
●希望

人間の器官・動作に関係するもの
●目、眼、瞳
 瞳を閉じる
●声
 声が聞きたくて
●心、こころ、ココロ
 心から
●涙
●胸
 胸に、胸いっぱいの、胸がいっぱいになる、胸騒ぎ
●キス、キッス、KISS

◎時間に関係するもの

●過去
●未来
●季節、春、夏、秋、冬
●n年前
●明日
 読みは「アス」「アシタ」のいずれでも登場
●あの日、その日
 あの日まで、あの日から、その日まで
●あの頃
●永遠
 読みは「エイエン」「トワ」のいずれでも登場
 「トワ」の場合は「永久」とも書く

動詞

※「〜〜したい」と願望の形で用いられることが多い(例:抱きしめたい)
※「〜〜して」と『連用形+て』で文が終わることが多い(例:抱きしめて)
※「〜〜するから」の形式も多い(例:守るから)
※他に「〜〜できない」「〜〜してしまう(んだ)」「〜〜してみせる」などの形式もある
※上記以外の終止形ではない形で使われることが特に多い言葉もそのままの形で掲載
●思う 想う
 [名]思い
 (君を)思う気持ち
●考える
 君の事を考えてしまう
●染める、染め上げる
●抱きしめる
 抱きしめたい 抱きしめて
●伝える
 伝えたい
●会う、逢う
 会いたい
●好き
信じる
●落ちる、堕ちる
●待つ
 待っている
●色あせる
●気づく、気付く
●傷つく、傷つける
 知らないうちに傷つけていた
●疑う
●わかる、分かる、解る
 わからない、わかってる
●追う、追いかける
 追い続ける、追い続けていた
●泣く
 泣いた、泣いている・・・主語は人以外でもよく使われる
●願う
 [名]願い
●祈る
●守る
 守るから
●ありふれた
 ありふれたやさしさ ありふれた言葉
●過ごす
 (君と)(共に/一緒に)過ごした時間
●くじける
 くじけそうになる、くじけてしまう
歩く歩む
 (君と)(共に/一緒に)歩いていく、歩んでいく、歩き出す
●進む
 進んでいく、進み出す
●走る
 走っていく、走り出す
●駆ける
 駆けていく、駆け出す
●愛す
 [動]愛
 愛する、愛してる
●包み込む
●向く
 向かって、〜〜に向かって(歩き出す/走り出す/進んでいく)
●立ち向かう
●変わる
 変わらない、変わってしまった、変わり続ける
●探す、捜す
 探している、探し続けている、探していた
 自分を探す、君を探す・・・探しすぎである
●笑う
 (共に)笑おう、笑いあう、笑いあえる、笑える日
●呟く
 そっと呟く
●咲かせる、咲かす、咲く、咲き誇る
●繋ぐ、繋がっている
 手を繋ぐ、手を繋いで、繋いだ手、繋がっているんだ、君と僕を繋ぐ〜〜
●支える

◎打ち消しの形で使われることが多いもの

●戻らない
 (もう)戻らない、戻れない
●忘れない
●飾らない
 飾らないあなた 飾らない言葉
●届かない
 (君に)届いてほしい、届け
●離さない
 君を離さない、離さないよ
●わからない

形容詞・形容動詞

※ほとんどが「〜〜さ」と名詞化して利用される(例:やさしい→やさしさ
●愛しい
 [名]愛 [動]愛す
 愛しい君
●やさしい、優しい
●寂しい
●強い
●弱い
●いい、良い
 〜〜すればよかった(君に好きと言えばよかった)
 君は君でいい、そのままでいい
●大切な
 大切な何か、大切な人、大切さ
●特別な
 特別な何か、特別な人

その他

●(もう)二度と
 もう二度と会えない もう二度と届かない
●そっと
●きっと・・・同義語「恐らく」「多分」はあまり利用されない
●けど、けれど
 動詞に付いて「〜〜だけど」「〜〜するけど」:会いたいけど

◎時間

●もう
 動詞を省略して単体で使われることも多い:今はもう
●まだ
 動詞を省略して単体で使われることも多い:今はまだ
●いつも、いつだって、いつだったろう
 「いつも〜〜しているよ」:いつも愛しているよ
●いつしか
●いつまでも

◎感動詞・間投詞

●ごめん
 ごめんなさい、ごめんね
●ありがとう
●さよなら
 昨日までの自分にさよなら
●ああ
●ねえ

◎指示語

●この、あの、その、どの
●こんな、あんな、そんな、どんな
●ここ、あそこ、そこ、どこ
 どこにでも、どこへ行く、
●そう
 そうさ、そうなんだ、そうだね

2009-01-19 (月) 13:11:58追記:

 某歌詞サイトに掲載されているほぼ全ての楽曲の歌詞49843件を対象に、出現する単語のランキングを作成したので参照されたい。2009年1月中旬調べ。

・Mecab 0.97 Windows版を使用、辞書はUTF-8版、解析にはPerlを用いた
・1曲に何度再出現してもカウントは1回
・助詞・助動詞は除外している

(下記のテキストは文字コードがUTF-8であるため、ブラウザで「文字のエンコード→Unicode(UTF-8)」等の設定に変更しないと見れない可能性がある)
出現単語一覧:http://toturev.sakura.ne.jp/data/total_keitaiso.txt
アーティストごとの曲数:http://toturev.sakura.ne.jp/data/artists.txt

 筆者はまだこれらのデータをもとにした詳細な分析をしていないが、読者からの鋭い分析や意見があれば歓迎する。

  • わはは。こりゃおもしろい。「(もう)戻らない」とか見てるだけでわらける・・・ -- とつげき東北 2007-01-08 (月) 17:25:19
  • いやぁ…「特別な何か」がつぼだった…特別なのにw。あ、「本当」の対義で「嘘」も推薦。「たとえ嘘でも」みたいな使い方 -- 七氏 2007-01-08 (月) 18:13:51
  • 夢のかけらがイケてる。希望のかけらとか愛のかけらとかもある。 -- ぷりっぷりのおしり 2007-01-08 (月) 21:50:34
  • 夢のかけらがイケてる。希望のかけらとか愛のかけらとかもある。 -- ぷりっぷりのおしり 2007-01-08 (月) 21:50:35
  • いつかきっと解けるから 諦めないで、諸条件の検討を ありふれた間違い いつしか仮定を忘れてしまうものなんだろう 背理法のぬくもりをあなたに伝えたい 嘘でもいい、対偶をとってみることが大切なんだ 胸いっぱいの定理と公式 色あせないようそっと呟いた もう戻らないあの頃の命題 くじけそうになっても 自分だけの特別な証明に向かって歩き出そう -- マネ 2007-01-09 (火) 06:17:54
  • ステキすぎ -- プリップリノオシリ 2007-01-09 (火) 10:56:46
  • 自動感動歌詞作成プログラム誰か書いて!(笑) -- とつげき東北 2007-01-09 (火) 23:08:20
  • 開発中→http://revrev.dip.jp/autoemo/lyrics.cgi -- Revin 2007-01-10 (水) 04:42:23
  • 歩む」や「進む」だと「ゆっくり(と)」みたいな副詞と相性いいよね。「一歩ずつ」とか「すこしずつ」とか -- 速度が遅い 2007-01-10 (水) 12:42:13
  • うわーよくぞここまで(笑)・・・歌詞って、語数とか音に乗りやすいとか制限があるから、使われがちな言葉はありますよねえ確かに。 -- 月 2007-01-10 (水) 20:42:48
  • おお 面白いな ちょっと工夫したらほんとの歌詞みたいなのがぽんぽん作れそう。主題とか登場人物だけ好きに入力させてな(笑) -- とつげき東北 2007-01-10 (水) 23:11:35
  • 前に松任谷由美の使う歌詞を分析して、そういうプログラムを作った学者さんが紹介されてました。出来あがった作品を見たけど、確かにユーミンぽいけど売り物にはならないだろうなあと思ったな。 -- 月 2007-01-11 (木) 22:38:45
  • プログラムに多くの人を共感させる歌詞って書けるのかな? -- 月 2007-01-11 (木) 22:40:54
  • Googleの検索は情報科学における自然言語処理理論を応用しており、人間の検索より正確かつ適切であるように、歌詞などの作成も、いずれとても上手にするようになるんじゃないかなと思います。ハイレベルなものを作るのはまだ難しいでしょうが、「多くの人に共感」レベルであれば、少なくともたたき台は充分作れると思いますよ。 -- とつげき東北 2007-01-12 (金) 01:49:25
  • 共感させる=名言的歌詞を上手くつなげる、という意味では可能なのでは。 それはそうと名詞のところに笑顔(スマイル)ってのも加えてください。 -- 明 2007-01-12 (金) 01:51:42
  • 浜崎あゆみジェネレーターとかなかったっけ?>自動感動作詞 -- 2007-01-12 (金) 03:45:46
  • 多くの人に共感させるためには、その時代の人々の感情をうまくすくい上げたり、支持されるような思想を提供したりしなくちゃいけないから、そんなに簡単には思えないんですけど・・・ -- 月 2007-01-12 (金) 20:55:55
  • グーグルは非常に適切に、その時代の人々の探究心をすいあげてますよね。なんで同じことが感動に適用できないと考えるのかわかりません。もちろん名言ランダム並べプログラムでそれができるとは言わないが。 -- とつげき東北 2007-01-12 (金) 22:53:36
  • 「漠然と思っていたことを言葉にしてくれた」と多くの人が感じるような作品がヒットするわけですよ。プログラムはそういう作品を作れるのかな? -- 月 2007-01-13 (土) 09:37:12
  • 詩の「言葉」でヒットしているものはほとんどないよ。売れる要素の大半は「作者名」とか、音楽なら「曲」と「歌手」であって、詩・歌詞は普通売れないもんだよ。実際ゴーストライターはいろいろいるし。「同世代の共感を得る」程度の「詩」を書くことはごく簡単だろうが、それを売ることは結果的に難しい。 -- とつげき東北 2007-01-13 (土) 11:25:15
  • いずれにせよ指摘したのは、「感情・精神的な領域には/数学やプログラムは役立たない」といった、古い科学観に基づく名言について。 -- とつげき東北 2007-01-13 (土) 11:28:53
  • 昔、たけしの万物創世記で名言的名歌詞、覚えやすいフレーズ、脳科学的にしっくりする声、曲でヒットできるかって企画あったけど歌ってた奴が無名だったから売れなかったって事あったなー -- su 2007-01-13 (土) 20:07:57
  • 歌ものであるかぎり、言葉だってヒットの要因のひとつですよおーそりゃ、楽曲やネームバリューに左右されるのは分かるけど・・・で、感情や精神的な領域に数学やプログラムって役立つんですか?どういう点で? -- 月 2007-01-13 (土) 20:16:05
  • ヒット要因は無数にあるから「歌詞もヒット要因、ただしネームバリュー等に左右されるのはわかる」は空虚かと。歌詞なんて相当適当でいい。そうじゃなきゃものすごく才能のある作詞家があらゆるヒット曲を手がければいいが、楽曲は他人まかせだが歌詞を書きたがる「アイドル」は後をたたないでしょ。後半の例:グーグル。あとは適宜調べておくれ。 -- とつげき東北 2007-01-13 (土) 23:54:47
  • それから本のゴーストライター制度はどのように説明する? 文章だとか詩は、基本、売り上げと関係ない。「詩は現代では売れない」これは出版界の常識。 -- とつげき東北 2007-01-13 (土) 23:57:06
  • 一般にギャグにしても言葉にしても「誰が言ったか」ということが大衆の間ではきわめて重要になる。同じことでも、ダウンタウン松本が言うのと素人が言うのでは受けがまったく違う。このウィキの読者は比較的レベルが高いが、同じことでもおれが適当に言うのと名無しが言うのでは「権威」が違って見えてしまう。その種の仕組みは、根本的な話だよ。 -- とつげき東北 2007-01-13 (土) 23:59:53
  • 有名な人は最初から有名だったわけじゃなくて、インパクトのある作品を書いて頭角を表してきたわけでしょ?それに同じ有名な人が作った曲でも大ヒットする曲とそうでない曲があるということは、作品の出来に左右されてるってことですよ。 -- 月 2007-01-14 (日) 20:51:54
  • あと、出版されるような「詩」と「歌詞」を私は分けて考えてます。歌詞は「耳から入って抜けていく言葉」で、短い時間になるべく多くの人にメッセージを伝えなければいけない。だからこのサイトでいうところの「名言」も生まれやすいんだと思います。 -- 月 2007-01-14 (日) 21:01:36
  • 有名アーティストが新曲をリリースするたびに売り上げが連続で1位を獲得するっていうのは作品の出来によるものかい?同じ有名な人が作った曲でもヒットするかしないかってのは曲の出来に左右されるのではなくその曲を有名アーティストが歌うか歌わないかによるものが大きいよ。結局とつがいっていたことと同じになるが。 -- にゃ〜 2007-01-14 (日) 21:58:22
  • で、月さんのその辺の主張とプログラムが上手く名言的歌詞(ユーミン的でもアユ的でも何でもいいが)を作れるのかどうか疑問であるという主張とどのように関係してくるのでしょうか? -- 明 2007-01-14 (日) 22:16:49
  • >にゃ〜 その時の勢いで連続1位とったとして、長く売れる曲とそうでもない曲があると思います。でやっぱり長く売れる曲は、言葉が強いんじゃないかと思うんですけどね。なかには学校の合唱曲なんかに使われてスタンダードナンバーになるのもありますし。 -- 月 2007-01-14 (日) 23:32:36
  • 大衆を意識したマーケティングは棚に上げて芸術性を信仰するって事ですか? --   2007-01-14 (日) 23:36:20
  • >明 プログラムが名言的歌詞をうまくつなげることができるのはわかりましたが、名言そのものを作ることは可能なのかな?と思ったのです。 -- 月 2007-01-14 (日) 23:36:28
  • ようやく、復活出来そうです(涙)まぁ、それはともかく。【インパクトのある作品】の、【作品の出来】の、要因の1つとして、「歌詞」があるのは確かだろうけど、その影響は月が思っているほど大きくなく、他の要因(リズムとか、ネームバリューとか、ファッションとか、スタイルとか)の方が月が思っているより周囲には大きく作用する。特に名言的なアーティストほどその影響は顕著(気付いたら減ったり増えたりしてるようなあのグループから、皆が真似するあの人まで!狭い?)。まぁ、詩が名言を生み安いというより、詩がそれほど洗練されていないのが、名言の温床となっている要因かと。まぁ、それもともかく…ことよろ(涙)  去年は年末が無く、今年は年始も無く…今年こそ、今年こそは… -- M 2007-01-14 (日) 23:44:23
  • と言うわけで、俺の考えが正しければ、プログラムでも名言を生む事は可能(名言の配置変えるだけだしね)。ちなみに、時代とかにも影響します<売れ易い曲 -- M 2007-01-14 (日) 23:50:02
  • と言うわけで、俺の考えが正しければ、プログラムでも名言を生む事は可能(名言の配置変えるだけだしね)。ちなみに、時代とかにも影響します<売れ易い曲 -- M 2007-01-14 (日) 23:51:12
  • ええ、うっかり忘れて更新しましたが何か? -- M 2007-01-14 (日) 23:51:59
  • >ななしさん これは私向けの質問なんだろうか??それともRevinさん向けなんだろうか?ものすごい売りたいんだったら、歌詞を書くのにマーケティングは欠かせないと思います・・・ -- 月 2007-01-14 (日) 23:57:37
  • >M  うーん・・・つ○○があのグループの全盛期に提供してた歌詞のあのばかばかしさは、私はある意味すごいと思ってましたけど・・・ -- 月 2007-01-15 (月) 00:12:14
  • おお、Mおかえり(笑) また今年もよろしく!  あと月がなんでいつになく反抗的に(笑)これにこだわるかわかった。月は歌うたいだからだ(笑) -- とつげき東北 2007-01-15 (月) 00:12:30
  • >とつ そう!(笑) -- 月 2007-01-15 (月) 00:26:41
  • 月氏はオレンジレンジを馬鹿にしてマイナーな音楽を信仰してそうだなw --   2007-01-15 (月) 00:31:05
  • うはははw純粋に応援するw<月  今年もぶちのめされにきちゃいました、よろですw<凸 -- M 2007-01-15 (月) 00:38:35
  • [ -- 2007-01-15 (月) 00:45:16
  • 「肩で風切る王将よりも俺は持ちたい歩の心」―これ大好き -- 亡国の徒 2007-01-15 (月) 00:49:18
  • 今パンフをもってないのが残念だが、リコーの新技術で、写真を「人々が感動するような色使いにする」新技術があるという。リコーが配布しているパンフレットのカラー写真を見ると、なるほど確かにそうなのだ。普通の写真を、寂しい冬景色のような哀愁漂う色に変えたりと、実に「創造的な」技術だった。たとえば200年前の絵画の技術では、こういったものは、画家が個人個人で模索していかねばできなかったものだろう。その意味で、「芸術的な意味における創造的分野」にコンピュータや認知科学等の理論が充分に適用できるということは疑いの余地はない。ただ、歌詞全般に対してもそれが今この時点で成り立つかどうかは保留する。 -- とつげき東北 2007-01-15 (月) 01:01:09
  • しかし、やはり1点確認しておきたいのは、「歌詞」がそれほど大切であるなら、有名な「歌詞作家」が存在して色々なアーティストの歌詞を手がける、ということをなぜしないのかが謎となる。 -- とつげき東北 2007-01-15 (月) 01:02:46
  • 槇原やスガシカオ等、歌詞作家の様なことを行っている人間は現在でもいるし、歌謡曲全盛期には有名な「歌詞作家」もいた気がするんですが。 -- 2007-01-15 (月) 01:31:00
  • ま、板から何なの?326って今なにしてんの?ぐらいの話ですがね。無意識(大衆や科学を意図せず)に感動コードを生産できる人間を大衆はカリスマ又は芸術家と呼んだりするのでしょうか?暇が出来たら考えをまとめ、項目追加依頼用へ投稿させていただきます\(^o^)/ -- 2007-01-15 (月) 01:40:46
  • なるほど。槙原はそれっぽいなぁ。しかし歌手別の売り上げはジップの法則(経験則だが)になんとなく適合するように感じるが、歌詞作家、そして楽曲作家のそれはそうでもないのではないかな? シャ乱Qはあまり売れなかったが、つんくの作る曲はモー娘。においては売れたし。音楽関係はほんとはRevinの得意分野だから彼の意見も聞きたいが、いずれにせよ、まとめ期待しております。 -- とつげき東北 2007-01-15 (月) 02:01:12
  • 月さんが「短い時間になるべく多くの人にメッセージを伝えなければいけない」という理由で「歌詞」と「詩」を別扱いすることは妥当だと思います。ヒップホップのように長い歌詞もあれば、小説調にすれば短編規模にはなるBUMP OF CHICKENの『K』のような物語的歌詞もありますが、俺が特に扱いたいのはポップスの滑稽さです。ヒップホップの語彙の多さに比べて、いわゆる売れセン歌詞の言葉のかぶりようは凄い。この記事に、あるいは当Wikiに掲載されている語が本当に頻出します。これは、提供側と購買側の両方が歌詞に関してずぶの素人であることが原因だと思います。音楽でメジャーデビューするのはほとんどが音楽のよさによってであり、歌詞はほぼ度外視してるからです。通常、小説なら文学賞をとらなくてはデビューできないが、歌詞に関しては音楽に引きずられてそうした審査がないまま世に出るから、素人同士のほめ合いになるわけです。 -- Revin 2007-01-15 (月) 14:04:49
  • 歌詞は自動生成できそうです。文型を多く用意して、テーマごとに言葉を分類して適当に繋げば、少なくとも、助詞レベルの修正を人の手でして使い物になる「歌詞製作マネージャー」ぐらいはすぐできるでしょう。それだけ類型的だということです。大体、扱っているテーマが狭すぎる歌詞が多いです。「誰かを愛していて 1:今は何らかの理由で離れている 2:今も愛していて相手を賛美する 3:もう別れたけど忘れられない」とか「あなたは一人じゃない」とか「あなたにもできることがある」とか、こんなんばっかりです。そして現状を見るに、この低さを高めるきっかけになりそうな要素も実に少なく、先の暗い芸術だと思います。もっとも、先が暗くても別に構わないでしょう。需要と供給のレベルが同じですからね。ただ我々が笑ってりゃいい。 -- Revin 2007-01-15 (月) 14:05:03
  • 昔は演歌からポップスまでなんでも書けて、すべてヒットさせてしまうようなプロ中のプロの作詞家がいたんですよ。でも、たぶんバンドブーム(古い・・・)以降だと思いますが、プロ作詞家の需要は激減しました。Revinさんの言うように音重視になったということもあるけど、リスナーが、つたなくても自分にとってリアリティーのある歌詞を求めるようになったからではないかと私は思っています。そういう意味では、「提供側も購買側も素人」って、その通りだと思います。 -- 月 2007-01-15 (月) 14:51:30
  • >「つたなくても自分にとってリアリティーのある歌詞を求めるようになった」まるで洗練された工業製品よりも天然素材が優れているとされていく「流れ」のようですね。【参考】素材の味を引き出す -- ここ一 2007-01-15 (月) 17:23:56
  • 「すごいプロの作詞家がいた」ことは、詞の凡庸さが氾濫していることを否定するものではありません。実際、作詞の大御所・秋元康氏は長者番付上位に入ったこともあります(もちろん彼はほかの仕事もしてるからこそですが)。だけど作詞のプロが常に名言的でない歌詞を書くわけではないし、また本人が名言的思想を持たない人物とも限らないし、「プロ」たる条件が非凡な歌詞を作ることではなくなっているのが現状です。事実、支持されている歌詞は似通っているし類型的です。参考→http://www.uta-net.com/user/promo1/promo1_bestsong_100.html -- Revin 2007-01-15 (月) 17:28:12
  • すみませんあの・・・プログラムの話に戻るんですけど、文型を多く用意して、テーマごとに言葉を分類するのはできたとしても、言葉を選んでつなぐ作業が結構大変じゃないかと思うんですよ。 -- 月 2007-01-15 (月) 21:13:04
  • 例えば、「三日月」って歌がありますよね。あれっていかにも類型的な歌詞ですけど、肝心なところはツボを押さえてあるんですよ。「がんばっているからねって 強くなるからねって」って一行で、なんとなくだけど主人公の人物像がわかるし、「満月」や「星」じゃなくて、「消えそうな三日月」を選んだことで、不安とか心細さが伝わってくるし。遠距離恋愛してる人が感情移入しやすい作品になってるんですよ。だから、リスナーの共感を得るためには、適当じゃなくてなにか言葉の組み立て方の法則(?)のようなものはあると思います。 -- 月 2007-01-15 (月) 21:28:49
  • 月が良い歌詞と思うものがあろうし、おれも、おおよくできとるなーと思う歌詞がないでもない(ひととようの計算づくのいいかげんな歌詞などは好きだ)。ただ、いわゆる売れセンの曲の大半が、とてもそうとは思えない。まずはここについて月の見解を知りたい。売れる曲の大部分はとても良い歌詞か。それとも適当に名言をつなげるレベルのもの(Revin提示サイトのような)もけっこう含まれているか。 -- とつげき東北 2007-01-15 (月) 21:47:14
  • 言葉の組み立て方の法則(傾向)もプログラムに取り込むことは可能だと思いますよ。分類やパラメータの割り振りを詳細にしていけば。適当に並べるにも例えば「場面:恋に落ちる」「主体:女性」といった条件を設定してやればより「それっぽい」歌詞を吐き出すことは出来るでしょう。 -- 明 2007-01-15 (月) 23:46:27
  • メジャーデビューするのはほとんどが音楽のよさ< -- 2007-01-16 (火) 00:11:04
  • 失敗した。有名な曲をメロコアにしただけでキッズ(厨房、笑)がら熱狂的支持を受けてたバンドあったし、それを糞下手糞な演奏でカバーしダミ声で歌ってるだけなのにCMde -- 2007-01-16 (火) 00:15:01
  • 失敗した。有名な曲をメロコアにしただけでキッズ(厨房、笑)がら熱狂的支持を受けてたバンドあったし、それを糞下手糞な演奏でカバーしダミ声で歌ってるだけなのにCMで使われたから本家並に売れた奴等だって居るしな。 結局売り方だろ。 --   2007-01-16 (火) 00:16:43
  • 大体音楽なんてベートベンがシラーの詩ni -- 2007-01-16 (火) 00:19:19
  • >とつ 実は売れ線というだけでそっぽ向きたくなるんだよね私(笑)心から「いい!」と思うことは少ないです。だから前は軽蔑してたんですけど、作詞を習っている時に、素直な言葉を組み合わせてストレートな感情を表現するのが自分は苦手だということが分かったんです。それって結構作詞をする上で致命的なんですよね。それ以来売れ線の曲の歌詞も尊敬してます。類型的なんだけど、かと言って、適当に名言をつないでるっていうのとはなにかが違う。でもその何かがよく分からないけど・・・ところで、ひととようは、私もいいと思います。 -- 月 2007-01-16 (火) 00:22:34
  • 大体音楽なんて文学と同じで殆ど運だし(今は容姿、金、コネ、運とDQN度)、ベートベンがシラーの詩に曲つけてから今まで、歌の歌詞なんて 啓発、女、男、クルマ、セックルが殆どだろ。(モーツアルトは俺の尻をなめろって曲作ってたけど、そういう例外もしばしばある。少し前まで、ストーカーと呼ばないで や ギリギリジンのテーマ等の電波ソングが流行ってたわけだが)  やべぇ、意見まとまんねぇwww -- 2007-01-16 (火) 00:27:06
  • >明 可能なんですかね・・・なーんか悔しい(笑) -- 月 2007-01-16 (火) 00:28:33
  • 月>歌詞なんて飾です、バカなヒトにはわからないんです>< ピエロみたいなかっこうして、最高ですかぁあああ?(客席、イエーイ) とか言いながら各新興宗教バカにしてた歌で生計立ててる奴等だっている。 -- 2007-01-16 (火) 00:34:06
  • >ななしさん ピエロ・・・ニューロティカのことかな?(笑)まあ、歌詞なんて全然気にしないって人も多いですけどね。 -- 月 2007-01-16 (火) 00:44:14
  • 映画だって主演やCMで売り上げが決まるよねぇ。歌詞が大事ってのはほんとに信じがたい。たまに「歌詞がいい」人が特別に現れて、その意外性で少しもてはやされることはあるだろうけど。 -- とつげき東北 2007-01-16 (火) 01:57:05
  • 結局、芸術とはほかならぬ権威主義、高度消費社会においてはブランド主義なのだ。東京芸術大学は芸術の分野ではもっとも権威がある。ピアノや造形などの「技術」が問われる分野ではあまり活躍しないが、抽象画などでは人材を輩出してるね。これが何を意味するか。 -- とつげき東北 2007-01-16 (火) 01:59:49
  • う〜ん、もう。寝ようと思ったのに、かぶりつきたくなるネタが振られたんじゃ参戦するしかないじゃない・・・・「芸術」であるための要件。満たした要件が多いほど「芸術性」が高くなります。1、少なくとも200年の歴史を有する。(必須要件。これをはずすと、もはや「芸術」ではなくなる)2、発祥が西洋である。3、世襲である。4、高学歴のファンが多い。5、お金持ちのファンが多い。6、複製品の需要がほとんどない。7、高度な技量を要さない。8、極端な高額品が存在する。9、権威が神を語る。10、国宝がいる。11、教育テレビでしか鑑賞できない。12、国家の保護下にある。13、etc・・・一部重複してるとこもありますが、眠いってことで。誰かほかの要件を付け足して欲しく思います。この公式を用いると、「落語」と「漫才」ではどちらが「芸術」か、が一目瞭然となります。コンピューターが芸術?100年早いわ! -- 亡国の徒 2007-01-16 (火) 03:00:27
  • 稀代のヴァイオリンの名手とされてしまったアイザック・スターンが来日した折、取り囲んだマスコミが「神の声」を取材しようと躍起になったが、当の本人は、「私はただの職人に過ぎませんので」と、滞在中、公演以外はホテルの部屋から一歩も出なかった。 -- 亡国の徒 2007-01-16 (火) 03:34:18
  • 歌詞に共感できるかどうかは、聞き手が共感したいと思うかどうかに激しく依存しているだろうな。テクストの意味はそれを読み込もうとする意志が作るものだし。「かっこいい、私もああなりたい」となんらかの方法で思わせれば勝ち。あとは聞き手が勝手に読み込んで「共感」してくれるはずだ。 -- マネ 2007-01-16 (火) 06:48:34
  • んー・・・芸術論までいっちゃうとよくわからないな。>マネ テクストの意味はそれを読み込もうとする意志が作るものだって考え方はどこかで読みましたけど、なんだか分からないんですよねえ・・・あと、「かっこいい、私もああなりたい」って、共感というより憧れだと思うんですけど・・・共感は「私も同じだからよくわかる」ってことでしょう? -- 月 2007-01-16 (火) 13:18:44
  • 「憧れ」が「共感」的な解釈を誘発するってこと。「漠然と思っていたことを表現してくれた」から共感したとは限らない。憧れていれば、まず歌詞を自分の感情に引き付けて解釈するし、さらに歌詞から読み取れる感情に近い形で自分の感情を解釈するし、ときには歌詞によって感情が捏造されたりもする。欲望があらゆる解釈を方向づけるわけだ。 というわけで、より多くの人に売ろうと思うなら、歌詞の内容はある程度からっぽにしておく必要があるかと。 -- マネ 2007-01-16 (火) 17:39:48
  • >マネ よく考えたら確かに「憧れ」が「共感」を誘発することもありますね。 -- 月 2007-01-16 (火) 19:59:23
  • >マネ あと、「読者の誕生と作者の死」ってバルトでしたね。解説書を読み直しちゃいましたよ。面白いけど難しいですねやっぱり。より多くの人に売ろうと思うなら歌詞をある程度からっぽにっていうのは分かります。分かるんだけど、本当に空っぽだと作品にならないんですよね。主人公の世界観(それは別に高尚なものじゃなくてもいいんだけどがどこかに反映されてないと、 -- 月 2007-01-16 (火) 20:12:55
  • なにも伝わらないものになってしまう。何が伝わるかは、確かに受け手次第なんでしょうけど。 -- 月 2007-01-16 (火) 20:18:31
  • まあマネが言ってるのは少し小難しい話なんだが、一般的なレベルで言っても、伝わる要素は「受け手」というか「語り手」などにもある(関係性にある)。「中身」的な何かはとても少ないと思うが。 -- とつげき東北 2007-01-16 (火) 23:18:33
  • 才能があるから売れるんじゃない。売れたから後付で才能があった(ある)といわれるんだ。歌詞がよかっただの、何々がよかっただの。月の考え方は、根本からして逆転している。もしそういう「理由」によって売れるかどうかがわかるなら、ヒット曲以外の曲や、ベストセラー以外の本など作られるはずがないし、市場はもっと一部の「才能のある人」の寡占市場になる。 -- とつげき東北 2007-01-16 (火) 23:22:49
  • >とつ 売れる(多くの人に共感させる -- 月 2007-01-16 (火) 23:53:26
  • ・・・間違えた。ついによく分からなくなって来たので、ちゃんと考えてからコメントします。もう寝よ・・・ -- 月 2007-01-16 (火) 23:59:57
  • えっと、ちょっと作り手の立場から語ってみます。まず作り手には「伝えたいこと」がある。それは人生哲学かもしれないし、内面のドロドロかもしれないし、好きだーっていう衝動かもしれない。作り手は、その「伝えたいこと」に向かって言葉を集めて、組み立てていきます。 -- 月 2007-01-17 (水) 09:40:44
  • 作り手の伝えたいことが、受け手に伝わるとは限らない。でも、「伝えたいこと」がない作品は、作品としての強度が低くなります。売れる売れない以前に歌詞としてまず採用されません。少なくとも、採用する側に「この歌詞にはこういうテーマがある。そしてこのテーマだったら、こういうターゲットの人に共感を呼びそうだ」と思わせなくてはいけない。ただ、結果として売れるかどうかは、神のみぞ知る、なんでしょうけど。 -- 月 2007-01-17 (水) 09:50:46
  • 感情を持ってないプログラムが、感情をどうやって伝えるんだろう?というのが一番の疑問です。 -- 月 2007-01-17 (水) 10:28:51
  • プログラムを組む人間は大衆の感情とやらや、共感する傾向等を体系化することができる。 -- 2007-01-17 (水) 10:31:55
  • 第一、プログラムにも設計思想というテーマがあるし、これがあれば面白い、これを作れば金になる、これを作らないと給料をもらえない、やらなければいけないなどという感情とやらから作られる -- 2007-01-17 (水) 10:33:41
  • 能力がない割りに語りたがるタイプの人間の「伝えたいこと」の類など予想するのは容易で、凡人が漠然と思っていたことを表現してくれたと思うような歌詞をランダムで作成するプログラムはつんく♂程度の人間の頭の中にすら入ってる。 -- 2007-01-17 (水) 10:37:13
  • 伝えたいこと、作品の強度、感情を伝える。 ワロタ 一生幸せに搾取されてください。 -- 2007-01-17 (水) 10:58:51
  • >ななしさん プログラムを作る人間が、大衆の感情と共感する傾向を体系化することができる・・・ということは、その人は作詞の先生になれるってことですよね。その人に会って学びたい!(笑) -- 月 2007-01-17 (水) 12:01:38
  • 作詞の先生なんて収益を考えなければ誰でもなれるし、Fランク文系で教免とれば学校でも教えられるだろ・・・ -- 2007-01-17 (水) 13:38:32
  • >ななしさん じゃ、先生じゃなくてプロデューサーでもいいですよ・・・ん!ということは、歌詞を採用する側が判断基準を体系化して、それをプログラムを作る人に伝えられれば、「売れるかもしれない歌詞製作プログラム」ができるのかな? -- 月 2007-01-17 (水) 15:15:15
  • だから歌詞で売れるなんて事はないから(笑) 「売れるかもしれない歌詞製作プログラム」も「大衆を共感させる歌詞製作プログラム」もプロデューサーじゃなくても作れるし、オレンジレンジやサザンが「わし、童貞不細工三十路性格最悪ニートやけど美少女中学生とめちゃめちゃセックスしたいねん。条例なんて糞食らえや、生物学的に子作り可能な女となんでセックスしたあかんねや!※繰り返し×10」って歌詞に曲つけても売れるだろうし、男性の欲望をストレートに表現した斬新な歌詞でポップなナンバーになってますね、いやー僕も男ですからね、解らない事はないですよwでも、犯罪なんで歌の中だけにしといてくださいwよい子はマネすんなよ!ってFMのDJに紹介してもらえるだろ。 -- 2007-01-17 (水) 16:28:32
  • 〜これからもあなたはあなたの道をまっすぐつきすすんでいってください〜 -- にゃ〜 2007-01-17 (水) 18:25:45
  • その歌詞、表現を大幅に変えれば有名じゃなくても売れるかもしれませんよ。「条例なんて糞食らえや、生物学的に子作り可能な女となんでセックスしたあかんねや!」ってところが、ちゃんと「人生哲学」になってますから。サザンやオレンジレンジ系というより、DJ OZMA系の人がいいかな(笑) -- 月 2007-01-17 (水) 18:28:34
  • さだまさしの「あ〜」だけ言ってるやつ(北の国からのあれ)がある程度売れたのは何で? -- えー 2007-01-17 (水) 21:22:05
  • >少なくとも採用側に「この歌詞にはこういうテーマがある。そしてこのテーマだったら、こういうターゲットの人に共感を呼びそうだ」と思わせなくてはいけない>というのは、作詞の能力と無関係だよね?これは要するに面接官を説得する能力が要求されているのであって、例えば口下手だが詞の才能がある人なら落とされるようなシステム。つまり、月が詩を採用されたいのなら、磨くべきは『詩の才能』なんかではなく、『その面接を潜り抜ける技術』だ。作品の強度とか、人生哲学とか、伝えたい事とか、その結果として優れた歌詞を書いていると評価されるのか、評価されたとして売れるのか、そういった事は、面接を潜り抜けた後で、飯を食うついでに祈ってみたっていい。優れた歌詞を書く者が評価されるとは限らず、またその逆も起こりうるのが現在の音楽事情なのだから。 -- M 2007-01-17 (水) 21:24:53
  • 蛇足だけど、優れた歌詞が評価される時だってある。但し、歌詞が評価されている=優れた歌詞である、というのは間違い({必要以上}参照の事)。まぁ、詩の才能を磨きたい。その結果として、売り物にならなくても良い、というのなら、話は別だけどw -- M 2007-01-17 (水) 21:32:19
  • むっ、(必要以上)では解りにくいな?平たく言うと、駄目な人々が評価した作品などというものは、大抵その作品の駄目性に無自覚であるという事。 -- M 2007-01-17 (水) 21:36:31
  • リンクする前に調べるのは重要ね。っていうか基本?基本の中にこそ奥義あり?だったら基本ばっかりやってればええやん!君、応用とか禁止ね?そんなのた打ち回る酔っ払いの戯言。 御迷惑おかけいたしました。 m( _ _ )m -- M 2007-01-17 (水) 21:45:48
  • ていうか歌詞にテーマとか持たせないと採用されないが本当なら、いかに芸術的な意味では遅れた世界かがわかるというものだが。 -- とつげき東北 2007-01-17 (水) 21:46:19
  • 世の中には、あんまり評価されない芸術的なぷよぷよの19連鎖というのがあるのです。偉い人にはそれが(略) -- M 2007-01-17 (水) 21:56:15
  • >えー ヒットしたドラマで繰り返し使われたからだと思います。 -- 月 2007-01-17 (水) 23:11:01
  • >M そうです。面接官を説得する技術、売り込む技術も必要です。社交性とか、何度断られてもあきらめないとか、そういうことも。(・・・ってプロデューサーインタビューに書いてありました・・・)作詞する人だけでなく、作曲する人でも同じことらしいです。でも、ずば抜けてすごい作品を持ってくる人もいて、そういう人は別なんだけど、滅多にいないらしいです。 -- 月 2007-01-17 (水) 23:22:55
  • >とつ テーマっていうか・・・衝動?イメージ?ポリシー?  -- 月 2007-01-17 (水) 23:26:30
  • >とつ それって芸術作品の背後にもあるものじゃないかと思ってたんだけど、違うのかしら。よく分かりません芸術は(笑) -- 月 2007-01-17 (水) 23:29:46
  • もしかしたら「敢えてあだけの歌詞にすることで北海道の大地の雄大さを伝える」というテーマがあったかもしれんよ?w さんざ言われてるけどそんなの後付けで何とでも言える。 あとプログラムについては開発者がある程度作詞について見識が必要では、という指摘は正しいと思う。凸さんの麻雀研究を引き合いに出すのは失礼かもしれませんけど。 -- 明 2007-01-17 (水) 23:30:54
  • 例えば、良く売れる曲を【何故こうも売れたのか?】と、分析する際、作詞に携わる人は「作詞が良かったからだ」と言い、作曲に携わる人は「作曲が良かったからだ」と言う。『欲望があらゆる解釈を方向付ける』とマネが言ったのはそういう事で、面白可笑しく生きて生きたいのならば、両者の視点からは離れた視点が必要になる。その為にはその曲が何故売れたのかを語る為の理論武装をする必要があって、それが月には無くて、凸やレビンやマネにはある。寝る前の一言としてはそんな所。今夜の酒は甘い… -- M 2007-01-18 (木) 00:03:48
  • 当ウィキ開闢以前からの筋金入りの特待生に対し、そのもの言いは不敬に値する。 -- 亡国の徒 2007-01-18 (木) 01:00:04
  • >北の国から スミマセン脊髄反射で書いてしまいました…聞いてみたら、「あ」だけじゃなくて「ん」も歌詞にありました。つまりこれは「阿吽」の事で究極なる始まりと終わり、そしてあまねく三千世界、万物の根源を表現してるのです。さすが、さだまさし。これは売れる。…これで許してください -- えー 2007-01-18 (木) 01:11:54
  • >え  うるさいなあ もう(笑) ドラマの挿入歌だから、 -- 月 2007-01-18 (木) 08:38:29
  • あんまり言葉の印象が強いとドラマの流れを邪魔しちゃうから、いっそ言葉をなくしちゃえ!・・・ってことじゃないかしら?(→想像) -- 月 2007-01-18 (木) 08:41:06
  • TV番組に見られる〜映画に見られる〜 とかいろいろできそう(;´Д`) -- チェリ 2007-01-18 (木) 20:03:06
  • 今日もつらつら考えてたんですが、「世界観のはっきり伝わってこない歌詞は採用されない」は、もはや古くなりつつあるセオリーかも。「これからは非言語の世界をマスターした人が勝つ」ってあるプロデューサーさんが語ってるんですよね。結論を出すんじゃなくて、聞き手に託してしまう詞だそうです。(→井上陽水系)「言葉が記号みたいになって、分かる人には分かるんだけど、そうじゃない人にはさっぱり分からない」歌詞が、これから増えてくるかもしれません。今の子どもって映像世代だし。 -- 月 2007-01-18 (木) 20:24:45
  • なるほど、では「松島やああ松島や松島や」はテレビっ子が作った俳句なんですね!(笑) -- 2007-01-18 (木) 21:01:42
  • まっ、そう言うしか無いわなぁ(俺がではなく、あなたが)<亡国  まぁ、そのプロデューサーは馬鹿だね。間違いなく。『非言語の世界』なら歌詞いらんやんw そだな、んじゃもっと単純な質問をしよう。洋楽は何故、日本でも売れると思う?(例:クィーン)<月 -- M 2007-01-18 (木) 21:02:51
  • >ななしさん 映像世代にぴったりくるかな、と思ったんですなんとなーく。映像って受け手に結論を託してるでしょ?(テレビドラマの映像じゃなくて、ですよ)バルトさんって俳句好きみたいですね。 -- 月 2007-01-18 (木) 21:19:34
  • >M そうそう、ある意味、言葉いらんって言ってるんですよ(笑) 洋楽好きの人は、歌詞の内容より、楽曲重視だからじゃないですか?音の響きの一種としての言葉が曲に乗ってる感じが好きっていうか。最近、日本の若いバンドも英語で歌ってヒットさせてるのよねえ・・・ -- 月 2007-01-18 (木) 21:27:05
  • >M そうそう、ある意味、言葉いらんって言ってるんですよ(笑) 洋楽好きの人は、歌詞の内容より、楽曲重視だからじゃないですか?音の響きの一種としての言葉が曲に乗ってる感じが好きっていうか。最近、日本の若いバンドも英語で歌ってヒットさせてるのよねえ・・・ -- 月 2007-01-18 (木) 21:29:37
  • >M おいおい、まさかそんな無粋なレスがつくとは思わんかったよ。青いとか言っちゃうよw -- 亡国 2007-01-18 (木) 22:28:55
  • 本格ミステリーやSFが衰退したのと同じ道だねwその道は茨の道だが、まぁやってなさいwそれはどうでも良い。  そうそう。それが偏った視点。この質問の答えって言うのは『何とでも言える』。作詞ではない=だから楽曲に原因がある、と考える思考体系の(弱いけど)一部。音楽に携わった人が、音楽の売れる原因は音楽自体にある、と考えてしまう悪癖。これが凸の言っていた(根本から間違っている)の一部ね。少し解ったでしょ?w -- M 2007-01-18 (木) 22:32:19
  • いや、すまん。ジョークか本気か絞れんかったw「お褒め頂き光栄に存じ上げます」との天秤だったのだが、予防線としてそっちをw<亡国 -- M 2007-01-18 (木) 22:35:39
  • はしなくも恭順の意を表され、馬齢のみを重ねた身としては恐縮するばかりです。 -- 亡国 2007-01-18 (木) 22:55:30
  • 命令だったのか?w まぁ、そういう言葉がスラスラ出てくるのは羨ましい(学歴の差だろうなぁ)。 -- M 2007-01-18 (木) 23:09:34
  • いやいや申し訳ない。「恭順」にそんな重々しい意味があるとは知りませんで(汗)馬脚をあらわしました。 -- 亡国 2007-01-18 (木) 23:25:39
  • >M うーん・・・「何とでも言える」は分かるんだけど・・・「権威主義」「ブランド主義」のところが分からないんですよねえ。 -- 月 2007-01-19 (金) 00:01:02
  • なぜゴッホの絵に100億の値がつくのでしょう。ゴッホの絵の真贋を、レーザー検査などで真顔でやっているのはなぜでしょう。それは絵画には「絵画としての需要」はないからです。 -- 亡国 2007-01-19 (金) 00:54:46
  • 我々はマンガであれ、小説であれ、音楽であれ、(パソコンであれ、自動車であれ)安価に手に入るコピー(複製品、もっと言えばにせもの)で充分満足しています。コピーであっても大きな需要があるということです。逆に言うと、コピーの需要がないということは、本来の需要がないということです。 -- 亡国 2007-01-19 (金) 01:35:14
  • >亡国 ゴッホの絵も、複製は売ってると思いますが??あと、うちの冷蔵庫には、岡本太郎の複製のマグネットが貼ってあります。(記念館で買ったんですけどかわいいんですよね)でも、100億って高いですよねえーどうやって価格を決めてるんだろう? -- 月 2007-01-19 (金) 08:25:17
  • 岡本太郎のクローンがマグネットで貼り付いている冷蔵庫 シュールですね! -- kikuronn 2007-01-19 (金) 16:11:06
  • >kikuron  うははは岡本太郎のクローン!怖い!変な書き方してますね私。「座ることを拒否する椅子」だったかな、そのミニチュアと、もののけ姫に出てくる森の妖精みたいな顔をした植木鉢(?)のミニチュアがマグネットになったやつです。絵画じゃないけど・・・ -- 月 2007-01-19 (金) 16:38:46
  • >月 言わずもがなと思ったのですが、絵画の複製の需要が、「CDや漫画などにくらべてほとんど」ない、です。複製の需要がCDや漫画並みにあれば、絵画の原画にあんな高額な値がつく必要もなかったでしょう。複製の需要がほとんどないため、業界は原画のみに価値があるようなすり替え(権威付け)を行い、世間はまんまとその策略にひっかかったのです。その成れの果てが、数十億という金額です。もちろん、バッハやベートーベンの原譜にも高値がつきますが、こちらは堂々と、「利殖価値、骨董価値」を公言できます。高額原画の購入動機の本音も同根なのですが、建前はあくまでも「絵画本来の価値」にあります。 -- 亡国 2007-01-19 (金) 17:36:31
  • 原譜は「利殖価値 骨董価値」という本音を公言できて、絵画はできないっていうのはなんだか不思議ですね。音楽はいろんな人に演奏してもらって広まるものだからでしょうか?・・・この会話、どこかでしたような(笑)・・・ -- 月 2007-01-19 (金) 20:40:16
  • >亡国 それと、上の方にちゃんと「ほとんど」って書いてありましたね。すみません。 -- 月 2007-01-19 (金) 20:55:55
  • それにとつさんも詩の言葉でヒットしてるものは「ほとんど」ないって書いてますね。あーあ、冷静さを欠いてたかも(汗)・・・私だってリスナーとして選ぶ時は、いくら「歌詞はいいな!」と思っても曲や声が好みじゃないとそのアーチストはそれっきりですからね。自分がマイナー指向だから、「権威主義」とか「ブランド主義」とか聞くと反発したくなるけど、音楽に関してそういう姿勢の人が多いことは確か。 -- 月 2007-01-19 (金) 22:43:50
  • 歌詞製作プログラムも、かっこよくて響きのいい言葉をランダムに組み合わせるだけで、できてしまうかもしれない??(非言語系のやつなら) -- 月 2007-01-19 (金) 22:50:25
  • 既存のあらゆる歌詞をテーマごとにわけて文をランダムにシャッフルするだけでもかなり有効だろうね。 -- Revin 2007-01-20 (土) 07:20:20
  • >Revin うん。有効なのかも・・・でもやっぱり、製作者側だったら「いい音楽はロングヒットするんだ!」ってどこかで信じてなきゃ、やっていけないんじゃないかと思うんですよねえ・・・。あんまり「知的」だとねえ(笑) -- 月 2007-01-20 (土) 09:20:59
  • 「良い歌詞を書けば売れる」「人間の内面を言葉で表現できる」という確信が結果的に創作を容易にするのは、同じような確信を持った鑑賞者を想定したときの話だろう(最初の鑑賞者は創作者自身だな)。「成果をあげている数学者の多くは、平日はプラトニスト(数学的実在を信じる人)で日曜(論文を書く日)はフォーマリスト」という言葉があるが、これも同じ文脈で解釈した方がよさそう。 -- マネ 2007-01-20 (土) 10:42:40
  • 今日ちょうど朝日の土曜版にワーナーミュージックの社長の話が載ってたよ。コブクロ、平井堅なんかのブレイクのきっかけを作った人。乱暴に要約すると売れた最大の要因はプロモーション手法なんかのマーケティング部分。製作側からすると「歌の良さがあってこそ」なんだろうけど、現実の最大要因(ブランド、権威、宣伝)まで歌の力にすり替えてしまうのは傲慢だと思う。 -- 明 2007-01-20 (土) 15:03:03
  • >マネ 前半は分かります。後半は難しい・・・ >明 そうですね。全部歌の力にすり替えるのは傲慢ですね。だけど、プロモーションするにも「この作品のここがいいんだ!」って信じてた方が力が入るだろうとは思いますよ。 -- 月 2007-01-20 (土) 19:15:02
  • というか、プロモーターに、どのように、【この作品が良い!】と思わせるかが、売れる曲を作る際の肝。後は勝手に向こうが踊る。 黒夢のボーカルも、自分で事務所作ってからは、もう音沙汰ないし・・・如何に宣伝が大事か解る…しくしくしく… -- M 2007-01-23 (火) 18:47:45
  • 亡国 2007-01-29 (月) 21:58:03
    クラシックや映画音楽の名曲が無理矢理無様な歌詞付けられて、思いっきり陵辱されることがあるね。


     
  • 六分儀 2007-10-21 (日) 18:12:44
    http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND55326/index.html
     
  • 2008-01-24 (木) 13:26:42
    これだけで歌作れそうだな
     
  • チェリ 2008-02-09 (土) 03:32:50
    珍しく議論が宙ぶらりんになってるな

    そもそも「詩」と「詩の内容」は違うものです
    「詩」自体、純粋な「意味」ではなく意味と強度の両方が混在している文学と言えるしょう
    純粋な「意味」のみの情報媒体は辞書や百科事典、思想書などごく狭い範囲に限られています
    意味を伝えるのには韻を踏む必要もありませんし感嘆句(?)なども丸々要りません
    詩は娯楽として意味を持つなんらかの文に「強度」を付加したものだと考えられ(分類でき)ます
    さて曲の売り上げに詞のレベルが影響するかという話ですが
    「詩の内容」という点では全く影響しないでしょう(上記でいろんな人が書かれている様に
    しかし「詩」は影響します、これは「詩のもつ強度的側面」の影響だと考えられます
    内容は同じ「意味」であっても強度を付ける人が違う(例えばラルクであったり浜崎アユミであったり)ことによって全く違う詩になり得ます
    「ラルクの詩が好き」と言ってる人は詩の持つ「意味」ではなく詩の「ラルク流の強度」が好きなんじゃないでしょうか
    同じ様な意味の詩を書いてるアーティストなんてたくさん居るでしょうし
    もちろん曲は割と純粋な強度と考えられますから、強度好きの大衆には重要な要素でしょうね
     

  • かい、 2008-03-14 (金) 21:19:50
    加えて言えば、曲も定型をいくつか用意し、それをランダムにつなぎ合わせるだけで売れ線の叩き台を作れるでしょうね。

    音楽はもともと数学で、数字で区切られた音階、リズム、強弱の組み合わせを並べ替えることで組み上げられていますからね。

    ウィーンの作曲家は、それらをいじくって、如何にすれば人がいいと感じるか、の研究に没頭していたわけだし、コード進行なんて、その研究成果のおいしいとこ取りをしているだけだし。
     

  • '''' 2009-01-20 (火) 17:29:15
    見れないよー
     
  • Forlost 2009-01-22 (木) 23:11:19
    あたし気づいたの 青春はもう戻らない
    誰かのおもかげを探す帰り道 夢の優しさが忘れられない
     
  • チェリ 2010-07-24 (土) 22:28:23
    つぎはぎした結果がこれらしい。

    J−POPの歌詞における「何か」の探され率は異常
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm11334087
     

  • 2010-08-06 (金) 11:06:51

    女の子のイラストがかわいいですね〜

    息子が「J−POPは糞」と言って昔の洋楽ばっかり聴くようになったため、うちではすっかり普通のJ−POPが流れなくなってしまった…もう、かなりヒットしてても、全然わかりませーん!

    ところで「相対性理論」の歌詞の意味不明さは、いい!

 

  • ここまで読んだよ 2010-08-07 (土) 11:50:48
    結局、歌(歌詞)を聞くのは聞き手であり、聞き手が情景状況を想像できる語を用いれば、使われる言葉が限定される

    必然的に、歌詞の多くは「物語」の形態をとる
    「物語」は名言を多く含むのは想像に難くは無く(その説明は割愛する)、歌詞はその延長線上にある
    当然、「物語」をその主要構成に据える映画や絵本・漫画なども、表現法が違うだけで歌詞と同等のものである
    更に言えば、「物語」を構成の一部とするあらゆる媒体が、ほぼ「名言性」を帯びることになる
    現に、漫画や映画の一部は、その構成要素の一部が名言・名言性を題材にされ個々に掲題にされている

    結局、この掲題もRevin達お得意の「掲題の羅列」である(俺的には「物語」でくくってしまっても問題ないと考えるが、それが良いか悪いかは俺と凸/Revinで意見が分かれているのだが、ここは凸のサイトであるので凸の意見を優先する)、まぁそれは()内を理由に良いとしよう

    だが、掲題の羅列が有意とする本サイトの立場にあるなら、Revin等筆者陣はまだ掲題にされていないあらゆる「「物語」を構成の一部とする題材」を掲題にすべきではないのか?
    「歌詞に見られる名言性」なんて言葉にして一括にせずに、あらゆる歌詞に登場する名言を掲題に羅列していくべきだろう
    説明文中に出てきた名言(名言性を帯びた語)は、あらゆるものを掲題に昇格すべきだ
    この掲題は、ただの「怠慢」であるといえる
    凸には、この掲題を残したままでよいので、分解・再掲題化をお勧めする

    余談だが
    まぁ、凸なら逆に名言をほとんど含まない歌詞を作成することも可能だろう
    例えば「科学する麻雀」なる本にテキトーな曲をつければいいのだから(本を読んで無いから内容が歌詞になってたら撤回する)
    それを聴きたいか?と訊かれたらどう答えるかはキミしだいだが
     

  • 2010-08-08 (日) 08:37:08
    流れなんてなーいさ
    流れなんてうーそさ
    ねーぼけたひーとが
    見間違えたーのさ♪

    みたいな感じ?

    麻雀用語をいれて作ったら楽しそう…(麻雀知らないけど)
     

  • ここまで読んだよ 2010-08-08 (日) 21:28:48
    続き〜

    だけどちょっとだけどちょっと信じてみたいな♪

    と言うのが麻雀的大衆ということになるんでしょうか?
    麻雀知らないので良くわかりませんが、リンクをたどるにそういうことかなと
     


コメントは以下の作業を終えてからお願い致します。





重要:ボタンを押すか、手動で「OK!」と入力してからでないと反映されません。
一度入力すればクッキーによって保存され、入力の手間は省けます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-24 (火) 18:39:54 (2797d)