毒と笑いととつげき東北


「毒と笑いととつげき東北」
趣旨:
基本的におれの「日記」。つまり自己満足。何度も同じようなネタが出たりするのは、連続的に思考が膨らみ、同じ対象についてずっと考えたりするからです。まあ、「また言うてるな」くらいで流してね、日記ですから( ´ー`)y-゚゚
日付は適当。昨日のを今日書いたり、逆に今日のことを「昨日の日記」に入れたりとか楽勝。

〜〜過去の日記〜〜
00/11/24〜00/12/13分

基本的に、毎日何かしら書いていると、後になればなるほどネタがないので、この最初のやつが「黄金期」でしょうな(笑)



00/12/21  ひさびさに、毒でも笑いでもない分析系の、昨日の続き。昨日のやつから読んでね。

感動と感動コード 「ここでは感動しましょう」と言われて条件反射することの愚昧

──さて。もう一つ。
「感動する心」を育てようとする「心の教育」における、あの恐ろしく見当はずれな方法に関して少し述べておこう。

残念なことだが、(少年)犯罪が「心の教育」「感動の提供」で減少すると思ったら大間違いである。

第一に、過去に比較して少年だけが「凶悪な犯罪」の割合を増加させているわけではない。
近年の凶悪犯罪は、確かにその割合を以前より高めてはいるが、それは少年に限ったことではない。
従って、「過去の教育」に対して「現在の教育」が「心を軽視している」ためにそのようなことが起こっているわけではない。

第二に、感動に触れる機会は、むしろかつてより多いだろう。多くのメディアが、もうお腹一杯というほど下らない感動を垂れ流しにしているし、そういった「感動的な話」に触れるための生活の余裕も昔よりも圧倒的に多いはずだ。

しかし作家とかニュース司会者は知ったように「感動する心が薄い」と言う。

では仮に「感動する心」を育てれば犯罪が減少すると仮定して、我々はそのためにどのようにすれば良いか?
簡単である。
あの薄っぺらい「感動的ドキュメンタリー」を、愚にも付かないドラマを、見飽きた同じ「感動的なセリフ」をメディアで垂れ流すことを即座にやめることだ。
あれだけ凡庸な、同じような「感動コード」を見続けていたら、誰でも飽きるわ。いちいち感動しなくなるわ。
先生が必死で「感動的な」ことを言っても、そんなもんドラマやマンガで見た、わざとらしいセリフにしか聞こえない。
その上、メディアに溢れる「感動コード」は、<本当の感動>、ほとんど生物学的にどうしても反応してしまうような感動ではない。
「本当の自分を見つける」などといった、宙に浮いた、実体概念を持たないような発言が「感動コード」として出回っている。
そんなもので「感動」するのは本質的な感動ではなく、「ここでは感動するべし」たるコードへの条件反射、いわばはやりすたりのものでしかない。
メディアは余りにも同じような「感動」を垂れ流しすぎたために、ネタがつき、そうした<本当の感動>ではない「感動コード」をどんどん流行らせているのだ。一昔前には絶対に「感動的発言」とはみなされなかったような記号が「感動コード」として消費されるさまを見よ。
「感動する心」を育てるための特別な教育など全くいらない。感動コードによる不感症患者を減らすことだ。

ところで、私が最近感動したのは、次の話を聞いたときだ。
フォン・ノイマンが世界で初めてノイマン型コンピュータを作った時に、彼はこう言った。
「これで世界で2番目に計算の速いものができた」
もちろん、1番目は彼自身である。
偉大さを、力の差を、圧倒的なものを感じたときに沸き上がる感動である(これはオリンピックで最高の選手が最高の記録を出した時に感じるあの感動と同形式のものだろう)。

「傲慢さ」は、<差異の感覚>から生じ、そして能力を伴った時にしばしば感動を生む(笑いを生むこともできる)。
それに対して、「傲慢さ」を単に嫌悪する者、そこに笑いのセンスを見いだせない者は、恐らくは──<差異の感覚>を失った<現代的大衆>である。



00/12/20  ひさびさに、毒でも笑いでもない分析系。

差異の感覚 あるいは、少年犯罪はいかにして流行になり、それに対する言説がいかなる誤謬を積み重ねたか

「犯罪の低年齢化」「17才の犯罪」がえらくもてはやされた。
ここで、最も凡庸で、また最も根拠のない表層的な発言は次のようなものである。

1)最近の少年はキレやすい
2)ゲームやマンガの影響(仮想と現実の区別がついていない)
3)学校では偏差値などの結果ばかりを重視し、心の教育が足りない

「(ある対象の分析において、)世の中で良く言われる発言ほど間違っている」という私の仮説はほとんど妥当であるように思われる。というのも──いや、もういいとして。

少年犯罪の犯罪者数は、30年前と比較して、むしろ減少している。
少年の殺人事件犯罪者数は増加しているが、しかし近年のそれは、単に集団で行われることが多いために「犯罪者数」が増えているだけで、例えば少年犯罪によって死亡した被害者数も、実は減少しているのだ。
それでもなぜか「少年があぶない!」などと叫ばれるのは、マスコミのそれらの報道が、一般人が感じる「少年犯罪増加量」とほとんど同程度に増加したためと考える方がよっぽどつじつまが合うというものだ(何しろ、<少年犯罪>というコードはプレミアもので、いま流行で、
ノリノリで、その報道の視聴率が高いのだから)。

1)
「最近の少年はキレやすい」ような傾向を示す根拠は全くなく(犯罪者数の減少を見ても)、また、「キレる」という心理状態自体、「過去にはなく、最近になって急に現れ始めた心理状態」というわけでさえないだろう。むしろ、過去にもあったある心理状態に対して「キレる」という言葉が最近になってあてはめられるようになっただけだ。

2)
そこに「ゲームでは他人の痛みがわからないから、最近の子は加減ができない」「仮想と現実を混乱している」などのクソ役立たないセリフが続く(間違った前提に間違った分析を重ねるのは大衆の特権と言えよう)。
昔から空想(小説など)はいくらでもあったし、「加減ができる」はずの昔の人も戦争や犯罪をしたし、人の痛みがわかるからこそ他人を殴ったりして相手を服従させようとするんやろが。
ゲームでの「殺人」ではなく、どうしてわざわざ外に出て実際の犯罪を犯した? 仮想と現実の区別がちゃんとついてるからやろが。
なんでそこまで、でかく間違うねん(こうした発言をする多くの連中は相当頭がいかれているか、または、犯罪や事実の分析のことなどどうでもよく、「語る」こと自体が気持ちよいのだろう。さらに言えば、よくテレビなどで言われる「仮想と現実の区別がつかない」という仮説と現実の区別が全くついていない)。

3)
「ゆとり教育」と称して「心の教育を大事にする」教育に進もうとしているが、たぶん全く無意味である。
歴史を振り返ってもそうだ。戦前にも「近年は教育が知育偏重になっており、道徳教育が疎かになってゐる」的なことが言われていた。教育改革に意味があったのかどうかはともかく、日本は軍国主義の戦争を始めたわけだ。
昔から、社会の権力者は、政治や社会に対する大衆の不満が高まると、それを「教育」の問題に押し付け責任転嫁し、反感を逸らすということを繰り返してきた。まんまとひっかかってる人たちがいるだけだ。
(ちなみに、社会的に高い地位にある者より低い地位にある者の方が、強姦や殺人などの凶悪犯罪を犯す率が高い。ゆとりもほどほどに)

答えを言うと、こうだ。
最も少年犯罪や、(俗に言われる)「最近の犯罪」を増加させている要因は、マスコミの報道。
「ストーカー」なんて言葉がここまでマスコミに取り上げられなければ、自発的にあのような行為をしようと思う人なんて、なかなか出てこんかったっちゅうねん(笑)。考えつきもしないことが多いやろ(笑)。
「17才17才」騒ぐから、17才の方も意識するし、そういう犯罪行為が、
自分にも可能な一つの選択肢として頭に浮かぶわけよ。
麻雀でピンフとリーチしか知らなかったら、それしかできないよな。タンヤオ覚えたら、それも使えるようになるね。同じように「イカサマ」という技術があると知ったら、中にはそれをやり始める人もおるでしょ。でも、「イカサマ」という技術自体を知らなければ、ほとんどの人はそんなものには気付かないままやね。気付いたとしても「周りでもよくやってる」ような錯覚(=マスコミの連日の報道)がなければ、イカサマしようとはなかなか思わん。
(もちろんおれは、マスコミの報道を規制しろとかバカなことはいわんよ。)

ただし、現在の「少年」、さらには「大衆」は、オルテガが評したように「慢心しきったお坊ちゃん」である。
「自分にはこれこれのことができない」「こういうことをすると、やばい目に遭う」という差異の感覚、距離感(ニーチェ)、
圧倒的に厳然とそこにある立場の違い・力の違いの意識が少ない。
ある行動に対する(この場合)<社会全体の憎悪>が、いかに彼に過酷な復讐を行うかという意識が薄い。
何でも平等だったし、「勉強ができることが全てではない」「お金持ちが偉いわけではない」と言われてきたし、ゆとり教育を受けるから。
「負け」を「負け」として認めるということをせずに、力の差を、立場の差を感じることから逃避することが、常に許される環境にいたから。
だからどんな行動でも「
自分にも可能な一つの選択肢」に入り得る。
「これこれのことは、おれには、できない!」という感覚がないんよ。

たとえば理不尽きわまりない理由で非国民呼ばわりされ罰則を受けると、あるいは、奴隷として生まれると、または、近くに非常に優秀な人間がいると──何でもいい、とにかく、差異の感じを否応なく痛感する瞬間があると、「自分にはどうしようもないことがある」という学習がなされる(これは、道徳や心の教育が主張するところの「〜〜をやってはいけない」などというバカげた、何の根拠もない「教え」による抑止力よりもずっと強烈であるに違いない。権力が真に内在化されるからだ)。
このような学習がなされなかった大衆、頭が悪くてもいっぱしの選挙権を持ち、クソのような発言をHPや掲示板に垂れ流す権利を持ち、凡庸であるばかりか凡庸たる権利をも主張することが許された<現代的大衆>は、自分が知識を持っていない分野にも土足で踏み込み、「自分には論理的に思考する能力が欠けているという生得的な自覚が欠如して」(オルテガ)おり、自分より優秀な人間をただただ貶め、そしてまた、あるいは国家への反逆をも、「犯罪」をも<自分に可能な行為>であるかのように感じるようになっても何ら不思議ではない。
(おれは犯罪が「悪い」とか言ってるんじゃないよ。単にそこにかつては設定することが可能だったかもしれない抑止力に関して、おれの一つの仮説──少なくとも「最近の少年はキレやすい」の256倍ほど信頼できそうな──を述べているだけ)



00/12/19

かぜ薬の効能

おれの好きなカゼ薬は・・・ん?
「好きなカゼ薬」っておかしい?(笑)
いや、でもパブロンはええよお〜〜あのにがみがまたなんとも・・・。

うちには「常備薬」なんてもんは置いてないんよね。パブロン一筋。
頭痛くなった時とかも、「まあ総合感冒薬やし、頭痛対策もバッチシやろ」とパブロンを飲む。
それくらいまでなら、正しい気がするが。
薬を飲む時、おれは
酒で飲むんよね( ≧∇≦)ブハハハ!
たぶん、危険なんやろけど、良く効くもんでね(笑)
ちゅうか、体格差とか考えず「1回3錠」とか書いてあるくらいなので、ちょっとくらい適量を超えても大丈夫なはず(;´ー`)y-゚゚
それで

眠りたいとき → 酒パブロン ← 睡眠のための成分も入ってるやろ。酒で眠くなるし。

お腹痛いとき → 酒パブロン ← 頭ぼ〜〜っとするからお腹の痛さ忘れるやろ。

ふられたとき → 酒パブロン ← 
全てを忘れるやろ。

とまあ、何が起こっても酒+パブロンなんよね( ≧∇≦)ブハハハ! まさに
万能薬 
(下に行けば行くほど科学的根拠から遠ざかり、
蒙昧で短絡的な衝動に近づいていることに注目 笑)

しかし適量をあまりにも超えて飲むと、ちょっとびっくりすることが起こる。
前に、カゼがひどくて、咳がめっっっちゃ出たので苦しくて、パブロンを適量の4倍、しかも酒で飲んだことがあってね。

目が覚めたら近所のローソンで「マガジン」を立ち読みしてる自分がいた。
しかも寝た日から丸々2日くらい経過してる。


はっ と気付くと、普段絶対読まないマガジンが目の前にあるねん(笑)
「あれ?」て思って意識をはっきりさせる。「なんでおれコンビニおんの?」( ≧∇≦)ブハハハ!
でもバッチシカゼ治ってたのでやっぱり万能薬かと。



00/12/18

「できすぎくん」についてバグ報告などをしばしばもらい嬉しいのですが、次のような(バグではない)質問がよくなされるので、マニュアルの
「Frequentnswereduestionz(よくある質問)に次の加筆を行いました。

・安定Rが高すぎます、低すぎます。
良かったですね、またはご愁傷様です。
「できすぎくん」は、「集計期間内の対戦結果と同じ結果が今後も出続けると仮定」した上で、その後収束していくようなRの値を理論的に計算する機能を持っていますが、今のところ、使用者の頭の良さを高める機能はついていません。
しかし「安定R」の定義と意味がわかっていないユーザが多いようですので、要望が多ければ
「使用者のIQを90以下と仮定」のオプションを付けます。
(この場合、集計結果の出力は恐らく次のようになるでしょう。最近5試合の結果が良ければ「おめでとう」と表示。そうでなければ「がんばりましょう」と表示。それ以外の「難しい」データは一切出力されません。)


先生〜この人ら頭わるいとおもいま〜す。
なんでいつもそうやって短期的な結果しか見れないんですか。
なんで人が作ったものをただ使うことさえ満足にできないんですか。

・麻雀はギャンブルだから、数値で測れるものではないのでは?
あなたがこのソフトウェアを使用することを禁止します。向いてません。
またあなたは、麻雀より少しでも高度ないかなる知的作業にも向いてません。
(人類の矜持のために、子孫を残さないことを強く推奨します)


我ながら人類のために貢献したと思います。マザーテレサの比ではありません。
彼女は勝手な妄想で闇雲に頑張っただけですが、私のは生物学的背景に基づいているからです。

あ・・・安定Rが(バグらしい理由で)高かったり低かったりする場合は報告してねヽ(´▽`;)/ ←



00/12/17

おれは「くちぐせ」がけっこうある。そのうちの一つを紹介する。

パピコというお菓子があるが、「パピコ」という言葉がそれだ。
非常に残念な目に遭ったとき、非常に残念なものを見たときなどに、思わず「パピコ」と言ってしまう。
古典単語の「いみじ」の意味にとても近いことに気付いた。
そういえばおれは「いみじ」もたまに使うな・・・。
現代人にない、分節化された「感覚」があるようだ( ≧∇≦)ブハハハ!

おれが生涯で最も大声で「パピコ」と叫んだ瞬間は、「研究室配属じゃんけん」でいきなり5連敗した時のことである。
パピコーーーーーー!」

恐らく、おれの希望していた研究室の連中は、「パピコ」と叫ぶ20台男性(仙台市在住)が自分の研究室に来なくて良かったと胸をなで下ろしたであろう。



00/12/16


ё~*)
(*~ё~*)
・゚)(*~ё~*)
(*~ё~*)(*~ё~*)
ё~*)(*~ё~*)(*~ё~*)


■_('ρ`)Merry Christmas♪




00/12/15(ネタは18日朝に仕入れたもの・・・Σ( ̄□ ̄;)まとめ書きしとる・・・)

ネタがなければ待合いで毒吐き&宣伝。これがいちばん効率的。
あまり「笑える」ネタにはならなかったが、まあせっかくなので載せます。
待合いでの会話は発言がラグや20秒ルールで前後するので、文脈に合わせて適当に並べ替えました。
既に「公開」された文章なので、著作権法に抵触しないが、ま、仮名にしとこう。


とつげき東北 >問題:実力R2000の人が新規キャラ作って100試合打つとR幾らになる?
おのっち☆ > 1600クライ?
仮名くん >1750だne
傷心かいちょ >2.1前後だろうから・・ 1880くらい?
武色スパナ >                           2200
とつげき東北 >こういう問題に対しこれまでたくさんの直感的な意見が語られて来たが
とつげき東北 >我々は今、これを理論的に解決する手法を手にした
傷心かいちょ >数値で計算すればちゃんと出るんだろうけど すぐにわかんなかった
・・・・・ゎ・・・・・>とつげき東北氏のHP
http://i.am/lwa/             ←おええ自分のHP宣伝しとるよ( ´Д`)
とつげき東北 >高速演算R変動シミュレータをHPにて配布中
とつげき東北 >http://totutohoku.b23.coreserver.jp/hp/ ←こっちですよ( ´Д`)
スナドリ >自分のページの宣伝かよーーーーーーー
スナドリ >と言いつつ行くのが悲しいのう
傷心かいちょ >ただの宣伝だけども(笑) でも出来がすごくいいので<とつHP
酒色スパナ >できすぎくん Ver3.0 おめ(⌒▽⌒)です
鬼殺し/鬼式 >とつさぁーーーーーーーーーーーーー(爆)
とつげき東北 >ナイスフォローだ(笑) 5円あげやう   おはよ>挨拶くれた方
とつげき東北 >100万試合分のシミュレーションが2秒 (Pentium2-450)
武色スパナ >                   チョンボしまくり イヤンイヤン


仮名くん >とつげき君,
仮名くん >君の論文だと,所謂「流れ」が存在しないと言うのかな?
とつげき東北 >言うのではなく、証明されたのだよ.
とつげき東北 >従って他の無知蒙昧が違うと思う思わないは私の論文とは無関係だよ.
仮名くん >常に私は,弟子達に,「流れ」を読めといっている.
とつげき東北 >サンタクロース を信じる者は多いし語る者も多いが サンタクロースはいないのだ.
仮名くん >サンタクロースと麻雀をいっしょにするのは間違っているなぁ.
とつげき東北 >残念だが、サンタクロースと麻雀を一緒にしない方が間違っている.
武色スパナ >                    チョンボする流れを読む
一応伏せHN >流れがあるって思ったほうが納得しやすいからそれでいいでス
とつげき東北 >もちろん君の知的水準にはそれがお似合いだろう>伏せHN
とつげき東北 >幼稚園児はサンタクロースを信じて納得するものだ.
一応伏せHN >うん、難しく考えすぎると楽しいのかなんなのかよくわからないし

ここでは「サンタクロースを信じる人がどれだけ多くても、サンタクロースなどいない」という形式と、「流れ について語ったり信じたりする人は数多くいるが、流れ など存在しない」という形式を同一のものとして「同じ」と言ったわけだ。
とつの発言はいつも断定的である。
仮名くん>「サンタクロースと麻雀をいっしょにするのは間違っている」
とつ   >「残念だが、サンタクロースと麻雀を一緒にしない方が間違っている」

同じレベルのどうでも良い発言だが、どちらが凡庸で、どちらが凡庸でないか?
どちらがより、ぱっと見て「おおっ? おもろそうやん」と思わせることができるか?

それに対して「難しく考えすぎると楽しいのかなんなのかよくわからない」。この種の発言の低いことと言ったら。
「難しいことを考える」能力が劣ったどんな人物でも言いそうな凡庸な発言で、センスがないことと自分の知的水準が低いことをさらけ出しており、みじめである。
君の言葉に従えば、「難しく考えない」なら「楽しい」ことがいくらでも見つかるはずだが?
「小難しい理論」を以て書かれた「東風王者kamiのひみつ」を見よ。
当然君たちは、「難しい」こんなコンテンツよりずっと楽しいコンテンツをたくさん作れるのだろうね?
センスと、そして能力の違いがここにある。



仮名くん >この統計は誰が打ったのかね?とつげき君,
とつげき東北 >論文については論文に全て記載されてゐるよ.
仮名くん >君ねぇ,流れと言うのは,流れが出る人間と出ない人間がいるのだよ.
とつげき東北 >君,それでは流れが「一般的な現象」足り得ないではないか.
とつげき東北 >チョンボする人としない人がいるのと同じ事だ.
仮名くん >一般的な現象?「流れ」は一般的現象ではないよ.
とつげき東北 >それは「打ち方の差」以上の何物でもない.「流れ」を定義したまえ.
仮名くん >きみは「第6感」と言う者を聞いた事がないのかな?
とつげき東北 >良いから、さあ「流れ」を定義したまえ.
とつげき東北 >あるよ.そこらによくある大衆の迷信の一つとして.
仮名くん >
私は定義という言葉が嫌いだ.だから,定義しない.それでいいかい?
とつげき東北 >
定義しないものについて語るのは知的障害者のやることだ
とつげき東北 >そのような人物は,私のような高水準の人間と語るに値しない.
一応伏せHN >とつげきさん、その発言はさすがによくないです>知的〜
仮名くん >じゃぁ,君は,君の回りのものを全て,定義しているのかね?
とつげき東北 >分析の対象としては,だよ.
とつげき東北 >全ての分析の対象は定義しているよ.
仮名くん >じゃぁ、君の論文の中の「アホ」は,どう定義しているのかな?
とつげき東北 >そうではない,早く「流れ」を定義したまえ.

定義せず(分析的なことがらを)語るなんて笑止千万(笑)。
この発言がいかに恥ずかしいものかがわからないことが、彼の大衆性の顕れである。

「じゃぁ,君は,君の回りのものを全て,定義しているのかね?」について。コンテンツを見てもらえばわかるが、マジメに語る時(主として「笑い」を目指さない時)、曖昧さが残るような全ての語にオレは定義を与えている。当たり前だ。
オレが大衆に定義を迫る時は、相手の語が曖昧さを持つ場合だ。言い替えると、
曖昧であることだけが唯一彼が「負け」ることから逃れる手段となっているような低レベルな発言をする相手に対してだ。
一方、大衆と議論しているとよくあるのは、自分がやばくなると、それまで当然共有されていたはずの語句を持ち出して、いまさら「定義は?」などと言われることである。
お前のそれは、おれのそれと違って「逃げ」でしかないだろ。オレが定義を聞くと「細かいことばかり言って、議論全体を見ていない」などと言われるが、違う。オレは議論全体のために「定義」を聞き、お前は議論から逃げるためだけに「定義」を聞く。


仮名くん >まぁ、
しいて定義するとすれば「第6感」を自在に使い麻雀をする
とつげき東北 >流れ=第六感を自由に使い麻雀をする   ??????
とつげき東北 >名詞 = 動詞 ?? 
恐ろしく痛々しい定義は止め給え.
仮名くん >下らない,「こと」を最後につけてごらん.
仮名くん >君も理解力に乏しいなぁ.
とつげき東北 >「第六感を使う」が全く定義されていないが
とつげき東北 >第六感を自由に使い麻雀することが「流れ」??
とつげき東北 >こんな噴飯ものの定義は初めて耳にしたよ.

曖昧な語を曖昧な語で言い替えてどうする。それは「逃げ」でしかない。しかも回り込まれている。
「定義」とは、充分に意味・概念が共有され得る語を以て、共有されていない語に共通の意味・概念を与えることを指す。
彼らのように「適当に言い方を変える」のが定義なのでは、断じてない(おれの「流れ」の定義を見よ。彼らのような曖昧な逃げとはRにして1000くらいの差がある 笑)。

ついでに、こんな滑稽な「流れ」の定義は初めて聞いた(笑)。

仮名くん >
君の定義する「流れ」とは何かね?    ←ほらきた
とつげき東北 >論文に書いた通りだ 読みもしていないのに「反論」気取りかね?
とつげき東北 >いつもそうだ。定義せず、相手の定義を理解せず、何の概念も把握され
とつげき東北 >ず、単に「私信じてま〜す」のださい事実だけが残るのが君たちだよ.
仮名くん >君の暇にまかせて書いた論文を全て読めというのかい?
仮名くん >私も多忙でねぇ,私は私なりに「流れ」を定義した.君は定義しないの?
とつげき東北 >
愚図.読みもしていないのに「反論」する時点でただのオバカだろ
一応伏せHN >反論するなら読まなくてはいけませんよやっぱり
とつげき東北 >「私なりの定義」そうだ。
とつげき東北 >君たちはいつも、子供のような定義を、曖昧で、君たちの直感さえも
とつげき東北 >写し取らないめちゃくちゃな「定義」を、我々の指摘に対して垂れ流し
とつげき東北 >けっきょくのところ何一つ論理的に語ることができないのだ.
とつげき東北 >愚昧 無知蒙昧 低水準 慢性知的疾患 凡庸.
仮名くん >じゃぁ,どこに書いてあるかだけでも教えてくれ給え.「流れ」
とつげき東北 >流れの定義は当然「流れは存在しないことの証明」の最初にある.
とつげき東北 >君と違って、まず「定義」し、そして考察を与える。

ちなみにこの部分、このやりとりのめっっっちゃ最後になってからのものです。
ほらね。彼らは相手の言うことを理解せずにしゃべる。
理解できていないのになぜ反発するか?
彼らの「直感」を逆なでしたからだ。彼らの「信仰」を邪魔されたからだ。
おれはいつでも、こうした宗教信者、つまり平均人の愚昧な行動を観察し、嫌し、ネタにしている。


仮名くん >流れ・・・所謂人間にとって無知の領域で、
仮名くん >流れ・・・人間にはまだ解明されてないforce(力) だ.
仮名くん >forceわかるかな?君に,
仮名くん >その力を感じ取るのが、「人間の第6感」だ.わかるかい?
とつげき東北 >先ほどと定義が異なるのは何故かね? まあどちらも子供だが.
とつげき東北 >君のしたような蒙昧極まる定義で、私がどうやって議論に加われば
とつげき東北 >良いのだ? 私にコテンパンにやられるためにはもう少し賢くないと.
とつげき東北 >君が今なすべきは、私のように明確な定義付けをし、データを取ること
とつげき東北 >それからだ。そこまで進んでから、やっと、私にコテンパンにされる
とつげき東北 >権利を君は得るのだ.わかるかな
とつげき東北 >
人間にとって無知の領域? よくわからんが君が無知なだけでは?

一般に、相手の水準が低すぎる(IQ110以下)と議論にならない。こんな「定義」で何を分析的に語れというのだ。
「解明されていない力」を、解明する努力をする代わりにいきなり信じているのはどういうわけだ('ρ`)
一見して理解されることは、おれはおれの「定義」での「流れ」が存在しないことを論理的に示したことと、それに対して彼らは単に反発し、彼らの「定義?」での流れが存在することも証明せず、そのくせ語っているという強烈にダサイ事実だ。


仮名くん >そう,君は人間の低レベルな数学でしか物事を考えられない.
仮名くん >君みたいな低レベルな算数で,麻雀がかたれると思ったら大間違い
仮名くん >なのだよ.
とつげき東北 >だから、その根拠を示したまえ。私は少なくとも示した。
仮名くん >そうしたらだよ,人間が宇宙の出来事を全て,数学で証明できていると
仮名くん >でも思っているのかい?それが聞きたいねぇ.
仮名くん >君も,一端の数学者なら,まだ数学で証明されてない事はいくらでも
仮名くん >ある事くらい知っているよねぇ.
とつげき東北 >君はじゃあ、直感で宇宙の全てを解明できると思っているのかね?
とつげき東北 >少なくとも結果を出しているのが我々(数学)であり、そうでないのが君(直感)だよ.
とつげき東北 >★ http://totutohoku.b23.coreserver.jp/hp/ ★ ツールあるよ
とつげき東北 >ただ数学が苦手だというだけでそこまで落ちぶれるとは哀れだ.
仮名くん >結果? あの一般性のない統計が結果かな?
一応伏せHN >幽霊を見た見ないの話と同レベルじゃないんですかねー
一応伏せHN >かと言って霊が存在しない証明ってされてないんじゃないですかねぇ
一応伏せHN >現在の科学でそのへん証明できないんだから水掛け論でしかないでしょ
とつげき東北 >証明できない? まさか。証明などいくらでもあるよ。
一応伏せHN >でも科学的に突き詰めようとする姿勢は凄いと思います
一応伏せHN >これで東風のプログラムに流れ要素が組み込まれてたらかなり笑える
司馬懿 >オカルトを科学的に論じようとする時点で間違いね。
とつげき東北 >オカルトを信じる時点で間違いだと断言する
一応伏せHN >そうそう、オカルトVS科学
司馬懿 >オカルトは宗教と同じで、「癒し」の為のシステムです。
とつげき東北 >科学は「嫌し」のためのシステムです  ( ´Д`)ノ勇輝
一応伏せHN >現時点で全ての事象が解明できると断言できるのかースゲー
一応伏せHN >東海地震いつくるか予知してほしいなあ科学の力で
とつげき東北 >論理学をまず学びなさい「論理学初歩」たぶん1000円くらいで売ってる
一応伏せHN >現代科学は流れを事象として語れるレベルでは無くタダの推論と思うの
とつげき東北 >そうだ。流れを信じるのは幽霊を見たと言い張る無知蒙昧と同じだ.
とつげき東北 >君たちはいつもそうだ。
とつげき東北 >私のような人間が R変動をコンピュータシミュレーションし、
とつげき東北 >流れが存在しないことをデータに基づいて示す間に、
とつげき東北 >君たちは君たちにできる精一杯の力を振り絞ってこう言うのだ。
とつげき東北 >即ち「数学が全てではない」と。
とつげき東北 >その程度のことなら子供でも言える。その水準だろう

彼らが自分の直感をいきなり信じ、「科学は絶対ではない」などと断定するのと同様、おれはわざと「科学が全てだ」と断定する。もちろん「科学だけあれば生きていける」「直感は無意味」などと思っているわけではないし、「数学の良さ」「科学のすばらしさ」を主張したいわけでは、全くない。
ではなぜおれが「科学や数学が全て」的な発言をするのか?
彼らが彼らの劣った直感を信じることに対する「嫌し」のために、「お前らの直感など無意味」という風に断定的に言うわけだね(ちなみにおれの直感は彼らの直感と異なり、かなりの精度で理論的結果と一致する)。

それに対して彼らの発言はどうであったか?
思った通りだ! 超凡庸だ! 「科学が全てではない」「あるともないとも証明できない」「〜〜のことが科学にはできない」だ!
あるともないとも証明できないからといってサンタクロースを信じるバカを、オレはバカだと言っているのだ! お前らの直感こそ「全てではない」と言っているのだ!
なぜ彼らが、全てではなくとも大きな実績を残している科学を、同じように全てではなく、しかも分析においてほとんど役立たない彼らの「直感」よりも優遇しないのか、その下に横たわる
心理的な構造こそが問題なのだ。
普通に考えたら「科学はすごいねえ」で終わりなのだ。
そうではなく、彼らがなぜかいつでも、苛立たしいほどくどくどと「科学は完璧ではない」と言わなければならないのか。
そこに大衆のルサンチマンがある。彼らの無能が醜い原因がある。
「お金持ちはうらやましい」「偏差値が高い人はすごいなあ」ではなく、なぜ「お金があっても心がなければ・・・」「偏差値が高くても優しさがないと・・・」なのか?
「心があることはすばらしい」「優しさがあるとすばらしい」と言うことは、間違ってはいるが、まあ良い。しかし、それと同時に「お金があることはすばらしい」「偏差値が高いことはすばらしい」となぜ言えないのか?
東風で勝ってる人を「東風の麻雀で強い人」と捉えず、なぜ「東風で強くても実戦では・・・」と言うのか?
「心があることがすばらしい」「実戦で勝つことがすばらしい」が、彼らの本当に言いたいことではないからだ。彼らにはまず最初に、相手が「数学や科学の知識があること」「東風の麻雀で強いこと」がしゃくに触り、それを何とか他の価値基準で消し去りたいという
負け犬特有の醜い願望があるのだ。


仮名くん >数学数学と君は仰る.失礼だが,君はどこでその数学を学んだのかな
とつげき東北 >どこでも良い.単に私は数学ができるのであって君はできないだけだ.
仮名くん >できないと決めつけてしまうのかな?君は.
とつげき東北 >
決めつけるのは当然だ。そこまで低い水準の発言をしているのだから.
仮名くん >そのシミュレーションは一般性を持っていると示せるのかな?
仮名くん >数学以外の力が働かないと君の論文で本当に証明しているのかな.
仮名くん >君は統計から君の予想を論じてるだけで,証明はしていないねぇ.
とつげき東北 >あの・・・まず、論理実証主義という概念を理解しましょう。
とつげき東北 >私の定義した意味で「流れ」が存在しないことの証明は与えられた.
とつげき東北 >もちろん君のように定義をすりかえすりかえごまかす人間は多いがね


仮名くん >論理つまり,人間の想像できる範囲で語ろうとする.その時点で間違い
とつげき東北 >
君は「人間の想像できる範囲」を超えて、何を語るつもり? 君誰?(笑
とつげき東北 >残念ながら、「流れ」など、想像できないどころではない。
とつげき東北 >最も想像しやすい、大衆的な、あまりに大衆的な迷信だよ。
仮名くん >これが定義か.しかと読ませてもらったよ.
とつげき東北 >君に理解できたか? ムリだろうねえ 定義が嫌いとか言ってるうちは
仮名くん >なぜ嫌いかというとその人間のちっちゃい論理の中に入っていたくない
とつげき東北 >
いや君、おれと違ってちっちゃい人間だよ。典型的平均人だよ
とつげき東北 >他人の「定義」を理解せず、「自分なりの」曖昧な定義という
とつげき東北 >
小さいだけでなください「論理」に閉じこめられているのは君だよ
仮名くん >数学数学というが,3026試合794試合689試合で
(落ち防止観戦で1文欠落。まあ「サンプルが足りない」的なことを言ったはず)
一応伏せHN >ちなみに最低でも100のサンプルをとらなければデータとして弱いです
一応伏せHN >って統計の講義で言ってた・・・論文めんどくさかった・・・トホホ
とつげき東北 >
麻雀の成績が(サンプル数によって)どの程度偏るかは、別にシミュレーションして論文にしている.
とつげき東北 >わかるか? この差が。 君と違っておれは、全てデータを出している
とつげき東北 >君は単に、君のそのちっぽけで浅はかな直感とやらを押し付けるだけの
とつげき東北 >小物だよ。子供と同じだ、知的に。
とつげき東北 >誰だって言えるに決まってる「存在しないとは限らない」とか。
とつげき東北 >だがそんな凡庸な発言は聞き飽きたと言っているのだ。
とつげき東北 >それ以上、決して一歩も進まないのが君たちだからだ。
とつげき東北 >物事をより深く知ることを決してせず、その能力も全くなく、
とつげき東北 >小学生にも言えることだけを延々と垂れ流すだけの者ども。

仮名くん >おれ?アカデミックでないねぇ.
仮名くん >君はどちらかというと,大発明をするタイプではないようだねぇ.
仮名くん >ホホゥ.
仮名くん >
まぁ、君は迷路で例えるなら,入り口からこつこつとやっている人間で
仮名くん >
私は,出口から賢く答えを探している人間の違いのようだねぇ.
とつげき東北 >
全く違う。おれは入り口から、出口を見出す最も優れたアルゴリズムを
とつげき東北 >
使うのに対し、君は「それが全てではない」と入り口で止まっている.
とつげき東北 >決しておれと対等な議論ができたなどと思い上がらないことだ.
仮名くん >後は,一応伏せHN君に任せたよ.明日仕事なんでね.
仮名くん >さてさて そろそろ寝ようかな
とつげき東北 >データを出したのはおれだけだからだな。まあ、おやすみ
とつげき東北 >★ http://totutohoku.b23.coreserver.jp/hp/ ★ と、ここで(笑)
一応伏せHN >お二人ともおつかれさまー

1)お前は賢くない。
2)お前に対して、おれの方がこつこつやっていることは認める
(ついでにそのための才能もあることを付け加えておく)
3)お前は迷路で言えば、いきなり「右に出口がある」と「直感」で信じて、袋小路に行き詰まってるだけ。


ちなみに、最初に
とつ >問題:実力R2000の人が新規キャラ作って100試合打つとR幾らになる?
仮名くん >1750だne
というやりとりがあったが、おれのR変動シミュレータで100万試合行い実験したところ、平均は1900弱であった。
いかに彼の「直感」ごときが何の役にも立たないかが示されていると言えよう。
理論を遠ざけ「直感」を推すくせに、それが低いのだから、たいそう哀れである。


補足

もちろん、他にも彼の論理的誤謬を上げればきりがない。
彼は「流れは一般的な現象ではない」としているのに、彼の「第六感流れ定義」は、流れの現象の形式としては「一般的現象」である(「一般的」という語を明確に理解していないのだな)。
大衆は、少し踏み込んで話すと、すぐこれであるヽ( ´ー`)ノ
ま、しょせん相手にならないので、おれはこんな連中とマジメに「議論」する気などさらさらないからね。



00/12/14

なぜ私は凡庸ではないのか

よく聞くのは「創造性」とか「個性」を全面に押し出したセリフである。
創造性や個性を重視するのは、何も現代の特徴でさえなく、昔から「教育」が問題視される毎に、すなわち、政治や社会が不安定になるごとに、スケープゴートとして言われ続けてきたことだ。
社会の上位層は、自らの問題を「教育」「心」の問題に読み替え、教師など、能力的に劣っているくせに「社会的責任を押し付けられた者ども」にその責任を転嫁する方法を好んだということだ。

我々にあっては、「創造性が大事」とか「個性が大切」とか今さら言おうとは全く思わない。
小学生の頃から、ずっと、ずっと周りの連中に対して「みんなと同じ事言ってるなあ」と思い続けてきたし、自分が彼らと違うことはほとんど当然であって、それに対して概念や名称を与えようとはしなかったものだ。
他人と違うことが重要とも思わなかったし、単に、周りの連中が余りにも凡庸に見え続けて生きてきたのだ。
今さら「個性」がどうのと得意げに語っている連中は、所詮我々とは別種のタイプの人間でしかない。