第一なんでやねん・ウソつきのねーちゃん


 
 私には4才年上のねーちゃんがいる。初めの「なんでやねん!」は、幼き頃のねーちゃんに対してである。
 小学校低学年のころのねーちゃんは、はっきり言ってウソつきであった。それも、単にちょっとした弾みでウソをつくタイプの「守り型ウソつき」ではない。攻めてくるのである。例えば次のように。
弟(幼稚園児の私)「ねーちゃん、スズメは近づいたらすぐ逃げるのに、ハトはなかなか逃げへんねぇ」
姉「そうや。あたりまえやん」
 なにが当たり前やねん。
姉「ハトにはな、2種類いるねんで」
弟「ほんま?」
姉「ハトでも、近づいてもなかなか逃げへんハトと、すぐ逃げるハトがおるやろ」
弟「うん」
姉「遅いほうをノロマバト、早いほうを急バトって言うねんで」
 めっちゃウソやんけ! 「ノロマバト」は許すけど、「急バト」てなんやねん。幼心に、「これひょっとしてウソちゃうん?」とか思ったわ。
 
 このように、何もないところからウソを体系化してくるのである。言ってみれば、「前に出るタイプのウソつき」なのである。これは凶悪である。ねーちゃんのウソに引っかかった経験をあげれば、枚挙にいとまがない。例えば、私が近所の空き地でテントウムシを見つけたときのこと。普通の「ナナホシテントウ(赤字に、黒い斑点七つ)」ではなく、子供の間で「幻」と言われていた「カメノコテントウ(カメの甲羅に似ている)」である。喜び勇んで持って帰ったら、ねーちゃんの登場である。
姉「そのテントウムシは毒を持ってるからあぶない。捨てなさい」
 だまされて捨ててもうたで! しかも、後でねーちゃんの虫かご見たら、カメノコテントウ入っとるで! 昨日までそんなんおらへんかったで。
 あまりにも悔しかったので母親に泣きついた。
弟「お母さん、ねーちゃんが僕のテントウムシ取った」
母「ほんまやの? ねーちゃん」
姉「ううん。
道にいた
 おらんわ!!!!!
弟「ぼくのやつ〜」
 幼い私は泣き出し、さすがのねーちゃんも苦しくなってきた。
 ここで「ねーちゃんが見つけた」と言い張るなら、凡庸な人間である。しかし、姉は極めて優秀な人間だから、言うことが違う。
姉「わかったわかった。このテントウムシ、とつにあげるわ。ねーちゃんは我慢する
母「なんや、やっぱりとつがウソついてたん。ねーちゃんはエライね」
 待てや! おかん、だまされたらあかんで。このねーちゃん、黒いで。 カメノコテントウ毒持ってるって話はどこいってん!
 
 ねーちゃんのウソは、まだまだこれだけではない。
姉「クリスマス以外でも、寝るときに靴下置いといたらサンタさんがくる」
 めっちゃ期待して、毎日靴下置きまくったわ。サンタどころか、おかんに「靴下脱ぎっぱなしにしたらあかんやろ」て、
怒られただけやで!
 
姉「アリは甘くておいしい」
 辛いだけやったで……ほんまに食ってもうたやんけ!
姉「ハチに刺されそうになったら、死んだフリをすれば刺されない」
 中2ぐらいまで信じとったわ! 何回も刺されたで!
姉「うわぁ、もう四月やのに雪が降ってきたよ〜」
 降ってへんで〜!
 
 ……何か精神的苦痛が残りそうなのでこの辺りでやめておくが、今思い出しても、この時期はまさに修羅であったと痛感する。とは言え、今となっては懐かしい思い出でもある。現在のねーちゃんは、優しくて頭の切れる、私の尊敬する人物である。
 あ、そうそう、ねーちゃん。確かにウソつきは直ったけど、たまに出る信じ難いほどのオヤジセリフだけは、やめて欲しい。最近の電話で言った言葉。
姉「(略)車まで買うたら、
バッチグーやで」
 明らかなことだが、今時バッチグーなどという言葉を使う人間は、得てしてバッチグーではない。 (完)


          
第二なんでやねんへ  なんでやねん目次へ  HPトップに戻る

<bgsound src="nandeya1~.mid" loop="infinite">