国家公務員の給与明細公開!

以前、経産省のキャリアの方が給与明細を公開していらっしゃいました。

そこで、ここではいわゆる「ノンキャリ」の、2012年4月の給与を公開します。

※かなりの反響があったので補足します。

1.ボーナスを入れたら充分に高いのでは?
  ボーナスは年間3.51カ月分(民間平均は3.95カ月分)であり、高くありません。
2.公務員住宅に住めるなら充分ではないか?
  平成23年12月以降、原則として、国家公務員は公務員住宅を使えません。
3.残業手当がちゃんとつくなら充分では?
  サービス残業が多いです。例えば月100時間残業した場合、おおよそ70時間くらいはサービス残業となります(筆者や周囲の職員の事例)。
4.地方ではもっと低い。
  公務員給与についても、地方では「地域手当」が充当されません。
5.身分保障があるから良いのでは?
  「身分保障」とはどういう意味でしょう? 普通に降格・分限免職があります。旧社会保険庁などはいい例です。
6.退職手当が民間より多いのでは?
  民間並とするよう、人事院から勧告されています。
7.それでもウチより高い!
  公務員組織の多くは、1000人以上規模の「大企業」です。大学生人気就職先の1〜2位であり、入るための試験も相応に難しいです。そのまま比較はできません。
8.手当含めて福利厚生の情報がない。
  全ての手当を書いています。福利厚生については、年間1,000円分の薬をもらうことができます。
9.赤字を出している日本でボーナスをもらえるだけマシ。
  赤字を出しているのは立法府(政治家)であり、一般職の公務員ではありません。また、赤字の原因は民間からの法人税が少ないことが主要因です。加えて、公務員のいわゆる「ボーナス」は、法的に、政府の財政状況に基づいて算出されるものではありません。
10.東京でも、10年目で手取り23万あれば充分だろ。
  転職をおすすめします。






1.大卒・国家U種・約10年目・係長・東京で勤務の例

収入分

俸給支給額 230,944
地域手当 41,570
住居手当 27,000
支給総額 299,514

※通勤手当、超過勤務手当は人によって大きく差がつくため、除いています。


支出分

短期掛金 14,252
長期掛金 26,965
被課税金額 258,297
所得税 6,710
住民税 20,300
控除額計 68,227


というわけで……手取り 231,287円 です!
10年目の係長で給与30万いかないとか、私の知る限りの友達で(&東京勤務で)そんな安月給のやついませんw
大学時代のバイトの方が、時給がかなりいいです( ´ ▽ ` )




2.専門学校卒・国家V種・4年目・係員・東京で勤務の例

収入分

俸給支給額 161,415
地域手当 29,055
住居手当 27,000
支給総額 217,470

※通勤手当、超過勤務手当は人によって大きく差がつくため、除いています。


支出分

短期掛金 10,899
長期掛金 20,620
被課税金額 204,666
所得税 4,830
住民税 10,800
控除額計 47,149


というわけで……手取り 170,321円 です!
やっす……。




→こんな安月給の公務員が、まるで大儲けしているかのようにデタラメを書く人の例はこちら