第ニ回投稿作品。
お題「 「バカ」について論ぜよ。  」に対して。

------------------




   下向きの悪意ある視線をめぐる不実な論理の不純な流通について

 人の行動や思考や様子に対して「劣っている、低い」などと判断して蔑む(あるいはそれを表明する)ことを「人をバカにする」と呼ぶとき、私たちは、「勉強ができない人と殺人犯は等しくバカにされるべきだ」という仮説について考えないわけにはいかない。

 私たちの多くは、各々が属してきた共同体(家庭や学校)から、「人をバカにしてはいけない」と繰り返し教えられて育ってきた。この教えは大変多くの人に強く支持されている。人をバカにすることや、それにつながるかもしれないと誰かが神経症気味に予言したあらゆる出来事(運動会のかけっこで1等を決めることなど)に対する人々の過敏な反応からも、それはわかる。
 私の小学生のころの個人的体験だが、金色や銀色などの入った絵の具を学校に持ってきたある子供に向かって、先生は他の生徒の前で突然「たくさんの色が入っていても、えらくありません」と言いだしたことがあった。先生は、その子供が他の生徒の絵の具の貧相さを見下す姿を勝手に想像し、恐れたのだ。
 では私たちは単に人をバカにせずにいれば済むのかというと、そうでもない。逆の側面もある。
 例えばある犯罪者に対して、誰かが「冷酷な犯罪者」という評価を与えたり、犯罪者の人間性を蔑む場面では、ことによると私たちは犯罪者を「バカにする」ことに加担するかのように振舞わなければならない。平均的な人間関係においては、「殺人犯を見下すのはよくない」という見解を示すことは、まずあり得ないからだ。
 私たちは、「人をバカにする」行為を時には禁止されながらも時には推奨され、あるいは強いられるという、奇妙な矛盾にさらされているのである。

 もちろん、共同体が流通させる思考としては、このいくぶんわがままな要求も、不実ながら妥当であるとされなければならない。安定や秩序を保つために共同体が流布させるべき風潮は、以下のような特徴を併せ持つ。
(1)共同体の内部成員同士の攻撃を禁止する。
(2)共同体外部のうち、反撃してくる相手への攻撃を禁止する。
(3)共同体外部のうち、反撃してこない相手か、または、反撃する力を持たない相手(例えば内部の「はみだし者」)への攻撃を許容する。
 例えばごく一般的な日本人が見るテレビ番組において、コメンテーターが、政治家や官僚や犯罪者や「悪い芸能人」やヒキコモリの、そのずるさ、汚らわしさ、醜さ、無能さ、みじめさ、常識のなさを嬉々としてののしる場合を考えてみるとよいだろう。
 なぜそのような敵が選ばれたのか? それらの敵は、各種共同体の「内部」から排除され続けることが平均的には可能で、また反撃される心配が少ないからである。
 そもそも、なぜそのようなことをするのか? 明らかに、それが必要とされているからである。社会不安を与えるとされる数多くの敵が、「殺されるために産み出される」ことが、実は社会(共同体)の表層的な安定を保っているわけだ。
 こうした力学を考えれば、学力の劣等に対して向けられる下向きの悪意ある視線と、「人間性」の劣等に対して向けられるその視線との間に、悪趣味な手口で「違い」が捏造され続けようとしている現状さえも、合理的であると言われなければならないのだ。

 とはいえ普通、「共同体のルール」など、誰が喜んで守るだろうか。義務として仕方なく守られるのがルールではなかったか。なぜ「人をバカにしてはいけない」は、「年金を滞納してはいけない」よりもはるかに好まれ、正しいことと認識されているのか。
 それに対する自明な解の一つは、保身ということになるだろう。常に下向きの視線にさいなまれる可能性を持つ人々が、それを未然に防ぐために「人をバカにしてはいけない」というルールに賛同するのは当然で、論ずるまでもない。「人を殺してはいけない」と同様、「安全の互酬性」に基づいている。
 だが、それだけではない。事態は、「人をバカにする人はXではない(Xを持たない)」という<名言>の流通と深く関係している。Xとして選ばれるのは「人間性」や「思いやり」などといった、もっともらしい道徳用語に限られない。「偉大さ」「本当にできる人」「自信」「余裕」などの、能力的な要素がその大部分を占めるはずの概念が不適切に並べられることもさして珍しくはないことを思い出してほしい。
 このあつかましい<名言>は、誰かが人をバカにしたことを契機として、当人からどんな望ましい性質をも手続き的に強奪するための「正当な」呪文として人々に提供されている――「年金を滞納する人は本当の金持ちではない」と同程度のグロテスクな違和感をはらみながらも。

 この<名言>は、明白に誤りである。
 それを実際に示してみせると、信じている人々はどう反応するだろうか。私は以前、「偉大な人は人をバカにしない(=人をバカにする人は偉大さを持たない)」と主張してはばからない相手に、反例となる歴史上の偉人たちをいくつか提示して実験してみた。
 相手は一連の退屈なやりとりのあと、残念なことに「偉大さ」の定義を私に問い正し始めた。偉人たちは「偉大だとは限らない」と危なげなく処理されたあげく、結局、「偉大さは比較できないのではないだろうか」「子をたくさん育てた近所の主婦もまた、偉大とは言えまいか」などと整理されてしまったのだった。定義も比較も不可能だと自認するものについて雄弁に語るおもちゃ論理を振り回したため、おもちゃが壊れてしまったのである。
 歴史上の大天才の偉大ささえ安易にうやむやにされかねない<名言>を呪いのように念じながら、多くの人々は「人をバカにする誰か」を探し求める。犯人を見つけるや否や、彼を人間的にだけでなく能力的にも見下し、不当に評価し、蔑む。人を(能力的に)バカにすることを表向き禁止せざるを得ない禁欲主義者たちにとって、この瞬間はまさに、一方的に危険なく人を(能力的に)バカにできる、めったにない好機なのだ。このはしたない至福のひと時のためにこそ、「人をバカにしてはいけない」という見解は、「正しくて信憑性の高いもの」と見なされていなければならなかったのである。

 こうした事態とその推移とを冷静に考慮した今、冒頭の「バカげた仮説」は、私たちの目にいくばくかの真実味と、魅惑的な輝きを帯びて映らざるを得なくなる。
 古い共同体でのいかがわしいならわしを疑わしいやり方で守るための根拠は既にいささかも存在せず、代わりに例えばこの「バカげた仮説」がまさに正しいものとなり得るような、新しい関係が可能なのである。
 それは決して消極的に可能なのではない。
 事態がとりわけ巧く進行するならば、下向きの視線を相互に投げかけあうことで威嚇しあい、正面から、あるいは迂回しながらその視線を克服し上に向かって進むといったような知的で刺激的な関係が構築され得るだろう(このうち少なくとも前半部分に成功したかに見えるのは「2ちゃんねる」というコミュニティである)。
 冒頭の仮説に限らず、私たちが新たな知と出会うために常に必要なことは、過去に安住してきたあらゆる「古きよき」共同体や思考体系の構造を積極的に破壊できる場面(例えば、インターネットにおいて、特定の目的で暫定的に集まる場面など)に身を置き、そこにふさわしい新鮮な立場や思考を提示し続けることだ。
 過去の作法から足を洗い、しかるべき場所で新しい知の可能性を模索しながら生きる試みは、私たちが「バカ」から遠ざかるための、およそ祈りにも似た儀式である。






(テキストコンペのページに戻る)